集まっている金額 167,500(目標 150,000円)
111%
達成率 111
支援者数 31
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2017年09月30日、合計167,500円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

第1号支援者のメッセージに思うこと

2017.09.03

準備期間1か月、しかも子どもは夏休みで打ち合わせをするのも各所に連絡をするのも制約される上、お盆期間も挟んだため、準備万端!とは到底言えない状態で公開を迎えました。しかも公開前日、当日ともほぼ一日中、自分の時間がほとんど取れず、公開初日の晩、facebookでプロジェクト開始をお知らせし、関係各所に最低限の連絡のみして、支援入ってないな、と思いながら就寝。


公開2日目の朝、家事を終え、プロジェクト公開後の注意書きを読んだのは公開後20時間が過ぎたころ。「初日が大事」「0円のプロジェクトは支援が入りにくいので、知人で支援してくれる人が決まってたら早々に支援してもらっておくことが大切」との注意書きに、しょっぱなから失敗した、と、しょんぼりした目に飛び込んできたのは、お一方の支援が入ってるとの情報。その方は、イベントを企画し事務局として金策に苦労した経験をお持ちで、お礼メールを差し上げたところ、「苦労、よくわかります」との返信。


何かしらの課題解決や理想追求のために、自ら何かをしようと動くと、壁にぶつかり、がっかり、しょんぼり。でも、それでわかるようになることがある。「わかるようになる」最大のことは、自分と同じ苦労をした人の気持ち。何かしようと動く人がどんな気持ちで何を求め、どんなことをすればその人を応援することになるのか。私自身、これまで知人の活動や、知らない人の活動に共感し、できれば一緒にしたいけれどその時間がない・遠くて手伝えないからせめて・・・ということで資金提供した経験があります。でも資金を提供する際、そのタイミングや提供方法については何も考えていませんでした。こうしてクラウドファンディングに挑戦してみることで、準備期間の苦労から「クラウドファンディングに挑むなら、こんな準備が必要」ということのみならず、クラウドファンディングなどで資金提供することで応援したい人を応援するならどうすればよいかを考えられるようになったと感じています。


そうして思うのは、こうして動いてみると、何かの問題意識を持って動いてみた人と、問題意識を持ちながらもそれを何らの行動にも移さない人との差が開いていく、ということ。


最近、読んだ『「月給100円サラリーマン」の時代―戦前日本の<普通>の生活』、という本に、「当時のホワイトカラーも、極端な貧富の格差の存在や政財界の腐敗には内心怒りを感じてはいた。だが、多くのサラリーマンただじっとしていた。・・・(満州事変が起こって戦争が近づく中)いよいよ生活が規則正しく、保守的に、スマートになって・・・すでに会社に入っていた『恵まれた』ホワイトカラーはますますおとなしくなっていったように見える。彼らは最後まで何も言わず、戦争に暗黙の指示を与えた・・・彼らもやがて招集され・・・『こんなはずじゃなかった』と思っただろう。・・・でも、気が付いた時にはもう遅かったのだ。」という記述があります。


「一社専属、会社のいうなり、会社に人生お任せ」という働き方・生き方に不満を感じながら黙って従っていると、「気が付いた時にはもう遅かった」になるのではないか。そう思う方にとってイベントにご参加くいただくこと、またはこのプロジェクトをご支援いただくことが、「行動する」ことに向けた一歩になれば嬉しいです。

起案者プロフィール

Yow Ono

支援コース

2,000円(税込)

  •  お礼のメール
お返し品説明
運営者からのお礼のメッセージ。リターンはいらない、応援してるよ!という方へ。
  •  6人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  イベントを記録したDVD
お返し品説明
参加できないけれど、イベントに興味ある、リターンより応援したいという方へ
10月27日のイベントの模様を記録したDVDです。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2017年12月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

残り0 個(限定5個)

  •  お礼のメール
  •  10月27日 イベント当日参加チケット(1500円相当)
  •  イベント運営スタッフになれる権利
お返し品説明
イベントの舞台裏も知りたい、関係者にあれこれ聞いてみたい方へ。
イベントの運営に参加することで、登壇者や運営者に対して気になることをあれこれ聞いていただけます。
10月27日(金)17:00~18:00に予定されている事前ミーティングと会場設営へのご協力をお願いいたします。
本プロジェクト終了後の10月1日からイベント当日の27日までの間、2回程度のスタッフMTGも予定しており、ご希望に応じて当日までのスタッフMTGにもご参加いただけます。お礼メール送信時にスタッフMTGの詳細をお知らせします。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

残り11 個(限定15個)

  •  お礼のメール
  •  10月27日 イベント当日参加チケット(1,500円相当)
  •  OBPアカデミア1日利用券(2,000円相当)
お返し品説明
●参加チケット

●OBPアカデミア1日利用券
OBPアカデミアを利用したい方へ
通常2,000円でご提供しているご利用券です。
お知り合いなどへの譲渡も可能です。
有効利用期間:2018年4月15日
  •  4人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

残り10 個(限定10個)

  •  お礼のメール
  •  クラウドファンディング利用体験を聞く権利(1時間)
お返し品説明
クラウドファウンディングをやった人に聞いてみたい方へ
本プロジェクトの起案者に1時間、インタビューできる権利です。(譲渡可能)
利用期限は2018年5月末日までとなります。

クラウドファンディングについて、どんな準備をするのか、どれくらいの期間があったらよいか、など、何らの予備知識も経験もなく、いきなり挑戦した起案者。
「こんな準備しておけばよかった」「こんな気付き、学びがあった」などをお話しできます!
起案者から支援者様に、ご希望日時、方法をお問い合わせさせていただき、調整後の実施となります。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

