集まっている金額 581,000(目標 500,000円)
116%
達成率 116
支援者数 53
残り 終了しました
同じカテゴリーのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2015年12月01日、合計581,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

テゲツー!の高千穂シュガーこと佐藤翔平です!

月間50万PVを突破したローカルメディア「宮崎てげてげ通信」編集長の佐藤です。高千穂シュガーの記事一覧はこちら これまでテゲツー!では、行政・民間・NPOが連携して宮崎県の移住・UIJターンを促進する「宮崎てげてげ移住計画」の取材やイベントのサポートを行ってまいりました。

毎月開催する東京でのイベントには、100名以上が集まる事も!

これまでのイベントレポートはこちらからご覧いただけます。 第一回:UIJターンイベントに河野知事もやってきた 第二回:100名以上が集結地方創生クリエイター 第三回:移住者と地元の人をつなげる! 宮崎てげてげ移住計画が開催されました。 その他はこちら宮崎県の移住者インタビュー等

「宮崎県=ださい」だとぉぉぉ??!!?!?!?!

取材を通じて「宮崎県=ださい」と思っている人が、結構多くいる事がわかりました。。 待ってください。 宮崎には、天孫降臨、神の住む街高千穂のボートでは6時間待ちする程人気ですし、AOSHIMA BEACH PARKはかっこ良すぎるし、サーフィンは世界トップクラス、宮崎牛は和牛オリンピック日本一なんですよ!! それに・・・そこに生きる人達、「働く人」達もカッコイイんです! 宮崎の為に、家族の為に、恋人の為に働く人達、すっごいカッコ良くないですか!?

伝わってない宮崎の魅力・・・・(涙)

な、なんてことだ、このままでは、地方創生の戦国時代。全国の自治体から遅れをとってしまう! いま立たないでいつ立ち上がるんです、だ!

「カッコイイ」宮崎を伝える映像を創ります。

テーマは、「働く」

いきいきとかっこ良く働く人、場所、文化にフォーカスをして、最高にカッコイイ映像にしあげ、全国の移住・UIJターンを検討中の方に届けます。 制作後は、Facebook広告やYouTube広告でターゲットを絞って配信します。 宮崎の文化を伝えます!

地域を愛して応援してくれる人!伝えます!

神話のふるさと宮崎!伝えます!

宮崎で仕事あります!伝えます!

画像:宮崎で地元の求人・転職を支援する|インタークロス 青島は世界トップクラスの観光地ということを伝えます

フードビジネス日本一を目指す!宮崎を伝えます

【実績】宮崎県庁の映像コンテストで河野知事から表彰を受けました

テゲツー!がプロデュースした観光映像です。 今回は、移住・定住促進用に制作しますので、採用イベントや、会社紹介など、様々な用途に使用していただけます。 PR動画を撮影するチャンスでもあります。宮崎県をPRする一員になってください!

お返しは、限定グッズと企業・団体のオリジナルロゴ映像DVD

「宮崎てげてげ移住計画の限定グッズ」は、Tシャツ、トートバッグ、ステッカーになります! 東京で大手広告代理店のデザイン等も手掛けるグラッフィックデザイナーの方にデザインしていただきました! イベントでも数量限定で配布しておりますが、いつも大人気のアイテムです!

【法人向け】制作した「宮崎・働く」映像を、人材採用や企業や団体のブランディングに活用

今回プロジェクトに協賛していただきました企業様には、できあがる映像のエンドロールに、会社・団体のロゴを掲載させていただきます。 また全国に広告配信する予定のYouTube上にも会社・団体名とリンクを掲載いたします。

宮崎の未来の為に、宮崎移住計画の仲間になってください。

一丸となって、カッコイイ宮崎県のイメージを作っていきたいです。

宮崎県は、本当に素晴らしいところです。 でもまだまだ、「素晴らしさを伝える」というのは苦手な部分だと思います。 でも少しずつ、光が見えてきていると思います。

自分の地域の魅力を再認識する人、地域の素晴らしさに気付いて入ってくる人が増えています。 そして実際に、経済も動き始めています。 今だからこそ、終わりの記録としてではなく、ここから宮崎県は始まったなといえるような、華々しいスタートを切れるような映像を作りたいと思っています。 出来上がった映像は、YoutubeやVimeoなどにも掲載する予定です。支援いただいた方みなさんに使っていただいて、色々なところで活用されるものになると良いなと考えています!

