集まっている金額 305,000(目標 300,000円)
達成率 101
支援者数 30
残り 終了しました
終了しました

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

鳥取・弓ヶ浜地方に伝わる「弓浜絣(ゆみはまがすり)」を次世代に継承したい!

鳥取県の弓ヶ浜地方に、山陰地方の三大絣と呼ばれる「弓浜絣(ゆみはまがすり)」というものがあります。明治時代まで絣は、普段着として着用されていましたが、現在では和服そのものがほとんど着られることがありません。また絣は、生産に手間がかかる為、割高であるにもかかわらず、もともと普段着の素材であった為に高級品とはみなされないという現状があり、需要に伸び悩んでいます。

▲弓浜絣(ゆみはまがずり)

▲職人さんの手によって手作業で紡がれていきます。 わたしたちは、この弓浜絣が絣の織元の減少によって後継者不足に陥り、販売や生産が激減している現状を知り、大切な地域文化を絶やしたくない!という想いをもったデザイナーさんと共に、現代のモダンなデザインに新たに生まれ変わらせ、絣柄を用いた現代雑貨を新たに商品化してバリエーションを増やし、絣織文化そのものを次世代へ継承したい!と考えるようになり、弓浜絣を応援するプロジェクトを発足しました。 このプロジェクトの目的は、絣を地域の皆さんが普段から目にすることによって絣が良い物であると認識してもらうことです。その為にはまず、デザイナーさんによってデザインを起こしてもらえるように、そのデザイン費をFAAVOで募集したいと思います。

日々の暮らしに絣を。

こんにちは、『弓浜絣』を応援するプロジェクトメンバーの合田です。私は元々、日本企業からハネウェルやエマソンといったアメリカの重電メーカーで、官公庁や民間向けの電力・化学業界に納める制御システムを売る営業マンとして長らく従事していました。現在はビジネスコンサルタントとして鳥取県米子市に本社を置き、リユースコンサルティングファームとしてリユースやエコといった観点から企業と企業(個人)を繋ぐ役目を担っています。 「日々の暮らしの中で、絣織の製品を普段使いする」 織物の産地は今も全国に点在しています。その昔織物は全国各地どこでも織られていただろうと思いますが、今も残る弓浜絣はその地域に根付いた素朴で民芸的であるその味わい深さが特徴です。どんな絣でもその製法に大した違いはないですが、弓浜絣は一見して弓浜絣と分かる独特の個性や味わいを持っています。絣ときくと大島紬や結城紬の細い亀甲模様や精緻な図案を思い起こす人もいるかもしれませんが、弓浜絣は横糸だけで柄を織り出す絣で主に荒い絵絣が特徴です。 弓浜絣という製品が、今の現代に合ったデザインなどでバリエーションが増え、また当たり前のように店頭に並ぶ、、、町の中で目にする機会が増え、人々の暮らしの一部になる、、、このような、これまで続いてきた良い部分と、今の世の中にあった新しい部分とが融合し、絣の魅力を再度引き出します。

現代に合ったデザインで弓浜絣製品を蘇らせる

▲鳥取県弓ヶ浜 今から200年以上も前から、鳥取県西部の弓ヶ浜地方に伝わり、藍染めと独特の絵模様によって制作されてきた綿織物、それが「弓浜絣」。その精緻で美しい青の表情や素朴なかすれの柄は、たて糸とよこ糸を丁寧に交差させながら、長く人々の想いを紡いできたものといえます。暮らしに根ざした豊かな歴史や世界観を守りつつ、糸を先に染めて模様を出す「先染め」や高い吸水性といった弓浜絣そのものの特徴を見事に継承しながら現代の感性とニーズ、ライフスタイルにあう国産今治製高品質タオルとして表現されたのが 「弓濵瑞織 YUMIHAMA MIZUORI 」です。

▲弓濵瑞織 YUMIHAMA MIZUORI

▲「弓浜絣」のデザインを国産今治製高品質タオルとして表現しています。 地域の優れた素材・技術をモダンデザインの視点でプロデュースし続けるデザインディレクター 宮木 健二氏監修のもと、青藍を基調とした多様な絣柄と濃淡を日常使いのデザインタオルに昇華。 それは、日本人の深層にあるどこかノスタルジックな蒼のイメージと、日々転生される清新な青のイメージの両方をグラフィカルに映し出しているようです。 今回、このプロジェクトに関わるデザイナーは、大阪・神戸・奈良などの関西地域や、最近では愛媛や徳島などといった四国でも活動をしている宮木さんです。彼は私のビジネススクール時代(MBA取得)からの友人でもあり、彼が主に手掛けている地域資源のプロデュースや商品開発、デザインマネジメントが今回のプロジェクトにまさにぴったりとマッチし、私の思いに賛同してくれるきっかけとなり参加をしてくれました。今回はこの彼と一緒に、弓浜絣の良さを引き立たせる「新弓浜絣」デザインの製品活動を行っていきます。弓浜絣製品のバリエーションを増やす為に、デザイナーさんに新たなデザインを起こさせて弓浜絣を復活させます。

