集まっている金額 228,500(目標 200,000円)
114%
達成率 114
支援者数 32
残り 終了しました
同じカテゴリーのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2018年03月20日、合計228,500円の支援を集め成立しました。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

★わたしたちについて

私たち鴛鴦(えんおう)の会は、漆器や眼鏡の生産で有名なまち“福井県鯖江市河和田地区”で活動する小さな団体です。2013年に、河和田地区で活動する学生主体の活動である河和田アートキャンプと地域有志(農家、地主、酒屋、酒蔵、漆器職人等)によって立ち上がり、毎年少量ですがこだわった酒づくりに取り組んでいます。

↑平成29年10月、酒米山田錦の稲刈りと枷場掛けを行いました。アートキャンプ参加の大学生と地元鴛鴦の会員、そしてこのために都会から河和田を訪れてくださった方々。

鯖江市の「河和田地区」とは

福井県鯖江市の東部にある河和田地区は、約1,500年の歴史をもつ越前漆器や、眼鏡づくりを行う、自然豊かなものづくりのまちです。三方を山に囲まれ、まちを流れる川にはオシドリが飛来し、夏にはホタルの幻想的な乱舞が見られるなど、季節ごとに美しい風景が広がります。地区東部にはふくいのおいしい水に選ばれた湧き水が2箇所もあるなど、豊かな水資源が地域を潤します。

約4,000人が暮らすこの小さな集落では、古くから独特な文化を形成してきました。その昔、河和田の漆かき職人たちは全国の漆かきの半数を占めたといわれ、東北や関東まで漆の樹液を求めて全国を行脚してきました。職人たちは、訪れた場所の文化や最先端の情報を持ち帰り取り入れることで、いつの時代でも河和田は変化を受け入れ、暮らしに合わせたものづくりや、独自の文化を醸成してきたのかもしれません。

↑河和田の里(殿上山からのぞむ)

↑ゲンジボタルが乱舞する河和田の川

鴛鴦(えんおう)という名前について

鴛鴦(えんおう)の会と河和田アートキャンプ、そして地元酒蔵である豊酒造とで造る純米吟醸酒の銘柄「鴛鴦(えんおう)」は、自然豊かな河和田に一年中生息するオシドリのつがいを意味する由緒ある呼び方から名付けられました。この日本酒は、まさに田園の広がる河和田の自然、美味しい湧き水、伝統的な漆器産業、そして今年で13年に及ぶ河和田アートキャンプの活動蓄積に裏打ちされた住民と学生の密な協働があってこそ実現したものです。

しかし2004年に発生した福井豪雨災害によって、河和田の自然環境は悪化し、以前たくさんいたオシドリが激減してしまいました。このお酒は、売上の一部を地域環境の改善に投資することにより、河和田の自然環境を守ると共に、地域の豊かな自然を次世代に受け継いでいくことを目的としています。

↑ふくいのおいしい水 桃源清水(とうげんしょうず)

鯖江市の鳥オシドリ(河和田の水路にて)

 

河和田産山田錦のみを使用した酒米の生産から製造、販売までを地域で全て行い、伝統ある漆器産業で培われた技術・作家性・デザイン性を取り入れたボトルデザインや酒器なども制作するという構想で、河和田の魅力をトータルに表現。醸造元豊酒造にご協力いただき、若い杜氏と酒造りに励んでいます。

味はさっぱりとしてフルーティーで、常温のお冷で飲むのがおすすめです。

2016年春初売りした鴛鴦(えんおう)は洞窟で熟成貯蔵中のもの以外全て完売しております。小さな動きですが少しずつ河和田の魅力を全国にお届けしています。

↑蔵元豊酒造の佐々木克宗さん(若き杜氏) 

↑酒米農家山岸哲邦さん(河和田で米作り一筋)

↑漆職人蒔絵師で伝統工芸士の駒本長信さん(右):工房にて

↑井上酒店の井上忠弘さん 漆器職人でもある

河和田アートキャンプとは

河和田アートキャンプは河和田地区が2004年に福井豪雨災害に見舞われたときに復興支援に参加した学生が、地元の子どもたちを元気づけようと始めたアート活動をきっかけにスタートしました。主体は、京阪神を中心に全国の芸術やデザインを学ぶ学生たちで、河和田地域住民と手を取り合って地域のことを共に考えながら地域の未来をつくろうと取り組む事業団体です。これまで13年間の活動の中で、たくさんのOB・OGが河和田に移住して活躍しています。

