集まっている金額 1,855,000(目標 1,000,000円)
達成率 185
支援者数 139
残り 終了しました
終了しました
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

 

どこにもない、西多摩の暮らしを伝える一冊を。

 

「西多摩を考える会」という存在を、ご存じだろうか?

青梅市、あきる野市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村からなる4市3町1村の西多摩エリア。

地域を盛り上げたい。まちを良くしたい。地元で活動を続ける人たちの心からの願い。

7つのエリア1つずつが手をつなぎ合い、その場所に住み・暮らしている人たちが自分のまちへの想いを強くしてくれることを祈り、商工会や観光協会・漁業・林業などの21団体が2015年、「西多摩を考える会」を発足させました。

「まちのために自分たちができることは何か?」

思案を巡らせた彼らの考えは、一つの結論に結び付きました。

 

“西多摩の魅力がたっぷり詰まった本をつくろう。”

 

まずこの本は、単なるガイドブックではありません。

温泉、キャンプやバーベキュー、釣りに地酒の酒蔵めぐり。

確かに西多摩には、東京とは思えないあふれる自然を堪能する観光スポットは、たくさんあるのかもしれません。

けれど、疑問が浮かびます。

「西多摩に住んでいる人はどんな人がいるのだろう」

「西多摩にはどんな仕事があるのだろう」

そして、観光に来てもらうだけで、西多摩はいいのだろうか?

 

東京都の26%という面積を保有している西多摩は、過疎化が進み、空き家が増え、高齢者ばかりの地域も増えてきている現状があります。

東京都にある、西多摩というエリアの魅力。

目の前に広がる青々とした山並み、耳を澄ませると聞こえてくる川のせせらぎ、吸い込む度に身体の中から力がみなぎってくるような澄んだ空気。

そんな場所が東京都の中に顕在しているということの奇跡。

そんな「西多摩」を知らない全国の人たちにもこのエリアの存在を、日々自分たちが続けている努力を、どうやったら知ってもらえるだろう?

そうだ、この本を全国で販売しよう!

 

熱い想いを持って暮らしている人たちの、ストーリーが見えてくる。

より深く、より暮らしている人たちの表情が見え、息遣いが聞こえてくるような本をつくりたいという想いのもと、1年以上をかけて地域の人たちの姿を取材しました。

80年の歴史を持つ老舗の伝統の味を守りながら新しい可能性を引き出したいと、4代にわたって狭山茶づくりを続ける若手農家の杉田園。

 

織り物の街として歴史の深い青梅の地で、江戸時代から続く「天然藍灰汁醗酵建」という化学薬品を一切使わない伝統的な染色方法で、肌触りの良い手紡ぎの綿素材を自然界の原料のみで染めている村田染工株式会社。

家づくりを通じて東京の山の再生を目指す「東京の木で家を造る会」の存在をきっかけに、奥多摩に引っ越し一軒丸ごと多摩産材でつくった家を建てた上野一家。

様々な人が、様々な想いを胸に生活を続ける西多摩。

遊びに行って、泊まって、住んで。

読み進めていくほどに西多摩に足を運びたくなる、そしてさらには引っ越してしまいたくなる。どんどんその奥へと、緑が濃く色づいていくように深く西多摩の魅力に入り込んでしまうはずです。

 

制作チームは、地域密着の出版社

西多摩の人々の魅力を余すことなく伝えるのは、立川にある「けやき出版」。創業36年目の地域出版社で、多摩エリアの情報誌「たまら・び」や地元を取り上げた書籍を多数制作・発行しています。

金融機関が企画・発行、けやき出版が編集・発売している「たまら・び」。西多摩はもちろん、30市町村をくまなく紹介している20年以上続く地域情報誌。

創業36年、企画出版から自費出版まで、発行点数は1500点以上に上る。

 

今回のこの企画は、本の制作資金にあてさせていただくと共に、本の内容と連動して実際に西多摩を体感してもらうことができる支援内容となっています。

本の仕様:B5判/144ページ/オールカラー/定価1200円(予定・税別)

 

