集まっている金額 104,000(目標 680,000円)
達成率 15
支援者数 17
残り 終了しました
終了しました
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

てはひとから始まる。

 

歴史・文化・モノ。全てはひとから始まります。

ひとがいなければ何も始まらない。

 

春日部には約22万人のひとがいて、輝いているひとがたくさんいます。そして、22万通りの生き方があり、22万人の目から見たまちがある。それらを見つめたら、新しい春日部のカタチがみえてくるのではないでしょうか。

 

なぜフリーペーパーなのか?   

   

はじめまして。フリーペーパー「かすかべひと図鑑」編集部です。

ひとが大好きな春日部在住のフォトグラファー小塚とライター直井の二人で、「あーでもない、こーでもない」と日々アイデアを出し合いながら制作をしています。

 

 

ひとには、ひとりひとり違った魅力があり、誰もが輝きを放っています。ひとの魅力は、まちが元気になる源であり、新しいことや素敵なことが生まれるのに欠かせない要素です。

 

私達かすかべひと図鑑編集部は、春日部がもっともっと元気なまちになる潜在的な力があると常々思っています。例えば、個人で農業イベントを開催したり、食にまつわるイベントをしたり、企業で春日部産の商品を認知してもらおうと努力していたり、情熱のある職人だったり、春日部には魅力的なひとがたくさんいます。そして、まだ私達の知らない魅力的なひともいるのです。

 

 

そんな春日部のひとの魅力を多くのひとに伝えたい、春日部がもっともっと素敵なまちになる一助となりたいと強く思いました。それには誰でも手に取って見ることができるフリーペーパーが最適だと、フリーペーパー発刊のアイデアに至ったのです。

 

そして、子供の頃にワクワクしながら図鑑をめくった気持ちを思い出しながら、ひとの魅力を知って欲しいと思い、このフリーペーパーを「かすかべひと図鑑」と名付けました。

 

 フリーペーパーを配布する目的と効果    

   

春日部は、世界に誇れるランドマークや特産品が多くあるまちではありません。でも、まだあまり知られていない美しい場所や美味しいもの、素敵なひとがいます。

 

 ★古利根公園橋 川場が近い古利根川に架かる橋上公園には、麦わら帽子をコンセプトとしたモニュメントもあり、イベントが催されることもある春日部のランドマーク。

  ★小渕交差点近くにある福島畳店は、福島父子が営んでいます。通りから中が見えるガラス張りの工房で畳職人のお二人が作業されていて、日本の畳文化を守っています。

 

 ★福島畳店にて。現在はあまり使われていない道具の数々。丁寧に使い込まれた道具は美しく、魂が宿っているようです。

 

フリーペーパーを配布することにより、まだ市民が気付けていない春日部の良さや、ひとを通して様々なことを知ってもらい、親近感や愛着をもってもらう。そうすることで、行ってみよう・買ってみようなどの行動が生まれます。また、ひととひとが繋がれば、力になり、新しいアイデアも生まれてくるでしょう。

                              

最終的には、春日部市民総宣伝部長化となって、市外のひとにも興味を持ってもらえるまちになることが目標です。それには、たくさんのひとに知ってもらえるように、フリーペーパーの制作を続けていくことがとても大切です。

★春日部にあるお菓子の家スワンの石川シェフ。思いを込めてお菓子作りをしています。その思いを知れば、お菓子が一段と美味しく、優しい味に。

 

 ★お菓子の家スワンのオーブンの中。何気なく食べているお菓子が出来上がるまでには数々のストーリーがあります。

 

詳しい内容について

 

全12ページ、カラー、B5版での印刷です。

 

<特集ページ>

特集記事として取りあげる方は毎号二人。“ひとから始まるストーリー”に焦点を当て、人の商い・営み・思いを写真と文章でカタチにしていきます。

そして、仕事に対する思いから、好きな食べ物、やめられない癖などまで色々な視点で迫って行きます。もしかしたら、自伝やポートレートといった側面もあるのかもしれません。

