集まっている金額 322,000(目標 300,000円)
達成率 107
支援者数 26
残り 終了しました
終了しました

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

 はじめまして。

静岡県富士川町出身の華道家の辻雄貴と申します。

私は、能楽師の大倉慶乃助と共に日本の文化である「いけばな」と「能楽」の世界観を融合することにより、自然とのつながりや藝能(げいのう)が古来よりもっていた力をもう一度呼び戻す新しいカタチの芸能「シャクジ能」というイベントを3年前より続けてきました。

 

 このたび、富士の山ビエンナーレ実行委員会から招致を受け「駿河シャクジ能」を2016年11月20日(日)、静岡県富士宮市星山に鎮座する倭文(シドリ)神社にて行うことになりました。 富士の山ビエンナーレとは、富士宮市、富士市、静岡市の三市(富士宮、富士、富士川、蒲原、由比地域)合同で、歴史的に意義のある候補地を選定し、アーティストが地域と連携し作品を作り上げ、点在させていく現代アートの芸術祭です。

富士の山ビエンナーレ公式サイト: http://fujinoyama-biennale.com

 

   ▲ 2015年、静岡市葵区の浮月楼で開かれた「浮月シャクジ能」の映像

 

「シャクジ能」の「シャクジ」とは、日本の古層に眠る芸能・ものづくりの神さまのことです。

シャクジ − 「宿神・祝神・石神」とも表記され、古来より日本の芸能者は「シャクジ」の神さまを芸能の守護神として祀ってきました。

芸能者とは、能楽(猿楽、田楽)、立花(いけばな)、庭、土木、建築、織物など自然美を自らの身体に宿し、表現する職人のことです。

 

古来、芸術や芸能の源泉は生命力豊かな自然でした。その自然が失われていきつつある現在、能楽はもっと自然との融合を求めてしかるべきと考え、能楽の源を訪ねる試みを続けています。伝統の上に築き上げられたお互いの芸の根底にあるものを掘り起こし、共に人と自然との共生を探求をしていくことで、能楽が持つ本質的なものを現代に表出させようとしています。

 

今回はその「シャクジ能」を通して、地域の問題を伝統芸能と現代アートの力により理解を深めながら、地元の方たちや、日本の未来を担う若者の皆さんと一緒に地域を盛り上げていこうというプロジェクトです。

 

 

 ▲ 2015年、静岡市葵区の浮月楼で開かれた「浮月シャクジ能」の舞台美術

photo:Sekiya Kozo

 

なぜ、静岡で駿河シャクジ能を行いたいのか?

静岡県は全国一の生産量を誇る紙の街です。

国内生産量の11.9%を占めていると言われています。

鎮座地である星山集落は、富士山と潤井川の恩恵を受け水が豊富にあり、和紙の原材料となる「こうぞ」や「みつまた」が自生していることから、江戸時代には「駿河半紙」が作られ、品質の高さから静岡県製紙業界の代表的なものとなりました。

 

▲ 「こうぞ」や「みつまた」の繊維を柔らかくし、紙漉きを行っている様子。

 

しかし、全国的に成長を遂げてきた紙の内需はリーマンショック後の2009年に大きく数量を落とし、それ以降も回復することなく、減少の一途をたどっています。

IT化と少子高齢化が進む現代、個人でも会社でも紙を使用する機会が減り、更には技術の進歩により紙は行き場を無くしてしまいます。

人々が利便性を求めるがあまりに、世の中から本当に大切なモノを失ってしまう可能性があるように感じています。

 

 

紙だけじゃない、荒れた日本の山のこと。

紙だけではなく、植物もその危機に直面しています。

昔、身の回りのものは植物を材料に使用し作り上げていたため、植えた人間がその土地の手入れをしていました。

少子高齢化が進み、植物を材料にモノを作る職人の後継者が不足しています。

また、コンビニエンスストアやインターネット通販サイトの普及により、欲しいモノが何でも気軽に手に入るようになりました。

現代人が利便性、効率化を求めるがあまり、山の生命達のことを忘れ、手入れをしなくなってしまいました。

手入れが行われなくなってしまった日本の山は、動植物の生態系のバランスが崩れ、荒れ果ててしまっています。

 

  ▲ 2015年「登呂シャクジ能」の舞台、マルシェのために使用した竹林。

静岡県清水区大内。地元と学生が連携して整備を進める。

 

 

日本人は心も見失っているのではないか

今、日本人が継承してきた心の部分が失われつつあるのではないか、という危機感があります。

建築文化や伝統芸能から学んだことは「空間の中で一瞬の美を捉える」というのが日本の考え方のベースにあり、共通しているということです。

 

