集まっている金額 71,000(目標 100,000円)
71%
達成率 71
支援者数 21
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2017年08月31日、合計71,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

田舎だって、ワクワクな未来が始まってることを伝えたい!

ごあいさつ

はじめまして。埼玉県坂戸市にあるカフェCOUCOU(くくぅ)の小嶋 昌恵です。

 

東日本大震災のあった2011年。

私は、準備してきたカフェ開業をするか震災孤児を引き受けるか悩んでいましたが「お店の方が複数の人を幸せにできる」と覚悟し、経験の無いカフェ経営に乗り出しました。

食堂cafe COUCOU (くくぅ)

埼玉県坂戸市に店舗を借り、内装のほとんどを友人たちとセルフリノベーションで作り上げました。

店内では地元で新規就農をした無農薬農家さんたちのお野菜を販売したり、福祉園の商品を販売したりと、私なりに少しずつ「世の中の役に立てそうなこと」を見つけてきました。

 

そうして5年が経った去年、地元の坂戸市に何か残したいと思い、お店近くの公園でおひさまフェスタを開催!

 

未来を良くしたいと頑張るひとたちを集めたこのイベントは、坂戸市や坂戸市商工会の後援もGET!

地元の方々がたくさんご来場下さり、大好評で終わることができました。

 

坂戸市ってどこ?

 

お店のある坂戸市は、同じ県内でも「どこ?」と聞かれることも多々あり、いつも「川越市の隣です」と答えを用意しています。

 

もちろん川越市よりは田舎です。もっと田舎の鳩山町やときがわ町などには、田舎ののどかさを求めて移住するひとも多いですが、そこまで田舎ではなく、あまり特徴がありません。

 

個人の特徴あるお店よりも大規模なチェーン店が目立ち、のんびりしたひとが多いのは自慢ポイントですが、若い層に"この地域を自慢できないひと"が多いのが心配なところ。

 

気になっているひとは多い

たとえば食の安全、動物愛護などの疑問や不安。

早く安く食べられる工業製品、あっという間に大量生産できる家具や玩具、捨てられて保健所で殺される命 などなど

 

よくないなーと思ってるんだけど、この辺は良いものが手に入るお店も無いし、どう助けたらいいかわからないし、難しい。

 

そして忘れてゆきます。

気になってる人は多いのに、もったいないなーと思います。

 

ここには無いから… という諦め

そんなのんびりした田舎で不思議なことが。

 

「都会では意識の高い人たちが活動しているみたい。 関心があるからマルシェとかに行くことあるよ」

 

そう言って、都内のアースデイマーケットに行くひとは多い!

関心はあるけれど、遠くでやっている素敵なコト、という感覚です。

でも、ここは田舎で、むしろ無農薬野菜だって作ってる人は近くにいるし、新鮮なものがすぐに手に入る。

恵まれた環境だということに気づいていない人が多くて、これまた本当にもったいないなーと思います。 

そこで私がひとりで「近くにもいるよ!」と叫んでも誰も気づかないかも。

 

だけどみんなで「いるよ」「いるよ」と呼べば、必ず気づいてくれるはずだと考えます。 

 

まず知ってもらう

おひさまフェスタは昨年7月に初めて開催しました。

 

今年の開催地より小さな公園で、駐車場もなく、住宅街の中だったにも関わらず、多くの方が来場してくれました。そのほとんどが地元の方々だったのも大きな特徴です。

 

こんな近くに「諦めないひとたちがいたんだ!」と知っていただき、喜んでいただきました。

実行委員のメンバーも「こんなに近くに気になる人たちがいたんだ!」と嬉しい1日でした。 

【公式ブログ】http://kaym.cocolog-nifty.com/ohisamafesta/

 

【Facebookページ】https://www.facebook.com/OhisamaFesta/

 

せっかくの嬉しい出会いを、この地域の動きに変えて行くには、今後も継続的な開催が必要になってくると考えます。

 

