集まっている金額 0(目標 400,000円)
0%
達成率 0
支援者数 0
残り 終了しました
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

街づくりの会
< 当会「街づくりの会」代表の紹介 >


当会「街づくりの会」の代表は、IT会社の
社長を務めていた経験があり、中央大学大
学院に在籍していた時には、ハーバード大
学国際問題研究所日米関係プログラム研究
員や、東京大学大学院新領域創成科学研究
科にて客員教授を務めていた教授より研究
指導を受け、また医学部を併せ持つ国際医
療福祉大学 大学院 博士後期課程では、世
界保健機関(WHO)でマネジャーを務め、
東京大学大学院医学系研究科で教授を務め
ていた教授らとともに研究発表を重ねてき
た経験をもつ。


また国際的な有識者が集まる学術学会「国
際開発学会」での研究発表や、国内外から
有識者が集まる学術学会「日本評価学会」
での研究発表・活動歴も多数ある。


上記のほか、フランス国ルーアン市への
フランス留学・活動経験や、アジア各国
でのフィールド・ワーク活動経験も多数
ある。


なお、日本初の開発・国際協力分野専門
の総合的なシンクタンクとして、1971年
に創立された「一般財団法人 国際開発セ
ンター」のホームページにおいても当会
「街づくりの会」の代表の研究成果・論
文が掲載されている。


ちなみに、これまで当会「街づくりの会」
の代表が、フィールドワークのため訪れ
た国・地域は、イギリス、フランス、オ
ランダ、ベルギー、ドイツ、シンガポー
ル、マレーシア、ベトナム、タイ、中国、
ラオスなど10か国以上になるが、欧州研
修の一環として、イギリスを訪れた際に
は、首都のロンドンはもちろんのこと、
オックスフォード大学周辺を訪れ、研究
活動するとともに、またフランスを訪れ
た時には、首都のパリや、地方都市のル
ーアン市を訪れ、研究活動に励んできた。
ちなみに、マレーシアを訪れた際にはマ
レー半島を一周しており、またタイ王国
を訪れた際にはタイ全土を地方都市を含
めて長距離バスを活用してフィールドワ
ークしてきた経験をもつことからタイ語
も少し話せる。

支援コース

3,000円(税込)

  •  特典として「活動報告メルマガ」を一度だけメールにて提供・送信する。
お返し品説明
ご支援者様への御礼として、通常ですと有料の当会「街づくりの会」による「活動報告メルマガ」を、特典として、「1回だけ」メールにて送信し、提供」します。
配送について
御礼としての「活動報告メルマガ」を提供・送信するために、ご支援者様のメールアドレスが必要となります。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2019年8月中お届け予定
終了しました