集まっている金額 910,000(目標 1,000,000円)
91%
達成率 91
支援者数 61
残り 終了しました
注目のプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2020年03月29日、合計910,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

家安さんの言葉

2020.03.24

2016年3月に発行された冊子「LOOM」のインタビューの中でトレンドユニオンの家安さんが語った言葉。この言葉が山梨での織物を活性化するプロジェクトに関わる中でずっと心の中心にあります。


 


クリエイティブな未来ってなんだ?
この街にしかない強みってなんだ?
どうしたらクリエイティブは育っていくのか?
市場はどこにあるのか?


 


常に問いかけ、トライ&エラーを繰り返しています。


 


話は少しそれて、先日の早朝、ジョーカーズテーラーの小林くんに呼ばれて広告ビジュアルの撮影に立ち会ってきました。


 


モデルは彼のお店でスーツを仕立てた街のお茶屋さん、福祉作業所の所長、市役所職員、機屋さんの4人。撮るのは機屋兼カメラマンの竜康さん。


 


大のオトナが4人も5人も揃って朝早くから大真面目にビートルズになりきってがんばる。全員が楽しんでたすごく良い時間でした。そして、めちゃくちゃいい画が撮れた。


 


やりながら、その時間はぼくが探していたクリエイティブな未来都市に流れる時間そのものじゃないかと思えました。


 


“なんにもない”と街の人たちはいうけれど、この街にはかっこいいお兄さん、お姉さんがたくさんいます。おもしろいことをやっている、(あるいは胸の内に秘めている)若者もたくさんいます。


 


さまざまな刺激を受けて、この街に住むことを選んだ人。街に住みながら、じっくりと自分の感性を熟成してきた人。まだまだたくさんの人がいろいろなところに眠っているように思います。


 


同じように、一見地味そうな産業や工程の中にも、長い時間の中で磨かれてきた目をみはるような工夫、鍛えられてきた手の感覚は必ず宿っています。


 


“繊維なんて”と業界の人は口を揃えてため息をつくけれど、人の手でものを生み出す行為はとても尊いものだとぼくは思う。


 


織り機につどうは、形になりづらいそういうものを見つけ出し、感じてもらうための装置であればと思っています。

起案者プロフィール

藤枝大裕
 
「装いの庭」主宰。服飾専門学校を卒業後、撚糸メーカーに入社。企画、営業職を経て、2011年、手紙社に参加。さまざまなイベント・店舗の立ち上げと運営に関わる。「布博」企画立案者。2016年4月より独立。テキスタイル、ファッション、手芸にまつわるモノ・コトを今までにない目線でみつめ、その魅力を伝えるべく活動中。

支援コース

2,000円(税込)

  •  御礼のメールを送ります。
お返し品説明
3月27日20時からのYouTube中継ライブ開催を応援してくださる方、中継をご覧いただき共感してくださった方に向けての支援コースです。

本来であれば会場にお越しいただいての演奏会の予定でしたが、新型肺炎の感染拡大を考慮し、YouTubeでの中継配信にチャレンジすることにしました。日時は3月27日(金)20:00〜 チャンネルのURLはレポートにてご案内させていただきます。

新型肺炎の感染拡大を受けてさまざまなイベントが中止になっていく中、手探りで挑戦する試みです。
ご支援よろしくお願いします。
配送について
2020年3月中お届け予定
  •  4人が支援しているコースです
  •  2020年3月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  運営の3人(藤枝・山口・久米)からの直筆の手紙
お返し品説明
プロジェクトに共感してくださり、特にリターンは不要という方へ。

■ご支援いただいた感謝の気持ちをお手紙でお送りいたします。
  •  34人が支援しているコースです
  •  2020年4月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

残り83 個(限定100個)

  •  「織り機の記憶」(真空パック)
  •  運営の3人(藤枝・山口・久米)からの直筆の手紙
お返し品説明
織り機のパーツを使ったアート作品を制作、お送りします。
織り機のパーツはとても貴重です。生産されているものが高額であったり、もうすでに売られていなかったりというものもたくさんあります。いまあるパーツを直し、メンテナンスすることで、故障に対応していますが、経年劣化で使えなくなるパーツは日々でてきます。
今まで、多くの布を織ってきてくれた織り機のパーツ(欠片)に感謝の意を込めて、パーツのひとつひとつを真空パックにしたアート作品を制作し、お届けします。
どんなパーツが届くのかは、どうぞお楽しみに!
配送について
展示終了後順次発送させていただきます。
パーツの種類はお選びいただけません。
  •  17人が支援しているコースです
  •  2020年4月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

残り4 個(限定5個)