2年目の開催は、少し規模を広げて

去年の開催地である「にっさい公園」は、住宅街の中にあり、駐車場も無い公演でした。

出店者用駐車場も来場者用駐車場も徒歩15分と、みなさんに苦労をおかけしました。

 

今年は出店者も少し増え、高麗川コミュニティパークで開催します。

 

関越自動車道の坂戸西スマートインターすぐそばの、アクセスばっちりなこの公園は、まだ仮オープン中のピッカピカな公園です。

駐車場もしっかり確保でき、快適な運営が可能です。

また、初回の去年は遠慮して声をかけなかった方々にも今年は勇気を出して出店をお願いしたところ、快くOK!

賑やかなラインナップとなりました。

 

********

The ハンバーガー食堂 MilesAway阿佐美やたねの木ほどほど屋エイトTerroir cafe&wineげんきの木ぐりん鳩山かんちゃんファーム食堂cafe Lapin*ときがわブルワリー八一八

食堂cafe COUCOU

 

3etcorne bakeshopBoulanger Lunettes旅商人 拓ジンジャーファクトリー

 

woodworks 季の木woodnote-kou三燈

LUOMU

 

やさいのはやし草叢

野々山養蜂園

 

NecoRepublic(保護ねこカフェ)Do One Good(保護犬の譲渡会)

 

芝生の上でやる、朝ヨガもあります。また、市内のアーティストによるライブも開催します。ヤマザキヤマト

QuuSue

 

楽しみながら、ワクワク未来を考えてもらえるように地域の多くの方々にご来場いただける様に準備をがんばっています。

 

今年のおひさまフェスタは9月24日開催!

 

日時:2017年9月24日 (日) 10時~15時   ヨガ 9時~10時

   盲導犬のお話 13時~   ライブ 11時~/14時~の2回

 

会場:高麗川コミュニティパーク  関越自動車道「坂戸西スマートインター(東京方面)」すぐそば

 

Facebook  https://www.facebook.com/OhisamaFesta/

公式ブログ http://kaym.cocolog-nifty.com/ohisamafesta/

 リターン品の紹介

ご支援頂いたお礼となるリターン品のひとつに、ときがわブルワリーさんの「ゆずの贅沢」があります。

これは、クラウドファンディングを開始することを聞いたときがわブルワリーさんが、200本寄贈してくださったのです。

 

【ときがわブルワリーさんからのご挨拶】

日本最古の桂木柚子を使った、ときがわブルワリーの柚子の贅沢です。

 

柚子は機械でなく手搾りする事で香りが17倍違う事が分かっています。

 

桂木柚子の特徴は香りの高さ、質が良く豊富だという事です。

主にはバニラ香がするバニリンという成分が含まれ甘い香りがします。

これは測定した他産地の柚子では全く検出されなかった成分で桂木柚子の特徴と言えます。

 

今回その桂木柚子を使った飲料に、キングコング西野さんの大ヒット絵本「えんとつ町のプペル」ラベルをリターンに用意しました。

 

【プペルラベルにした経緯】

ときがわブルワリーはときがわ町の山奥でクラフトジュース作りをしています。

毛呂山町、ときがわ町産の柚子は高品質を武器に桂木柚子としてブランド化されています。

その桂木柚子を背負って立つ事こそ私達の目標です。

柚子の販路を広げる為に行政も民間企業も同じ方向を向いて協力しながら歩んでいます。

プペルラベルにした経緯 ときがわブルワリーはまだ事業開始から5年です。

お金だけを事業の目標とする事は間違っていますが、お金の正体を把握したいと思っています。

キングコング西野さんの活動は正にジュースベンチャーの私達の活動の指針となるものがあるのではないかと思い

講演会を開催出来る権利なるものが販売されていたので買わせて頂きました。

 

講演会を通じて、お金の正体を少しでも理解してこの地の多くの人の活動の支えとなればと思っています。
彼の講演を通じて私達ときがわブルワリーが最も得意とするオリジナルラベル戦略を披露させて頂いています。
西野さんの絵本「えんとつ町のプペル」ラベルの飲料で講演会を宣伝したり
商品を目にする機会が増える事で私達の販売機会も増える事になります。
ひとつの広告戦略としての実験でもあります。
woodnote-kouさんもリターン品をご提供下さいました!
【woodnote-kouさんからのご挨拶】

繋ぐ未来とは?生きる力とは?

