集まっている金額 366,000(目標 550,000円)
66%
達成率 66
支援者数 66
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2019年10月20日、合計366,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

 埼玉県北、こだま地域で地域とアートを発信する芸術祭を開催します!

 

● だれが開催するの?

公益社団法人こだま青年会議所 地域デザイン委員会 委員長の長沼 克と申します。

 

 私たちは、公益社団法人こだま青年会議所に属しています。こだま地域という1市3町(本庄市・美里町・神川町・上里町)からなる、40歳までの青年により構成されている団体で活動しています。

 修練・奉仕・友情の三信条のもと、明るい豊かなまちをつくるために、若い力で地域を活性化させようとしている志高き青年の集まりです。

今年のテーマは「INNOVATION」~とらわれず、恐れず、その先の未来を描く~のもと、1年間、私たちの住む地域のことを真剣に考え、より良くなるように行動しています。

地域の魅力を芸術という力を用いて発信することで、このこだま地域を伝え、地域に根付く文化として伝えます!

 

こだま芸術祭ホームページ : http://kodama-art-festival.info/

 

● WHY(なぜやるのか?)

昨年、第一回目として開催したこだま芸術祭、今年は二回目の開催となります。

こだま地域内には芸術関係の施設があまりなく、地域内で芸術に触れる機会が少ないです。

 

また、かつて中仙道最大の宿場町として栄えていた「本庄宿」としての輝きも過去の栄光となりつつあります。中山道六十九次のうち江戸から数えて10番目の宿場町であり、宿場町の中で人口と建物が最も多い宿場町でありました。

 

この地域の課題とアートを融合することで、魅力の再発見、そして、地域外からも沢山の方に来てもらい私たちの街を知っていただく機会になれば、という強い想いで芸術祭を創ります。

そこで今年は、歩いてまちとアートを楽しむ芸術祭を企画しました。

歴史的な文化遺産や、当時の街並みが残る中山道を舞台に、まち歩きとアートを楽しんでもらい、時代がタイムスリップしたような気持ちになれる街並みを感じることが出来ます!

また、障がい者のアートを展示し、発信します!とても魅力ある作品があることを障がい者アート展へ足を運んで感じました。

地域で活躍しているアーティストさんもいますので、たくさんの方に伝えるために、障がい者アートを発信します!

 

去年のこだま芸術祭の展示です。年齢男女問わず多くの方にご来場いただきました。

こだま地域の魅力ある場所を活かして、作品を展示し、地域を伝えました!

 

 

 

 

歴史的建造物や、空き家、自然溢れる空間をアーティストさんにこの地の思いを伝え、アート作品を展示しました。 

 

● HOW(どうやって行うのか?)

 中山道最大の宿場町「本庄宿」を舞台に、歩いて回れる芸術祭を行います。

地域内の施設や空き家などを使用し、芸術家の作品を各所に展示します。

また、埼玉県立近代美術館の出張美術館や、にしのあきひろさんの光るプペルの絵本展、ライブペインティングなどの企画も計画しています。

運営本部として、ユネスコのアジア環太平洋文化遺産保全賞を受賞した「旧本庄商業銀行煉瓦倉庫₍通称:赤レンガ倉庫₎」を中心に、中山道の空き家や歴史的建造物、商業施設などに展示予定です。

まちを歩いて、芸術に触れて、まちの魅力を発信する機会をつくります!

 

また芸術は、子どもたちへの教育普及という影響もあります。芸術に触れるきっかけを作るだけでなく、

地域を好きになってもらう、そんな機会としていきたいです。

 

地域を盛り上げようという想いは誰にも負けない!と日々活動しています。

今回は地域のまち歩きを通じて、私たちの街こだま地域をみんなの笑顔で溢れさせたいです。

少しでもご賛同いただければ我々の今後の活力にもなります!ぜひ、よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

今回の舞台、本庄宿中山道には、魅力ある街並みがあります!

地域の資源とアートの力を最大限に活かしてまちを伝えて、たくさんの人が中山道を歩く街並みを作りたいです!!!

そのような景色は、まちの魅力を伝える大きな力となると信じています。

かつての宿場町の活気を取り戻すために、全力で取り組んでいきます!

