集まっている金額 151,000(目標 130,000円)
116%
達成率 116
支援者数 22
残り 終了しました
同じカテゴリーのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2019年06月06日、合計151,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

ストレッチゴール20万円に挑戦!!

秋に、もう一度上映会を開催したい!

目標金額の100%達成、ありがとうございます!!皆様のおかげで上映会が実現します!

応援してくださった全ての方々のあたたかさに触れることができました。あたたかいご支援とご声援、ありがとうございます!

 

さて、このプロジェクトを更に大きくすべく、新たにストレッチゴール、20万円に挑戦します!

 

もし、ストレッチゴールを達成できたら、もう一度上映会を開催したい!です。

 

次は、一つの会場で完全合同の上映会を行うことで、

更に多くの同世代である学生に思いを伝えたいです!

 

また、ICUのLearn to Changeと農大復耕支援隊のつながりが更に深まると考えました!

 

私たちのつながりが今後も、学生らしい防災啓発の活動に貢献できると考えています。

 

更に魅力的なプロジェクトとなるよう、力を尽くしていきます。引き続き、ご支援とご声援をよろしくお願いします!

このプロジェクトについて 

 

こんにちは!  

私たちは、国際基督教大学(ICU)のLearn to Change東京農業大学の復耕支援隊の二団体で構成された、『いつはな』ICU・東京農大学生上映実行委員会です!

 

この名前からもわかるように私たちは、防災啓発ドキュメンタリー映画『いつか君の花明かりには』の上映会を開催したい!という同じ気持ちが原動力となり、初めて共に立ち上がりました!二つの大学で同じ日に、同じ想いで上映会を開催します。

上映会の詳細

 

【国際基督教大学(ICU)】

日付:2019年6月6日(木)

時間:19:30〜21:30

場所:国際基督教大学(ICU) 新新寮ウィステリアホール(共同リビング&ダイニング)

定員:約50名

参加費:無料

お申し込み:不要(先着制)

内容:映画上映、監督講演、ワークショップ

  

【東京農業大学】

日付:2019年6月6日(木)

時間:16:30~18:30

場所:東京農業大学世田谷キャンパス1号館(113教室)※教室は変更にある可能性があります。

定員:約50名

参加費:無料

お申し込み:不要(先着制)

内容:映画上映、監督講演、ワークショップ

防災啓発ドキュメンタリー映画『いつか君の花明かりには』のご紹介

 

この映画は2018年7月に全国公開され、依頼を受けて上映会が実施される形で、これまで14都府県にて50回の上映会が実施されています。行政主催、地域主催、企業主催など様々な形がありましたが、学生団体主催としては全国初の上映会となります。

 

以下、映画の内容について公式サイトなどからの引用させていただきます。 

================================================================ 

どこかで災害が起きるたびに「まさか自分が災害に遭うとは思わなかった」という言葉を耳にする。大切なものを失ってからではすべてが遅すぎるのに、私たちはその瞬間まで他人事でいる。

 

面倒くさい、堅苦しいからと後回しにしがちな防災。でも、大切な人、大好きな街のためには防災したくなる。

 

日本全国に散らばる「防災の声」を集めた47分間。

大切な人を守るために、防災を考える。誰かにとって大切な自分を守るために、災害に向き合う。温かい気持ちで防災したくなる異色のドキュメンタリー。

 

彼らの想いは、「君」に届くのだろうか。

  

◆公式サイト→ http://itsuhana.ifdef.jp/index.html

 

◆映画予告編

 

【監督(共同)】小川光一・山崎光  

【主題歌】butterfly in the stomach

【映像音楽】上水流諒  

【全国公開】2018年7月

   

【出演】岡本翔馬氏(認定 NPO 法人桜ライン 311 代表理事)/柳原志保氏(歌うママ防災士)/徳島市立津田中学校 防災学習倶楽部/ 弘中秀治氏 (防災専門家)/戸羽太氏(岩手県陸前高田市長)ほか  

   

【後援】岩手県陸前高田市/広島県広島市  

【製作協力】文部科学省 地震調査研究推進本部/国土交通省 国土地理院/熊本地震デジタルアーカイブ/東京都三鷹市/株式会社マピオン/株式会社ゼンリン/北海道地図株式会社 ほか  

【撮影協力】広島県/山口県宇部市/くまもとフィルムコミッション/徳島県ロケーション・サービス ほか

なぜ上映会を開催するのか?

