集まっている金額 426,000(目標 300,000円)
達成率 142
支援者数 48
残り 計算中

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

大淀の風景が人々の記憶から忘れ去られようとしています

 

 

かつては宮崎市誕生の礎となつて大いに繁栄していた宮崎市の大淀地区。近年その大淀地区の風景・祭り・遊び・生活の記録等々が次第に風化し、人々の記憶から忘れ去られようとしています。

 

そこで私たち「大淀マチオモイ帖製作委員会」は、2014年より大淀地域の有様、出来事、名物のお店など、忘れがたい想い出を綴って冊子に纏めた「大淀マチオモイ帖」の作成を始めました。

 

「大淀マチオモイ帖」を発行することは、家族や友人、地域との繋がり等、自分を育んできた大切なものを思い起こし、見つめ直すことだと思います。大淀、そして宮崎を愛する皆様の温かいご支援を心よりお願いいたします。

 

一人ひとりが育ったふるさと大淀の記憶を残したい

 

 

改めましてこんにちは。「大淀マチオモイ帖製作委員会」です。メンバーは全て大淀育ち。大半が団塊世代と呼ばれる世代で、本年より70代に突入します。

 

一人一人が自分の育ったふるさと大淀の記憶を思い起こすことのできる間に、それを後世に残そうと3年前から「大淀マチオモイ帖」を制作しています。

 

現在第4集まで発行しており、100名超の方々が新聞などでマチオモイ帖の存在を知って冊子を購入されています。これらの方々から寄せられる感想では、誰しもが「子ども時代の想い出が懐かしく甦ってくる」と述べられています。

 

そして、それらの記事や写真に触発されて「自分にはこんな想い出がある」「こんな遊びもあった」「忘れられない味があつた」等々購入者から投稿者へと“転身”される方も出ています。

 

大淀地区の高齢者は「歩く地域図書館」

 

 

大淀地区の高齢者が1人なくなることは、「大淀地域の古い図書館」がひとつなくなること。今日もどこかで大淀地域の歴史や伝統行事、祭り、しきたり等についての「知識」がひとつづつ消えています。

 

ですからマチオモイ帖は、傍観しているだけでは失われていく大淀の記憶を掘り起し、まとめ、冊子として後世に残していこうとするものです。

 

これらの「地域図書館」に記述された大淀の街並みや暮らしの在り方の変貌は、必ずや50年後、100年後に宮崎で生活している方々にとって貴重な資料となるだろうと確信しています。

  

宮崎の繁栄を支えた「大淀村」

 

 

かつて日豊本線が開通するまでの宮崎は海運による通商がほとんどでした。上方からの物資は千石船で赤江港に入り、早瀬船などに積み替えられて「大淀村」を経由して各地へ運ばれたのです。

 

大淀の中村町には商店商社や飲食店・料亭・遊郭などが立ち並んでいました。明治13年大淀川に初めて橘橋をかけた福島邦成、宮崎交通を設立した岩切章太郎など宮崎市の発展に大きく寄与した先人たちのほとんどが、大淀の中村町に住んでいました。

 

 

県内初のショッピングセンターができたのも大淀。ボーリング場、スケートリンクなどのレジャー施設もあり、多くの市民が押し寄せていました。

  

このような繁栄期に大淀で生まれ育った方は何十万人もいるはずです。そして、その方々の想い出は何十万通りあるはずです。それらひとつひとつを地道にまとめ上げて行けば、第5集以降、第10集までの発行が可能であると考えています。

 

50年後、100年後につなげる貴重な資料にしたい

 

 

私たちは、マチオモイ帖を通じて、大淀地区が宮崎市誕生の礎として大きな役割を果たしていたことを改めて再認識し、先人たちの功績を誇りを持って伝えたいと考えています。

 

今後の大淀地区の活性化については、行政や商工会などと連携して50年後、100年後を見据えたまちづくりを模索して行きたいと思います。

  

「大淀マチオモイ帖」は、その役割を過去を懐かしみ振り返るだけの冊子とはせずに、新たなまちづくりに向けた提言を含む冊子として発行を続けて行きたいと考えています。

 

大淀で育った皆様、大淀にご縁のある皆様、夏はダイエーのプール、冬はスケートリンクで遊んだ思い出のある方、宮崎を愛する皆様、どうぞ温かいご支援ご協力をお願いいたします。

 

 【頂いた支援金の使い道・内訳】

 