↑河和田アートキャンプ キャンプインセレモニー

↑enohプロジェクト学生の作品制作風景

↑「河和田くらしの祭典」にて出店

↑越前漆器河和田塗りの漆ボトル「鴛鴦(えんおう)」と酒器

特別な漆塗りボトル

今回のクラウドファンディングでは通常の「鴛鴦(えんおう)」に加え、今まで実験的に作っていたうるし塗りオリジナルボトルと酒器を、クラウドファンディング限定で販売します。ボトルデザインと制作は河和田を代表する漆器職人、蒔絵師で伝統工芸士の駒本長信さんと井上忠弘さんです。

※サイズは720mlのみとなります。

 

【駒本長信さんプロフィール】

昭和18年(1943)生まれ。福井県出身。越前漆器産地の河和田で蒔絵業を50年営む。平成12年に伝統工芸士認定。近畿通産局伝統産業功労賞をはじめ、制作する漆器たちは各展示会にて受賞多数。

ボトルに込めた思い

越前漆器産地の自然に恵まれた山里の地で収穫された「山田錦」で醸造した地酒を漆塗りのボトルに詰めて、名称の由来であるオシドリを蒔絵にて表現しました。河和田の地域で漆と地酒と蒔絵の絶妙の連携にて作り上げた味をじっくりと堪能していただけたら幸いです。

「鴛鴦酒粕フェスティバル」も開催します!

また、河和田アートキャンプの大学生たちの発案で、鴛鴦の酒粕を利用したイベント「鴛鴦酒粕フェスティバル」を平成30年3月24日(土)・25日(日)で開催致します。粕汁・甘酒・酒粕ラーメンなど、鴛鴦の酒粕を使った美食メニューが味わえます。支援いただいた方には会場にて酒粕詰め放題を無料とさせていただきます。(無料チケット等はお送りしませんが、当日、会場にて名簿で支援を確認させていただきます)

開催場所は河和田地区にある「かわだ温泉 ラポーゼかわだ」。開催当日は一部リニューアルによる見学会をおこなっています。ここは肌がすべすべになる重曹泉と 動脈硬化防止に効能のある芒硝泉が同時に含まれる日本でも数例しかないという珍しい温泉です。「美人の湯」と「長寿の湯」が同時にお楽しみいただけます。

(※入浴される方は通常の入場料が必要です。ラポーゼかわだのリニューアルした部屋の見学および「鴛鴦酒粕フェスティバル」の参加のみの方は入場無料です。酒粕を使ったメニューの飲食や酒粕詰め放題には料金がかかります。)

 

最後に、クラウドファウンディグを行う理由

今回のクラウドファンディングは、2018年春に発売予定の500本の河和田地酒純米吟醸酒「鴛鴦(えんおう)」を事前予約できるというものです。今回は初めてのことなので目標金額を200,000円と少額でのチャレンジです。無理な拡大は考えず、地域の規模に合わせた生産を続けていきたいと考えております。今回は「鴛鴦の販売」と「鴛鴦酒粕フェスティバルの開催」を通して、この河和田地域環境の改善に寄与し、オシドリが住み続けていけるような美しい自然を次世代に受け継げるようなモデルとなるように、皆さまからのご支援をいただきたくクラウドファウンディグ活動をすることに致しました。

 

現在、鯖江市河和田地区には大勢の移住者がおり、現在進行形で魅力がどんどん生まれている地域です。豊かな自然、伝統ある産業、チャレンジ精神あふれる地域住民と移住者…。地域住民と学生が一体となり、今年も新たな挑戦がたくさん生まれています。「鴛鴦(えんおう)」はそんな挑戦から生まれた河和田のシンボルです。是非、ご堪能ください。

 

↑鴛鴦(えんおう)の販売戦略などを検討しました 

↑京都にいる学生と河和田を繋いでミーティング中

 

お礼の品

すべての支援コースに、平成30年3月24日(土)・25日(日)に開催予定である「鴛鴦酒粕フェスティバル」にて、酒粕詰め放題!

また、平成30年5月3日(木)・4日(金)にうるしの里会館に於いて開催される「漆器まつり」で新酒「鴛鴦」を一般販売します。この際、お礼の品を会場まで直接引き取りに来ていただくと、さらにお礼としてラポーゼかわだの入浴券を差し上げます!