デザイン案校正スケジュール

2015/11 デザイン素案提出 2015/12 デザイン決定 2015/12~2016/1 試作品制作 2016/2 完成、広告宣伝

集まった支援の用途とその内訳

試作費   ①¥100,000 タオルハンカチ  ②¥100,000 タンブラー ③¥100,000 タペストリー  原材料費  ¥200,000  デザイン料 ¥300,000  ※公告宣伝費 ¥ 70,000              合計  ¥870,000 (このうちFAAVO利用 デザイン料¥300,000)

わたしのふるさと自慢

Aさん:「それ良いもの持ってるね。どこの物なの?」 Bさん:「あーこれね。これは、私が育った町のオリジナル商品。自分のふるさとの物だから、なんとなく大切にしたいなぁと思って。昔からあって良い物だし、デザイン性もいいから気に入ってて、ずっと使ってるの。」 Aさん:「へぇ~そうなんだぁ。いいなぁ。私も欲しいなぁ。」 Bさん:「うちの地元に来れば、あちこちで売ってるよ。色んなラインナップがあって、シリーズで集めるのも楽しいよー。」 Aさん:「わぁ~楽しそう!今度ぜひ行ってみよー!」 これは、ある会話の一例ですが、自分の生まれ育った町の製品を、大事に使って愛用している人を見れば、その姿に共感し、必然と人と人との繋がりも生まれ、知らなかった町に興味が湧き、人が足を運ぶ―。これがまさに、地域の活性化となりうると思います。 弓浜絣を知っていた人も知らなかった人も、弓浜絣を手に取ってみると、味わい深くて良いものだーと思ってもらえるような、そんなデザインを起こしてもらって弓浜絣を復活させたい、そういう思いで頑張っています! 数少ない織元の方達の努力によって受け継がれてきた大事な文化を守り続けたい、応援したいメンバーで運営していますので、皆さまからのご支援でまた街中に弓浜絣があふれてきたら、きっと笑顔も増えるんではと思います♪食べ物以外でも、鳥取県には、こんな良い物があったんだーと知ってもらえる機会のひとつとなれたら嬉しいです。

起案者情報

【団体名】ベストバイ山陰株式会社 【代表者】代表取締役  合田 輝 【HP】http://www.ryohinkaikan.asia/ 【facebook】https://www.facebook.com/かすりと暮らす-弓浜絣Yumihama-Gasuri-805063096281020/timeline/ 【Blog】http://bestbuysanin.blog.fc2.com/

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

bestbuy

支援コース

5,000円(税込)

お返し品説明
【FAAVO支援者限定!】
■弓浜絣×今治タオル 2つ折りデザインハンカチタオル×1ヶ
■弓濵瑞織ハンカチタオルデザインクリアファイル ×1ヶ

※現在デザインしているものは未だ販売されておらず、このクラウドファンディングの支援でしか手に入らないものです。
  •  11人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
【FAAVO支援者限定!】
■弓浜絣×今治タオル 2つ折りデザインハンカチタオル×2ヶ
(「漱(SOU)」×1ヶ+「綾(AYA)」×1ヶ)
■弓濵瑞織ハンカチタオルデザインクリアファイル ×2ヶ
(「漱(SOU)×1ヶ+綾(AYA)×1ヶ」

※現在デザインしているものは未だ販売されておらず、このクラウドファンディングの支援でしか手に入らないものです。
  •  16人が支援しているコースです
終了しました

30,000円(税込)

お返し品説明
【FAAVO支援者限定!】
■絣タペストリー1ヶ
■弓浜絣×今治タオル2つ折りデザインハンカチタオル×2ヶ
(「漱(SOU)」×1ヶ+「綾(AYA)」×1ヶ)
■弓濵瑞織ハンカチタオルデザインクリアファイル×2ヶ

※現在デザインしているものは未だ販売されておらず、このクラウドファンディングの支援でしか手に入らないものです。
  •  3人が支援しているコースです
終了しました