集まっている金額 63,000(目標 200,000円)
達成率 31
支援者数 10
残り 計算中

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

 

 

みなさん、はじめまして。

「ツール・ド・フランダースin大阪」実行委員長のベルナルド・カトリッセと申します。

ベルギー北部のフランダース地方の出身です。

ベルギーと日本の文化交流のための公的機関、公益財団法人フランダースセンターの館長をつとめています。

 

 

▲左から3番目がカトリッセです。

 

ベルギーと言えばチョコレート、ワッフル、ダイヤモンド?

ベルギーの魅力はそれだけではありません。

私たちベルギー人は美食の国だけでなく

どうしたら人生を豊かに過ごせるのかをとても大切にしています。

 

私が館長を務めるフランダースセンターは40年を超える歴史を持つ公益団体です。

大阪市天王寺区上本町で40数年にわたりオフィスとギャラリーを運営してきました。

最初は外交官だった私が館長になり、

ベルギーと日本の懸け橋として経験を積むうちに、

いつの間にか「根っからの関西人」になることができました(笑)。

 

ベルギーと日本は、昨年2016年で国交150周年を迎えました。

その記念事業として大阪で、「第1回ツール・ド・フランダースin大阪」を開催することができました。

今年も第2回が開催できるように、現在調整中ですが

このイベントをより多くの方に知っていただきたく、クラウドファンディングにチャレンジすることにしました。

 

新しいライフスタイルの提案

第1回は、ベルギーと日本友好150周年の記念行事として開催し、

花の咲き集う春の陽光の下、天王寺区界隈の歴史・文化の薫り高い寺社仏閣を巡り、

季節のうつろいを感じながら、子どもから大人まで

約100名が安全で心地よい自転車ライフを体感していただく機会を提供することができました。

 

ベルギーと日本を自転車で繋ぐことができたと思います。

 

そして、今年の第2回では、

「新しいライフスタイルの提案」をしたいと考えています。

 

排気ガスや騒音を出さない環境にやさしい乗り物、

子どもから大人まで幅広く利用出来る乗り物である「自転車」。

 

ベルギーをはじめとするヨーロッパの国々では自転車を愛し

「自転車に乗って生まれてきた」と言われるほど、

自転車が人々の暮らしに欠かせない存在であり、

人生を共に生きる愛すべき“相棒”として「自転車」が位置付けられています。

 

▲生活の一部に自転車があります。

 

ここ大阪においても、自動車やバイクに代わって

自転車で通勤やレジャーを楽しむ人が増えてきました。

  

そこで私は子どもから大人まで幅広い年代の人々を対象に、

より多くの人々との出会いや交流の場として、

そしてさらなる自転車文化の発展、地域の安全向上、

新しいライフスタイルの提案を目指し、

第2回目の「ツール・ド・フランダースin大阪」を開催したいと考えております。

 

自転車の快適性や利便性を改めて認識するとともに、

自分や周りの人々の命を守る正しい自転車マナーや交通ルールを身につけることで

地域の交通事故防止にも貢献できると考えています。

 

今回は、地元大阪の歴史や文化の豊かさを雄弁に物語るスポットとして、

「真田丸」や真田幸村にちなんだスポットを巡るサイクリングコースを設定し、

子どもから大人まで季節の風を感じながら、

咲きそろう桜の中をともに走り抜けたいと考えております。

 

 

 

日本とベルギーの交流150周年から始まったこのムーブメントを

5年、10年続く行事に育てていきたいと思っております。

私と一緒に交流のペダルをこぎ出してみませんか?

