集まっている金額 120,000(目標 100,000円)
120%
達成率 120
支援者数 13
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2014年01月31日、合計120,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

▲私たちは「世界を、ちょっぴりでも、変えるために」映画を作っている『CINEMA FACTORY』です。

PVで伝えたいこと

はじめまして、シネマファクトリー代表の吉田摩弥子と申します。

私は今回、観光目的ではなく映像を見る人も楽しめ、見終わった後、岡山を訪れてみたくなる映画を作成したいと考えています。

▲さぬき巡礼ツアー中の撮影風景です。

1.観光映像ではない、観光映像

映画チームが作成するため、観光プロモーションビデオとしては製作しません。

あくまで映画として製作します。

内容は、誰もが心に思い浮かべることのできる子供時代をモチーフに、一瞬、心のふるさとに帰るような物語。

観光目的ではなく映像を見る人も楽しめ、見終わった後、岡山を訪れてみたくなる映画を目指しています。

2.夢がある物語

主役は子どもたちです。子供たちにとって小さなコミュニティーは社会性を身につける大切な場所。

田舎は寂しいところでも、不便な所でもない。人を育む大切な養分を持った土地であることは地域の魅力であり、日本の底力であることを、主演の子供たちを通して感じ取ってもらいたいと思います。

3.美しい山村の風景

「日本のふるさと」と称するにふさわしい、素晴らしい美作の風景を映画にします。

PVのあらすじ

【起】過疎地に3人の野球少年たち

岡山県美作市に住む3人の少年。ハルとユウマとリク。いつも3人で野球をして遊んでいるが、本当は9人で野球がしたい。彼らの町は過疎の問題があり、小学校には全校生徒が9人しかいない。ある日、同じ市の野球チームから練習試合の打診が来るが、チームができないからと先生は試合を断ってしまう。

【承】自分たちができること

どうしても試合をしたい3人は、自分たちにできることをやってみようと思いつく。

【転】とにかくやってみる

3人は街中を駆け回り、ありとあらゆる方法をやってみる。正攻法でも、子供らしい思いつきでも何でも、とにかくがむしゃらにやってしまう3人。中には心を動かされる大人も出てきて、先生はとりあえず、試合をセッティングをしてくれる。

【結】そして試合当日・・・

試合の当日、相手チームが全員整列した中、ハルたちのチームは3人だけ。

やっぱりメンバーを集めることはできなかった。でも3人は笑っている。

一生懸命頑張ることが楽しかったのだ。

制作スタッフ

 脚本・監督 福田良夫

 クリエイティブディレクター・演出補 高橋 稔

 製作・助監督チーフ 松本佑介

 製作・助監督セカンド 沼田一美

 録音 下園祐二

 録音助手 高橋 稔

 撮影 山本崇弘

 照明 笠井拓児

 照明助手 大嶋龍輔

 脚本・プロデューサー 吉田摩弥子

 俳優・・・岡山県在住の俳優さん、美作市のみなさん

 

制作スケジュール

 平成25年12月~平成26年1月・・・企画・脚本作成

 平成26年1月・・・脚本完成 プリプロダクション・撮影

 平成26年2月・・・撮影・編集

 平成26年2月末・・・観光映像大賞に応募

 

過去に制作した作品

▲NHKミニミニ映像大賞にて、シネマファクトリーはベストディレクション賞に選ばれました。それを見るために岡山駅前商店街の真ん中で“炬燵でパブリックビューイング”をしたときの様子です。

↓こちらから受賞映像をご覧いただけます。

第11回 NHKミニミニ映像大賞 ベストディレクション賞受賞作品「しあわせな人」

▲参考:地元岡山で13年間自主映画を創り続けてきた『シネマファクトリー』の映画「さぬき巡­礼ツアー」の予告編です。

▲参考:最近制作したイメージプロモーション映像「工事中」です。

起案者情報

CINEMA FACTORY(シネマファクトリー)

代表:吉田摩弥子/所在地:岡山市北区花尻ききょう町

1999年に自主映画製作を目的として結成。

2008年、岡山市芸術文化団体に認定される。

2013年現在までの14年間に24作品を製作。

2011年に製作した「さぬき巡礼ツアー」が、香川県「さぬき映画祭」で奨励賞を受賞。

2012年6月、岡山で製作された自主映画として初めて、岡山市の映画館「岡山メルパ」において2週間のロードショー公開をされた。

2011年、特定非営利活動法人となり、映画製作に加えて、映像を中心とした芸術文化の振興、生涯学習、地域活性化などに寄与するための活動を続けている。

○HP CINEMA FACTORY

○SNSのURL CINEMA FACTORY Facebookページ

本当に伝えたいこと

『映画を作りつづけることにどんな意味があるのか』私たち自身いつも考えています。

しかし、頑張って作った映画はいつも必ず何かしらの感動となって観る人に受け取ってもらえているようです。逆に私たち自身が感動させてもらうような、思わぬ反応となって返ってくることがたくさんあります。

私たちは、『映画はただの娯楽ではない』と考えています。誰かの心を動かし、小さな波紋を呼ぶことができる『エモーショナルなメディア』であること。『誰かの心を受け取った人が、その心をまた誰かに伝えていく』それが映画の力です。

そして、私たちが映画(映像)にこだわっているのは、とても身近なメディア(手段)だからです。『身近で手軽に楽しめるものの中に、心を動かされるものがある』そんな作品を私たちは目指しています。

今回は、日本のどこにもある懐かしい山村の風景の中から、子供たちの心を伝えます。応援よろしくお願いいたします。

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

sue
岡山で15年活動している映画チーム、CINEMA FACTORYの代表・プロデューサーを務めています。チームのミッションは、「全ての人生問題・社会問題を映画で解決する」こと。
映画を見て楽しむのはもちろんのこと、映画を通して色々な人の思いや人生に触れて頂き、世界を広げて頂くきっかけになって欲しい。そんな思いで、一本一本、企画・脚本から全てオリジナルで製作しています。
チームでは脚本も担当していますが、個人でも詩やエッセイ、小説なども書いています。誰かの心に響く物を作りたいと思うことが、私自身の楽しみでもあるようです。

支援コース

1,000円(税込)

お返し品説明
シネマファクトリー代表の吉田摩弥子よりお礼のメッセージ。
  •  2人が支援しているコースです
終了しました

3,000円(税込)

お返し品説明
・シネマファクトリー代表の吉田摩弥子よりお礼状
・シネマファクトリー上映会鑑賞チケット1枚
・黒糖きび団子
  •  6人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
・シネマファクトリー代表の吉田摩弥子よりお礼状
・シネマファクトリー上映会鑑賞チケット2枚
・玄米きび団子
・シネマファクトリーかわら版初回号
・エンドロールにお名前を記載(会社名やロゴも可)
  •  5人が支援しているコースです
終了しました

50,000円(税込)

お返し品説明
・シネマファクトリー代表の吉田摩弥子よりお礼状
・シネマファクトリー上映会鑑賞チケット4枚
・むかし吉備団子(巾着入り)
・シネマファクトリーかわら版初回号
・エンドロールにお名前を記載(会社名やロゴも可)
・完成した映画のDVD
・湯郷温泉気分が楽しめるお土産
・湯郷温泉ミスト
・美作の美味しいお土産(届いてみてのお楽しみ)
  •  1人が支援しているコースです
終了しました