集まっている金額 3,430,000(目標 2,500,000円)
達成率 137
支援者数 88
残り 終了しました
終了しました

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

 ☆祝・目標達成(2017年3月19日)

みなさまのご支援のおかげさまをもちましてこのクラウドファンディング企画は成立しました。

まことにありがとうございました!

今後、リターン品やイベントの詳細など順次お知らせをいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

”著者の気持ち”ということで、目標達成しましたら、以下の特典を支援者様全員にプレゼントすることになりました。

 

1:「19-ナインティーン-」のアニメ化の際にきたがわ翔が描いたスケッチブックよりアニメーション作品に使われたカラーイラスト、十数点をデータ化してご提供します。

 

 

 

 

2:きたがわ翔が制作した漫画用背景、カケアミ効果素材など24点をデータ化してご提供します。出資者様限定で漫画商業利用も可能(漫画での利用に限らせていただきます)。

 

 

 

 

 

 

『19FOREVER』の予告漫画を描きました!

 

今回の『19FOREVER』の予告漫画をきたがわ翔が描きました(3月9日)。

「描きたい!」という想いがみなさまに伝わりますとうれしいです。

 

 

 

 

 

 

著者・きたがわ翔(きたがわ・しょう)よりごあいさつ

 

 

©Sho Kitagawa

 

 

30年ほど前、私の初めての週刊連載作品『19NINETEEN』が誕生しました。主人公のバイト先”do”という名前のケーキ屋を通して19歳の主人公とその恋愛を含めた日常を描いた作品の続編読切として、『19 FOREVER』は8年ほど前に発表されました。

 

割と評判が良くて、”この続編の連載を!”と編集さんに希望されていたのですが、なかなか自分的にうまく描けず、長いあいだ頓挫したままでした。

 

読切の主人公である久保田は四十歳過ぎてややくたびれた中年男になっており、結婚はしているが子供には恵まれておらず、体の不自由になった父の介護をしている、というかな~りリアルな設定になっていて、この久保田を主人公にしたエンタメ作品を連載で作ることは正直かなり難しかったのです。

 

描いても描いても自分的に納得がいかず、ずるずると年月だけが経ってしまいました。

 

それが最近になって、そうだ! こんなふうに描いてみたい! というひとつのアイディアが浮かびました。

それは脱サラしてケーキ屋の店長となった久保田のお店に成長したキャラクターたち(『19NINETEEN』以外の作品を含む)が入れ替わり立ち替わり訪れる、というものです。

 

ジュリアン・デュヴィヴィエの古いフランス映画、『舞踏会の手帳』みたいな感じで。

 

でも…皆様もお気づきの通り、これを現在商業誌で発表させてくれる場所はなかなかありません。

 

はっきり言ってこれは現在の読者様ではなくあの時代、私の作品をリアルタイムで読んでくださっていた読者様限定の作品だと言い切っても過言ではないからです。

 

出版不況の今、当然といえば当然です。

 

こんなのは作者の独りよがりではないか?

 

 

そんな考えもよぎりましたが、”漫画業界が変化しつつある今、よりもっと読者様と近い濃密な方法で執筆することもありではないか?”と考えました。

 

ちなみに…

 

自分の作品を引っ張り出して自分で言うのも恥ずかしいのですが、私の作品で皆さんが思い入れのあったキャラクターは誰でしたか?

 

私は…そうですね。

 

『19NINETEEN』だったら藤崎さんとか、『B.B.フィッシュ』なら国光さんとか、『C』だったらイッタとか結良とか佐藤ちゃんとか…

 

誰が出てくるかはお楽しみです。

 

そして…このシリーズの中で絶対にはずせない話。

 

それは久保田に一番会わせてあげたい人の話、というのがあるんですけどね。

 

多分、私のコアな読者の皆様ならお気づきではないでしょうか。

 

とにかくこの作品を当時の戦友のようなファンの方々と一緒に作って完成できたら、これ以上の喜びはありません!

