集まっている金額 230,000(目標 500,000円)
46%
達成率 46
支援者数 23
残り 計算中
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

縁側のような空間をつくり、

村のおばあちゃんの手仕事を残したい。

 

 

自己紹介「布目の里~ぬのめのさと~」

 

 はじめまして夏目有砂と申します。奈良県北東の端「山添村」という人口3600人ほどの村に住み、村に拠点をおく農業グループ「布目の里」で働いています。「布目の里」の仕事はまず土作りから始まり、野菜の屑や米ぬか、竹林の整備から生まれる竹チップなどを混ぜ込み堆肥にします。たっぷりと堆肥を漉き込み、田畑を耕し、種を蒔き、野生動物と闘いながら野菜を育て、やっとのことで収穫し、自分たちの食事をこしらえ、いただきます。そんな取り組みを20年ほど続けてきたグループです。2015年には直売所がOPENしお客様にも新鮮なお野菜や、ランチをご提供できるまでになりました。

 

 

  

 

手仕事の息づく「山添村~やまぞえむら~」

 

 「布目の里」がある山添村は大阪や奈良の都市部に近いにもかかわらず、これまで開発の波に巻き込まれることがありませんでした。そのため昔ながらの農村の景観が残り、古い暮らしが受け継がれてきました。おばあちゃんの年代の方々は、代々受け継がれてきたその土地のその家の方法で保存食作りや、祭事などに必要な手仕事を当たり前のこととして行ってきました。布目の里の取り組みも地元のおじいちゃん、おばあちゃんに教えられ、助けて頂きながら続けてこられたことが多くあります。

 しかし今大きな転機を迎えているように思います。外に働きに出たり家事に追われる「現役世代」の方々にとっては、手間暇かかる手仕事は暮らしの中から排除されてしまい、子どもたちにとっては土に触れることや四季を感じることすらますます減っているように感じます。おばあちゃんのこしらえる味噌やこんにゃくが何から作られているのか知らない人もいるくらいです。

 「手仕事名人」の方々も高齢化が進んでおり、あと10年もすれば多くの手仕事が失われてしまうのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

「空き店舗改装×おばあちゃんの手仕事 × ツーリスト」⇒ 次の世代へ

 

 近年、著名な観光地のないこの村でも、近年は県外や海外からのツーリストの姿を見ることが増えてきました。情報やモノで溢れた都市から足を延ばし、特別に新しい事ではなく四季折々の風景を鑑賞したり、おおらかな村の人たちとの会話を楽しんだりしておられます。

 2018年末に長年地域で親しまれてきた商店が閉店されることになり、その建物を活用できることになりました。広いホールと厨房があり、少しの改装で十分活用できる建物で、地元の方や旅行者が行き交う場をつくる計画を進めているところです。その一画におばあちゃん、おじいちゃんが集まって、手仕事ができるような空間をつくりたいのです。そこへ、近所の子供たちや様々な場所から訪れるツーリストが加わっておしゃべりをしたり、時には一緒に手を動かす。そんな空間をつくりたいのです。

 

 名付けて「てしごとのえんがわ

 

   村のおばあちゃんはよく井戸端会議ならぬ縁側会議をしておられます。お天気の話、畑の様子の報告、種の交換会、おやつタイムなどをしながら長い時間を縁側で過ごしています。そんな縁側のほっこりとした雰囲気をつくれたらいいなと思います。

 

 

 

「てしごとのえんがわ」をつくるために

 

 ホールの一角に縁側を模した畳のコーナーを設けたいと思います。膝や腰に配慮し、腰かけることのできる“畳のベンチ”のようなイメージです。ベンチは移動が可能で、繋げて座敷にすることもできる仕組みです。傍には薪ストーブを置き、暖かく温っかい空間にしたいと思います。

 建物全体の改装費用は一部国の補助が得られる見込みですが、大部分は私たち布目の里が負担します。しかし非営利活動団体(NPO法人)ゆえに潤沢な資金はなく、建物の壁や床、照明など最低限の修繕費用を集めるのがやっとです。「てしごとのえんがわ」をつくるためには、別途資金を用意する必要があり、ご支援を募らせていただくことにいたしました。

 

支援金の使いみち

 

 支援頂いた額からクラウドファンディング(FAAVO)運営側への手数料を引いた、

のこりを「てしごとのえんがわ」製作費として活用する仕組みです。

 

 「てしごとのえんがわ」に必要な資材

 

・畳のベンチ製作費×6畳分

 

・薪ストーブの置くための耐熱床、耐熱壁

 

・座布団など周辺備品の購入費

 

 に活用されます。

 

 

 実行スケジュール

 

 年内には改修工事に取りかかり、来年4月には建物全体の工事が完了し、旅行者の案内をするセンターがオープンする予定です。多くのご支援をいただくことができれば、その時には「てしごとのえんがわ」畳コーナーも完成している予定です。

 

 

2019年11月  建物改修開始

2019年12月22日 クラウドファンディング終了

2020年1月  畳コーナー製作開始

2020年3月  畳コーナー完成/建物完成/リターンお届け開始

2020年4月  センターOPEN/お披露目会

2020年5月  野菜箱お届け開始

 

 

さいごに

 

 干し柿の皮むき、梅干し作り、しめ縄作り、かきもち作り…

 ほっこりとした空気が流れるなかで、おばあちゃんたちがわいわいとおしゃべりしながら手を動かしているところに、小さな子どもや旅行者がやってきて、いつの間にか動いている手が増えていく……

 10年、20年経って……

「てしごとのえんがわ」を訪れた「ビジター」の手が、村の中で、世界のどこかで動いているのではないかと思いを馳せています。

 拙文ですがお読みいただきありがとうございました。小さな村から始める小さな取り組みですが、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 センターOPENに携わる主なメンバー