 

今年で東日本大震災から8年が経ちました。津波による被害は甚大で、復興までにはまだまだ長い道のりです。一方で、それ以外の地域では震災の記憶も遠ざかり、被災地への関心が薄れていくように感じます。

 

災害の国、日本ではいつどこで大災害が襲ってくるかわかりません。私たちはこの映画を見て、もし今災害がおきたら何をすべきなのか、何ができるのかを考えることができました。

 

その感覚を同世代の人や大学付近の方々にも知ってもらい、考えてもらう。そうすることで、明日の3.11に向けた第一歩になると考えています。

 

この映画を通じて、今、被害を受けた地域の方々がどんな気持ちで復興活動や防災普及活動を行っているのか知ることができます。そして、自分がすべきことのイメージを具体化することで、さらに災害に対する意識を持ってもらいたいです!

 

なぜ異なる2大学の学生団体が協同で開催するのか?

 

上映会を主催する二つの学生団体(下記参照)は、どちらも東日本大震災に起源をもつ団体です。今回、防災の映画を上映したいという思いが共通していたので、協同上映に踏み切りました。

 

それぞれの大学で同日に上映し、より多くの同世代に観ていただくことで、防災に関心を持つ人を増やせるのではないかと思います。

 

また、この上映会をきっかけに大学の枠組みを超えた二つの学生団体の繋がりができることで、今後はより大きな活動へと発展していくことができると考えています。

主催するサークルの紹介

 

①【国際基督教大学(ICU)】Learn to Change

Learn to Change (通称:LTC) は2011年に東日本大震災ボランティアサークルとして設立されましたが、学生の卒業を機に一度活動が途絶えました。その後、2017年の春に現在のメンバーがLTCを再始動させるべく集結しました。

 

現在は新生LTCとして「3.11を風化させないために東京の学生ができること」「生徒から学生へ」を目的に活動しています。

 

活動内容は公益慈善団体JICUFより支援を受けている東北応援活動、チームあすなろへの参加に加えて、メンバーそれぞれが関心のある角度から震災や防災につについて学んだことを共有する勉強会を定期的に開いています。また、ICU祭(学祭)にて展示を行っています。

 

Learn to Change Facebook ページ→ https://www.facebook.com/iculearntochange/

 

 

 

【東京農業大学】農大復耕支援隊

農大復耕支援隊は、農大卒業生・現役生が集まり、東日本大震災復興支援活動を継続的に行う有志団体です。

 

「農」と「花」を通して被災された皆様に寄り添うことで、元気を出してもらおうと活動しています。私たちは2011年9月から岩手県大槌町・釜石市を中心にガレキの撤去、花植え、農園作りなどの活動を行ってきました。

 

現在は、東日本大震災の風化防止のために岩手ボランティアツアーや現地の物品販売を行っています。

また、防災普及活動にも力を入れており、農大地域で防災イベントを開催しています。

公式サイト→ http://nodaifukkoku311.fukuwarai.net/

Facebookページ→ https://www.facebook.com/nodai.fukkou.radish/

Youtubeサイト→https://www.youtube.com/channel/UCpJz2_kRKVEIMCDP2r26iHg?view_as=subscriber

支援金の使いみち

 

ご協力いただいた支援金は下記費用に使用させていただきます。

 

上映経費:80,000円

チラシ印刷費:5,000円

その他経費:5,000円(事務用品、消耗品など)

クラウドファンディング関連経費:40,000円(手数料、返礼品、発送費など)

最後に  

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

 

私たちは、防災を啓発をすることは大切な未来を守ることに繋がると考え、この上映会を企画しました。二つの大学で開催することでより同世代を中心に『いつか君の花明かりには』の映画を通じて、防災したくなる温かな気持ちを広げられると信じています。

