集まっている金額 679,000(目標 1,000,000円)
67%
達成率 67
支援者数 61
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2018年07月13日、合計679,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

※児童養護施設はヴェールに包まれた世界で、守秘義務が絶対となります。写真を掲載することも出来ません。ご了承ください。(各施設から送られてくる新聞にうつっている子どもたちの顔には、全員ぼかしがかかっております。)

 

NPO法人エスペランサ

私は2015年8月10日に任意団体Esperanzaを結成し、大阪府下の児童養護施設を訪問し、子どもたちと関わったり、職員さんとお話しさせていただいたりしました。「子どもが好き」というシンプルな動機から始まったこの団体。約2年半この活動を続け、たくさんの問題に直面してきました。これらの問題を解決していきたく思い、2017年7月7日にNPO法人エスペランサを設立しました。

 

NPO法人エスペランサは、施設で暮らす子どもたちへ胸の躍るコンテンツを提供し続ける団体です。

関わる子どもたちが笑顔になり、その笑顔が生きていく力に変わり、いずれはしっかりと社会に貢献する個人として、自立した生活を実現していく。

その過程を側で見守り、時には手助けをしながら、ひとつでも多くの巣立ちを成功させていくことが私たちの使命です。

エスペランサとは希望です。

私たちをはじめとする色々な人との関わりの中で、子どもたち自身が未来や外の世界へ『希望』を見出してほしいという想い。

そして、担い手が減り、衰退していく社会にとって、子どもたち自身が社会全体の『希望』になっていってほしいという願い。

この両方の実現を目指し、私たちは日々活動しています。

 

慈愛活動の内容

・幼児のお世話 ・小学生のお世話 ・学習支援 ・園祭ボランティアスタッフ ・クリスマス会主催 ・お絵かきボランティア ・フットサルの指導 ・ヘアカットボランティア ・合同運動会ボランティアスタッフ ・お米の寄贈 ・合同女子バレーボール大会審判ボランティア ・物品提供の仲介 ・お菓子の寄贈 ・クリスマスプレゼントの寄贈 ・新小学一年生へ学用品の寄贈 ・チャリティライブ主催等

エスペランサが取り組む課題

・施設を出ても行く所がない

施設の子どもたちは、18歳(特例として22歳)までは施設で暮らすことができますが(高校へ進学しなければ中学卒業で施設を出ます)、それ以降は自分ひとりで生きていく必要があります。

しかし、それを支えきれる国の仕組みはまだ整っておらず、途方に暮れる子どもたちがまだまだ多いというのが現状です。矛盾点:なぜ高校へ進学する子どもたちは施設に残れて、進学しない子どもたちは施設を出なければいけないのか?

施設で生活すると、日課がすべて決められます。自己決定の機会が与えられていない。イコール自信をもてないにつながります。子どもが主体的に自分らしく生きる機会が与えられていません。これは施設が悪いといっているのではないです。施設というのは必要な場所です。

施設で安心・安全を保障され、規則正しく生活をしてきた子どもたちが、ある日を境に施設を出ます。そうすると子どもたちは社会の荒波に対応できないという現状が待ち構えています。多くのNPO団体が、アフターケア、自立支援に取り組んでいるのが現状です。

 

施設を出た子どもたちが困る事

・住宅(保証人がいない)

・仕事(続かない)

・知らなければ夢をもつこともできない

親に育ててもらえなかった子どもたちは、「自分は誰かにとって必要なんだ」ということを心の中で認めにくくなります。

そして出会いや情報に触れる機会は自ずと少なくなり、夢や目標を持つことも難しくなっていくのです。

・子どもたちの気持ちをくじく現実施設出身の子どもたちが大学に行こうと思うと、高校に行きながら入学資金を貯め、すべての家事とアルバイトを両立させていく必要があります。

その過酷さは大学の進学率や中退率に大きく現れています。

「大学進学率」

 全国平均 53.2%  児童養護施設児 12.3%

(全国平均の4分の1以下)

