集まっている金額 622,000(目標 500,000円)
124%
達成率 124
支援者数 72
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2018年06月19日、合計622,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

● 今話題の「階段垂直マラソン」の日本人パイオニアとして世界チャンピオン=階段王になる!

 

※階段垂直マラソンとは

超高層ビル、タワーなどの階段を使い、いかに早く駆けのぼるかを競うという、シンプルかつ、ハードな競技です。

古くは1900年頃にパリのエッフェル塔でレースが行われた記録があり、10年ほど前から盛んになり始め、ワールドシリーズが行われるようになりました。

 

(写真提供:Vertical World Circuit)

  

現在では全世界で300近くのレースが開催され、賞金レースも多数あり、専門に行うプロ選手もいるくらいです。

 

この競技、単に階段を真っ直ぐにダッシュするだけでは決して速くなりません。

何故なら非常階段には踊り場があるから。

そこをうまくターンする技術が必要です。

また、足だけで駆けあがるとすぐに限界がきます。いかにうまく手摺を使って身体を引き上げるかも大事な要素です。

シンプルに見えて奥が深い競技なのです。 

 

 

 

そして登る高さはだいたい200m以上、長いものは500mを超えます。1分間階段をのぼるだけでも息が切れるところを5分、10分とのぼり続ける・・・。この競技の過酷さがなんとなく伝わったでしょうか?

 

足は鉛を付けたかのようにガクガク、心臓は張り裂けそうにバクバク…。そんな状態にも構わず死力を尽くして階段をのぼり続ける様は一見するとシュール(笑)ですが、その苦しみを乗り越えて超高層ビルの屋上に倒れこみ見上げる空と、屋上からのあたり一面の景色は自分の力でのぼった者にしか味わえない最高のご褒美です。

日本でも少しづつ開催される大会が増えてきていますのでぜひみなさんも一度この快感を味わってみてください\(^o^)/

 

実際のレースの様子はこちらの動画からどうぞ。

 

 

 

また、日本で唯一のワールドシリーズ戦、ハルカススカイランの様子もNHKで放映されました。

(最後のインタビューを受けているのが自分です)

 

 

● 昨年は自費で世界を転戦しましたが、今年はそれ以上のワールドシリーズ、世界選手権にでて日本人初の世界チャンピオンになりたい!

はじめまして。青梅市在住、一児の父親である渡辺良治です。 私は昨年、階段垂直マラソンという階段を駆け上る速さを競う競技のワールドシリーズ、「バーティカル・ワールド・サーキット(VWC)」に挑戦し、アジア勢として初めて世界3位の成績を収めることが出来ました。

 

 

(最終戦・香港戦のゴール直後のトップ3)

 

この活躍を受け、いくつかのメディアにも出させていただき、少しはこの世界で知られる存在になる事ができました。 

 

東京新聞↓

 

 

また、昨年の12月27日のめざましテレビ内の「キラビト」というコーナーでも階段上り世界3位の名手として紹介されました。

 

 

今年は他のワールドシリーズにも挑戦し、さらに海外遠征を増やす予定です。

ですが、子育てもしながら福祉の職場で働く自分にとっては時間もお金も大きな負担になっています。

そこで、今回クラウドファンディングを活用させていただこうと思います。

 

自分が世界で活躍することでこの階段垂直マラソンが日本でさらに注目を集め、みなさんにも参加しやすいようなレースが増えて身近になるのではないかと思います。

● 夢中になれるものに全力で取り組みたい、夢をあきらめない生き方を息子に見せたい

 

遅くなりましたが、少し自己紹介をさせていただきます。

 

 

(小学6年生の頃の自分) 

 

幼少の頃は運動があまり好きではなく、ぽっちゃり体形のチビでした。それが嫌で中学時代からは卓球に打ち込み、大学を卒業してからはプロを目指しボクシングを始めました。

ですが、どちらも自分なりに一生懸命取り組んだものの、芽は出ませんでした。

 

プロボクサーの道をあきらめ、再び太りだした体にストップをかける目的でなんとなくトレイルラン(野原や砂地、山などの不整地を走る競技)を始めたのが2010年。レースにも出場する中で練習の成果が結果に結びつくことや、自然の中でめいっぱい身体を追い込めることに魅力を感じてどんどんのめりこんでいきました。

