NPO法人フードバンク狛江

NPO法人フードバンク狛江

  出身地:東京都 応援エリア:FAAVO東京調布・府中

2015年7月に「フードバンクを考える会」として自宅を倉庫に市民の食品寄贈で集まった食品を市の自立相談窓口を通じて緊急食料支援をはじめる。2016年5月NPO法人として登記完了。7月から倉庫連絡事務所を開設し週2回相談窓口に、食品支援提供を開始。「子どもの貧困」講演会、狛江市との協働事業で「食品ロス問題」講演会を開催。10月食品ロス削減月間には市庁舎でフードドライブ(市民の食品寄贈活動)を実施。市内5カ所にて食品寄贈受付し回収。2017年6月狛江市と食料支援事業連携の協定書を交わす。フードバンク講演会も開催し、地域の福祉団体と食品提供で連携を強める。新倉庫に移転後、2018年8月から給食のない時期の狛江市のひとり親子育て応援として子育て支援課の協力で食料支援を開始し、FAAVOで達成できた冬にも実施、残額を春休み支援にも使用。