残り8 個(限定10個)

  •  お礼のメール
  •  イベントに登壇した協会理事にあれこれ聞ける権利(1時間)
お返し品説明
協会の活動、複業実践者に興味ある方へ
10月27日のイベントに登壇した協会理事(平田、西村のいずれか)と1時間、コーヒーブレイクまたはランチをしながら質問・相談していただけます。代表の平田に協会の設立経緯や活動内容を聞いたり、フリーランスとしてのキャリア形成について相談したり。複業研究家として知られる理事の西村に複業について相談しまり。なんなりと自由にご相談ください。譲渡可能で、遠方の場合、スカイプ等での実施も可能です。理事とコーヒーブレイク/ランチされる方のコーヒー・ランチのお代金はご本人様にご負担お願いいたします。
本プロジェクト終了後の10月1日以降、起案者または理事と支援者とご希望日時、場所をすり合わせたうえで実施となります。
利用期限は2018年5月末日までとなります。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

残り4 個(限定6個)

  •  ●●お返し追加しました!●●
  •  お礼のメール
  •  「パラレルキャリアを始めよう」(単行本・1620円相当)
  •  登壇者(一部)と運営者との意見交換会への参加チケット
お返し品説明
イベント当日のイベント開催前、登壇者(一部)と運営者とで「関西におけるフリーなプロ人材&パラキャリ人材事情」について意見交換をします。
会場はイベント会場と同じOBPアカデミアで15:00開場、意見交換会は15:30~16:30の1時間を予定しています。
「パラレルキャリアを始めよう」の著者で、イベント1部で登壇してくださる石山先生がご参加くださる予定です。
越境学習研究の第1人者である石山先生にあれこれ聞ける機会です。
会場収容人数12名であるため、少人数でじっくり意見交換できます。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

残り2 個(限定5個)

  •  お礼のメール
  •  イベントを記録したDVD
  •  事業創造者のための特許講座(1時間)受講権
お返し品説明
特許の要・不要を自分で判断できるようになりたい人へ

本プロジェクトの起案者、実は実務経歴15年を超える弁理士です。
企業や特許事務所などで新規商品・サービスの開発者から知的財産権(特許や商標)取得相談を受ける中で、事業創造者が知っておくべき「権利取得が必要か否か」を判断するポイントを解説するセミナー受講券です。

11月25日(土)11:00~12:00@OBPアカデミア開催予定ですが、別の日時をご希望の場合、ご相談可能です。譲渡可能。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

7,500円(税込)

残り2 個(限定5個)

  •  ●●お返し追加しました!●●
  •  お礼のメール
  •  OBPアカデミア ワークルーム3 3時間利用券(10,500円相当)
お返し品説明
OBPアカデミアを利用したい方へ
通常11,340円(税込)でお貸出している部屋です。

※有効利用期間半年、事前にOBPアカデミアに部屋の予約を取った上で利用下さい。
※利用できるのは当館営業日の平日・土曜9:00~21:00の間か日祝の10:00~17:00、その時点で予約が入っていない時間に限ります。
※一度利用日を決めた後からは、日時の変更が出来ませんのでご了承下さい。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

15,000円(税込)

残り9 個(限定10個)

  •  お礼のメール
  •  OBPアカデミア1日利用券 11枚つづり(20,000円相当)
お返し品説明
OBPアカデミアを利用したい方へ
通常21,600円(税込)で窓口のみで販売している利用券です。

有効利用期間は3ヵ月、お知り合いなどへの譲渡も可能なので、いろんなお知り合いにお配りいただいてもO.K.
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

25,000円(税込)

残り2 個(限定3個)

  •  お礼のメール
  •  OBPアカデミアセミナールーム 3時間分利用券(30,000円相当)
お返し品説明
OBPアカデミアを利用したい方へ
通常32,400円(税込)でお貸出している38人収容の当館最大の部屋です。
有効利用期間は半年。
事前にOBPアカデミアに部屋の予約を取った上で利用下さい。
※利用できるのはOBPアカデミア営業日の平日・土曜9:00~21:00の間か日祝の10:00~17:00、その時点で予約が入っていない時間に限ります。
※一度利用日を決めた後からは、日時の変更が出来ませんのでご了承下さい。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

残り2 個(限定3個)

  •  お礼のメール
  •  イベント「パラキャリ未来会議 in 大阪」に協賛する権利
お返し品説明
ご協賛者としてPRしたい方へ

・イベント告知媒体(告知ページ、チラシ、クラウドファンディングプロジェクトページ)へ、協賛者として名称(氏名)掲載
・イベント当日、協賛者のサービスを参加者にPRする権利(イベント内での告知&参加者へのサービス案内資料配布)

※日本政策金融公庫さんがチラシ配布などの告知活動に協力してくださることが決定しています。
※クラウドファンディングページでの協賛者である旨の掲示はプロジェクト終了後の10月1日以降となります。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました

50,000円(税込)

残り3 個(限定3個)

  •  お礼のメール
  •  OBPアカデミアセミナールーム 6時間分利用券(60,000円相当)
お返し品説明
OBPアカデミアを利用したい方へ
通常64,800円(税込)でお貸出している38人収容の当館最大の部屋です。
有効利用期間は半年。
事前にOBPアカデミアに部屋の予約を取った上で利用下さい。

※利用できるのはOBPアカデミア営業日の平日・土曜9:00~21:00の間か日祝の10:00~17:00、その時点で予約が入っていない時間に限ります。
※一度利用日を決めた後からは、日時の変更が出来ませんのでご了承下さい。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年10月中お届け予定
終了しました