 ▲ 2016年「浅間山皐月奉納祭」 芸術舞台披き「三番叟」

photo:Sekiya Kozo

 

能楽は中世では猿楽と呼ばれており、猿のモノマネや滑稽さを表す能として人々に親しまれていました。

 

  ▲ 能舞台の構造、鏡板に松、切戸口に竹が描かれる。

 

能は鏡板に松、切戸口に竹、演者を梅と表します。

松と竹はどの国や地域にもその土地に根ざせる素材であり「永遠の美」を表しています。

梅(華)は、演者の音と音との間の間や一舞に掛かっており、書き現わすことが出来ない「一瞬の美」を表現しています。

 

  ▲ 2015年「NO NUKES ACOUSTIC NIGHT」の献花

 

華道の発祥は神に花を献じる供花に由来すると言われています。

いけばなは水切りを行ってから、枯れ果てるまでの経過は一つとして同じものがなく「一瞬の美」を表していると思います。

これら「一瞬の美」の何が人々の心を動かしているかと考えた時に、能楽は人に、いけばなは植物に、見えない何かを降ろしていたのだと感じました。

その見えない何かを見聞きして、人々は風や大地の地響きと呼んだり、若しくはそれを神や獣が憑依した様に感じ取ったのだと思っています。

これらの伝統芸能は自然から恩恵、インスピレーションを受けて作られ、五穀豊饒を祝う三番叟(さんばそう)や供花という形で「見えない何か」に感謝し、還して行くという形があったと考えています。

そのような書き現わすことの出来ない「一瞬の美」を感じ取る心や、見えない何かに対して感謝し継承していくという循環が段々と失われそうになっています。

 

これらの感覚は日本独自の産物で、海外から見たら”ノイズ”の様な感覚で片付けられてしまう要素ですが、全体で見ても、細部を見ても行き届いた洗練された美学がある様に感じます。

日本人が潜在的に持っているものであり、自然に囲まれた国、日本にいるからこそ継承できるものだと考えています。

 

演目「土蜘蛛」

  ▲ 2013年「フェール城能フェスティバル」の土蜘蛛の様子 梅若玄祥氏が舞う土蜘蛛。

 

今回のシャクジ能の最大の見所は、蜘蛛の化け物が手から放つ無数の糸です。この糸は職人が和紙を使い手作業で創り上げており、舞台映えする重要な役割を担っています。

しかし、現在継承者がおらず、糸を作る職人は日本に1人だけとなってしまいました。

 

 

星と紙の神祀る神社

 

 

▲ 駿河の杜 倭文(シドリ)神社  静岡県富士宮市星山1

 

舞台となる星山の地には、星の神・香々背男(カガセオ)が中央政権に反乱を企てたため、紙の神・建葉槌命(タケハヅチノミコト=倭文神シドリ、シズリ)により討たれ、以後、建葉槌命がこの地に永住し、織物と製紙等が発展したといわれています。

そして、静岡の「シズ」は木の繊維という意味合いがあり、この倭文神社の読み「シズリ」から由来しているのではないかと考えています。

今回の試みは、古来から伝わる静岡の紙の産業を復活させる可能性を秘めているのではないでしょうか。

職人の作り上げた土蜘蛛の糸、華道家と地域の人々で星をイメージした紙の照明と竹の構造物の二つ創り上げ、能舞台を所縁のある倭文神社に設営致します。

 

どのように設営するのか

 

 ▲ 上記の様な星や蜘蛛の巣など自然からインスピレーションを受けた五角形六角形の構造物を紙を用いて作り、組み合わせて照明を作り上げ、舞台上に配置します。

 

 

 

▲ この構造物達は整備が行き届かず山の他の木を枯らす原因となっていた、中山間地域の余剰資源を用いた作品です。

photo:Matsuura Eiichi

 

▲ 2015年「登呂シャクジ能」設営風景

 

これらの舞台や構造物は使用した後には粉砕し、

竹チップとして大地に還元していくシステム「循環型アート」と呼んでいます。

 

 

  この様な静岡の余剰資源を利用し創り上げる「駿河シャクジ能」を、より間近に感じていただける様な場を設けさせていただきました。

 

1. 星山旅館にてワークショップ

 常葉大学をはじめ、デザイン専門の学校の有志生徒達と共に山に入り竹林整備や照明づくり、移動式舞台設営を行います。

自然や伝統的芸能への理解を体験し、次世代へ継承していく試みです。

 

 

2. 富士の山ビエンナーレ主催 トークイベント

 

地域住民や、若い人々に向けて3都市(富士宮市、富士市、静岡市)3回のトークショーを行います。

能やいけばな等伝統芸能について、シャクジ能についての説明を行います。

 