「大学中退率」

 全国平均 2.65%  児童養護施設児 6.20%

(全国平均の2倍以上)

・闇に飲み込まれていく子どもたち

支えのない社会で行き場をなくした子どもたちの中には、生きることを諦めたり、闇の深い道を選ばざるをえなくなることも子どもたちもたくさんいます。そんな社会の隙間を埋めていくような仕組みが必要とされています。

 

『大阪の全児童養護施設で生活する子どもたちを対象にフットサル(エスペランサ カップ)大会を開催』

児童養護施設で生活する子どもたちを対象にJ-Green堺にてフットサル大会を開催し、子どもの身体的能力の健康増進、身体的能力の保持を図り、児童養護施設の子どもたちの育ちを支援したいと考えています。施設の子どもたちは、日頃サッカーの練習をしているにもかかわらず、競い合う機会があまりありません。私共エスペランサは、施設児童に目標を設定し、努力するという経験の素晴らしさを体感してほしいと思っています。

 

目的

・子どもたちの自尊感情・自己肯定感の引き上げを図る

・スポーツを通して、子どもたちの健全育成を図る

・勝ったときの喜び、負けたときの悔しさ

・チームプレイ、役割分担の素晴らしさ

すぐに結果が目で見えるものではないかもしれませんが、エスペランサ カップ開催後、参加施設に子どもたちの様子に変化があったか等のアンケートを取る。

 

なぜフットサルなのか?

私たちエスペランサは週に一度、施設で生活する子どもたちとフットサルをしています。そこで見た子どもたちの熱い眼差しに強く心を打たれました。子どもたちは皆、真剣です。試合に負けて涙を流す子どももいます。

 

【大会概要】

2018年秋に大阪府の児童養護施設の児童100名、運営スタッフ25名を対象に1泊2日(2食付)でフットサル大会を開催し、児童の身体的能力の健康増進、身体的能力の保持を図り、児童養護施設の子どもたちの育ちを支援する予定です。

日時:2018年9月2日(日)

場所:J-GREEN SAKAI

参加チーム:2018年6月末に確定

当日の流れ:午前 リーグ戦。午後 決勝トーナメント。

 

支援金の使いみち

大会開催前には、枚方NPOセンター会議室にて打ち合わせを予定しています。

現地で下見をし、詳細を打ち合わせする予定です。

当日は、フットサル場(屋根有、なし)とクラブハウスを2日間借り、講師、審判に来ていただく予定です。参加者全員にお弁当、飲み物を準備します。また参加者には、お菓子セット(参加賞)、盾、メダルを贈呈し、全員にTシャツを作成する予定です。備品として、看板、プラカード、ボール、ホイッスル、救急備品などを準備します。その他、スタッフ駐車場、損害保険などの手配も行います。

 

1、会場費   約150万円

 (会場・・・DREAM CAMP, J-GREEN堺)

2、大会運営費  約50万円

3、保険料など  約10万円

合計 約210万円

 

実行スケジュール

2018.4  施設の予約(フットサル場、屋根有・屋根なしのクラブハウスの予約、駐車場の予約)

2018.4  宿泊施設の予約

2018.5  会場の下見と詳細の会議

2018.6  講師、審判依頼

2018.7  各種参加賞等の注文(大会Tシャツ、参加賞、盾、メダル、ボールの注文)

2018.8  備品、看板等の購入(看板、プラカード、スコアブック、救急部品、文房具類購入)

2018.9  損害保険加入

2018.11   報告書作成 

 

応援コメント

はぐくみRunフェスタ実行委員長

牧野博子

 

 子どもが保護されたと、テレビ、ニュースで見聞きします。何があったのでしょう。事件、虐待、家庭の事情、、、。 そして、その子はどうなったのでしょう? 施設や里親さんのところに行ったのでしょうね。 それで、一件落着でしょうか? もちろん、安全な環境にはなりました。でも、でもです。それで私たち大人は感心を終わらせていけないのです。  何らかの事情で家庭で暮らせなくなり、保護され、施設や里親家庭で育まれることを、社会的養護といいます。文字通り社会が責任をもってその子どもを育むのです。それは税金払うことだけではありません。 子どもたちが家庭に戻るにしろ、戻れないにしろ、自信をもって生きていけるよう、色々なシーンで大人は様々な関わりを持ち、見守らなければならないのです。  大人のお手本として!