 

 

 

そして2013~15年の間は富士山に登る速さを競う「富士登山競走」に出場し、戦後直後から続くこの伝統ある大会で入賞し続けることが出来ました。このことから自分は登りが人並外れて得意なのだと感じました。

 

そしてスカイランニングという主に標高2000m以上の山岳を舞台として行われる山岳競技に出会い、「バーティカルキロメーター」という種目に出会いました。この競技は標高差1000m(1キロ)を一気に駆け上がるというもので、登りが得意な自分にぴったりでした。この競技の事を知れば知るほどのめりこんでいきました。そして2016年に世界選手権が行われ、日本代表選考レースが行われることが決まりました。その時自分はすでに30歳でした。

 

スポーツの世界で「日本代表」に選ばれる人なんて幼少のころから厳しい修行を乗り越えてきた限られた一部の者がようやくなれるものだと、それまで思っていました。でもちょうど妻が初めての子どもを授かり、「この子に誇れる父親になりたい」と思い一念発起して日本代表選手という「夢」に挑戦することにしました。

 

 

 

2015年はスカイランニングのバーティカルキロメーターの練習ばかりをして、スカイランニング本格挑戦一年目でしたが、日本選手権において2位の成績を収め翌年の世界選手権の日本代表に選ばれました。

 

(スペイン、バルエラにて行われた世界選手権のラストスパート)

 

そして2016年、その「夢」を実現し、世界選手権にて世界の強豪たちと勝負しましたが、結果はトップに5分差をつけられての完敗(14位)という結果で「夢」は幕を下ろしました。

 

 

すっかり次の目標を見失いぼんやりとしていた自分。

そんな自分の前に突如現れたのが「階段垂直マラソン」でした。

この「階段垂直マラソン」はスカイランニングの都市型種目であり、非常階段をのぼるタイムを競います。2016年に大阪でワールドシリーズのエキシビションとして開催された「ハルカススカイラン」で今まで一度も「バーティカルキロメーター」で勝つこと、いや足元に及ばなかった日本の絶対王者である宮原徹選手に勝てたことが自分の世界を一変させました。

 

(憧れの存在、宮原選手に勝てたことが人生最大の衝撃でした)

 

「日本代表」から「日本最強」へと自分が進化したと感じ、目標は「世界と戦う」から「世界と戦って勝つ」へと飛躍しました。

自分にもすでに世界と対等に戦える力がある。そして世界チャンピオンにも手が届くかもしれない・・・。

そう思うと挑戦したいという気持ちを抑えることはできませんでした。

 

こうして自分の新たな挑戦が始まりました。2017年はVWCというワールドシリーズに参戦し、マニラ、北京、上海、大阪、香港と各地を転戦し、最終的に年間順位で3位になることが出来ました。詳しい結果はこちら→www.verticalworldcircuit.com/wp-content/uploads/2018/03/2017-VWC-Ranking_M.pdf

 

(北京大会で初めて表彰台を掴み、すべてを出し切って倒れこむ最高の瞬間)

 

自分の夢はこの競技で 世界チャンピオン=「階段王」になることです。

こんな大それたこと、今の社会ではなかなか口にすることができません。

ですが、人生は常に挑戦し、自分を成長させていくことに面白味があるし、人類の歴史そのものが挑戦の繰り返しであったと思います。(ちなみにこれは学生時代学んだことです)

 

 

自分にはちょうど3歳になった息子がいます。

 

 

息子にも失敗を恐れずに自分の興味を持ったものや自分の信じたものにどんどん挑んでいくような人生を送ってほしいと願っています。

そのためにも父親である自分がそういう生き方を貫かなくてはいけないと思ってこのような「夢」に挑戦することを決めました。

 

 

● 階段王への道のり

 

 

階段王になる、といってもその道は決して生易しい物ではありません。

 

まずは去年から参戦している「VWC」でチャンピオンを目指しますが、この競技にはもう一つの国際的な団体が存在します。

  

それが「Towerrunning World Association」通称「タワーランニング協会(TWA)」です。

 

(表彰台の真ん中の長身の男性がVWC,TWA両方の世界チャンピオン、ピーター選手)

 

