集まっている金額 110,000(目標 100,000円)
110%
達成率 110
支援者数 7
残り 終了しました
同じカテゴリーのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2015年06月21日、合計110,000円の支援を集め成立しました。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

横手をチャレンジの都市に。

市民参加イベント「横手未来会議」を開催!

こんにちは、「TOHOKU 2020 PROJECT」の高橋です。

私たちは「東北から、次世代に誇れる未来をつくる」ために活動しています。

使命:東北に1万人の雇用を創出する。

目指すのは、成長し続ける起業家・地域リーダーが、東北の経済活性化を牽引し、次世代の東北と人類のため、個々の力を活かし合う社会です。

それを故郷である横手から、始めたい。

今回、秋田県平鹿地域振興局・横手市・横手市教育委員会から後援を頂き、6月20日に「横手未来会議」というイベントを開催します。

□イベント情報はこちら

「どうすれば、次世代に誇れる横手をつくることができるのか?」横手の未来を市民みんなで考え、イベントを通じて、横手を盛り上げるアイディアを一緒に出し合いましょう!

「地域のためにチャレンジする人」がもっと増える土壌をつくり、横手から、次世代に誇れる未来づくりを共に始めてくれる参加者とサポーターを募集します。

20年後、横手はどうなっている? 次世代に誇れる横手をみんなで考えよう!

「TOHOKU 2020 PROJECT」の一環として、故郷である横手から、挑戦を始めます。

6月20日(土)14時から、横手市のサンサン横手で「横手未来会議」(後援:秋田県平鹿地域振興局・横手市・横手市教育委員会)を開催!参加無料です。是非、ご参加ください。

□イベント情報はこちら

イベント概要

■基調講演(代表 高橋慶彦)

 「TOHOKU INNOVATION by 2020」

■パネルディスカッション(パネラー:2名)

 「横手でチャレンジする人を増やすには?」

■全員参加のワークショップ!

 「横手に何が必要? 何をすべき?」

イベントを通じて、横手を盛り上げるアイディアを出し合いましょう!

ゲスト紹介:パネラー

パネルディスカッションでは

横手の「若者 × 経営者 × 移住者」が

横手の良い点・改善すべき点、どうすれば課題を解決し

チャレンジする人が増える場所にできるかを語り合います。

横手やきそばサンライ'S 代表/Yokotter 理事

田畑 晃子さん

株式会社デジタル・ウント・メア 専務取締役

岩根 えり子さん

ワークショップ:横手の未来をみんなで考えよう!

横手が盛り上がるためには、何が必要ですか?何をすべきですか?ワークショップを通じて、自由にアイディアを出し合いましょう。

□横手の良い点は? □横手の改善すべき点は?

□20年後、横手の未来がどうなったら良い?

□その上で横手の課題は?

□横手の資産を活かしてどう課題を解決できる?

□イベント情報はこちら

2020年まで、故郷の未来のために何ができるだろう?

秋田県の人口は、毎年1万人以上のペースで減少する見込みです。この未来予測を知り、自分が何をすべきかを考えました。

私は、1人の起業家です。そんな私が最優先で取り組むべきは何かと考えて辿り着いたのが、「雇用の創出」です。そこで、私は1つの使命を掲げました。

2020年までに、1万人の雇用を東北に創出する。

無謀なことと感じる方もいるかもしれません。しかし、想定される未来を本気で変えるためには、現状の減退スピードを超える成長スピードが必要です。

そのためには、横手や秋田という地域の範囲だけにとどまらず、最低でも、東北という規模でお互いにシナジーを生み出しながら、成長速度を高める必要があると考えました。

成長し続ける起業家・地域リーダーが、東北の経済活性化を牽引し、次世代の東北と人類のため、個々の力を活かし合う社会を創造する。

これらが、「TOHOKU 2020」の使命とビジョンです。

簡単なことではありません。私だけの力では実現できません。しかし、1人では無理でも、力を合わせれば実現性は高まるはずです。

そのために、共に挑戦して下さる、同志を募ります。

応援して下さる、仲間を探しています。

「横手未来会議」に、是非みなさんも参加して下さい。

2020年まで、横手の未来のために何ができるか一緒に考えましょう。

□イベント情報はこちら

横手から「未来会議」をスタートし、秋田、そして、東北へ。

6月20日に「横手未来会議」を開催した後、7月25日には、「秋田未来会議」を開催します。

「秋田未来会議」のゲストとして、あきた舞妓を復活させた 株式せん 代表取締役 水野千夏さん、Share Village Projectやトラ男のプロデューサー 武田 昌大さん、ガイアの夜明けにも出演された、地域プロデューサ 齋藤 潤一さん、という方々が決定しております。

