集まっている金額 58,500(目標 80,000円)
73%
達成率 73
支援者数 19
残り 計算中
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

失われつつある食文化を再び。

 

 はじめまして。拓殖大学徳永ゼミナール3年、佐藤 光瑠と申します。この度は私たちのページをご覧下さり、ありがとうございます。

 

私たちは、山梨県立大学杉山ゼミナールの学生とタッグを組み、山梨県富士川町で、「地方創生の新しいカタチつくり」をテーマに掲げて、研究活動を行ってきました。現在、富士川町の伝統料理である「みみ」に地方創生への糸口を見つけ、郷土料理ブランディング化活動を行っております。

 

 写真中央が筆者。

 

ダイヤモンド富士を見る人々へ、郷土料理「みみ」を振る舞いたい!

 

12月中旬の冬至時期、山梨県富士川町の高下(たかおり)地区では、富士山の山頂から太陽が昇り、ダイヤモンドのような輝きが町を照らします。人々は、限られた期間にしか見えないこの景色を「ダイヤモンド富士」と呼び、神秘的な光景に思いを馳せます。

 

 

通称“日出づる里”と呼ばれるこの地区は、ダイヤモンド富士を眺めるスポットとして富士見百景に選ばれており、光の角度や、時間、天候など、限られた条件下でしか見ることのできない展望場所として認定されています。私たちは、ここ高下地区で、富士川町の郷土料理であり縁起の良い料理である“みみ“を振る舞います。

 

「みみ」とは?

 

みみは、富士川町十谷(じっこく)にある集落で食べられてきた、伝統的な郷土料理です。

 

源氏山に抱かれたこの地域では、山の傾斜に合わせた綺麗な段々畑が迎えてくれます。山の自然、綺麗な水、郷土料理、それらは全てそこで暮らしてきた人々によって受け継がれてきました。

 

 

 

この集落では、昔から人々が集まる冠婚葬祭や元旦の日にみみが振舞われてきました。みみは、たっぷりのお味噌と煮干しのおだしで味付けられた汁に、大根や人参などの野菜と、小麦粉から練ったみみを投入し、グツグツと煮込んだ料理のことです。

 

みみを作っている写真 

 

この形は農作用具である"箕"に似せて作られています。箕は昔から、刈り入れた作物の分別を行ったり、種や葉を干すために使われており、みみはその特徴的な形をモチーフに作られました。また、その昔、源氏の武将が戦勝を祝い、みみを兵士に振る舞ったという古事も残されています。

 

「箕をもって、その年の福をすくう」

 

十谷の人々は、そんな願いを込めて縁起の良い料理として人々が集まる時にみみを食べてきました。

そのような食文化は「その時、その瞬間の、人々との繋がりを認識し、人々の福をすくい取る」という大きな役割を担ってきました。

 

一方で、富士川町内、十谷の集落でも、人々が集まる日にみみを食べる習慣は消えつつあります。人口減少と若年層の低下によって、食文化の伝承が難しくなり、富士川町内でもみみを知っている人々が少なくなってきました。

なぜ「みみ」の食文化を復活させるのか

 

 

人々が集まる日に、みみを食べるという食文化を復活させることは、町の人々が、みみが持つ価値の再認識に繋がるのではないか、と考えております。それはきっと、人と食との繋がりを再認識させ、人々に福をもたらす料理としての価値が生まれると考えています。

 

そこで、富士川町にとって、ダイヤモンド富士という一年の節目のタイミングで、会場に集まる多くの人々にみみを食べてもらいたいと考えました。そうすることで、昔から培ってきた食文化のあり方と、みみの美味しさを知ってもらえることができます。

なぜダイヤモンド富士×郷土料理?

 

 ダイヤモンド富士の日に合わせた理由は、いくつかあります。

 

①富士川町内で見られるという、町民にとって大きなイベントであること。

②町外からもカメラマンや観光客が集まるイベントであること。

③冬至の凍える早朝に、温かいものを食べることで喜んでもらえると思ったこと。

④ダイヤモンド富士と縁起の良い料理であるみみは、どちらも幸運や願いを込める対象であること。

私たちは、みみの福をすくうという素敵な願いを、県内外の人々に伝えたいと考えています。ダイヤモンド富士との親和性も高く、たくさんの人々に知ってもらえるきっかけになるのではないかという理由から、このプロジェクトを立ち上げました。

 

実施会場について

 

ダイヤモンド富士が見えるスポットには45台ほど車を停められる駐車場があります。毎年、多くの人々が全国から集まり、その素晴らしい景色に思いを馳せます。駐車場の前にある展望台から、ダイヤモンド富士を眺めることができます。

 

私たちは、この人々が集まるスポットで試食会を実施します。肌寒い早朝に、温かいみみを食べながらダイヤモンド富士を見ることで、食文化の伝承のきっかけにしたいと考えています。また、新年の福をすくい取って、その美味しさを一人でも多くの人に伝えることができれば嬉しく思います。

 

 

 

甲州富士川祭りにも出店しました!