こちらの団体はドイツに本拠地があり、世界各地の大会の中からいくつかをシリーズ戦に認定します。そしてレースごとにポイントが異なります。ポイントに応じて年間順位が決まるのは一緒ですが、ポイントを多く稼ぐためには重要な大会に何度も出なくてはならず、チャンピオンになるにはどうしても欧米の大会にも出場する必要が出てきます。

 

また、不定期ですが、世界選手権と銘打って最大規模のポイント獲得レースを行います。

ちょうど今年の5月5日に台北で世界選手権が行われます。

今年はこの世界選手権に挑戦するほか、5月20日の中国深圳での大会など、アジアで開催される重要な大会に出て、腕を磨こうと思います。

 

そして2019年からは中東や欧米でのレースにも参戦していき、おそらく2020年にまた開催されるであろう世界選手権での優勝を目指します!

 

同時にVWCでも年間チャンピオンを獲得し、TWAでも年間チャンピオンと世界選手権優勝の3つを成し遂げたときにこそ真の「階段王」となることができると信じています。

 

 

● 支援金の使いみち

 

みなさんから頂いた大切なお金は今年の海外遠征の交通費と宿泊費に使います。

 

 

 

 現在までに分かっている遠征の予定は以下の通りです。

 

台北towerrunning世界選手権(5月5日):約5万5千円(宿泊代込み)

VWCソウル大会(5月13日):約3万円(交通費のみ)

towerrunning深圳大会(5月20日):約3万5千円(日帰りのため宿泊なし)

VWCマニラ大会(7月8日):約5万円(交通費のみ)

VWC北京大会(8月25日):約4万円(交通費のみ)

VWC上海大会(10月21日):約4万円(交通費のみ)

VWC大阪大会(11月4日):約2万円)(交通費のみ)

VWC香港大会(12月2日):約5万円(交通費のみ)

さらにアジアで開催されるtowerrunning協会の大会に最低2回は出場する予定(1回5万円=計10万円)

 

手数料で約8万円

 

合計50万円が必要です。

 

超過達成したり、余剰金が出た場合は来年の遠征費に使わせていただきます。

 

● 青梅で育ち、青梅の山々で鍛えられた自分を世界に送り出してください

 

自分をここまで育ててくれたのは起伏が多く、身近に山が豊富な西多摩・青梅という環境です。

 

(地元青梅の天祖神社にて、青梅トレラン部の仲間と共に)

 

この青梅に恩返しをするためにも必ず今回の遠征を成功させ、初の世界チャンピオンへの階段をまた一つ駆け上がりたいと思います。そのためにもFAAVO東京西多摩でクラウドファンディングを行うことにしました。

 

 

練習場所を探しています

 

最後に一つ特殊なお願いをさせて貰っても良いでしょうか。

上記のように階段王になるため、練習を重ねていますが、この競技の特性上練習場所の確保に苦労しています。やはり一番は超高層ビルなどの非常階段で手すりや踊り場を使って練習する事です。ですが、快く非常階段を使わせてくれるビルやマンションはなかなか存在しません。

そこでもし皆様の中にマンションやビルなどのオーナーさんや、管理者さんがいらっしゃいましたら、練習場所として使用させていただけないでしょうか?十分な練習場所が確保できればそれだけ階段王へのステップアップを図れます。

 希望条件は次の通りです。

・高さ100m以上

・階段に踊り場や手すりがある

・原則東京、埼玉、神奈川、などの首都圏。東京都青梅市在住なので、そこから片道2時間以内で到着できる場所だとありがたいです!

 

練習場所を提供して頂いたビルやマンションにはその名称をユニフォームの前面に入れさせていただきます。また、イベントや企画にもできる限り協力させていただきます。ぜひよろしくお願いします。

 

 

 ● お問い合わせ先など

 

※クレジットカードでのご支援が困難の方は下記のご支援方法も可能です。

 

▪現金によるご支援方法。

直接お問い合わせいただければ可能な範囲で自分がお受け取りに行きます。

原則としては以下の市町村が対象です。

青梅市、羽村市、福生市、瑞穂町、あきる野市(これ以外の方はメールでご相談ください)

お問い合わせ先   :ryojiskyrun@gmail.com 

事前にリターン品をお選び頂くと受付がスムーズです。

 

 

