書道家 岩尾諭志

書道家 岩尾諭志

  出身地:宮崎県 応援エリア:FAAVO宮崎

書道家 岩尾諭志 1985年9月30日 宮崎県宮崎市で生まれる。幼少期は高千穂町、日南市で過ごし、小学生時代は高鍋町で過ごす。書道に触れるきっかけを作ってくれたのは母。幼少期から、欲しいものは買わずに作ってみなさいと言われ、絵やパズルや折り紙やダンボールで、創作することに長けていた。10歳の時、母に誘われ書道教室に行き、熱中する。高校で師範免許取得。それまで習っていた師が体を壊され、高校時代は色んな事情が重なり1日10時間超えて独学で書きまくる日々。大東文化大学書道学科時代に、出来た心友を癌で失くしたことから、彼の分まで書道で生きる!と誓い、大好きな書道文化がデジタル化し、人間の心を疲弊させている現代に癒やしとしての役割を見出し、書道文化の新しいカタチでの普及を夢見る32歳。