  •  【宮下織物・藤崎仁美さん作】ハギレのコースター 2つセット
  •  カリグラファー・sarasaの手描き宛名
  •  藤崎さんに手紙をお送りする権利
  •  運営の3人(藤枝・山口・久米)からの直筆の手紙
お返し品説明
国内外のハイファッションブランドや著名人のステージ衣装などで採用されている布を織る工場宮下織物のハギレをそこで働く若手職人・藤崎仁美さんがコースターに仕立てお送りします。
またお返しのお手紙の宛名は、展示のタイトルロゴを描いてくれたカリグラファー・sarasaに直筆でお願いします。
藤崎さんへ宛てたお手紙をいただけましたらお預かりし、責任を持ってお届けさせていただきます。お手紙は郵送でのお届けでも承ります。
郵送の場合の送り先:〒403-0009 山梨県富士吉田市富士見1-1-5 ふじよしだ定住促進センター内FUJIHIMURO 藤枝宛 TEL:0555-73-9438
配送について
布の種類はお選びいただけません。
支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2020年4月中お届け予定
終了しました

50,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  【光織物・用元歩夢さん作】パンチカードアート:薔薇
  •   カリグラファー・sarasaの手描き宛名
  •  用元さんに手紙をお送りする権利
  •  運営の3人(藤枝・山口・久米)からの直筆の手紙
お返し品説明
光織物の若手スタッフ・用元歩夢さんがつくるパンチカードアートをお送りします。破れたパンチカードを加工し彼が作った一点物の作品です。 またお返しのお手紙の宛名は、展示のタイトルロゴを描いてくれたカリグラファー・sarasaに直筆でお願いし、お送りします。用元さんへ宛てたお手紙をいただけましたらお預かりし、責任を持ってお届けさせていただきます。お手紙は郵送でのお届けでも承ります。
郵送の場合の送り先:〒403-0009 山梨県富士吉田市富士見1-1-5 ふじよしだ定住促進センター内FUJIHIMURO 藤枝宛 TEL:0555-73-9438
配送について
支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2020年4月中お届け予定
終了しました

100,000円(税込)

残り5 個(限定10個)

  •  【企業向け】展示会場での社名掲載
  •  額装作品「織り機へ感謝を」 小
  •   カリグラファー・sarasaの手描き社名
  •  機屋番匠の二人に手紙をお送りする権利
  •  運営の3人(藤枝・山口・久米)からの直筆の手紙
お返し品説明
企画に賛同し、協賛をお申し出くださる企業様へ向けてのリターンです。ご支援いただいた企業様の社名を展示会場で掲示させていただきます。また織り機の壊れたパーツを久米岬が制作した額に入れたアート作品「織り機へ感謝を」の小サイズ(W 15cm × D 15cm × H 5cm)を、展示のタイトルロゴを描いてくれたカリグラファー・sarasaに直筆の社名入り手紙とともにお送りします。機屋番匠の二人へ宛てたお手紙をいただけましたらお預かりし、責任を持ってお届けさせていただきます。お手紙は郵送でのお届けでも承ります。
郵送の場合の送り先:〒403-0009 山梨県富士吉田市富士見1-1-5 ふじよしだ定住促進センター内FUJIHIMURO 藤枝宛 TEL:0555-73-9438
配送について
パーツの種類はお選びいただけません。
支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2020年4月中お届け予定
終了しました

200,000円(税込)

残り5 個(限定5個)

  •  【企業向け】展示会場での社名掲載
  •  額装作品「織り機への感謝」 大
  •  カリグラファー・sarasaの手描き社名
  •  機屋番匠の二人に手紙をお送りする権利
  •  運営の3人(藤枝・山口・久米)からの直筆の手紙
お返し品説明
企画に賛同し、協賛をお申し出くださる企業様へ向けてのリターンです。ご支援いただいた企業様の社名を展示会場で掲示させていただきます。また織り機の壊れたパーツを久米岬が制作した額に入れたアート作品「織り機へ感謝を」の大サイズ(W 20cm × D 20cm × H 7cm)を、展示のタイトルロゴを描いてくれたカリグラファー・sarasaに直筆の社名入り手紙とともにお送りします。機屋番匠の二人へ宛てたお手紙をいただけましたらお預かりし、責任を持ってお届けさせていただきます。お手紙は郵送でのお届けでも承ります。
郵送の場合の送り先:〒403-0009 山梨県富士吉田市富士見1-1-5 ふじよしだ定住促進センター内FUJIHIMURO 藤枝宛 TEL:0555-73-9438
配送について
パーツの種類はお選びいただけません。
支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2020年4月中お届け予定
終了しました