▪銀行振込によるご支援方法。

直接メール頂くか、Facebookを通じてお問い合わせください。

その後、振込先銀行口座をお伝えいたします。

銀行振込お問い合わせメールアドレス :ryojiskyrun@gmail.com

現金をお預かりし、代理で決済致します。

事前にリターン品をお選び頂くと受付がスムーズです。 

 

 

何かご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

渡辺良治

mail:ryojiskyrun@gmail.com

facebook:https://www.facebook.com/ryoji.watanabe.104

blog:https://ameblo.jp/skyrun-chabo/

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

渡辺良治
 
東京都青梅市育ちの34歳、渡辺良治と申します。
スカイランニングという競技に打ち込んでいて、昨年は階段垂直マラソンという種目でワールドシリーズの年間ランキング3位に輝きました。
階段垂直マラソンとは超高層ビルの階段を駆け上る速さを競う競技で、海外では数多くの賞金付きレースが開催されています。
現在は子育てをしながら福祉職で正規職員としても働きながらですが、この競技の世界チャンピオン=「階段王」になるために、全力で奮闘しています。
ぜひご支援よろしくお願いいたします。
主な戦績
2015年
第1回太郎山登山競走(スカイランニング日本選手権) 準優勝
第68回富士登山競走山頂コース 第10位 (2時間58分17秒)
2016年
第2回上田バーティカルレース 第4位
第1回Mt.AWA Vertical Kilometer® 第2位
第2回びわ湖バーティカルレース 優勝
第1回蔵王バーティカルキロメーター 第5位
第2回尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター 第4位
スカイランニング世界選手権に日本代表として参加(VK部門で14位)
ハルカススカイラン 第3位(日本人一位)

2017年
第1回サナダバーティカル100(スカイスピード日本選手権) 優勝
第5回東京タワー階段競走 優勝(2分6秒で大会新記録)

そしてバーティカルランニングのワールドシリーズである「vertical world circuit」に日本人として初の本格参戦!

vertical world circuit 第5戦 マニラ大会 総合4位
vertical world circuit 第6戦 北京大会 総合5位
vertical world circuit 第8戦 上海大会 総合3位
vertical world circuit 第9戦 大阪大会
          「ハルカススカイラン」 総合3位
vertical world circuit 最終戦 香港大会 総合2位
vertical world circuit年間ランキング3位を獲得しました!

支援コース

3,000円(税込)

  •  お礼のメッセージ
  •  2018シーズン終了報告会へご招待いたします。(2019年2月に開催予定)
お返し品説明
・応援いただいた方に一人ずつお礼のメッセージを送らせていただきます。
・意外と好評なレースレポートをお届けします。短い中にギュッと詰まった息詰まるようなレース展開だけでなく、会場までのドタバタ珍道中も?
・2018念シーズン終了後に会場を借りて正式な報告会を開催します。開催時期は2019年2月を予定しています。海外遠征で得られたお土産品と土産話を用意してお待ちしています。
配送について
報告会の日程や場所は決まり次第メールでお知らせいたします。
  •  29人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました
おすすめのコース!!

10,000円(税込)

  •  全力応援コース!「2018年個人スポンサー」になっていただきます。
  •  オリジナルフラッグにあなたの名前を書き入れます
  •  2か月に一度行うミニ練習会に招待いたします
  •  3000円のリターンと同じものがつきます
  •  スポンサー限定公開のレースレポートをお届けします。
お返し品説明
・2018年シーズン(2019年3月まで)の個人スポンサーになっていただきます。お土産もいらない、土産話だけあればいい!という方はこちら!また、個人スポンサー限定公開のレースレポートをお届けします。
・個人スポンサーとしてあなたのお名前をフラッグに手書きで入れさせていただきます。1人の孤独な海外遠征もみなさんに支えれれている気がして力が湧いてきます!!
・地元青梅で2か月に1度を目安に開催するミニ練習会にご招待いたします。練習時間は2~3時間程度ですが、僕がスカイランニング世界選手権日本代表になるために汗を流した青梅の山々で一緒に汗を流しつつレースの裏話などもお話しします。練習後は僕の大好きなもう一つの「山」にもご案内可能です(笑)
配送について
オリジナルフラッグに書き込む名前を教えてください。本名でもニックネームでもどちらでも構いません。
ミニ練習会については詳細が決定しましたら、メールでお知らせいたします。
  •  18人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