 エスペランサカップはそういう意味で、関われる、見守れるいい機会です。そして子どもたちが自信を持ついい機会となるはずです。 みんなで応援しよう!

 

 

(福)大阪府社会福祉協議会 児童施設部会 部会長

伊山喜二

 この団体は大阪府内の児童福祉施設に対して、イベントの招待やお菓子などの寄贈など、「子どもたちの笑顔が見たい。」という思いを大切にし、慈愛活動を続けられております。平成30年度は、大阪府内の児童福祉施設の小学生を招き、フットサルイベントを企画していただいております。子どもたちにとってこういったスポーツを通じた健全育成、スポーツ教育は本人の将来を考えるにあたって良い機会です。このイベントを通して、子どもたちが楽しい思い出とともに自尊感情や自己肯定感の向上につながることを期待しています。以上のことから、我々児童施設部会(児童福祉施設の集まり)はとても応援したいと考えております。

 

 

交野市議会議員

松村紘子

エスペランサカップへの応援メッセージ児童養護施設って聞いたことはあるけれども身近には感じない。そんな風に思う人が多いと思います。今回エスペランサカップが開催される目的のひとつには、児童養護施設の子ども達の様子や児童養護施設とはどんなところなのか多くの方に関心を持っていただくことを挙げています。 施設には様々な背景を持つ子ども達がいて、それらの子ども達を施設が支えているからこそ、子ども達の人権が守られています。しかし、ここ十数年で里親等委託児童数は約2.9倍に、児童養護施設の入所児童数、児童虐待の相談件数も増加しているなか、施設だけでなく社会的なサポートが一層求められています。エスペランサカップを通して子ども達が健やかに成長できるように、そして輝かしい将来を描くことができるように、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

交野自立センター 所長代理

仲佳子

私は、18歳以上の障害のある方が、利用される入所もある就労支援施設に勤めています。昔は、身体障害中心の施設でしたが、法律が変わってどんな障害の方でも利用できるようになり、現在は、圧倒的に知的障害の方の割合が多く、平均年齢20歳です。その人達のほとんどが児童養護施設から来た人です。支援学校や児童養護施設の先生にここしかないと紹介されて、仕方なく就職や自立を目指して入所して来られています。食事や衣類、医療、寝床などは、当たり前のように準備されて何も言わなくても天から降ってきます。しかし、両親に家庭で育てられた経験が少ない子供たちは、一緒に何かをして安心して大人になっていく経験がなく、急に大人の世界に放り出されてしまって心細い思いでいます。子供達は、サッカーや野球で思いっきり体を動かしたいのですが、休みの日にそんな活動を一緒にしてくれる人も場所もなくゲームをして過ごす人が大半です。小さい頃から何かを通して自信を持つことは、大人になるにはとても大切です。児童養護施設も税金で運営されており、いつもマンツーマンでほめたり、叱ったり、励ましたり、抱っこしたりできない状況があります。エスペランサは、そんな隙間を少しでも埋めるお手伝いをしながら、民間として子供達の自立を見守っていけないかと結成されました。沢山の方にボランティアとして慈愛活動をしていただいている他に今回始めてフットサルの大会を通して友達や色んな人との絆を深める経験をしてもらいたいとエスペランサカップを企画しました。思いばかりで資金力がありませんが、子供達への思いは、だれにも負けません。是非とも多くの方に知っていただき、ご協力をお願いしたいと思います。