 

ここ大阪で開催したい「ツール・ド・フランダース」

フランダースセンターは、残念ながら

2016年春に東京に移ってしまったのですが、

40数年もの間、大阪の天王寺区上本町に拠点を構えていました。

  

天王寺区上本町界隈には歴史ある神社仏閣が残り、歴史の薫り高い場所でもあります。

おりしも大河ドラマ「真田丸」で描かれている真田幸村緒戦勝利の地が

すぐ近くにあり、幸村が命を懸けて戦ったまさにその地でもあります。

上本町から大阪城へのまっすぐに伸びる道をたどる度に

日本一の兵と言われた幸村の熱い思いを感じるほどです。

 

▲昨年第一回の様子

 

今回の「ツール・ド・フランダースin大阪」では、

私のオフィスがあった上本町をスタートして、

幸村ゆかりの歴史スポットを巡るルートを設定しました。

 

ルートマップ案はこちら

 

どのスポットもそこに暮らす人々が

長年大切に守り継いできた大阪の宝物というべき場所でもあります。

幸村はもちろん、数々の先人への尊敬の念も忘れてはなりません。

 

100年以上も続く伝統的な自転車レース

「ツール・ド・フランダース(オランダ語ではロンデ・ファン・フランデレン)」は、

日本ではあまり知られていないかもしれませんが、

ベルギーのフランダース地方で100年以上も続く伝統的な自転車レースです。

 

250kmを超える長距離に加え、後半からは石畳の急坂が連続して登場し、

厳しい勾配や段差が選手たちを苦しめる過酷なレースとして知られています。

4月の第一週に始まるこの「ツール・ド・フランダース」から、

ヨーロッパの自転車レースは、新しいシーズンを迎えるのです。

 

さらにこの季節のフランダース地方に特有のめまぐるしく変わる天気によって、

氷雨や強風が選手たちに襲い掛かり、

レース展開を予想もつかない方向に狂わせる難攻不落のレースと言われています。

人々は選手たちの過酷な戦いを沿道にあふれんばかりの熱気で見守る、

ヨーロッパ独特の自転車文化を垣間見ることができます。

 

▲本場では100年以上続くレースです。

 

大阪版ツール・ド・フランダースは本場よりもさらに先に始まります。

大阪からヨーロッパの自転車レースの先陣であるフランダースへ自転車ファンの熱いメッセージを送るのです。

  

第1回開催について

第1回開催にあたりましては、大阪市、地元警察、交通安全協会、

自転車業界のみなさまのご協力やご支援をいただくとともに、

市民ボランティア、地域活動団体、近隣住民のみなさまにも

多くの参画をいただき、最初の第一歩をこぎ出すことが出来ました。

 

また昨年、私の母国ベルギーフランダースと日本の友好150周年を記念し

「ツール・ド・フランダース in 大阪」を企画し、

いざ開催という直前にベルギーの空港で悲しい事件が起こりました。

私も仕事で帰国中で、もうすぐ空港というタイミングでした。

 

実際、開催自体も危ぶまれましたが、こういう時こそ

両国の友好を改めて実感する機会と捉え開催にこぎつけました。

その際、参加者の皆さんに書いていただいた寄せ書きは、

両国の絆となったに違いありません。

 

▲参加者に書いていただいた寄せ書き

 

 

私にはモットーが3つあります。

一つ目は、

「人に会えば、相手の立場を尊重して、相手のポテンシャルが高まるようにすること(Plus est en vous.)」(フランス語)。

相手は自分が思う以上にポテンシャルがあります。

 

二つ目は、

「自分に正直であること(Stay true to yourself.)」(英語)。

たとえば、若い人は自分らしさよりも、

自分とはかけ離れたものを求めているように思います。

そうではなくて、なによりも自分自身であることを大切にすることです。

 

三つ目は、

「生きることを楽しむこと。そして、自分も生き、相手も生かすこと(Leven en laten leven.)」(オランダ語)。

一人ひとりの価値観が違いますから、違いを認め合いながら、

自分もまわりの人とも調和しながら、生きていくことでこころ豊かな暮らしになります。

 

今回、2回目のツール・ド・フランダースin大阪を開催します。

私の母国ベルギーフランダースの文化であるサイクリングを、

第二のふるさとである日本それも大阪で開催することは

私の長年の願いでもありました。

 

おりしもフランダースセンターが大阪を離れた春に

第1回のツール・ド・フランダースin大阪を開催することができたのも

何かのご縁だと思っています。

私の心はやっぱりここ大阪にあります!