改めまして、皆さまからの温かいご支援を心よりお願い申し上げます。

お問い合わせ先

『いつはな』ICU・東京農大学生上映実行委員会 (担当:中田・小島)

メールアドレス:itsuhana.nodai.icu@gmail.com

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

『いつはな』ICU・東農大学生上映実行委員会
 
国際基督教大学 (ICU)の東北支援団体Learn to Changeと東京農業大学の復耕支援隊の二つの学生団体から構成されています。防災啓発ドキュメンタリー映画『いつか君の花明かりには』の上映会を企画するために、一緒にこの実行委員会を立ち上げました。

支援コース

1,000円(税込)

  •  お礼の手紙
お返し品説明
感謝の気持ちのお手紙を送らせていただきます。

※画像はイメージです。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2019年6月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

  •  お礼の手紙
  •  『いつか君の花明かりには』映画チラシ
  •  「上映イベント報告書」
  •  短編小説『釜石の軌跡』
  •  オリジナルしおり(手作り)
お返し品説明
本イベントの様子や雰囲気、私たちがイベントを通して感じたことなどを報告書の形にしてお伝えいたします。
『釜石の軌跡』は東日本大震災での津波当時の東北を舞台にした短編小説です。東京農大学生が書きました!

※画像は昨年7月に三鷹市で開催された上映会の様子です。
  •  10人が支援しているコースです
  •  2019年6月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  お礼の手紙
  •  『いつか君の花明かりには』映画チラシ
  •  「上映イベント報告書」
  •  短編小説『釜石の軌跡』
  •  オリジナルしおり(手作り)
  •  オリジナルキャラクター缶バッジ
  •  『三鷹中央通り商店会ぼうさいハンドブック』
  •  三陸特産品500円分
お返し品説明
岩手の海が臨める大槌町の鮮魚店「越田鮮魚店」より三陸の幸500円分をお送りします。

※画像はイメージ(三陸の海)です。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2019年6月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  お礼の手紙
  •  『いつか君の花明かりには』映画チラシ
  •  「上映イベント報告書」
  •  短編小説『釜石の軌跡』
  •  オリジナルしおり(手作り)
  •  オリジナルキャラクター缶バッジ
  •  『三鷹中央通り商店会ぼうさいハンドブック』
  •  オリジナル『釜石大槌ガイドブック』
  •  三陸の特産品1000円分
  •  上映会当日「VIP席ご用意」
お返し品説明
上映イベントに起こし頂ける場合、一番見やすいお席を準備しておきます。月に一度のペースで岩手県釜石市・大槌町に行っている農大復耕支援隊が、一般のガイドブックとは一味違った視線でおすすめのポイントをご紹介いたします。知っているとさらに楽しめるプチ情報付き^^*
岩手の海が臨める大槌町の鮮魚店「越田鮮魚店」より三陸の幸1000円分をお送りします。

※画像はイメージ(釜石市の観光スポット)です。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2019年6月中お届け予定
終了しました

20,000円(税込)

  •  お礼の手紙
  •  『いつか君の花明かりには』映画チラシ
  •  「上映イベント報告書」
  •  短編小説『釜石の軌跡』
  •  オリジナルしおり(手作り)
  •  オリジナルキャラクター缶バッジ
  •  『三鷹中央通り商店会ぼうさいハンドブック』
  •  オリジナル『釜石大槌ガイドブック』釜石大槌ガイドブック
  •  三陸の特産品3,000円分
  •  上映会当日「VIP席ご用意」
お返し品説明
上映イベントに起こし頂ける場合、一番見やすいお席を準備しておきます。月に一度のペースで岩手県釜石市・大槌町に行っている農大復耕支援隊が、一般のガイドブックとは一味違った視線でおすすめのポイントをご紹介いたします。知っているとさらに楽しめるプチ情報付き^^*
岩手の海が臨める大槌町の鮮魚店「越田鮮魚店」より三陸の幸3000円分をお送りします。

※画像はイメージ(大槌町の夕焼け)です。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2019年6月中お届け予定
終了しました