集まっている金額 1,147,500(目標 1,000,000円)
114%
達成率 114
支援者数 174
残り 終了しました
注目のプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2016年09月15日、合計1,147,500円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

「こんな山しかない所によく来たね。」高千穂の人は僕にそう言ったけど・・・

2016.08.19

みなさんこんにちは。
高千穂アカデミーの理事で、高千穂郷食べる通信では編集長を務めさせていただいております板倉哲男と申します。
高千穂郷椎葉山地域を盛り上げるぞといって結成された高千穂アカデミーですが、実は私はこの地域で生まれたわけでも、育ったわけでも、親戚がいるわけでもありません。
私自身は大阪で生まれ育った完全なよそもの、です。
そんな私が高千穂町に来たのは昨年のこと。
高千穂町が募集していた地域おこし協力隊に応募したのがきっかけです・・・

もっと読む 

出来る事をやろう!止めないで続ける事が大事。

2016.08.17

 
出来る事をやろうと思ったのがスタートです。
 いろいろ高千穂の事を考えて、イベントとか開催したり参加したり、いろんな場所に行ってIT系の人、銀行の人、政治家の人、性根が曲がってる人、色んな人と会ってきた。
 その中で一番熱量が上がってたのは第1次産業、農林水産業の人と話をしているときです。

 特に農業。
でも、農地法、農振法、外壁をいろんな法律や国の手で守られている日・・・

もっと読む 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

NPO法人 高千穂アカデミー
 
過疎地を盛り上げ、地域課題を解決するために集まった、民間、行政職員、地元出身者から移住者のNPO法人です。

支援コース

1,000円(税込)

  •  お礼のメッセージ FOR 投げ銭
お返し品説明
暑苦しいくらいのお礼のメッセージ(お手紙)をお送り致します。
  •  11人が支援しているコースです
  •  2016年8月中お届け予定
終了しました
おすすめのコース!!

3,500円(税込)

  •  【定期購読スタート!!】高千穂郷食べる通信創刊号(2016秋号)送付
お返し品説明
【高千穂牛生産者田邉さん特集号】
高千穂郷食べる通信は年4回、春(3月)・夏(6月)・秋(9月)・冬(12月)に発刊します。
このお返しでは、創刊号である高千穂郷食べる通信(2016秋号)を送付します。同梱の食材は、日本一の和牛「高千穂牛」です。
配送について
こちらは定期購読スタートセットです。クラウドファンディング終了後に、正式申込書をお送り致します。
配送にあたりご登録メールアドレスに、配達希望日についてご連絡致します。
  •  79人が支援しているコースです
  •  2016年9月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  既に高千穂郷食べる通信を申し込んでいる人はコチラ!
  •  【パワースポット、縁結び、地元の美味い店】編集部と行く高千穂郷の1日観光ツアーガイド券
  •  【高千穂郷に泊まる!】農家民泊チケット
  •  高千穂町の贈答用のお米のギフト『神米』(300g)
お返し品説明
・高千穂を訪れた際に、編集部メンバーが旅程をアレンジして一日観光ガイド致します。
・贈答用に選ばれる高千穂町のお米のギフト「神米」(300g)を上記二つセットでお送りします。
神米について(http://giftstotheearth.com/corp/?page_id=367)
・高千穂郷で農家民泊が出来るチケットをおつけします
  •  12人が支援しているコースです
  •  2016年9月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  【定期購読スタート!】高千穂郷食べる通信創刊号(2016秋号)
  •  【パワースポット、縁結び、地元の美味い店】編集部と行く高千穂郷の1日観光ツアーガイド券
  •  【高千穂郷に泊まる!】農家民泊チケット
  •  高千穂町の贈答用のお米のギフト『神米』(300g)
お返し品説明
・高千穂郷食べる通信は年4回、春(3月)・夏(6月)・秋(9月)・冬(12月)に発刊します。
このお返しでは、創刊号である高千穂郷食べる通信−2016秋号(同梱の食材は、日本一の和牛「高千穂牛」です。)+ 贈答用に選ばれる高千穂町のお米のギフト「神米」(300g)のセットです。
神米について(http://giftstotheearth.com/corp/?page_id=367)