機器設計開発の経験と、飛騨高山での木工修業 経験を活かし、あそびを生み出す素材を製作しています。

「woodnote-kou」には生物として大先輩である木の声を、そして我が子「コウノスケ」にそれを届けたい意味を込めてます。

 

リターン品にご用意しました組み木は

好きなお話の一つ「うさぎとかめ」をモチーフとしました。

普段はお部屋のインテリアに、またお子様には読み聞かせのキャラクターに。

本来のお話に限らず、空想と創造でオリジナルのお話を作ってみてはいかがでしょうか。

支援金の用途

今回のクラウドファンディングでご支援をいただきました資金は安全に楽しんでいただけるイベントにする為の費用の一部に使用致します。

 

【支出】

ポスター,チラシ,当日の冊子(デザイン~印刷)→6万

ヨガ,ライブ,盲導犬の出演料→4万

レクリエーション保険→2万

本部やゴミステーション設置など雑費→2万

 

【収入】

出店料2千円×20ブース→4万

 

不足分の10万円をご支援お願いします!

スケジュール

7月 申請(公園使用/後援名義) チラシやポスター作り SNSやブログでの配信開始

8月 チラシやポスター配布

9月 ラジオなどメディアでの告知 開催(24日)

  

お問い合わせ先

●Facebookページのメッセージよりご連絡くださいhttps://www.facebook.com/OhisamaFesta/

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

Masae Kojima
 
はじめまして。
埼玉県坂戸市にある食堂cafe COUCOU(くくぅ)の店主こじまま、こと小嶋昌恵です。
ゴハンと公園とネコが好き。
大きなことはできない小さなおばさんだけど、がんばってるひとたちを応援することは得意です。

支援コース

500円(税込)

  •  サンクスメール
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年9月中お届け予定
終了しました

1,000円(税込)

残り49 個(限定50個)

  •  サンクスメール
  •  食堂cafe COUCOUのハーブティー(1杯)
お返し品説明
ミントやカモミールをベースにした飲みやすいハーブティーは、胃腸にも優しいリラックスブレンドです。
使用期限:2017年10月~12月
配送について
サンクスメールに、ハーブティーサービスの文章を入れてお届けします。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年9月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

残り6 個(限定20個)

  •  サンクスメール
  •  当日配布のパンフレットにお名前掲載
  •  ゆずの贅沢5本
お返し品説明
桂木柚子を使った飲料に、キングコング西野さんの大ヒット絵本「えんとつ町のプペル」のラベルを貼ってします。
  •  14人が支援しているコースです
  •  2017年9月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

残り9 個(限定10個)

  •  サンクスメール
  •  当日配布のパンフレットにお名前掲載
  •  うさぎとかめ ひとつ
お返し品説明
woodnote-kouさんの組み木です。
お部屋のインテリアに、またお子様には読み聞かせのキャラクターに。
空想と創造でオリジナルのお話を作ってみてはいかがでしょうか。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年9月中お届け予定
終了しました
おすすめのコース!!

5,000円(税込)

残り5 個(限定10個)

  •  サンクスメール
  •  当日配布のパンフレットにお名前掲載
  •  ゆずの贅沢10本
お返し品説明
桂木柚子を使った飲料に、キングコング西野さんの大ヒット絵本「えんとつ町のプペル」のラベルを貼ってします。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2017年9月中お届け予定
終了しました