 

 

最後に

 

このクラウドファンディングを通して、少しでも多くの人々に富士川町を知ってもらえるきっかけになれば嬉しいです。そして、ダイヤモンド富士という魅力とともに、みみの美味しさに触れてもらいたいと考えています。支援して頂いた方で、当日来てくれた方には学生から感謝の気持ちを込めて贈り物を用意します。その際は支援した事が分かるページをお見せください。

 

 ぜひ、応援よろしくお願いします。

 

実行スケジュール 

日時:12月23日(日) / 日の出の時間帯

会場:〒400-0513 山梨県南巨摩郡富士川町高下2487

時間:早朝6:30~みみ提供(限定100食)

例年、7:00~7:30頃にダイヤモンド富士をきれいに見ることができます。その年、その日の天候などの条件によって時間は前後しますが、現在7時頃を想定しています。

 

◯雨天の場合の対応について
※予定の会場でどうしても開催が難しい場合は、別の場所でみみの試食会を開催します。
道の駅ふじかわを検討しています。詳しくは追って更新致します。

住所:山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1655-3

 

支援金の使いみち

【内訳】

・みみの材料費:3万円

・運ぶための運送費:3万円

・運営費、FAAVO手数料:2万円

 

お問い合わせ先

拓殖大学 徳永研究室

佐藤 光瑠(さとうみつる)

Facebook:https://www.facebook.com/mitsuru.sato.5855

メールアドレス:j65162@st.takushoku-u.ac.jp.

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

Mitsuru Sato
 
こんにちは。拓殖大学の佐藤光瑠です。この度、研究室で山梨県南巨摩郡富士川町にて、ダイヤモンド富士を見る人々へ郷土料理みみを振る舞うという趣旨のクラウドファンディングに取り組むことになりました。

私たちの研究室では「地方創生の新しいカタチつくり」のテーマを掲げ、2015年より富士川町を対象に調査・研究を行って参りました。今回のプロジェクトもその一環で行います。今回は町内外の方々に、みみの素晴らしさを伝えるとともに、その美味しさを知って欲しいという思いでページを立ち上げました。どうぞよろしくお願い致します。

支援コース

500円(税込)

  •  ①学生から感謝の手紙
お返し品説明
①学生が感謝の気持ちを込めて書いたお礼の手紙。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2019年2月中お届け予定

2,000円(税込)

  •  ①みみ 2人前
  •  ②特製みみレシピ
  •  ③学生から感謝の手紙
お返し品説明
①富士川町十谷郷土料理体験教室つくたべかんのみみ2人前(150g)
②拓殖大学生が考えたみみを活用した特別レシピ。
③学生が感謝の気持ちを込めて書いたお礼の手紙。
  •  4人が支援しているコースです
  •  2019年2月中お届け予定

3,000円(税込)

  •  ①みみ 2人前
  •  ②特製みみレシピ
  •  ③地方創生の切り札LBT(サイン入り)1冊
  •  ④学生から感謝の手紙
お返し品説明
①富士川町十谷郷土料理体験教室つくたべかんのみみ2人前(150g)
②拓殖大学生が考えたみみを活用した特別レシピ。
③地方創生の切り札LBT アフリカから学ぶまちづくり工法
※徳永研究室の担当である徳永達己教授が執筆した一冊。アフリカで培った住民参加型のまちづくりとして注目を集めるLBTの手法を日本の地方創生に活用できるのではないかー。私たちの活動の軸にもなった考え方が載った一冊です。(著者サイン入り)
③学生が感謝の気持ちを込めて書いたお礼の手紙。
  •  9人が支援しているコースです
  •  2019年2月中お届け予定

5,000円(税込)

  •  ①みみ 4人前
  •  ②特製みみレシピ
  •  ③穂積のゆず味噌
  •  ④学生から感謝の手紙
お返し品説明
①富士川町十谷郷土料理体験教室つくたべかんのみみ4人前(300g)
②拓殖大学生が考えたみみを活用した特別レシピ。
③ゆずの里穂積地域で育まれた柚子を使用したこだわりのゆず味噌
④学生が感謝の気持ちを込めて書いたお礼の手紙。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2019年2月中お届け予定
おすすめのコース!!

10,000円(税込)

残り9 個(限定10個)

  •  ①「限定」増穂登り窯製小鉢 2つ
  •  ②みみ 4人前
  •  ③特製みみレシピ
  •  ④穂積のゆず味噌
  •  ⑤学生から感謝の手紙
お返し品説明
①富士川町平林にある増穂登り窯では、山梨県内のアカマツやスギ、ヒノキなどの間伐材を使った自然エネルギーだけで陶器を焼成しています。一つ一つ形の違う、みみにぴったりな小ぶりの器を2つお送りいたします。※写真の陶器はイメージです。
②富士川町十谷郷土料理体験教室つくたべかんのみみ4人前(300g)
③拓殖大学生が考えたみみを活用した特別レシピ。
④ゆずの里穂積地域で育まれた柚子を使用したこだわりのゆず味噌。
⑤学生が感謝の気持ちを込めて書いたお礼の手紙。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定

50,000円(税込)

残り3 個(限定3個)

  •  学生出張みみ作り(最大30人前)
お返し品説明
学生がみみを1から手作り致します。また、人数に合わせて具材や調味料は私たちが準備させて頂きます。調理場の用意、食器等の準備は含まれておりません。また、ワークショップ形式で出張体験授業にすることも可能です。2019年5月〜10月の間に、ご希望日をご相談ください。

本州に関しましては、交通費込みでのお値段になりますが、その他の地域の場合は要相談です。よろしくお願い致します。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2019年5月中お届け予定