すべての方のお名前を、本の最後の1ページに刻みます。

マス釣りを体験し、地場野菜や地元の名産を味わい、温泉で癒される。

そして、オリジナルのしおりをこの本に挟み込む。

五感すべてで西多摩の自然を享受していただきたいという想いが、そもそもの始まりです。

さらには実際に、この地に移り住みたいという方が現れ、一緒に西多摩を盛り上げていきたいと思って下さる読者が一人でも多く増えてくれるなら、これ以上の幸せはありません。

支援して下さる皆さんが、この本の制作者です。

 

● 実行スケジュール

 

制作スケジュール

3〜8月 取材期間

9〜10月 制作期間

今秋  完成予定!

 

出来上がったこの本が、あなたの大切な一冊として本棚に並ぶことを祈って。

そしてどんな季節も、ボロボロになるまで使い倒して下さることを願って。

私たち「西多摩を考える会」は、いつでも皆さんが訪れてくれることを楽しみに待っています。

 

● お問い合わせ先

公益社団法人 青梅法人会 

東京都青梅市東青梅1-7-7 清水ビル5FTEL0428-24-8863 FAX0428-24-8984

 email:jim@ome-hojinkai

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

西多摩を考える会
〈西多摩を考える会〉
青梅法人会/西東京農業協同組合/西多摩農業協同組合/秋川農業協同組合/秋川漁業協同組合/奥多摩漁業協同組合/東京都森林組合/青梅商工会議所/福生市商工会/羽村市商工会/瑞穂町商工会/日の出町商工会/奥多摩観光協会/青梅市観光協会/福生市観光協会/羽村市観光協会/瑞穂町観光協会/あきる野市観光協会/檜原村観光協会/日の出町観光協会





支援コース

5,000円(税込)

  •  お礼のお手紙
  •  本を1冊
  •  奥付にお名前のクレジット
  •  西多摩の四季のしおり
お返し品説明
お礼のお手紙、出来上がった本、本の最後のページにお名前を記載、オリジナルのしおり
  •  15人が支援しているコースです
  •  2017年12月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  お礼のお手紙
  •  本を1冊
  •  奥付にお名前のクレジット
  •  ①セントラルフィットネスクラブ利用無料券2枚セット
  •  ②ボウリング場「西東京レーン」2ゲーム利用無料券2枚セット
  •  ③小澤酒造、田村酒造、石川酒造の地酒
  •  ④大多摩ハムの「TOKYO-X 3Dソーセージ」
お返し品説明
お礼のお手紙、出来上がった本、本の最後のページにお名前を記載、西多摩ゆかりの品物を下記の中から1点お好きなものをお選びください。
①「セントラルフィットネスクラブ」利用無料券2枚セット
利用可能施設:東青梅セントラルスポーツクラブ 平日9:00〜22:00、土10:00〜22:00、祝日9:00〜19:00(日曜休館)
セントラルフィットネスクラブ西東京 平日10:00〜24:00、土10:00〜21:00、日祝10:00〜19:00
https://www.central.co.jp/「
②西東京レーン」2ゲーム利用無料券2枚セット
平日10:00〜23:00、土祝9:00〜25:00、日曜7:00〜23:30 http://ntl-18.com/price.html
③多摩の地酒
小澤酒造「生酛純米吟醸東京蔵人」720ml、田村酒造「嘉泉 特別純米 東京和醸」、石川酒造「多満自慢 純米大吟醸 たまの慶」720mlのいずれか1本
④大多摩ハム「TOKYO-X 3Dソーセージ ローズパステート」 85g



配送について
本の発行(2017年秋)次第、発送予定
  •  118人が支援しているコースです
  •  2017年12月中配送予定
終了しました

100,000円(税込)

  •  お礼のお手紙
  •  本を10冊
  •  奥付にお名前のクレジット
お返し品説明
お礼のお手紙、出来上がった本10冊、本の最後のページにお名前を記載
配送について
本の発行(2017年秋)次第、発送予定
  •  6人が支援しているコースです
  •  2017年12月中配送予定
終了しました