・高千穂を訪れた際に、編集部メンバーが旅程をアレンジして一日観光ガイド致します。
・農家民泊チケットをおつけします。
配送について
こちらは定期購読スタートセットです。クラウドファンディング終了後に、正式申込書をお送り致します。
配送にあたりご登録メールアドレスに、配達希望日についてご連絡致します。
  •  13人が支援しているコースです
  •  2016年9月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  【高千穂郷に行けなくても大丈夫セット!!】
  •  【定期購読スタート!!】高千穂郷食べる通信創刊号(2016秋号)
  •  高千穂町の贈答用のお米のギフト『神米』(300g)
  •  高千穂郷の特産品セット(7000円相当)
お返し品説明
・高千穂郷食べる通信は年4回、春(3月)・夏(6月)・秋(9月)・冬(12月)に発刊します。
このお返しでは、創刊号である高千穂郷食べる通信−2016秋号(同梱の食材は、日本一の和牛「高千穂牛」です。)+ 贈答用に選ばれる高千穂町のお米のギフト「神米」(300g)のセットです。
神米について(http://giftstotheearth.com/corp/?page_id=367)

・高千穂郷の特産品を詰め合わせにして食べる通信とは別にお送りします!(7000円相当)
配送について
こちらは定期購読スタートセットです。クラウドファンディング終了後に、正式申込書をお送り致します。
配送にあたりご登録メールアドレスに、配達希望日についてご連絡致します。
  •  55人が支援しているコースです
  •  2016年9月中お届け予定
終了しました
おすすめのコース!!

30,000円(税込)

残り16 個(限定20個)

  •  【定期購読スタート!!】高千穂郷食べる通信創刊号(2016秋号)
  •  高千穂町の贈答用のお米のギフト『神米』(300g)
  •  高千穂郷の特産品セット(7000円相当)
  •  【20名限定】2016年11月開催 秋の高千穂夜神楽1泊2日の食べる通信ツアーの参加権
お返し品説明
11月に高千穂の農家さんを回って、食べる通信の世界を満喫します!
高千穂郷食べる通信編集部がアテンドする食べる通信ツアーについて
〜概要〜
日程:2016年11月12日、13日
場所:高千穂町
内容:高千穂の農家と農業体験、高千穂観光ツアー、高千穂夜神楽の夜通し拝観マラソン等
※現地までの旅費、交通費はご負担ください。
※現地での移動、食事、宿泊施設はご用意致します。(宿泊は夜神楽会場周辺のゲストハウスを予定しております)
配送について
こちらは定期購読スタートセットです。クラウドファンディング終了後に、正式申込書をお送り致します。
配送にあたりご登録メールアドレスに、配達希望日についてご連絡致します。
  •  4人が支援しているコースです
  •  2016年9月中お届け予定
終了しました

300,000円(税込)

残り2 個(限定2個)

  •  【企業向け15名様まで参加可能!!】天孫降臨の地で自分と向き合いチーム力を上げる企業合宿にご招待!
  •  国連が認めた農村風景とシステム、神々の里のスピリチュアルスポット、美味しいご飯でチーム力を磨く合宿プランです!
お返し品説明
【企業向け15名様まで参加可能】
天孫降臨の地で自分と向き合い、チーム力を上げる社員研修プランにご招待!

【1日目】
▼午前
高千穂町バスセンターに到着 
→ コワーキングスペース452でアイスブレイク
→ 高千穂峡でボート体験
→ 高千穂神社に参拝
→ 昼食 

▼午後:
→ 高千穂の棚田風景、農家の話を聞く
→ 農業体験など

▼夜
夜神楽も行わるお宿「神楽の館」で、郷土料理と「高千穂の夜神楽」を楽しみます。

【2日目】
▼午前
朝食
→天照大御神がお隠れになった神話の残る天岩戸神社を参拝後、貸し切りでワークショップを行います。

昼食
→日本一の和牛、高千穂牛を食す!

▼午後 
高千穂町の観光スポットを観光
→ 高千穂バスセンターへ移動
配送について
研修費・宿泊費のみで、高千穂までの交通費は、別途必要となります。
大まかなイメージです。プログラムは、ご要望を伺い、一部変更をする可能性もあります。
最大15名までの参加が可能です。15名を超える場合は、別途差額の料金がプラスされますので、事前にご相談ください。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年4月中お届け予定
終了しました