 

ACHAプロジェクト代表山本昌子

 

児童養護施設の認知度をあげるため、そして児童養護施設に現在いる子ども達のためにエスペランサの岡崎さんの熱い思いには私自身児童養護施設出身者としてとても感謝しております。本当にありがとうございます。これからもぜひぜひよろしくお願いします。

最後に

私は残り人生を懸けて施設の子どもたちと関わっていきたいと考えます。施設を卒園した若者たちの現状を見たり聞いたりするのですが、規則正しい施設で生活をしてきた子どもたちがある日を境に卒園するとなると、社会の波に対応出来ない若者たちが非常に多いことを知りました。そこで慈愛活動で仲良くなった子どもたちに、今後も向き合っていきます。子どもたちの心に寄り添い、いつでもなんでも話を聞いてあげれるような存在になりたいと思います。子どもたちに寄り添う大人は必要です。

今回のエスペランサ カップは法人設立後初めての企画となり、NPO法人で施設を対象に主催する前例がないというところから、なんとしても成功したいと思っております。

 

お問い合わせ先

【団体名】NPO法人エスペランサ 

【代表者】岡﨑 憲司 おかざき けんじ

【住所】〒576-0016 大阪府交野市星田8丁目47番地9号

【TEL】072-895-7560 

【FAX】072-895-7570

【MAIL】‭info@e-speranza.net‬

【facebook】https://www.facebook.com/100022702523638‬

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

岡﨑憲司
大阪府の38の児童養護施設をまわり、ボランティア活動、イベントの企画、運営、物品提供、児童虐待や里親制度に関する啓発活動を実施しています。「施設で暮らす子どもたちへの胸躍るコンテンツを提供し続ける。」を合言葉に、平成27年8月より児童養護施設での学習ボランティア、フットサル指導、幼児、小学生のお世話、お絵かきボランティア、運動会ボランティア、ボランティアヘアカットを続けています。また、支援者、正会員、補助会員等からいただいたクリスマスプレゼントをはじめ、お米、スポーツドリンク、お菓子の寄贈なども年間140回程度行っています。加えて秋祭りや園祭り、クリスマス会に児童を招待する活動も行っています。

支援コース

1,000円(税込)

  •  礼状
  •  活動報告書
お返し品説明
●礼状

●活動報告書
援助してくださった方々全員に今回開催される予定のサッカーイベントの活動報告書を併せてご送付いたします。
配送について
お返し品の配送はイベント開催後に行う予定です。
  •  24人が支援しているコースです
  •  2018年9月中配送予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  礼状
  •  活動報告書
  •  子どもたちの寄せ書き(コピー)
配送について
お返し品の配送はイベント開催後に行う予定です。
  •  11人が支援しているコースです
  •  2018年9月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  礼状
  •  活動報告書
  •  子どもたちの寄せ書き(コピー)
  •  Tシャツ
配送について
お返し品の配送はイベント開催後に行う予定です。
  •  16人が支援しているコースです
  •  2018年9月中配送予定
終了しました

30,000円(税込)

  •  礼状
  •  活動報告書
  •  子どもたちの寄せ書き(コピー)
  •  Tシャツ
  •  観戦チケット
配送について
お返し品の配送はイベント開催後に行う予定です。なお、観戦ご招待様には、別途ご連絡いたします。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2018年9月中配送予定
終了しました

50,000円(税込)

  •  礼状
  •  活動報告書
  •  子どもたちの寄せ書き(コピー)
  •  Tシャツ
  •  観戦チケット
  •  Tシャツに社名記載(三社限定 右腕、左腕、背中)
配送について
お返し品の配送はイベント開催後に行う予定です。なお、観戦ご招待様には、別途ご連絡いたします。
  •  7人が支援しているコースです
  •  2018年9月中配送予定
終了しました