集まっている金額 74,000(目標 500,000円)
達成率 14
支援者数 11
残り 終了しました
終了しました

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

■初めに倶楽部の代表とfaavo担当挨拶■

初めまして。私は「大分ラー麺's倶楽部」代表の田村と申します。

大分市内でコンビニの店長を務める傍ら、日々大分や県外のラーメンを食べ歩いております。

この度、2016年9月に大分ラー麺's倶楽部主催の「第二回大分ラー麺'sフェス」の起案者でもあります。

 

次に、僭越ながらfaavo大分での記事作成の担当をさせていただいております、ラー麺’s倶楽部会員兼ボランティアの須藤と申します。広報手伝いとして今回の第2回ラー麺’sフェス企画に参加させていただいております。

▼写真中央(2016年5月フェス打ち合わせにて)

 

 

■大分ラー麺's倶楽部とは■

大分県出身、根っからのラーメン好きの私はある日ソーシャルネットワークサービスのFacebookにて、ラーメン好きが大分県のラーメン情報を交換できる無料の交流ページを立ち上げました。それが「大分ラー麺's倶楽部」の始まりです。スタートは情報交換ができる場所と気軽に構えていたのですが、それから少しずつ会員数が増え、現在2016年の5月会員数は4651人の大所帯に。

組織自体の運営に関しては、全てボランティアの非営利団体として活動をしています。

 

▼大分ラー麺's倶楽部Facebookページ▼https://www.facebook.com/groups/oita.ramens.club/

 

 

■ある出会いがきっかけに■

会員数が増え始めた2014年の8月、私は大分を代表するラーメン店の店主と出会いました。「株式会社エピソード1」「株式会社ゴールドプランニング」「手のべ冷麺専門店 六盛」「らーめん・つけ麺 はぐるま」の代表を務める彼らとのこの出会いが、その後の「大分ラーメン's倶楽部」の活動の鍵となります。

▼とても貴重な出会いでした。

彼らとの交流を重ねるうちに、ラーメン's倶楽部には大分のラーメン店主達の集まり「店主会」が誕生しました。情報交換や大分ラーメンの一層の成長が目的でしたが、輪を広げるうち倶楽部所属店は40店舗を越え、大分ラーメン界の繋がりは益々強固になっていきました。

今も変わらぬ、大分ラー麺's倶楽部店主会の信念は「100人のお客様を奪い合うのではなく、力を合わせてさらに1000人のラーメンファンを作ろう」という事です。

▼定期的に店主同士の交流会も実施。

▼ラーメンの話だけでなく、大分の飲食をどう盛り上げていくか、自分たちが集まる事で大分に出来ることは何かと、真剣に話をします。

そんな中、僕にはずっと暖めていた想いがありました。それは"大好きなラーメンを通じて大分をもっと元気にする"という事。大分には他県に負けない美味しいラーメン屋がたくさんある。そして店主同士も切磋琢磨し、互いを高めあう関係性を築いている。この事をもっと大分の県民に知ってほしいし、伝えたい。そして、県外のラーメン好きだけでなく、全国に「大分ラーメンの凄さ」を轟かせたい…!

店主交流会のある日最初に出会った4人の店主たちにその気持ちを伝え、さらにある事を提案しました。

「大分のラーメン店主を集めて、僕らが主催でラーメン博覧会のようなイベントを開催してみませんか?」

 

「いつかできたらいいね!」それくらいの反応が返ってきたら充分満足だと考えていたのですが、返ってきた言葉は「面白そうだ!是非やってみたい!」でした。

 

■大分ラー麺'sフェスへの道のり■

本格的にイベント開催の準備を始めたのは、2014年の12月からです。

イベントを主催で開催する、それは決して楽な事ではありませんでした。

有り難い事に、運営資金は倶楽部の加盟店の代表や、友人、知人、倶楽部のメンバーまで様々な方からご出資をいただき、会場費やコンテナなど設備に関わる費用はギリギリの所で賄いました。そして店主会に所属する各店の店主、大分のラーメン店全てに呼びかけ参加店を募りました。