残り9 個(限定25個)

  •  オリジナルフラッグに自分があなたの名前を書き入れます
  •  海外遠征に行った先で買ったお土産をお届けします。
  •  3000円のリターンと同じものがつきます。
お返し品説明
・あなたのお名前をフラッグに手書きで入れさせていただきます。1人の孤独な海外遠征もみなさんに支えれれている気がして力が湧いてきます!!
・数多く訪れる海外の国々でお土産を買って来ます。現地でなくてはなかなか手に入らないご当地の美味しいものをお届けしたいと思います。どんなものが届くかぜひ楽しみにしててください(≧▽≦)
配送について
・オリジナルフラッグに書き込む名前を教えてください。本名でもニックネームでもどちらでも構いません。
・お土産の配送先を教えてください。なお、冷蔵品や冷凍品を送ることはありませんので、直ぐに受け取れなくても大丈夫です。
  •  16人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

15,000円(税込)

  •  「2018年個人スポンサー」になっていただきます。
  •  「凌駕スマッシュウォーター」1袋(10包入り)をプレゼントします
  •  オリジナルフラッグに自分があなたの名前を書き入れます
  •  3000円のリターンと同じものがつきます
お返し品説明
・2018年シーズン(2019年3月まで)の個人スポンサーになっていただきます。スポンサー限定公開のレースレポートをお届けします。
・自分がサポートしていただいて使っているサプリ、「凌駕スマッシュウォーター」をプレゼントします。このサプリのすごいところは、水分をため込み足釣りのリスクを減らしてくれることです!
みなさんも熱い中のレースだと大量に汗をかいて、喉は乾くし足が攣ってしまった…なんて経験ありませんか?アスリートの大敵、脱水症状に陥らないためには水分を体に多く取り込むことが大事ですが、これがなかなか難しいですよね。ところがこの凌駕スマッシュウォーターを飲むと、必要以上の発汗を抑えられるし、水を大量に飲んだ時のような排尿もないので、手軽に水分を体にため込むことができるんです。VKや階段垂直マラソンなど、スピードレースでなるべく荷物を持ちたくない、あるいは補給の為の1秒ですら惜しいという競技ではとても重宝しますので、本当におすすめです!!
また、オリジナルフラッグへの名前入れや、お礼のメッセージ、レースレポート、報告会へのご招待もお付けします。
配送について
・オリジナルフラッグに書き込む名前を教えてください。本名でもニックネームでもどちらでも構いません。
・「凌駕スマッシュウォーター」の配送先を教えてください。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

15,000円(税込)

  •  「2018年個人スポンサー」になっていただきます。
  •  自分の愛用している超軽量ソックスをプレゼントします。
  •  オリジナルフラッグに自分があなたの名前を書き入れます
  •  3000円のリターンと同じものがつきます
お返し品説明
・2018年シーズン(2019年3月まで)の個人スポンサーになっていただきます。スポンサー限定公開のレースレポートをお届けします。
・アスリート専門のソックスを製造するメーカーと新たにサポート契約を結ぶ事になりましたので、そのソックスをプレゼントいたします。
まだ登記前の会社のため会社名は公表出来ませんが、既に複数名のトレイルランナーや実業団選手、アドベンチャーレーサーのサンプリングテスト済みで自分も履かせて頂きましたが、今まで使用していたソックスの中で最も履き心地も良く、競技特性に合っていると感じました。
天然繊維に拘り、天然繊維の中でも最も耐久性が高く、ドライ感の高い「ラミー」という麻の繊維をほぼ100%使用しております。また、コンセプトの一つとして「環境負荷の少ないもの」を掲げていて、自然に優しい素材となっています。

商品バリエーションとしては、丈の長さはくるぶし丈、足首丈の2種類。
それぞれ、タイプは五本指、足袋型、ラウンド型の3種類。
サイズは、S(22-24cm)、M(25-27cm)、L(28-30cm)の3種類。
色はまだ未定ですが黒と他2色の三色です。
配送について
・お好みのタイプと、丈の長さ、サイズ、色(黒かそれ以外かの2択)を教えてください。
ご希望の届け先にお届けします。
・オリジナルフラッグに書き込む名前を教えてください。本名でもニックネームでもどちらでも構いません。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