このようなイベントを経て、東北の起業家・地域リーダーを集め、「東北未来会議」を開催致します。

今回開催するのが、その第一歩目となる「横手未来会議」です。変革の歴史が、故郷・横手から始まります。イベントへのご参加、そして、サポートを宜しくお願い致します。

□イベント情報はこちら

イベントの日時・会場

□日時:2015年6月20日(土)14:00-16:00

□場所:サンサン横手(秋田県横手市条里2丁目1-15)

□料金:参加無料

□後援:秋田県平鹿地域振興局・横手市・横手市教育委員会

※懇親会への参加をご希望の方は、本クラウドファンディングにて、サポートを宜しくお願い致します。当日、会場でも承ります。

□イベント情報はこちら

募集金額の内訳

広告宣伝・ツール制作費:10,000円

撮影編集費:20,000円

謝礼:20,000円

懇親会の軽食費:30,000円

クラウドファンディング手数料:20,000円

合計:100,000円

TOHOKU INNOVATION by 2020

使命:東北に1万人の雇用を創出する。

成長し続ける起業家・地域リーダーが、東北の経済活性化を牽引し、次世代の東北と人類のため、個々の力を活かし合う社会を創造する。

共に挑戦して下さる、同志を募ります。応援して下さる、仲間を探しています。

私たちだけの力では、実現できません。しかし、1人でも多くの方の想いと力を合わせれば、実現性は高まります。その可能性を信じ、決して諦めず、最後まで私たちは挑戦を続けます。

どうかイベントへのご参加、そして、サポートを宜しくお願い致します。

□イベント情報はこちら

起案者情報

【団体名】TOHOKU 2020 PROJECT

【事務局】東北プリントワールド株式会社

【代表者】高橋慶彦

【HP】TOHOKU 2020

【facebook】https://www.facebook.com/tohokuinnovation

【Twitter】@print_world

【Blog】http://3media.biz/

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

TOHOKU 2020
 
「東北に1万人の雇用創出」を使命として掲げ、
【経営者・右腕人財・支援者のコミュニティ】をつくるプロジェクト。

東北から、次世代に誇れる未来をつくる。
成長し続ける起業家・地域リーダーが、東北の経済活性化を牽引し、次世代の東北と人類のため、個々の力を活かし合う社会を創造する。

支援コース

3,000円(税込)

お返し品説明
■イベント後の懇親会(軽食付)へご招待
□「TOHOKU 2020」ロゴステッカーをプレゼント
□会議報告書にサポーターとしてお名前を掲載
  •  0人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
■イベント後の懇親会(軽食付)へご招待
■サポーター会員証をご提供
+ ¥3000円サポートのリターン内容
  •  0人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
■イベント後の懇親会(軽食付)へご招待
■スペシャル・サポーターとして会議報告書にお名前を掲載
+ ¥3000円サポートのリターン内容
  •  3人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
【スポンサー企業様向け】
■イベント参加者への配布資料に
 会社名を協賛者として掲載し、
 当日ご紹介いたします。
■イベント後の懇親会(軽食付)へご招待
 ※どなたか代表者様:1名
■スポンサー企業として会議報告書にお名前を掲載
+ ¥3000円サポートのリターン内容
  •  2人が支援しているコースです
終了しました

30,000円(税込)

お返し品説明
【スポンサー企業様向け】
■高橋による販促コンサルティングを
 2時間×2回、実施させて頂きます!
+ ¥10,000円サポートのリターン内容
  •  2人が支援しているコースです
終了しました