 

ツール・ド・フランダースin大阪の概要

2017年3月26日(日)13:00~17:00

開会セレモニー・出発式、完走パーティ:大阪国際交流センター

 

サイクリングルート案

大阪国際交流センター~真田幸村緒戦勝利の碑~真田抜穴跡~真田山公園~三光神社

真田幸村像~玉造稲荷神社豊臣秀頼公像~大阪国際交流センター約5キロ

中上級者には、昨年のサイクリングルート(生國魂神社〜下寺町〜一心寺〜四天王寺)をめぐるオプショナルルートにご案内します。

 

集まった支援の用途とその内訳

事業費総額100万円のうち、みなさまからご支援いただいた20万円は、

本イベントの開催にかかる次の経費に充当させていただきます。

 

①本イベントをより多くの方に知って頂き、参加して頂けるための広報費用(チラシやポスターの印刷費)

②本イベントを安全に運営するための費用(チェックポイント、休憩所、救護所の費用)

 

 

旅するように自転車で出かける

ベルギーの人々は自転車と相棒のように付き合って生きています。

日本では自転車は身近な移動手段と思っている方が多いですね。

路上に無造作に放置された自転車を見ると私はなんだかかわいそうに感じてしまいます。

ベルギーの人々は自転車に乗ると心地よい風や美しい風景が見られる、

大げさに言えば人生を楽しませてくれるのが自転車。

だから家族のように自転車を愛するし、大事にします。

 

車やバイクで何気なく通り過ぎる場所にも美しいものがたくさん隠れています。

スマホやパソコンの世界では巡り合えないような癒しの風景にも出会えます。

それもあなたのごく身近な場所で。

 

私は自転車を通して大阪のみなさんに、

全国そして全世界に新しい「サイクルカルチャー」を発信してもらいたいと思っています。

ベルギー流ではなく大阪流の自転車との付き合い方、

人生の過ごし方が広がればきっと街の景色も変わります。

道端に無造作に放置された自転車がなくなる、自転車の事故がなくなる、街への想いが変わる。

 

「ツール・ド・フランダースin大阪」は単に楽しいサイクリングイベントではなく、

大阪の人々が自転車を通じて新しい文化を世界に発信する、

そんな機会になればと願っています。

 

 

応援コメントいただきました!

駐日ベルギー王国大使 ギュンテル・スレーワーゲン氏

 

As the Ambassador of Belgium, I am very much welcoming the second edition of the cycling initiative ‘Tour de Flanders in Osaka’ to be held March 26th. The date is deliberately coinciding with the ‘Tour of Flanders’ (in Dutch ‘Ronde van Vlaanderen’), the annual road cycling race that attracts vast masses of cycling enthusiasts from far and wide.

 

On this day and from early morning already, fans are lining up along the Flemish roads to encourage their heroes, turning this race into a true cultural festival. In a similar spirit, the organizers of the ‘Tour de Flanders in Osaka’ would like to appeal to all cycling enthusiasts, young and old and fans and fanatics alike to join them in hitting the roads of Osaka and helping them to claim and safeguard a space for the cycling people all the while celebrating the benefits of the bike and the bike culture. 

 

Belgium and especially Flanders have a long tradition of fostering this bicycle culture. Children already cycle to school from an early age. Employers stimulate their employees to come to work by bike. The numbers of bicycle commuters have increased considerably. On Sundays cycling enthusiasts, hitting the road in huge numbers, are an integral part of the Flemish scenery. Bike infrastructure meanwhile has also improved, providing separate bike lanes, parking facilities and making it easier to combine bike and train.

