集まっている金額 797,000(目標 2,000,000円)
39%
達成率 39
支援者数 104
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2019年06月30日、合計797,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

崩落の惨状

2019.05.22

大山の頂上を保護する会広報部の西村です。今回は大山の頂上を保護する会の活動にも長年ご尽力いただいている遠崎幸雄さんが、1985年(昭和60年)に執筆された大山頂上の崩壊に関する文章を引用させていただき現在の状況をお伝えします。


「大山の頂上を保護する会では、大山の頂上や登山道にポイントを設定して、崩壊の様子を継続的に調査しています。この中で特に著しい崩壊が認められる頂上付近について、調査結果をまとめてみました。図1はここ四年間(昭和57~60年のライン)の頂上の崩壊状況です、多いところは年間に約50cm、少ないところでも30cm程度崩壊が進行しています。」


昭和57から60年までの4年間と、それから現在に至るまでの30数年間では、崩壊の進度が明らかに違います。昭和60年に大山の頂上を保護する会の活動が本格化します。一木一石運動による植栽の成果で山頂の崩落が緩やかになったものと考えられます。



「山の崩壊にはいろいろな状況がありますが、大山の場合には、いくつかの特殊な条件があります。独立峰で海岸に近いなどの理由によって気象が激しいこと、山の基盤となる岩石が崩れやすくいたるところで露出していること、さらに山全体に保水力がない等が上げられます。このような条件の中で、近年登山者が激増し、頂上は踏み固められて裸地となってしまいました。これでは、雨水が地下に浸透するのはごくわずかで、ほとんど流れてしまいます。さらに登山道は崩れて雨水の通路となっています。大山の崩壊を分類した内のひとつに、ブロック崩壊といわれるものがあります。これは図2のように、表面を流れた雨水が壁側へ滝のように落下するとき、砂、岩をえぐり取って庇ができます。それが重みに耐えられなくなったとき、大きな塊となって落下します。この現象は九合目付近の北側や頂上のキャラボクが崩れ落ちる場合に見られます。」



頂上碑の裏側は、まさに今このブロック崩壊の状態かもしれません。先日、5月16日に夏山登山シーズンの始まりに併せて行われた登山道整備に参加してきました。そのときの頂上碑裏の様子がこの写真です。まだ頂上碑の真下までは浸食されていませんが植栽したヤマヤナギが必死に根を張り支えています。



崖から一番近いところを見るとこんな感じです。安心安全な登山をしてもらうためにも、どうしても頂上碑を崩落前に移設しなければならないのです。こんな危険な状況を見過ごすことはできません。


みなさまのご支援とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。


 

起案者プロフィール

大山の頂上を保護する会
昭和60年(1985年)大山の美化を推進する会を母体に官民一体の組織「大山の頂上を保護する会」として発足。特別天然記念物「ダイセンキャラボク群落」を中心とした大山頂上周辺の自然環境保護と登山道の維持・保全を行うことを目的として活動する。大山に登る人たち、大山を愛する人たち、みんなの力に支えられ、発足から現在まで続く「一木一石運動」を展開している。

支援コース

3,000円(税込)

  •  お礼のメッセージカード
お返し品説明

完成した大山頂上碑の写真を使ったお礼状です。
配送について

工事の完了後に順次お申し込みいただいたご住所に発送します。
  •  18人が支援しているコースです
  •  2019年12月中お届け予定
終了しました
おすすめのコース!!

5,000円(税込)

残り261 個(限定300個)

  •  国立公園指定80周年記念誌『国立公園大山』
お返し品説明
カラー印刷、A4版、231頁、限定2000部
大山の歴史、動植物、頂上保全活動など大山のあらゆる分野を紹介した書籍
第41回鳥取県出版文化賞審査員特別賞受賞作品
配送について
工事の完了後に順次お申し込みいただいたご住所に発送します。
  •  39人が支援しているコースです
  •  2019年12月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  お名前の掲載
  •  国立公園大山~百科事典「大山物語」~
お返し品説明
カラー印刷、A5版、600頁(上巻・下巻)
大山の歴史、動植物、頂上保全活動など大山のあらゆる分野を紹介した国立公園指定80周年記念誌『国立公園大山』の増改訂版に支援者のお名前を掲載した特別版

【ご確認ください】
お名前の掲載に関してはお申し込み時に備考欄がありますので、掲載を希望されるお名前とご住所(市区町村まで)をご記入ください。ご記入がない場合は、掲載せず書籍のみを贈らせていただきます。
例)名前:大山の頂上を保護する会 住所:鳥取県西伯郡大山町
配送について
工事の完了後に順次お申し込みいただいたご住所に発送します。
  •  47人が支援しているコースです
  •  2019年12月中お届け予定
終了しました