 

皆様、なにとぞよろしくお願いいたします。

『19〈NINETEEN〉』について

 

”男”でも”男の子”でもない19歳になる主人公、久保田一至の恋と青春を描いた物語。

 

 『19<NINETEEN>』シリーズの歴史

 

1988年~1990年 週刊ヤングジャンプ(集英社)にて連載

1990年 OVA化

2010年12月 オー・スーパー・ジャンプ(集英社)にて1話限りの『19FOREVER』を掲載

この企画のために緊急電子化配信!単行本未収録の幻の1話が復活。

 

©Sho Kitagawa

 

2010年12月にオー・スーパー・ジャンプ(集英社)にて1話限り掲載され、単行本にも未収録となっている幻の1話が電子書籍で配信開始(2017年1月25日。電子版配信:Sho Studio。本文40ページ)。

 

20年の時を越えて再び物語が動き出す。

 

『19 FOREVER Prologue』 

Amazon Kindleでの商品ページはこちら

http://amzn.asia/73wKaP6

 

 

現在、進行中のラフやスケッチを公開!!

 

あのキャラクターもこのキャラクターも、ヒントがいっぱい。

©Sho Kitagawa

 

©Sho Kitagawa

『19 FOREVER』制作スケジュール

2017年3月~10月 執筆(モノクロ32ページ×2話=64ページ)

2017年12月以降 冊子等リターン品の送品、電子書籍版の配信

 

リターン品について

 

 完全受注生産のため、1万円、7万5千円、100万円の超限定リターンを用意いたしました。

 

100万円のリターンには、きたがわ翔直筆!秘蔵の一点ものの絵画をプレゼント!!

リターン品は、下書きや好きなキャラを描いた色紙など通常では手に入らないものをご用意しました。

きたがわ翔との宴の参加権などプレミアムな体験をお楽しみいただきたいと思います。

また、段階目標を達成するごとに執筆するページ数と話数が増えるストレッチゴールリターン方式になります!

 

幻の1話『19 FOREVER Prologue』をコミック冊子に特別収録!!

 

完全受注生産のコミック冊子には、今回、電子書籍で復活した『19 FOREVER Prologue』を収録。単行本で読めなかった幻の1話が紙で手に入ります。

 

きたがわ翔先生のスーパーテクニックを早回し動画で配信中!

 

「きたがわ翔によるイラスト製作の様子 "カケアミ編"」4分38秒早回しバージョン

 

もっとじっくり見たい~!!!という方のために、2時間48分バージョンも公開開始!

読む方も描く方も要チェック。

クラウドファンディング成立のため動画の拡散にご協力をお願いいたします。

 

↓↓↓

 

そして、その描き上がった1コマを

 

↓↓↓

 

なんと!フリー素材として配付中!(商用利用可、二次利用可)

こちらよりどうぞ。

https://goo.gl/9I8fVn

*ご使用上の注意文をよくご覧ください。

 

リターン品の「下書き」について

 

リターン品の「下書き」ですが、今回の『19 FOREVER』執筆時のものになります。

現在は、PC環境下での執筆をされているため、「原画」にあたるものが存在せず、この「下書き」がアナログでの最終工程になります。

同著者の過去の下書きは以下のようになります。

すでにラインがとれていまして、とてもきれいなものになります。

見本としてご覧ください。

 

 

©Sho Kitagawa

「アントルメティエ(原作:早川光、漫画:きたがわ翔)」

 

©Sho Kitagawa

「アントルメティエ(原作:早川光、漫画:きたがわ翔)」

 

 

リターン品の「たったひとつの絵画」について

 

2011年に今のマンションに引っ越す際、部屋に飾ろうと個人的な趣味のみで描いたアート二点です。

 

ブロカントなインテリアに合うように木板へ大理石の粉末をジェッソに混ぜたものを塗った上からアクリル絵の具で絵を描き、その後やすりやカッターナイフや釘でエイジングを施してあります。

 

後ろ向きの絵は飼い猫のまりんをスケッチして描いたものです。

 

 

元々売るつもりなどなく、毎日部屋で眺めるために描いたもので愛着のあるアートですが、今回2つのクラウドファンディング企画のためにそれぞれ1品ずつ出品することを決意しました。

 

支援金の使途

 

以下のとおりです。

 

◯ 『19 FOREVER』の制作費

◯ 印刷費

◯ リターン品配送費

◯ 手数料

 

 

ストレッチゴールについて執筆するページ数と話数が増えます!

 

 【390万円達成したら…】

執筆ページ数が2話分増えて、4話分になります!

モノクロ32ページ×4話=128ページ

 

 

【490万円達成したら…】

執筆ページ数がさらに2話分増えて、6話分になります!

モノクロ32ページ×6話=192ページ

  

 

*当企画は、きたがわ翔さん(株式会社エススタジオ)と株式会社クリーク・アンド・リバー社が合同で行っているプロジェクトです。

 

株式会社クリーク・アンド・リバー社のホームページはこちら

http://www.cri.co.jp/

きたがわ翔先生のプロジェクトは2本同時に進行中!