 

 

 <春日部IDOBATA会議>

“まちの今”についてミドルエイジの方々2~3人に対談形式でインタビュー。春日部が現在抱える問題や新しい情報など、民間目線で市民の生の声を知ることができます。

 

 

<ヤングのナウ>

タイトルの通り、10代~20代の、これからの春日部を担う世代の考え方や生き方を取り上げるページ。

 

 

創刊号は、広告主を募集中ではあるものの、すぐにでもみなさまに読んでいただきたくて、現時点では自費での印刷に向けて進行中で、9月中には印刷予定です。

また、さらに多くの方にお届けできるように、かすかべひと図鑑のHPページを作成し、既に運営を開始しています。

下記URLはかすかべひと図鑑HPページです。ご覧いただけると嬉しいです。

 

https://kasukabehitozukan.wixsite.com/story

 

なにより継続していくことが大切なので、みなさまにご支援いただく金額はフリーペーパー3号分となっています。そのあとは、誌面とHP上の広告費で運営をしていく構想です。

 

☆かすかべひと図鑑制作スケジュール☆

創刊号:9月中の創刊に向けて編集・校正中。

第2号:11月発刊に向け、特集お一人目取材済み。特集お二人目と、ヤングのナウ  

    の取材は8月末予定。春日部IDOBATA会議も建築家のお二人を取

    材済みです。

 

☆かすかべひと図鑑配布場所(予定)☆

・エス・テラス(三州製菓株式会社)

・お菓子の家スワン

・お茶のおづつみ園

・テニスハウスファン春日部校

・春日部市内公共施設

となっております。配布場所につきましては、随時ご案内してまいります。

 

 

集まった支援の用途とその内訳

 

広告収入などでまかなえ、軌道に乗るまでの 資金として。

取材・制作(HP込)費(3号分):52万円

印刷費(5千部×3号分):16万円

(上記以上のご支援をいただいた場合は、全て今後の資金として使用させていただきます!)

 

 

 

お返しにご協力くださったみなさまのご紹介

 

私達の考えにご賛同くださり、快くお返しにご協力くださった方々をご紹介します。

 

 

お菓子の家 スワン

春日部市藤塚1909-4

tel.048-755-7514

http://swan.cc/

春日部で愛されている洋菓子屋さん。アレルギーのある方でも食べられるお菓子や、ワクワクするオリジナルケーキを作っています。

 

 

 

 

 

匠一好(羽子板のさか田)

春日部市粕壁東1-7-17(展示場)

tel.048-752-8585

http://www.takumi-ikko.com/

春日部の伝統工芸品である押絵羽子板を、伝統を守りながらも独自性を追求しながら作り続けています。

 

 

 

 

株式会社 ホソダ

春日部市八丁目1593

tel.048-754-5276(代)

http://www.hosoda-nouki.com/corporation

春日部のお米や野菜の認知拡大に力を入れている農業機械修理・販売会社です。

 

 

 

 

リーベタカハシ

昭和47年春日部にて創業し、革バッグ製作をしています。経験豊富な職人が作る革バッグは上質で洗練されています。

春日部市八木崎町2-4

tel.048-761-8877

 

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

かすかべひと図鑑編集部
 
小塚照美 デザイン学校を卒業後、NTTグループ会社に就職し電話帳関連のデザイン、システム関連等の仕事に携わる。
写植などのアナログからデジタルへと時代の大きな変革期を経験する。その後キャリアアップを図るため、熊本県内の大手健康食品会社の広告企画部などに従事。現在は子育ての傍ら、写真とデザインを専門にフリーランスで活動中。

直井智子 大学卒業後、春日部を離れて金融などの仕事に就いたが、地元春日部の元気がなくなっていることと、もともと好きだったライターなどの仕事をするため、一念発起。印刷会社に勤務しながら、ライター・編集者・デザインを学ぶ。百貨店のチラシやパンフレット、春日部に関わる商品開発、デザイン、販売促進などに携わる。現在はフリーランスにて活動中。