 写真前列より左回りに:今中、御厨、岡田、下谷、夏目

 

 

お問い合わせ先

 

 布目の里農泊推進協議会 

 

 電話/0743‐86‐0377  

 メールアドレス   nunome.nohaku@gmail.com

 Facebook  https://www.facebook.com/nunome.nohaku

 

 ※布目の里農泊推進協議会は、山添村で宿泊施設の整備とともに農を生かした食・体験を提供するために「NPO法人どうで」が呼びかけ人として設立し、行政や地域の住民団体、観光関係の機関が参画する団体です。

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

nunomenohaku
 
奈良県山添村人口3600人程の小さな村。廃業となった明治30年創業の商店を改装し、集う、体験する、宿泊する場所として地域の方々と共に作りあげていきます。(写真左より今中・下谷・夏目)

支援コース

3,000円(税込)

  •  お礼状
  •  活動の報告(メールまたはお手紙でお知らせ)
  •  山添村産無農薬の和紅茶または山添産無農薬ほうじ茶
お返し品説明
・お礼状/お礼のお手紙に進捗報告を載せてお届けします。
・活動の報告/2020年活動経過を定期的にメールまたはお手紙でお知らせいたします。
・山添村産無農薬の和紅茶/農薬・化学肥料一切不使用 北村園さんの和紅茶です。渋みが少なくやさしい味わいのあるティーパック入りの和紅茶です。
・山添村産無農薬のほうじ茶/自宅でご家族が飲むお茶として、農薬を使わず栽培しておられます。毎日飲む日常のお茶として安心して召し上がっていただけます。(農家さんによりパッケージが異なる場合がございます。)


配送について
ご支援の際、備考欄にご希望(和紅茶orほうじ茶)をご記載ください。
  •  4人が支援しているコースです
  •  2020年3月中お届け予定

5,000円(税込)

残り45 個(限定50個)

  •  お礼状
  •  活動の報告(メールまたはお手紙でお知らせ)
  •  「布目の里」自家製ジャム
  •  山添村産ほうじ茶ハーブティー(8包)
お返し品説明
・お礼状/お礼のお手紙に進捗報告を載せてお届けします。
・活動の報告/2020年活動経過を定期的にメールまたはお手紙でお知らせいたします。
・「布目の里」自家製ジャム/柚子やすもも、ブルーベリーなど山添村産の果物を使った無添加ジャムです。果物の収穫量によりジャムの製造量が限られるため、すみませんが種類はお選びいただけません。
・山添産ほうじ茶ハーブティー(8包)/ティーサポートさんご提供 山添産ほうじ茶とハーブをブレンドしたお茶です。ティーパックになっていますのでお気軽にハーブティーを楽しむことができます。カモミール、ミント、ローズ、レモンよりお選び頂けます。


配送について
・ご支援の際、備考欄にご希望(カモミール、ミント、ローズ、レモン)をご記載ください。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2020年3月中お届け予定

10,000円(税込)

残り16 個(限定30個)

  •  お礼状
  •  活動の報告(メールまたはお手紙でお知らせ)
  •  お披露目会ご招待券
  •  おばあちゃんの野菜箱または「布目の里」おやつ箱
お返し品説明
・お礼状/お礼のお手紙に進捗報告を載せてお届けします。
・活動の報告/2020年活動経過を定期的にメールまたはお手紙でお知らせいたします。
・お披露目会ご招待券/2020年春のOPEN前にお披露目会を開催いたします。地域の方と共にマルシェや山添村東山地区今昔写真展、活動の紹介パネル展示などを行います。ご招待券ご持参の方に「布目の里ランチペアチケット」を提供します。おそれいりますが、現地までの交通費はご負担ください。
・おばあちゃんの野菜箱/おばあちゃんの育てた新鮮な旬のお野菜とお便りをお届けします。¥1500~¥2000相当で内容は季節により異なります。
・「布目の里」のおやつ箱/農産物直売所「布目の里」製造の山添村の素材を使った焼菓子や山添産無農薬の和紅茶などを詰めたティータイムにぴったりなおやつセットです。¥1500~¥2000相当で内容は季節により異なります。
配送について
・おばあちゃんの野菜箱については、春野菜の収穫が盛んな5月の配送を予定しております。
・ご支援の際、備考欄にご希望(野菜箱orおやつ箱)をご記載ください。
  •  14人が支援しているコースです
  •  2020年3月中お届け予定

30,000円(税込)

残り28 個(限定30個)

  •  お礼状
  •  活動の報告(メールまたはお手紙でお知らせ)
  •  お披露目会ご招待券
  •  おばあちゃんの野菜箱
  •  「布目の里」のおやつ箱
お返し品説明
・お礼状/お礼のお手紙に進捗報告を載せてお届けします。
・活動の報告/2020年活動経過を定期的にメールまたはお手紙でお知らせいたします。
・お披露目会ご招待券/2020年春のOPEN前にお披露目会を開催いたします。地域の方と共にマルシェや山添村東山地区今昔写真展、活動の紹介パネル展示などを行います。ご招待券ご持参の方に「布目の里ランチペアチケット」を提供します。おそれいりますが、現地までの交通費はご負担ください。
・おばあちゃんの野菜箱/おばあちゃんの育てた新鮮な旬のお野菜とお便りをお届けします。¥1500~¥2000相当で内容は季節により異なります。
・「布目の里」のおやつ箱/農産物直売所「布目の里」製造の山添村の素材を使った焼菓子や山添産無農薬の和紅茶などを詰めたティータイムにぴったりなおやつセットです。¥1500~¥2000相当で内容は季節により異なります。
配送について
・おばあちゃんの野菜箱については、春野菜の収穫が盛んな5月の配送を予定しております。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2020年3月中お届け予定