詳細はFacebookページに記載しております。

 

集まった支援の用途

星山・山林整備費、星山・竹林整備費

150,000円

学生合宿費

120,000円

移動式舞台設営費

300,000円

合計570,000円

その内の300,000円をFAAVOにて、ご支援いただききたいと考えております。

リターンについて

 

一般チケットでご購入の場合は自由席、FAAVOでご支援いただいた場合は各エリア前列の指定席となります。

 

 photo:Ueyama Yosuke

 

さいごに

シャクジ能は、現在の日本の荒廃しつつある山林の自然環境を見つめ、かつてのような「世界が憧れる精神性の高い日本」や「生命力溢れる自然豊かな日本」という奢りを忘れて、新しい日本の文化、芸術を僕たち世代でつくっていくことを実現したいと感じております。新しい日本人の自然との共生のかたちを文化、芸術として新しい世代に繋ぎ発信し、日本の新しいフェーズの持続可能な社会のシステムをつくっていく足がかりになっていければと考えております。

 

応援よろしくお願いいたします。 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------

 

「駿河シャクジ能」概要

 

【日時】2016年11月20日(日)| 19:30 開演(19:00開場)

【場所】駿河国富士郡 倭文神社(静岡県 富士宮市 星山1)

※駐車場の使用ができないため、会場まで富士宮駅よりシャトルバスがでます。第1便 18:00発、第2便18:30発【料金】C席 3000円 | B席 5000円 | A席 6000円 | S席 7000円 | SS席 15000円

※C席は立ち見席となります。

※席種内での指定席の位置に関しては、事務局にご一任いただきます。 

※席種につきましては、お席からの舞台の見え方などを考慮し、能楽師と相談の上、決定しております。

 

◆チケットのお問い合わせ

【富士の山ビエンナーレ実行委員会事務局】

Tel: 0545-81-0063

Email: contact@fujinoyama-biennale.com

 

 

 

駿河シャクジ能詳細:Facebook

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

辻 雄貴
 
辻雄貴空間研究所代表・辻雄貴(32歳)。建築という土台を持ちながら追求する「いけばな」は、既存の枠組みを超えて、建築デザイン、舞台美術、彫刻、プロダクトデザインなど、独自の空間芸術として演出される。近年、フランスにて「世阿弥生誕 650年観阿弥生誕680年記念フェール城能公演」 の舞台美術を手掛ける。国内外問わず様々なブランドとアートワークを発表。世界を舞台に日本の自然観・美意識を表現している。

支援コース

2,000円(税込)

  •  お礼の手紙
  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年11月中配送予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  お礼の手紙
  •  シャクジ能ポストカード
  •  辻雄貴アートワークス ポストカード
  •  4人が支援しているコースです
  •  2016年11月中配送予定
終了しました

7,000円(税込)

残り0 個(限定10個)

  •  シャクジ能ポストカード
  •  駿河シャクジ能 B席ご招待(お一人様)
お返し品説明
※リターン品についてはレポートで11月初旬頃に、お伝えいたします。
  •  10人が支援しているコースです
  •  2016年11月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

残り11 個(限定14個)

  •  シャクジ能ポストカード
  •  駿河シャクジ能 A席ご招待(お一人様)
お返し品説明
※リターン品についてはレポートで11月初旬頃に、お伝えいたします。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2016年11月中配送予定
終了しました

20,000円(税込)

残り4 個(限定10個)

  •  シャクジ能ポストカード
  •  シャクジ能懇親会ご招待(演目後に予定)
  •  駿河シャクジ能 S席ご招待(お一人様)
お返し品説明
※リターン品についてはレポートで11月初旬頃に、お伝えいたします。
  •  6人が支援しているコースです
  •  2016年11月中配送予定
終了しました

30,000円(税込)

残り0 個(限定1個)

  •  シャクジ能ポストカード
  •  シャクジ能懇親会ご招待(演目後に予定)
  •  駿河シャクジ能 SS席ご招待(お一人様)
  •  出演者色紙にサイン寄せ書き
お返し品説明
※リターン品についてはレポートで11月初旬頃に、お伝えいたします。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年11月中配送予定
終了しました

50,000円(税込)

残り0 個(限定1個)

  •  シャクジ能ポストカード
  •  シャクジ能懇親会ご招待(演目後に予定)
  •  駿河シャクジ能 SS席ご招待(お一人様)
  •  出演者大鼓の皮サイン寄せ書き
お返し品説明
※リターン品についてはレポートで11月初旬頃に、お伝えいたします。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年11月中配送予定
終了しました