支援コース

3,000円(税込)

  •  かすかべひと図鑑 第2号1冊・お名前掲載(HP上にも)
  •  お菓子の家スワンのお菓子2個セット(春日部フードセレクション認定品 春日部産赤米入りドーナツ&春日部麦わら帽子)
お返し品説明
第2号の誌面上とHPにお名前を掲載させていただきます。
お菓子の家スワンのお菓子2個セットは、春日部産の赤米を使用したドーナツと、
麦わら帽子をイメージしたお菓子です。

※かごはついておりません。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2017年11月中配送予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  かすかべひと図鑑 第2号2冊・お名前掲載(HP上にも)
  •  お菓子の家スワンのお菓子3個セット(春日部フードセレクション認定品 春日部産赤米入りドーナツ&春日部麦わら帽子&春日部産のなしを使ったお菓子)
  •  リーベタカハシ レザー製ロールペンケース
お返し品説明
第2号の誌面上とHPにお名前を掲載させていただきます。
お菓子の家スワンのお菓子3個セット。
レザー製ロールペンケースのデザインはこちらで選ばせていただきます。

※かごはついておりません。
※レザー製ロールペンケースの写真は一例です。
※春日部産のなしを使ったお菓子は、なしの収穫数などにより数に限りがある場合が
ございます。
  •  9人が支援しているコースです
  •  2017年11月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  かすかべひと図鑑 第2号3冊・お名前掲載(HP上にも・企業様はロゴも掲載いたします)
  •  お菓子の家スワンのお菓子ギフトセット(2000円相当)
  •  リーベタカハシ レザー製ロールペンケース
お返し品説明
第2号の誌面上とHPにお名前を掲載させていただき、企業様はロゴも掲載いたします。
お菓子の家スワンのお菓子ギフトセットは、春日部にちなんだものを優先に詰め合わせいたします。
レザー製ロールペンケースのデザインはこちらで選ばせていただきます。
※お菓子の詰め合わせ、レザー製ロールペンケースの写真は一例です。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2017年11月中配送予定
終了しました

30,000円(税込)

  •  かすかべひと図鑑 第2号5冊・お名前掲載(HP上にも・企業様はロゴも掲載いたします)
  •  お菓子の家スワンのお菓子ギフトセット(2000円相当)
  •  リーベタカハシ レザー製ロールペンケース
  •  匠一好(羽子板のさか田) 押絵羽子板6号(天地幅18.7cm)
お返し品説明
第2号の誌面上とHPにお名前を掲載させていただき、企業様はロゴも掲載いたします。
お菓子の家スワンのお菓子ギフトセットは、春日部にちなんだものを優先に詰め合わせいたします。
レザー製ペンケースと押絵羽子板のデザインはこちらで選ばせていただきます。

※お菓子の詰め合わせ、レザー製ロールペンケース、押絵羽子板の写真は一例です。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年11月中配送予定
終了しました

50,000円(税込)

  •  かすかべひと図鑑 第2号10冊・お名前掲載(Web上にも・企業様はロゴも掲載いたします)
  •  お菓子の家スワンのお菓子ギフトセット(2000円相当)
  •  リーベタカハシ レザー製ロールペンケース
  •  匠一好(羽子板のさか田) 押絵羽子板6号(天地幅18.7cm)
  •  株式会社 ホソダ 春日部産特別栽培米(コシヒカリ) 新米5㎏
お返し品説明
第2号の誌面上とHPにお名前を掲載させていただき、企業様はロゴも掲載いたします。
お菓子の家スワンのお菓子ギフトセットは、春日部にちなんだものを優先に詰め合わせいたします。
レザー製ペンケースと押絵羽子板のデザインはこちらで選ばせていただきます。

※お菓子の詰め合わせ、レザー製ロールペンケース、押絵羽子板の写真は一例です。
※お米の写真はイメージです。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年11月中配送予定
終了しました