もう1本のプロジェクトは以下からチェック!

 

CF限定完全受注生産!きたがわ翔『デス・スウィーパー黝』制作プロジェクト

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

きたがわ翔
きたがわ翔は1981年にデビューした漫画家。男性、O型。
1981年中学2年のとき、第159回『別冊マーガレット』(集英社)まんがスクールへの応募で「番長くんはごきげんななめ」が佳作受賞。同年「番長くんはごきげんななめ」(『別冊マーガレット』)でデビュー。1986年『ヤングジャンプ』に「TEENSしようか」を隔週連載、青年誌の活動の場を移す。1988年から同誌で連載した「19〈NINETEEN〉」は主人公と作者の実年齢がほぼ等しく、10代終わりの微妙な心理をリアルに描き、読者の支持を得、オリジナルビデオアニメ化もされる。また、画力に支えられた卓抜したトーンワークも特徴。1990年からは『ヤングジャンプ』で水泳が題材の「B.B.フィッシュ」を連載した。家族の絆を描いた『ホットマン』(集英社)は、TBSで2度テレビドラマ化される(2003年、2004年)。
また、『C』(集英社)、『刑事が一匹…』(講談社)、『デス・スウィーパー』(角川書店)、『ソウルメッセンジャー』[原作:藤沢とおる](集英社)、『アントルメティエ』[原作:早川光](集英社)など幅広く多彩な作風を持っている。
1981年に13歳という若さでプロデビュー。2017年現在、漫画家歴35年を超えて、今も精力的に執筆活動を行っている。

きたがわ翔のブログはこちら
http://ameblo.jp/sho-kitagawa/

支援コース

10,000円(税込)

  •  コミック冊子(読み切り作品『19 FOREVER Prologue』40P分含む完全受注生産)
  •  コミック冊子に支援者のお名前を掲載(掲載名は、10文字まで)
  •  お礼メッセージ(プリントしたイラストに手書きのサイン)
  •  63人が支援しているコースです
  •  2017年12月中配送予定
終了しました

75,000円(税込)

残り8 個(限定25個)

  •  きたがわ翔さんを迎えて完成記念宴会の参加券(会場で宴会、おみやげ付き)
  •  色紙(お好きなキャラクターをリクエストできます)
  •  コミック冊子(読み切り作品『19 FOREVER Prologue』40P分含む完全受注生産)
  •  コミック冊子に支援者のお名前を掲載(掲載名は、10文字まで)
  •  お礼メッセージ(プリントしたイラストに手書きのサイン)
お返し品説明
宴会は、東京都内で行います。会場はまだ未定です。参加者には著者より心ばかりのおみやげ(?)をご用意しています。
  •  17人が支援しているコースです
  •  2017年12月中配送予定
終了しました

75,000円(税込)

残り56 個(限定63個)

  •  きたがわ翔直筆 世界に1枚しかない今回執筆分の下書き1枚
  •  色紙(お好きなキャラクターをリクエストできます)
  •  コミック冊子(読み切り作品『19 FOREVER Prologue』40P分含む完全受注生産)
  •  コミック冊子に支援者のお名前を掲載(掲載名は、10文字まで)
  •  お礼メッセージ(プリントしたイラストに手書きのサイン)
  •  7人が支援しているコースです
  •  2017年12月中配送予定
終了しました

1,000,000円(税込)

残り0 個(限定1個)

  •  たったひとつの絵画
  •  今回執筆する『19 FOREVER』のアナログカラー原画
  •  きたがわ翔作品の中からあなたのためだけに書きおろすカラーイラスト(大判)
  •  きたがわ翔さんのアトリエへご招待(1時間対談)
  •  きたがわ翔さんを迎えて完成記念宴会の参加券(会場で宴会、おみやげ付き)
  •  コミック冊子(読み切り作品『19 FOREVER Prologue』40P分含む完全受注生産)
  •  コミック冊子に支援者のお名前を掲載(掲載名は、10文字まで)
  •  お礼メッセージ(プリントしたイラストに手書きのサイン)
お返し品説明
ご用意している絵画については、世界に一品のオリジナル作品となります。
提供は額入りでスペックは、「650mm x 960mm x 20mm」重量は約4.9kgです。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年12月中配送予定
終了しました