 

For its second edition, ‘Tour de Flanders in Osaka’ has been selecting two courses that are pleasant to ride and that appeal to the rich history and the beauty of the city of Osaka all the while keeping the safety aspect in mind. With a true Belgian style closing party in the Osaka International House to finish of, this cycling tour promises to become a unique event in which I wholeheartedly would encourage all of the cycling fans to take part. Allow me to take this opportunity to thank the authorities of Osaka and the sponsors for their efforts, their commitment and their generosity in making another edition of the ‘Tour de Flanders in Osaka’ possible.

 

Gunther Sleeuwagen

Ambassador of the Kingdom of Belgium

 

(日本語訳)

ベルギー大使として、2017年3月26日開催「第2回 ツール・ド・フランダースin大阪」を歓迎します。開催日はたくさんのサイクリング愛好家や国民から愛されているベルギー・フランダース地方で毎年開催されるロードレース「ツール・ド・フランダース(オランダ語では‘Ronde van Vlaanderen’)」開催日程に時期を合わせています。

 

現地「ツール・ド・フランダース」は早朝からコース沿道にファンが集まり選手に声援を送る文化的なスポーツイベントです。その同じ精神で「ツール・ド・フランダースin大阪」の実行委員会は若者から年長者、サイクリングファン等、あらゆる層にアピールをし、自転車文化がもたらすメリットを実感しながら大阪の街を自転車で散走して欲しいと願っています。

 

ベルギー、特にフランダース地方はこの自転車文化を育む長い伝統があり、子どもは小さな頃から自転車で学校に通い、また社会人には企業も自転車通勤を推奨しており、その数は増加しています。サイクリング愛好家が多く、休みの日にたくさんの人が自転車を楽しんでいる姿はフランダース地方で欠かせない風景となっています。また自転車専用道路や駐輪場の整備、自転車と電車を共同利用しやすい環境づくりをしています。

 

「第2回 ツール・ド・フランダースin大阪」は安全面を念頭に置き、大阪の豊かな歴史と美しい街の魅力を感じていただけるコースを選んでいます。ゴールの大阪国際交流センターではベルギースタイルの閉会式を行い、参加者の皆様に絶対に楽しんでいただけるユニークなイベントになること間違いありません。皆様是非ご参加ください!

そして最後に、今回の「第2回 ツール・ド・フランダースin大阪」開催を支えてくださるご支援者、ご協賛各位に感謝申し上げます。

 

ギュンテル・スレーワーゲン

駐日ベルギー王国大使

 

 

大阪市コミュニティ協会 稲田暁さん

 

ロングバージョンも公開中!

稲田さん応援コメント ロングバージョン!

 

 

起案者情報

【団体名】ツール・ド・フランダース in 大阪【代表者】ベルナルド・カトリッセ【HP】http://tourdeflanders.com/【facebook】https://www.facebook.com/tourdeflandersinosaka/

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

ツール・ド・フランダース in 大阪

支援コース

3,000円(税込)

  •  カトリッセ実行委員長からの感謝を込めたサンクスメール
お返し品説明
ツール・ド・フランダースin大阪実行委員会を代表してカトリッセ実行委員長からのサンクスメールをお送りします。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年3月中配送予定

3,000円(税込)

残り10 個(限定10個)

  •  「ツール・ド・フランダースin大阪」完走パーティ参加チケット
お返し品説明
2017年3月26日(日)開催の同イベント時に開催する完走パーティにご参加いただけるチケット
(1枚で1名様参加可能:イベント本体にはご参加いただけません)
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年3月中配送予定

3,000円(税込)

  •  「ツール・ド・フランダースin大阪」初回開催記念オリジナルリストバンド(非売品)1個
お返し品説明
初回参加者と関係者だけに配られたオリジナルのリストバンド(非売品)です。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

5,000円(税込)

残り8 個(限定10個)

  •  「ツール・ド・フランダースin大阪」参加チケット1枚
  •  「ツール・ド・フランダースin大阪」初回開催記念オリジナルリストバンド(非売品)1個
お返し品説明
2017年3月26日(日)開催の同イベント時にご参加いただけるチケット。
(1枚で1名様参加可能:サイクリングのための自転車は各自でご用意ください)
  •  2人が支援しているコースです
  •  2017年3月中配送予定