 

 

● 支援金の使いみち

 ・アーティスト出演費

・会場設営費

・広報費

・クラウドファンディング手数料

 

として大切に使わせていただきます。

 

● 実行スケジュール

クラウドファンディング実施 9月20日~10月20日

返礼品送付 11月初旬より

令和元年11月2日~17日 こだま芸術祭 実施

 

● お問い合わせ先

公益社団法人こだま青年会議所 地域デザイン委員会 委員長 長沼 克

〒367-8555 埼玉県本庄市朝日町3-1-35 本庄商工会議所内

Email:naganuma532@kodamajc.com

HP:http://kodamajc.com/2019/

facebook:公益社団法人こだま青年会議所

Instagram:kodama_artffestival

Instagramでまちの魅力を発信中!毎日更新しています!盛り上がり中!ぜひご覧下さい!

共に芸術祭を盛り上げていただける方も募集しております!

 

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

(公社)こだま青年会議所 地域デザイン委員会
本庄市・美里町・神川町・上里町の1市3町で活動しております公益社団法人こだま青年会議所、2019年度地域デザイン委員会 委員長の長沼 克です。昨年に引き続き、11月にこだま芸術祭を実施するためにクラウドファンディングにてたくさんの方の共感を得るために行います。
その中で今回は、にしのあきひろさんの「えんとつ町のプペル」光る絵本展を開催したいと考えています。皆さんにご支援いただき、埼玉県北初の開催をして、地域を盛り上げていく事業となるように、みんなで作り上げていきます!

支援コース

1,000円(税込)

  •  地元の芸術祭、応援します!
お返し品説明
こだま芸術祭、地元を離れてしまった人、行きたいけど都合が、という地元を愛する方、ご支援という形のボランティアも募集しておりますのご協力をお待ちしております。
・サンクスメールにてお礼をさせて下さい。
  •  8人が支援しているコースです
  •  2019年11月中お届け予定
終了しました

1,500円(税込)

  •  プペル展開催に期待、協力します!
お返し品説明
にしのあきひろさんの絵本「えんとつ町のプペル」光る絵本展開催に際してご協力します!埼玉県北地域では初開催、たくさんの方に光る絵本の美術館を体感してもらいたいです!
埼玉県北部、こだま地域での開催にご協力お願い致します!
※「開催までの進捗報告」や「当日の様子」をレポートやお写真で送付します。
  •  8人が支援しているコースです
  •  2019年11月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

残り0 個(限定10個)

  •  プペル展の開催に協賛します!会場に名前を記載します!
お返し品説明
プペル展開催にご協力いただけると嬉しいです。プペル展を開催する会場に名前を記載します!埼玉県北の地で開催されるプペル展にぜひご協力お願い致します!
※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。」
  •  10人が支援しているコースです
  •  2019年11月中お届け予定
終了しました

6,000円(税込)

残り2 個(限定10個)

  •  プペルの本を地域の図書館に寄贈!名前を載せて寄贈します!
お返し品説明
地域にある図書館へえんとつ町のプペルの絵本を寄贈させていただけきます。この本を待っている子供たちもいます。この展示をきっかけにアートや絵本に興味を持ってくれればと考えます。写真とともに報告させていただきます。
※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。」
  •  8人が支援しているコースです
  •  2019年11月中お届け予定
終了しました

6,000円(税込)

残り15 個(限定20個)

  •  プペルの本を障がい者施設に寄贈!名前を載せてお渡しします!
お返し品説明
今回の芸術祭では障がい者アートを発信します!その支援施設へえんとつ町のプペルの絵本を寄贈させていただけきます。この展示をきっかけにアートや絵本に興味を持ってくれればと考えます。写真とともに報告させていただきます。
※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。」
  •  5人が支援しているコースです
  •  2019年11月中お届け予定
終了しました

6,000円(税込)

残り13 個(限定25個)

  •  地域内小学校に絵本を寄贈!名前を載せて寄贈します!
お返し品説明
地域にの小学校にえんとつ町のプペルの絵本を寄贈させていただけきます。この本を待っている子供たちもいます。この地域には美術館がありません。この展示をきっかけにアートや絵本に興味を持ってくれればと考えます。写真とともに報告させていただきます.
※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。」
  •  12人が支援しているコースです
  •  2019年11月中お届け予定
終了しました

7,000円(税込)

残り0 個(限定15個)

  •  にしのあきひろ「えんとつ町のプペル」サイン入り絵本+芸術祭限定デザイン 染物手ぬぐい
お返し品説明
「えんとつ町のプペル」著者にしのあきひろさんのサイン入り絵本+こだま芸術祭限定デザインのてぬぐいをセットにしてお返しします。地元の染物屋さんで丁寧に染めた手ぬぐいは使用しても色落ちせず、味が出る逸品です。
  •  15人が支援しているコースです
  •  2019年11月中お届け予定
終了しました