集まった15人の店主とどのようなイベントを作るか話し合いの日々が始まりました。

初めてのイベントで集客に不安もあった為、話題性の創出、大分ラーメン店主同士の絆の強さを伝える為の手段として「参加店同士でのコラボラーメン」を提供する事を提案しました。

ラーメン一杯一杯に店主がかけている時間と労力は計り知れず、その長い月日をかけて生み出したラーメンを、他店同士でコラボしていただく…そんな事もしかしたら失礼で、とうてい無理な願いだと思いながらも却下覚悟で思いきって提案してみると「それは新しい!聞いた事もやった事もない。挑戦してみたい!」と快く受け入れてくれました。

何度も試作を重ね、最高の腕を持つ店主同士の、最高の一杯が出来上がっていきました。

 

 

提供するラーメンは、より多くの大分県民の皆様に手軽に食べていただくために500円に設定。もちろん、参加店の各店には利益はほとんどなく、微々たるものです。赤字ギリギリの所での提供金額でした。当日の人手に関しても、日当を出す余裕のない状態だったので、ラー麺's倶楽部内で協力してくださるボランティアを募りました。

▼ボランティア打ち合わせ風景。

▼こうして大分ラー麺'sフェスが形になっていきました。

▼前日に台風の直撃があったものの、会場設営は成功。

設営は各業種の企業様との連携や、多くのご協力を賜りながら、ついに2015年7月18.19日に大分駅ホルトホール前いこいの道にて、開催の運びとなりました。

 

■そして迎えた当日■

 

大分のラーメン店の店主が一つの場所に集い

会場は多くの人で賑わいました。

2日間で提供したラーメンの杯数は予想を大きく上回る7150杯でした。

最後の時間までお客様に提供する為、用意していた分が無くなっても、店主自らの店からスープを運び、終了時刻まで断ることなく提供し続けました。

▼2日目の最後の一杯提供後には、歓声と拍手で包まれました。

こうして、怒濤のような2日間は大分のラーメン店主達の絆と、無償で働いてくれたボランティアスタッフ、ご出資いただいた協賛各位、何より足を運んでくださった大分県民や県外のラーメンファンの皆様のお陰で大成功を収め、幕を閉じました。

 

■地元メディアにも取り上げていただきました■

この大分ラー麺'sフェスが完成するまでの軌跡は地元テレビ局にて、ドキュメントとして取り上げていただきました。

▼ドキュメント九州  動画

 

 

大分県外の視聴者からも、倶楽部へ複数の反響が寄せられました。私の目標「ラーメンで大分を元気にして、大分ラーメンを全国に轟かせる。」に一歩近づけました。

 

■その後のラー麺's倶楽部及び店主会の活動■

▼おおいたB級グルメNo.1決定戦に大分ラー麺's倶楽部として出場。初出場でなんと3位に入賞!

▼北九州ラーメン王座決定戦2016にトラの夢が出場。ラー麺's倶楽部メンバーだけでなく、店主会メンバーも助っ人として参加。

▼大分県内の児童養護施設にラーメンを無料で提供。※現在2回ほど開催

ラーメンを味わってもらうだけでなく、子供たちと一緒に調理したり、店主自らが児童と遊んだり、講演を行い、交流をもつ事で、大分には美味しいラーメンがある事、料理の楽しさ、料理人という仕事について体感してもらいたいという願いを込めた。※第3回も企画中

 

▼熊本地震の被災地にて炊き出しを行った。「トラの夢」「一骨家」「おめでたい」の代表塩月店主、とスタッフ一同。

 

▼「壱丁目ラーメン」の津留崎店主とスタッフ一同。

 

 

▼湯布院へ被災した方々への炊き出し

突然の地震で不安の被災者の方々に、少しでも元気を出してもらいたいとおこなった。

 

▼地震で被災した別府を盛り上げ、別府市復興を願ってのラーメンイベント

 

------------------------------------------------

他にも、フリーペーパーの発行、ラーメン屋だけではない他団体との連携による、観光都市大分県の地域活性化など計画しております!