5,000円(税込)

残り4 個(限定5個)

  •  Cetrum Ronde Van Vlaanderenサコッシュ 1個
お返し品説明
フランドルの旗をモチーフにしたサコッシュです。

Cetrum Ronde Van Vlaanderen はセントラム・ロンド・ファン・フランデーレンというベルギー国内のサイクリングのブランドです。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

5,000円(税込)

残り10 個(限定10個)

  •  カトリッセ実行委員長からの感謝を込めたサンクスメール
  •  「ツール・ド・フランダースin大阪」完走パーティ参加チケット
  •  公式Webサイトにお名前(個人名)記載
お返し品説明
ツール・ド・フランダースin大阪実行委員会を代表してカトリッセ実行委員長からのサンクスメールと公式Webサイトに支援者としてお名前を記載させていただきます。(無記載も選択していただけます)

●「ツール・ド・フランダースin大阪」完走パーティ参加チケット
2017年3月26日(日)開催の同イベント時に開催する完走パーティにご参加いただけるチケット。
(1枚で1名様参加可能:イベント本体にはご参加いただけません)
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年3月中配送予定

5,000円(税込)

残り4 個(限定5個)

  •  Flandriens(フランドリエンズ)サイクリングキャップ 1個
お返し品説明
全3種類
色はお選びいただけません。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

5,000円(税込)

残り0 個(限定2個)

  •  Flandriens(フランドリエンズ)ニットキャップ 1個
  •  2人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

残り1 個(限定2個)

  •  サイクリンググローブ
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

10,000円(税込)

残り8 個(限定10個)

  •   カトリッセ実行委員長からの感謝を込めたサンクスメール
  •  「ツール・ド・フランダースin大阪」初回開催記念オリジナルサコッシュ(非売品)1個
お返し品説明
初回参加者と関係者だけに配られたオリジナルのサコッシュ(肩掛けバッグ:非売品)です。
飲み物や貴重品を入れて自転車でお出かけするときにとても便利です!
  •  2人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

30,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  サイクリングウェアS
お返し品説明
サイズにご注意ください!!
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

30,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  サイクリングウェアM
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

30,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  サイクリングウェアM
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

30,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  サイクリングウェアM
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

30,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  サイクリングウェアXXL
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

30,000円(税込)

  •  カトリッセ実行委員長からの感謝を込めたサンクスメール
  •  スタッフジャンパー(非売品)1枚
お返し品説明
初回開催時にスタッフ用に制作したオリジナルのジャンパー(限定品)です。
フランダースの伝統的なデザインを取り入れたおしゃれなジャンパーです。
フードがついていて雨具にも使えますので自転車でのお出かけの際にとてもおしゃれで便利です!
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定

30,000円(税込)

残り10 個(限定10個)

  •  公式Webサイトにお名前(法人名)記載
お返し品説明
公式Webサイトに支援者として法人様のお名前を記載させていただきます。
(無記載も選択していただけます)
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年3月中配送予定

30,000円(税込)

残り5 個(限定5個)

  •  「ツール・ド・フランダースin大阪」当日看板への社名またはお名前記載
お返し品説明
イベント当日、会場やチェックポイントに設置する看板に支援者としてお名前を記載させていただきます。
(社名または個人名:無記載も選択していただけます)
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年3月中配送予定

50,000円(税込)

残り10 個(限定10個)

  •  公式Webサイトにお名前(法人名)記載
  •  「ツール・ド・フランダースin大阪」当日看板への社名またはお名前記載
お返し品説明
公式Webサイトに支援者として法人様のお名前を記載させていただきますとともに、イベント当日、会場やチェックポイントに設置する看板に支援者としてお名前を記載させていただきます。
(社名または個人名:無記載も選択していただけます)
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年3月中配送予定