集まっている金額 946,000(目標 850,000円)
111%
達成率 111
支援者数 75
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2018年10月31日、合計946,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

● BE THE CHANGE 1 at CAMBODIA

Be the change you want to see in the world

(世界のなかで見たいと思う変化に、あなた自身がなりなさい)

・・・マハトマ・ガンジー

 

● カンボジア農村部に井戸を掘る資金を集めたい!

 

新潟ブロック協議会は、2018年度、県内の少年少女5名とともに、カンボジアのプレアヴィヒアを訪問しての研修を行いました。

参加したこども達は、研修を通じて現地の方々と交流し、その現状と問題の所在、解決方法を検討しました。

そうして、井戸のある家とない家の生活水準のちがいや、井戸による生活の質の改善、汲み上げられた水を利用しての農業が経済のサイクルをしっかりと回しつつあるようすなどを、その目で確認しました。

 

そこで、まだ井戸がない家に井戸を増設する資金を調達することが重要であるとの見通しを立て、それをプレアヴィヒア政府にも確認したところ、たしかにそのとおりであるとの回答を得ました。

● なぜ行うのか?

カンボジア国はまだ若く、現地のインフラは未整備であり、格差も明確に残っています。 井戸のない家はカメに雨水をためますが、生活水としては約4日分しかありません。

空になると3km先の水場まで汲みに行くことになります。

 

ある家庭のこどもは、朝5時に起床して片道1時間以上かけて水汲みに向かいます。

水の容器は重く、体は痛くなります。

帰宅後、彼女は2km先にある学校に行きたくなくなるのだと、教えてくれました。

 

 

 

現地では、1基の井戸を、1戸ないし2戸の家庭で使用しています。

井戸のある家は、農業が義務付けられます。

緑が多く、敷地内に果樹が植えてあります。

2階建ての家屋も立派で、生活レベルの高さもうかがえました。

 

 

 

一方で、井戸のない家は農業ができず、樹木もありません。

敷地内は乾いていました。

 

 

カメに貯められた雨水は、主に飲料水、料理、水浴びに使いますが、雨が降らないと、空になってしまいます。

 

 

家のなかは、整頓されてはいましたが、決して生活レベルが高いとはいえないように感じられました。

 

 

井戸を作ることで水を汲みに行く時間を省略でき、教育を受けられる、農業ができる、子育てができる時間が得られます。

そうして、井戸から養殖池ができ、そこからの収益でまた井戸ができ、養殖池が増えていくという過程を、参加した少年少女達は研修を通じて学びました。

 

国際社会から貧困をなくすこと、誰もが教育を受けられるようにすること、清潔な水にアクセスできるようにすること、不平等を減らすこと、すべては密接につながっています。

 

 

  

● どうやって行うのか?(支援金の使いみち)

 

井戸の増設資金として、クラウドファンディング手数料を差し引き、全額をプレアヴィヒア政府に送金します。

必要資金の目安は下記のとおりですが、今回は井戸10基を目標として取り組みます。

 

井戸原価 85,000円/基×10基=850,000円

 

Be the change you want to see in the world

(世界のなかで見たいと思う変化に、あなた自身がなりなさい)

 

一人ひとりの小さな行動が集まり、世界を確かに変えていきます。

本事業の趣旨に賛同いただけましたら、資金のご協力をお願いいたします。

 

支援金の結果得られた 井戸の設置のようすは後日報告書にまとめ、メールにて配信いたします。

 

 

● 実行スケジュール 

 

カンボジア研修 2018年8月15日~8月18日(完了)

支援金募集期間 2018年9月1日~10月31日

送金・企画   2018年11月1日~12月31日

現地工事・運用 2019年1月1日~3月31日

協力者への報告 2019年4月1日~5月31日

 

 

● 補足

 

公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区新潟ブロック協議会 2018年度

未来へ変革する白い翼国際委員会

委員長 岡田周大

 

本事業は、2015年に国連が掲げた持続可能な開発目標「UN SDGs」(※後記参照)の学習を主眼において取り組みました。

「UN SDGs」は、今後の国際社会において非常に重要な指標になると考えます。

この機会に関心を持っていただければ幸甚です。

 

また、今回の訪問先プレアヴィヒア州は、公益社団法人日本青年会議所2017年度UN関係委員会が行った事業「SMILE by WATER」において、井戸と養殖池の造成が行われた場所であります。

ご協力いただきました委員会関係者の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

SMILE by WATER PRムービー

 

 ※「UN SDGs」とは

2016年から2030年の15年間、国際社会が協力して目指すべき達成目標です。2015年9月、国連本部のサミットで、193の国連加盟国の全会一致で採択されました。UN SDGsは、先進国・途上国双方の人々のニーズに取り組み、誰も置き去りにしないことを強調しています。社会、経済、環境という持続可能な開発の3つの次元に加えて、平和や正義、パートナーシップなど、17の目標、169のターゲットから構成されています。

参考:http://www.savechildren.or.jp/lp/sdgs/

 

※返礼品のSDGsピンバッジについて

間伐材を使い、障害をもたれた方によって作られたバッジとなります。

この取組みは、SDGsのゴール8、ゴール15につながるものです。

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

新潟ブロック協議会2018年度(会長:中嶋知一)
公益社団法人日本青年会議所北陸信越地区新潟ブロック協議会2018年度
未来へ変革する白い翼国際委員会 世界で活躍する人財の育成事業
BE THE CHANGE 1 at CAMBODIA ― What you want to see you in the world ―

私たちは新潟県域における青年会議所グループです。青年会議所とは、20歳から40歳までのメンバーで構成される全国的・国際的な組織であり、普段は皆それぞれの地域で、それぞれの仕事をしながら社会貢献活動をつづけています。

今年度は「世界で活躍する人財の育成事業」と題し、未来のこどもたちのための事業に取り組んでおります。ご理解ご支援よろしくお願いいたします。

新潟ブロック協議会のホームページはこちら→ http://www.jaycee.or.jp/2018/hokushinetsu/niigata/

支援コース

3,000円(税込)

  •  報告書の配信
お返し品説明

支援金による工事の顛末を、関係者の声とともに報告書にまとめ、メールにて配信します。
配送について

報告書の配信は、メールにpdfデータを添付して行います。
  •  49人が支援しているコースです
  •  2019年5月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

  •  報告書の配信
  •  SDGsピンバッジ
お返し品説明

支援金による工事の顛末を、関係者の声とともに報告書にまとめ、メールにて配信します。
国連のオフィシャルデザインに基づいたSDGsピンバッジをお送りします。
配送について

報告書の配信は、メールにpdfデータを添付して行います。
SDGsピンバッジの郵送は普通郵便にて行います。
  •  26人が支援しているコースです
  •  2019年5月中お届け予定
終了しました