▼3,500円コース

・鴛鴦720ml×1本

 

▼6,000円コース

・鴛鴦720ml×2本

・河和田産米500g×1

 

▼10,000円コース

・鴛鴦720ml×3本

※支援金は地域の自然環境整備に使わせていただきます。

 

▼15,000円コース

・鴛鴦720ml×1本

・オリジナル酒器ペア(木製、本漆塗、越前漆器)

 

▼20,000円コース

・限定うるしボトル鴛鴦720ml×2本

 

▼20,000円コース

・鴛鴦720ml×3本

・河和田産米1kg×1

・鴛鴦づくり参加!(田植え体験、稲刈り体験、鴛鴦を楽しむ会など)

【「鴛鴦づくり参加」について】

※漆器でいただく地元のおばちゃんたちの絶品手料理ランチ付き。

※各体験・イベントには都度2人まで参加できます。

※現地集合・解散となりますが、宿泊される方は紹介致しますのでお問い合わせください。

 

▼30,000円コース

・鴛鴦720ml×3本

・河和田産米1kg×1

・河和田まるごと体験!(河和田の自然や伝統を見学・体験できます)

【「河和田まるごと体験」について】

※漆器でいただく地元のおばちゃんたちの絶品手料理ランチ付き。

※1支援につき2名様まで可能です。実施時期につきましては個別でご相談させていただきます。

※現地集合・解散となりますが、宿泊される方は紹介致しますのでお問い合わせください。

※体験では木地の素材に生漆を塗りますので、漆かぶれの恐れがあります。

※伝統工芸士の指導による、ぐい呑みづくり体験(蒔絵体験)ができます。

※時期によりホタル、オシドリ、桜、紅葉など様々なものが見られます。

 

お問い合わせ先

「鴛鴦の会」担当者

西馬:080-5343-0409

池田:090-5176-8917

Web:http://enoh.aai-b.jp/

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

鴛鴦の会
私たち鴛鴦の会は、漆器や眼鏡の生産で有名なまち“福井県鯖江市河和田地区”で活動する小さな団体です。2013年に、河和田地区で活動する学生主体の活動である河和田アートキャンプと地域有志(農家、地主、酒屋、酒蔵、漆器職人等)によって立ち上がり、毎年少量ですがこだわった酒づくりに取り組んでいます。

支援コース

3,500円(税込)

  •  鴛鴦720ml×1本
  •  鴛鴦酒粕フェスティバルにて、鴛鴦極上酒粕詰め放題!
  •  お礼のお手紙
  •  5人が支援しているコースです
  •  2017年5月中配送予定
終了しました

6,000円(税込)

  •  鴛鴦720ml×2本
  •  河和田産米500g×1
  •  鴛鴦酒粕フェスティバルにて、鴛鴦極上酒粕詰め放題!
  •  お礼のお手紙
  •  21人が支援しているコースです
  •  2017年5月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  鴛鴦720ml×3本
  •  鴛鴦酒粕フェスティバルにて、鴛鴦極上酒粕詰め放題!
  •  お礼のお手紙
  •  3人が支援しているコースです
  •  2017年5月中配送予定
終了しました

15,000円(税込)

  •  鴛鴦720ml×1本
  •  オリジナル酒器ペア(木製、本漆塗、越前漆器)
  •  鴛鴦酒粕フェスティバルにて、鴛鴦極上酒粕詰め放題!
  •  お礼のお手紙
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年5月中配送予定
終了しました

20,000円(税込)

  •  限定うるしボトル鴛鴦720ml×2本
  •  鴛鴦酒粕フェスティバルにて、鴛鴦極上酒粕詰め放題!
  •  お礼のお手紙
  •  2人が支援しているコースです
  •  2017年5月中配送予定
終了しました

20,000円(税込)

  •  鴛鴦づくり参加(田植え体験、稲刈り体験、鴛鴦を楽しむ会など)
  •  鴛鴦720ml×3本
  •  河和田産米1kg×1
  •  鴛鴦酒粕フェスティバルにて、鴛鴦極上酒粕詰め放題!
  •  お礼のお手紙
お返し品説明
-----「鴛鴦づくり参加」について-----
※ 漆器でいただく地元のおばちゃんたちの絶品手料理ランチ付き!
※各体験・イベントには都度2人まで参加できます。
※現地集合・解散となりますが、宿泊される方は紹介致しますのでお問い合わせください。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年5月中配送予定
終了しました

30,000円(税込)

  •  河和田まるごと体験!(河和田の自然や伝統を見学・体験できます)
  •  鴛鴦720ml×3本
  •  河和田産米1kg×1
  •  鴛鴦酒粕フェスティバルにて、鴛鴦極上酒粕詰め放題!
  •  お礼のお手紙
お返し品説明
-----「河和田まるごと体験」について-----
※漆器でいただく地元のおばちゃんたちの絶品手料理ランチ付き!
※1支援につき2名様まで可能です。実施時期につきましては個別でご相談させていただきます。
※現地集合・解散となりますが、宿泊される方は紹介致しますのでお問い合わせください。
※体験では木地の素材に生漆を塗りますので、漆かぶれの恐れがあります。
※伝統工芸士の指導による、ぐい呑みづくり体験(蒔絵体験)ができます。
※時期によりホタル、オシドリ、桜、紅葉など様々なものが見られます。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年5月中配送予定
終了しました