宮崎移住映像プロジェクトの実行委員の紹介

誰がやる? まず自分がやる! 結果を出す!

実行委員長/代表:佐藤翔平

実行委員:オカダタクヤ(左)実行委員長:佐藤翔平(右) なんで宮崎は面白くない、ダサいって呼ばれるのか。 そんな事無いのに、いつまでたってもそう思われている。 それはカッコいい宮崎を伝えていないから。誰かのせいにするでもなく、継続して伝えていくことそれが一番大事なんです。みんなやればいいのにと言っていることですよね。けど誰もやらない。 なら僕がやる。 やるなら今から。カッコいい宮崎を世界へ届けよう。 

東京の人に宮崎の魅力を伝えます!

実行委員/プロデューサー:オカダタクヤ

宮崎に行くこと数回。「宮崎スゴイな」という気持ちが毎回大きくなっています。 いつの間にか、宮崎の良さを人に伝えるようまでなっていました。 自分自身が第二の故郷と思っている高知と並ぶくらい好きな場所。 だけど、宮崎も高知も、なんだかイマイチぱっとしない。それは絶対、この良さが伝わっていないから。だったら伝えれば良いじゃん。全力で、ぶっちぎりでかっこ良く。 まずは宮崎からスタートです。

学生が一丸となって地域を盛り上げます!

実行委員/学生代表:杉本恭佑

宮崎には愛が溢れています。 その愛を少しでも伝えたいと日々想っています。 出身は宮崎ではありませんが、ここで暮らすことで自分の人生最高になるじゃん!って気づきました。ただ、それは僕が偶然宮崎に来ることになったから。 僕たちには知らない人達にはそれを伝える義務があります。てげてげなんですけど、めっちゃ熱いんです。宮崎。てげカッコいい宮崎を魅せたい!!! 皆様、どうかご支援宜しくお願い致します!!!!!!

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

宮崎てげてげ移住計画
 
「宮崎はカッコいい」、当たり前なんだけど当たり前になっていない・・・・それを伝えて行きたいです

支援コース

500円(税込)

  •  杉本恭佑がプロデュースするSUGI CAFE 無料参加券(通常500円)*カフェのコーヒー代は別途実費
  •  限定・宮崎てげてげ移住計画ステッカー(杉本恭佑から直接の受け取り)
  •  活動報告・支援者限定のレポート
  •  動画御礼メッセージ
  •  テゲツー!またはFAAVOを通じて、活動報告をメールを受け取る事ができます。
お返し品説明
【学生限定】宮崎県のために、シェアや拡散で応援するよ!プラン
SUGI CAFEは、宮崎市内で開催します。
日時は、別途レポートに報告します。
配送について
無料参加券の期日は、来年3月までを予定しております。
  •  12人が支援しているコースです
  •  2016年3月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

残り65 個(限定100個)

  •  宮崎てげてげ移住計画Tシャツ
  •  宮崎てげてげ移住計画ステッカー
お返し品説明
【みんなで宮崎を盛り上げるプラン】
宮崎てげてげ移住計画の限定オリジナルグッズを着て・持って・貼って応援してください!!!
  •  35人が支援しているコースです
  •  2016年2月中お届け予定
終了しました

50,000円(税込)

残り5 個(限定10個)

  •  貴社の協賛作品としてPRが可能です!
お返し品説明
【法人向け】10社限定
YouTube広告を活用して、全国の人にPR。
企業の採用活動やブランディングに活用できます!

移住促進の映像を、企業の営業・採用活動に活用できるように映像の最後に貴社のロゴをいれて掲載します。

配送について
*オリジナルデータは、ダウンロードリンクからダウンロードする事ができます。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2016年2月中お届け予定
終了しました

150,000円(税込)

残り0 個(限定1個)

  •  企業インタビューを撮影・編集し、本編の最後に追加します(3名まで各1分〜3分程度)
  •  採用・営業ツールとして活用できるように、DVD10枚をお送りします。
お返し品説明
【企業の採用・営業ツールを作りませんか?】
1社限定! 採用やブランディングに活用できる企業の映像を!

*映像の撮影は、11月11日〜13日宮崎市内、14日〜15日を高千穂町で予定しております。
*移住映像の本編の映像の編集内容については基本的に実行委員会の意向で決定し進行します。予めご了承くださいませ。
*映像の内容の詳細については、お問い合わせください。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年2月中お届け予定
終了しました