20,000円(税込)

残り4 個(限定10個)

  •  「2018年個人スポンサー」になっていただきます。
  •  愛用している「POWERbreathe+」をプレゼントします
  •  オリジナルフラッグに自分があなたの名前を書き入れます
  •  3000円のリターンと同じものがつきます
お返し品説明
・2018年シーズン(2019年3月まで)の個人スポンサーになっていただきます。スポンサー限定公開のレースレポートをお届けします。
・あの「B’z」の稲葉さんも使っていると話題の「POWERbreathe+」をプレゼントします。もちろん自分も愛用しています。呼吸筋と呼ばれる筋肉類を鍛えることで一回の呼吸をよりスピーディに、より多くの酸素を取り込むことで競技のパフォーマンスを上げることが出来ます。
一回あたり3分ほどのトレーニングですが、汗が噴き出るほどきつく、全力で走ったくらい息が切れる負荷をかけられます。しかしながら足腰の筋肉へのダメージはないので毎日でもできますし、故障中でも心肺機能を鍛えることができる大変優れモノです。
これであなたも階段垂直マラソンのゴールを疑似体験できるかも?!
配送について
・お使いになりたい「POWERbreathe+」の負荷をお選びください(軽負荷、中負荷、重負荷の3種類)なお、色については時期によって変わる場合がありますのでご了承ください。

・オリジナルフラッグに書き込む名前を教えてください。本名でもニックネームでもどちらでも構いません。
  •  6人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

残り5 個(限定7個)

  •  2018年個人スポンサーになっていただきます!
  •  プライベート練習兼を差し上げます。個人も団体での申し込みも可能!みなさんの都合の良い日で、一日練習にお付き合いいたします
  •  スポンサー限定のレースレポートをお届けします
  •  オリジナルフラッグに自分があなたの名前を書き入れます
  •  3000円のリターンと同じものがこちらにも付きます
お返し品説明
・2018年シーズン(2019年3月まで)の個人スポンサーになっていただきます。スポンサー限定公開のレースレポートをお届けします。
・一日(午前9時~午後5時まで)渡辺良治があなたの練習にお付き合いいたします。団体(原則10名くらいまででお願いいたします)でのお申込みも可能です。場所はどこでも構いませんが、リクエストいただければ自分が普段汗を流している青梅・奥多摩エリアの山をご案内いたします。スカイランニング世界選手権日本代表としてスカイランニングの面白さや上達のコツをお伝えいたします!
練習の後の食事ももちろんお付き合いいたします。お望みとあればもう一つの「山」にもご案内いたします(笑)
また、ボクシングの経験も活かし、減量のコツや、代謝を増やすための筋トレなどもお教えします。
配送について
・オリジナルフラッグに書き込む名前を教えてください。本名でもニックネームでもどちらでも構いません。

・練習日については2018年8月~2019年3月の間でスケジュール調整させていただきます。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました
おすすめのコース!!

50,000円(税込)

残り5 個(限定5個)

  •  <団体・法人様向け> 2018年度公式スポンサーになっていただきます!
  •  新しく作るオリジナルユニフォームの前面にロゴやマークをお入れします。
  •  オリジナルフラッグにもロゴやマークをお入れします。
  •  イベントに参加したり、告知したり・・・様々な協力をさせて頂きます。
  •  スポンサー限定公開のレースレポートをお届けします。
  •  3000円のリターンと同じものがつきます
お返し品説明
※団体・法人様向け
2018年度シーズン(2019年3月)までの公式スポンサーになって頂きます。
・新しいオリジナルユニフォームを今年の7月までに作成します。今シーズン全てのレースで着用するこのユニフォームの前面の目立つ位置ににご支援いただいた団体、法人のロゴを張り付けさせていただきます。世界中でみなさんの宣伝ができると思います。
・オリジナルフラッグにも同じロゴマークを入れたいと思います。ですが、こちらはワッペンなど現物を頂いたものを後からフラッグに張り付ける形になると思います。
そのほか、みなさんの団体や法人のイベントやPR企画などで可能な限り協力させていただきたいと思います。
配送について
ユニフォームに張り付けたいロゴはpdfデータでお送りください。
オリジナルフラッグにつけるロゴはこちらからお伝えする住所に現物を郵送していただくことになります。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました