町田市

町田市

東京都の南端に飛び出し、神奈川県に包まれるような場所に立地する「町田市」。 江戸時代に「二・六の市」「絹の道」などで栄えたころから、さまざまな方が東西南北から集まっては町田市で商売をし、「商都・町田」として発展しながら、現在は商圏人口230万人の大きなマーケットの中心となっています。 さらに、商業核の外側には、昭和中期に造成された「団地」をはじめとした住宅街が大きく拡がり、ベッドタウンとして約43万人の方が暮らしています。 さらにさらに、住宅エリアの外側には、東京では珍しくなっている「豊かな緑」が広がり、里山の原風景や都市農業など、さまざまな魅力があふれています! そんな「多面的な顔」を持つ町田市の魅力は、何といっても「雑多感」! さまざまな環境で多様な方が生活し、商売することで、おもしろいアイデアやイノベーションが絶えずまちなかにあふれ、活気のあるまちを創っています。 駅の周辺にはライブハウスやアニメストア、ラーメン屋やバーなど、老若男女が思い思いに時間を過ごせる店が数多く軒を並べ、少し郊外に出るとタイワンリスと遊べる「町田リス園」や江戸時代の宿場街の雰囲気を残す「小野路里山交流館」、ハイキングに最適な「フットパス」など、個性的な観光資源も豊富。 ビジネス面でももちろん、パートナーとなる事業者も多く、都心や横浜も近くて最適な立地です!