60% マチオモイ帖第五集制作費/印刷費

20% リターン品、送料等

20% FAAVO手数料  

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

大淀マチオモイ帖製作委員会
今年古稀を迎える70歳前後の大淀中出身者10名で、大淀マチオモイ帖製作委員会を結成し、薄れゆく昭和の大淀の思い出を記録に残そうと、冊子を発行することにしました。今まで4集を発行し、宮日新聞にも掲載され、反響を得ました。第5集発行に向けて、より多くの御支援をお願いすべく、プロジェクトを立ち上げました。御支援御協力をお願いいたします。

支援コース

3,000円(税込)

  •  「大淀マチオモイ帖第5集」1冊贈呈
  •  「大淀マチオモイ帖第5集」冊子の奥付にお名前を掲載
  •  幸せを呼ぶ「大淀七福神」特製シールを贈呈
お返し品説明
大淀のシンボルである乗合バスに乗車している七福神は南宮崎商店街が地域の方々に「幸せ」をお届けしようと展開している「大淀七福神祭り」のオリジナルキャラクターです。このイラストは大淀マチオモイ帖製作委員会の中川雄一会長(元宮崎南高校美術教師)が製作した図案です。この大淀七福神の図案をベースにして特製シールを作製しご支援頂いた方々にリターン品としてお送りします。
  •  22人が支援しているコースです
  •  2017年9月中配送予定

10,000円(税込)

  •  「大淀マチオモイ帖」バックナンバー全集(第1集〜第5集)を贈呈
  •  「大淀マチオモイ帖第5集」冊子の奥付にお名前を掲載
  •  幸せを呼ぶ「大淀七福神」特製シールを贈呈
  •  地元大淀、古城町の新鮮野菜と手づくり「あく巻」の詰め合わせセットを贈呈
お返し品説明
第1集:天神町界隈、宮崎交通の思い出。三角茶屋、大淀日劇の写真など。
第2集:天神様夏祭り、水かけ地蔵祭り、南宮崎駅前の写真と思い出。
第3集:子供のころの遊び、巨人江南荘キャンプ、川端康成と三角茶屋。
第4集:鐘紡の写真、大淀高校甲子園出場。古城の外所地震石碑。
第5集:大淀川名称の由来、宮交トレーラーバスの話など。
新鮮野菜と手づくり「あく巻」の詰め合わせセットは第4集に原稿を掲載して頂いた地元大淀古城町の中野国男さん夫婦が古城町時雨(しぐれ)地区にある自宅の裏山で24時間水に浸した県内新富町産のモチ米を竹の皮で包み、樫の木を薪にして釜で2時間半以上かけて炊き上げて作る貴重な自然食品で,正に「逸品」と呼ぶにふさわしいものです。月に一度の南宮崎駅前のふれあいサロン朝市(通称「南でもん市」)で販売されていますが、短時間で完売してしまう人気商品となっています。新鮮野菜と詰合せるあく巻の本数は、野菜の量にもよりますが、2~3本になる予定です。
配送について
宅配便(チルド)にてお送りします。
  •  21人が支援しているコースです
  •  2017年9月中配送予定

30,000円(税込)

  •  「大淀マチオモイ帖」バックナンバー全集(第1集〜第5集)を贈呈
  •  「大淀マチオモイ帖第5集」冊子の奥付にお名前を掲載
  •  幸せを呼ぶ「大淀七福神」特製シールを贈呈
  •  地元大淀、古城町の新鮮野菜と手づくり「あく巻」の詰め合わせセットを贈呈
  •  美術教師中川雄一があなたのために水彩画を書きます
お返し品説明
天神町界隈、宮崎交通の思い出。三角茶屋、大淀日劇の写真など。
第2集:天神様夏祭り、水かけ地蔵祭り、南宮崎駅前の写真と思い出。
第3集:子供のころの遊び、巨人江南荘キャンプ、川端康成と三角茶屋。
第4集:鐘紡の写真、大淀高校甲子園出場。古城の外所地震石碑。
第5集:大淀川名称の由来、宮交トレーラーバスの話など。
新鮮野菜と手づくり「あく巻」の詰め合わせセットは第4集に原稿を掲載して頂いた地元大淀古城町の中野国男さん夫婦が古城町時雨(しぐれ)地区にある自宅の裏山で24時間水に浸した県内新富町産のモチ米を竹の皮で包み、樫の木を薪にして釜で2時間半以上かけて炊き上げて作る貴重な自然食品で,正に「逸品」と呼ぶにふさわしいものです。月に一度の南宮崎駅前のふれあいサロン朝市(通称「南でもん市」)で販売されていますが、短時間で完売してしまう人気商品となっています。新鮮野菜と詰合せるあく巻の本数は、野菜の量にもよりますが、2~3本になる予定です。
配送について
配送について 宅配便(チルド)にてお送りします。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2017年9月中配送予定