集まっている金額 125,000(目標 200,000円)
62%
達成率 62
支援者数 15
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2019年12月31日、合計125,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

安土城再建を目指し信長がローマ法王に贈った幻の屏風絵を探す

 以前から文化庁が安土城を再建する条件に屏風絵の発見があり、滋賀県や旧安土町でも調査団を派遣していたが、未だ見つかっていない。既に当会も海外でも有名な写真家 杉本博司と探す屏風絵探索プロジェクトなどの支援をしているが、発見までの道のりは長く、多難である。   

 そこでフランスに在住している当会会員も屏風絵調査を開始し、日本、イタリア、フランスで連携しながら、調査を進める。屏風絵はイタリアとフランスのどちらかにあると思われ、より多くの方に調査に加わっていただくことで、発見の確率をあげていく。

 

クラウドファンディングで文化財調査と安土城再建支援者を募る

 夢の実現(屏風絵発見⇒安土城再建)に向けて、歴史・文化マニアの方は、是非応援・支援し、ご一緒に、時代を動かす主人公になっていただきたい。ハードルは高いが、地道な活動により、実現可能と判断している。行政やTV局なども巻き込んで、大きな調査体制が構築できれば、発見の可能性はより高まるでしょう。もし発見できれば、滋賀県及び近江八幡市だけでなく、日本の観光・経済及びまちづくりへの効果は図りしれないでしょう。

 

 

支援金の使いみち

調査渡航費40万円の補填、返礼品、クラウドファンドの手数料に使用します。

 

 

 実行スケジュール

 11月10日~16日にイタリア(ヴェニス、マントバなど)を訪問し、現地視察や当会会員及び関係者と組織化及び調査計画を打ち合わせします。その結果をレポート(A4 5枚くらい)にまとめて報告書をつくります。来年1月から2月に近江八幡市内のイタリアンレストラン ヴィーテ(下記地図参照:近江八幡市役所隣の近江八幡文化会館内)で昼食をしながら、視察状況と組織化に向けた報告会を開催します。

 

 

      

*下図左が内藤案のイメージ図です。中央部の地下に宝塔とその上には十数メートルの吹抜けの空間があります。その中上部には4m四方の舞台があり、信長が右図のように幸若舞敦盛を踊っていたとされています。最近の調査で越前幸若舞は祈祷の舞であり、信長の先祖はその舞の発祥の地の神官(織田剣神社:上図)であることがわかっています。信長は、生涯この舞を踊っており、安土城は天下統一に向けた、祈りの城(神殿という言い方をする人もいます)であり、あらゆる宗教の要素を取り入れた特別な建物でした。反対されている方々は、天守指図は想像上の図面で信憑性がなく、安土城も当時の城と同じように戦いの城と主張されています。吹抜けの空間には、一般的な部屋があり、その周囲に武者走りがあったとのことです。その設計では明かりが十分取れず、実際には暗くて住めない。信頼できる記録の「安土日記」(村井貞勝の見学記録)に書かれている配置ともあっていない。など無理があります。

 信長は一人でこの建物に住んでおり、武者走りなど無用の長物です。当時は石山本願寺、比叡山焼き討ち、加賀・長島一向一揆との戦いなど宗教勢力の制圧に苦労しており、安土山山頂に蛇石を運び、安土城天主に盆山の石を祀ったりしていました。それほど、当時は寺社勢力が政治・経済力をもっていたのです。地元の浄厳院で行われた「安土宗論」では法華宗が浄土宗へ法難をしかけ、信長はそれを仕掛けた「法華宗」を罰しています。一方、荒木村重の謀反(これは宗教的な要素もからんでいます。荒木村重、明智光秀、松永久秀は熱心な仏教徒)を抑えた高山右近や宣教師オルガンチーノなどのキリスト教徒を優遇し、安土セミナリヨ建設に多大な支援をしました。信長は武闘派のイメージもありますが、宗教改革者という側面をもっています。信長は幸若舞を舞うことで、自らを鼓舞するとともに信奉している大六天魔王や弁財天に変身し、天界へ昇るイメージをこの城で描いていたと考えています。

 信長は、安土に寺、神社、キリスト教など全ての宗教施設を建設しており、安土城もその一つでした。商売の楽市楽座と並行していまでいう信教の自由都市をつくり、それを日本中に広げたかった。いかにも先進的な考えの為政者であったことが安土城再建で見えてきます。

 

 

 当時は天道思想がベースで天下統一するには、運や神頼みなどシャーマン的な要素も必要であったと信長は考えていたようです。確かに、神がかり的な桶狭間の戦いの勝利と前日清州城で舞った幸若舞敦盛は祈祷そのものでしょう。そのおかげで、今の日本があるといっても過言ではありません。人や国の運命も地道な努力もありますが、別のところで決まるものかもしれないですね。

 

● お問い合わせ先

NPO法人安土城再建を夢見る会  尾﨑 信一郎

523-0041 滋賀県近江八幡市中小森町658-4

メール:azuchijyo.saikenyume.777@gmail.com

携帯電話:09063210943

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

NPO法人安土城再建を夢見る会  尾﨑 信一郎
 
2016年4月に創設したNPO法人安土城再建を夢見る会理事長の尾﨑信一郎と申します。5年以上大学教授や学芸員とともに安土城と信長の調査・研究を進め、真実の姿がつかめてきました。近年、近江八幡市が推奨している天守指図(内藤昌氏)の信憑性を高める事実が沢山見つかり、その案を信じています。かつて信長がローマ法王に贈ったとされる屏風絵が発見できれば、外観から決定的な判断も可能になります。過去2回行政が調査し、発見には至りませんでしたが、イタリア在住の杉本博司屏風絵探索プロジェクトメンバーとも情報交換し、効率よく発見につなげていきます。フランス在住の当会会員がいて、屏風絵の調査活動をしています。可能性はイタリアとフランスのどちらかです。両方で平行して調査し、一刻も早く発見したいと思っています。

支援コース

5,000円(税込)

残り15 個(限定20個)

  •  調査レポート1冊(今回の調査報告書 A4 5枚程度の冊子)
  •  1500円相当のイタリア料理の食事(パスタ+飲み物)と信長パフォーマンスなど
お返し品説明
簡単なレポートと1500円相当のイタリア料理食事会(昼食)と当会理事長(尾﨑)による信長の幸若舞パフォーマンス(図のような歌と踊りを披露します。越前幸若舞を研究されているグループからもアドバイスいただいて、復活させようとトライしています。)や報告会をします。
配送について
2020年1~2月の土日に食事会と報告会を設定しますので、ご参加ください。詳細は後日連絡します。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2020年1月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

残り0 個(限定10個)

  •  レポート2冊(今回の調査報告:A4 5枚程度の冊子+ 過去の調査報告書A4 10枚程度の冊子)
  •  2000円相当のイタリア料理の食事(前菜+パスタ+デザート+飲み物)と信長パフォーマンスなど
お返し品説明
レポート2冊と2000円相当のイタリア料理食事会(昼食)と当会理事長(尾﨑)による信長の幸若舞パフォーマンス(図のように歌と踊りを披露します。越前幸若舞を研究されているグループからもアドバイスいただいて、復活させようとトライしています。)や報告会をします。
配送について
2020年1~2月の土日に食事会と報告会を設定しますので、ご参加ください。詳細は後日連絡します。
  •  10人が支援しているコースです
  •  2020年1月中お届け予定
終了しました