集まっている金額 2,123,000(目標 500,000円)
424%
達成率 424
支援者数 334
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2016年02月01日、合計2,123,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

大阪日日新聞に、痴漢抑止バッジの記事が掲載

2016.02.16

本日(2/16)の大阪日日新聞に、痴漢抑止バッジの記事が掲載されました。
IMG_5986_01
プロジェクトの活動を丁寧に紹介していただき、嬉しいです。


松永の被害者に向けたコメントが、誌面の制限もあってギュギュとまとめられた結果、若干、キツい表現になってしまいました。


私達は、痴漢被害にあったときに、何も言えず、アクションを起こせずにいた方達を責めるつもりは、全くないのです。


私自身、初めて痴漢にあったのは8歳(小2)の時でした。以来、小、中、高校生と何度も痴漢被害にあったけれど、一度も親や先生といった大人に訴えたことがありません。
どうしていいか分からなかったし、言えば自分が叱られると思っていたから……。


だけど、そうやって、被害にあったことを誰にも伝えずにいたら、子どもを狙う痴漢加害者が存在することを周囲が知る機会がありません。
その結果、痴漢犯罪が横行するという悪循環が発生していると、今は感じています。


そうは言っても、痴漢被害にあっている時に声をあげたり、犯人に逆らったりするのは、怖いです。
羞恥心もあるし、恐怖があります。
そもそも、力ではかなわない、年齢も上の男の人が犯人です。
ただでさえ、子どもが大人に面と向かって意見するなんて、勇気がいることです……。


大人の私達であっても、セクハラやパワハラに対して、毅然とした態度を取るのは難しいことです。
それを思えば、一方的に大人から性暴力を受けている被害者に対して、
「何も言えずにいるあなたが悪い。勇気を出しなさい」なんて、言えるはずがありません。少なくとも、私には言えません。
今、被害にあっている方にも、40年前に被害にあって怯えていた自分に対しても、言えません。


だから、痴漢 “抑止” バッジ なのです。


痴漢被害にあってから、声をあげるのではなく、
被害にあわないために「(もう二度と)私は、泣き寝入りしない(と決めた!)」と宣言してほしいのです。


被害者がそのように意識を変えることが、電車内痴漢問題を解決する一歩になると考えています。
ーーー


ということを伝えたかったのですが、これを80文字に要約するのは難しい(^^;


「本気で動きはじめた大人が大勢いる」って、被害に悩む子ども達やその保護者の方達に知って欲しいです。
あなたたちを助けたい、電車内痴漢問題をなんとかしなければ! と考えている大人は、大勢いるのだと信じてほしい。


そんなプロジェクトメンバーの思いを伝えていただく記事になっていて、本当に嬉しく思います。

起案者プロフィール

松永弥生
 
大阪在住。「痴漢抑止バッジ」考案者の母である殿岡万里とは、小学生時代からの友人。
2015年8月に、殿岡がSNSに投稿した「私は泣き寝入りしません」のカードとそれまでの経緯を読んで、缶バッジにすることを提案。殿岡から、相談をうけて「Stop痴漢バッジプロジェクト」をスタートさせた。
考案者である娘さんのプライバシー保護を優先するため、松永がプロジェクト代表を務めている。サイト更新、問い合わせ窓口を担当。

(電子書籍出版コンサルタント、文章講座の講師、フリーライター。公式サイト:マイメディア http://mymedia.link/)

支援コース

1,000円(税込)

  •  サンクスレター
  •  コンテスト投票権
お返し品説明
●サンクスレター
殿岡が、一筆一筆感謝を込めて描いた色鉛筆画に、たか子が御礼の言葉をいれたポストカードをサンクスレターとしてお送りいたします。写真は、これまでに殿岡が描いた作品です。

●コンテスト投票権
1次審査を通過した12作品の中から、支援者の皆様の投票によって、バッジデザインを決定します。支援者の方が1人1票の投票権を持ちます。
  •  88人が支援しているコースです
  •  2016年3月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

  •  サンクスレター
  •  コンテスト投票権
  •  バッジ1個
お返し品説明
●サンクスレター
殿岡が、一筆一筆感謝を込めて描いた色鉛筆画に、たか子が御礼の言葉をいれたポストカードをサンクスレターとしてお送りいたします。写真は、これまでに殿岡が描いた作品です。

●コンテスト投票権
1次審査を通過した12作品の中から、支援者の皆様の投票によって、バッジデザインを決定します。支援者の方が1人1票の投票権を持ちます。

●バッジ1個(※どのバッジが届くかは選べません。)
▲新しいバッジのデザインは、支援者の皆様の投票で選びます!

コンテストで選ばれたデザインでバッジを制作。そのうちの1個をお送りいたします。どのバッジが届くかお楽しみになさってください!
  •  125人が支援しているコースです
  •  2016年3月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  サンクスレター
  •  コンテスト投票権
  •  バッジ3個セット(特別賞2種 +1個)
お返し品説明
コンテストで選ばれたデザインでバッジを制作。特別賞2種と、+1個の計3個をお送りいたします。+1個は、どのバッジが届くかお楽しみになさってください!
  •  66人が支援しているコースです
  •  2016年3月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  サンクスレター
  •  コンテスト投票権
  •  バッジ 5個セット(全バッジ)
お返し品説明
コンテストで選ばれたデザインでバッジを制作。全バッジをお送りいたします。
  •  34人が支援しているコースです
  •  2016年3月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

  •  サンクスレター
  •  コンテスト投票権
  •  バッジ30個セット(全バッジ×6セット)
  •  公式サイトのサポーターページに社名(お名前)記載(希望者のみ)
  •  13人が支援しているコースです
  •  2016年3月中お届け予定
終了しました

50,000円(税込)

  •  サンクスレター
  •  コンテスト投票権
  •  バッジ100個(バッジ1個につきリーフレット1枚付)
お返し品説明
・支援者の方から要望をいただきましたら、ご指定いただいた施設(学校・公共団体)に、お届けします。
・本プロジェクトの趣旨を伝え、配布していただけるように依頼します。
(※最終的に、配布するかどうかは、施設の判断になります。交渉経過は、逐次ご報告いたします)
  •  6人が支援しているコースです
  •  2016年3月中お届け予定
終了しました

100,000円(税込)

残り2 個(限定3個)

  •  サンクスレター
  •  コンテスト投票権
  •  バッジ100個セット(全バッジ×20セット)
  •  講演1時間
お返し品説明
※サイトのサポーターページに社名(お名前)記載
(希望者のみ)
●講演1時間
(日程、交通費に関しては別途応相談となります)


  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年3月中お届け予定
終了しました

200,000円(税込)

残り0 個(限定1個)

  •  サンクスレター
  •  痴漢抑止バッジ パッケージ広告権
お返し品説明
痴漢抑止バッジの初期ロット3,000個に
メッセージ広告を掲載できる権利です。

広告掲載カ所:パッケージ裏面
サイズ:ハガキ大の1/2。

スポンサーページに掲載

配布予定先:
・クラウドファンディング支援者様(約1,000個)
・バッジ無料配布イベント(約1,000個) *1
・ネット通販にて販売(約1,000~2,000個)*2

*1) 300%達成したときに、無料配布イベントを開催いたします。
*2) 無料配布イベントの開催により、初期ロットを販売する数が変わります。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年4月中お届け予定
終了しました