 

■そして第二回ラー麺'sフェス開催に向けて■

昨年度夏に味わったあの感動を胸に、より一層大分ラーメンというワードを全国に轟かせる為、進化したイベント計画を展開。

 

開催日:2016年9月3日・4日の2日間

出店ブース数:10ブース予定

目標指数:

来場者数7000人/ラーメン提供杯数:8000杯

会場:大分いこいの道広場 入場無料

今回のメインテーマは「産・学・福祉の連携」です。

 

※産=民間企業 学=教育機関

 

大分有名ラーメン店主が地元高校・短期大学・障がい者就労施設と連携してのコラボラーメンの提供、それが次なる試みです。さらに、前回とは違った店主同士のコラボラーメンも提供を予定しており、試作をスタートしております。

 

集まった資金の用途は

・会場代・設備費の一部 ¥250000

・宣伝広告費  ¥150000

・faavo手数料   ¥100000

計 ¥500000

として、使わせていただきたいと思っております。

100%を超えた場合はボランティアスタッフの昼食・飲料・スタッフTシャツなどの費用として使用させていただきたいと考えております。より幅広い年代の多くの方にご来場いただけるように、前回の反省点を踏まえながら改善・改良していきたいと思います。

 

※参加店、コラボ詳細などは随時更新していきますので、お楽しみに!

 

大分県をラーメンという食を通じて盛り上げるための、皆様からのご支援をお待ちしております。

 

【問い合わせ】

 

 大分ラー麺's倶楽部 代表  田村将治

 携帯:  090-7297-6320

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

Masaharu Tamura
大分ラー麺‘s倶楽部の代表と、今回のイベント実行委員長を務める田村将治と申します。
当倶楽部は大分のラーメン業界の活性化を主とし全国への大分ラーメンの知名を目的に結成されたグループです。また、本倶楽部をきっかけにして店主同士が手を取り合い、大分のラーメン店主、ラーメンファンが一体となり「大分ラーメン」を全国区にすることを目標としております。 大分ラー麺‘S倶楽部イベントは上記の趣旨を元に、まずは大分の中心でイベントを成功させようと企画いたしました。

支援コース

3,000円(税込)

  •  サンクスメール
  •  大分ラー麺's倶楽部ミニ暖簾
  •  ラーメンフェス当日有効の1杯無料券
  •  3人が支援しているコースです
  •  2016年9月中配送予定
終了しました

3,000円(税込)

  •  サンクスメール
  •  大分ラー麺's倶楽部ステッカー3種類
  •  大分ラー麺's倶楽部ミニ暖簾
お返し品説明
【ご来場が難しい方】
サンクスメールと大分ラー麺's倶楽部ステッカー3種類をプレゼント致します。
配送について
郵送致します。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2016年9月中配送予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  サンクスメール
  •  ラーメンフェス当日有効の1杯無料券
  •  大分ラー麺's倶楽部ミニ暖簾
  •  大分ラー麺's倶楽部ステッカー3種類
お返し品説明
【ご来場が可能な方】
配送について
当日、本部テントにてお礼文とラーメンフェス当日有効の1杯無料券を2枚をお渡し致します。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2016年9月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  サンクスメール
  •  フェス限定コラボラーメン2食セット
お返し品説明
第2回ラー麺'sフェス限定のコラボラーメンを2食分郵送致します。
コラボは大分商業高校×大分ラー麺's倶楽部×株式会社ゴールドプランニングの常温保存できる箱ラーメンです。
※写真は昨年度のコラボラー麺サンプル
  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年9月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

残り4 個(限定5個)

  •  ラー麺'sフェスポスターに参加店主の手書きサインをしてプレゼント
  •  サンクスメール
お返し品説明
画像は昨年のポスターです。
今回のが出来上がり次第差し替え致します。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年5月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  サンクスメール
  •  第2回大分ラー麺'sフェス限定Tシャツプレゼント
お返し品説明
※画像はサンプルです。今年のデザインが完成しましたら画像差し替えします。
コメント欄に希望サイズをお願いします。
(M・L・LL・3L)
配送について
郵送致します。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2016年9月中配送予定
終了しました

20,000円(税込)

  •  企業様向け会場看板にて企業名掲出
  •  企業様向けフライヤーにて企業名掲出
  •  サンクスメール
お返し品説明
写真は昨年度の協賛会社様の看板設置場所。
一番最初に足を運ぶ本部テント前に掲示させていただきました。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2016年9月中配送予定
終了しました