川棚 片島竹灯籠まつり

川棚 片島竹灯籠まつり

  出身地:長崎県 応援エリア:長崎県

約100年前の1918年に長崎県の小さな町に作られた軍事施設が建設されました。 地域住民にはビール工場と言っていた施設ですが、実は戦時中に航空機が使用する魚雷の性能を試験するものだったのです。 終戦を迎えた時、その建物は使われることなく約70年の歳月をかけて朽ちていきました。 途中、屋根が抜け落ち、そこに種が飛んできて大きな大きな木になりました。 今ではその木は「平和の象徴」として使われなくなった建物の時を平和な時代とともに生きています。 2015年11月 戦争遺構と平和の融合として、竹灯籠まつりが開催されるまで静かな時が流れることとなるのです。