集まっている金額 1,148,000(目標 1,110,000円)
達成率 103
支援者数 140
残り 終了しました
終了しました

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

第3回「福島の子どもたち宮崎に来んねキャンプ!」

 こんにちは!NPO法人アースウォーカーズの時枝です。

わたしたちは東日本大震災の支援活動の一環として、「福島の子どもたち宮崎に来んねキャンプ!」という活動を震災後毎年実施しています。このキャンプは、福島の子どもたちを宮崎に招待し、自然の中でおもいっきり遊び、宮崎を満喫してもらう保養キャンプです!

 この保養キャンプは、宮崎ならではのイベントとして、野菜収穫体験、郷土料理のチキン南蛮作り、青島海岸・日南海岸沿いの観光、観光船マリンビューワーなんごうに乗っての遊覧など、宮崎の豊かな自然や多くの人たちと触れ合えるプログラムを予定しています。その他にも、宮崎市観光協会の協力を得て、プロ野球や J リーグの選手や監督との交流をさせてもらいます。

▲畑で大根収穫を楽しむ子ども達♩

▲福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長と子どもたちが交流している様子

福島の子供たちに、思いっきり自然と触れ合う機会を!

 福島県は、2011年3月11日の東日本大震災によって引き起こされた福島第一原発事故の影響により、多くの放射能が降り注いでしまいました。

 福島の子どもたちは、外遊びの時間が制限され、屋内施設での遊びに限られている地域も残されている中、運動不足が懸念されています。そんな中、花や落ち葉、虫などといった自然と触れあえることができず、飲み水さえも気をつけなければいけません。そのような生活は、想像できないほどのストレスだと思います。

 そんな福島の子どもたちに、自然の中で、安心しておもいっきり遊んでもらい、心身共にリフレッシュしてもらいたいという思いから、宮崎での保養キャンプを企画しています。

 また、宮崎の方々が被災地の子どもたちとふれあう事によって、東日本大震災が風化される事を防ぎ、日本全体の絆にも繋がるのではないかと思っています。

▲2年ぶりの泥遊びに夢中です♩

▲久しぶりに落ち葉と戯れたあと、ソフトクリームを食べてみんな笑顔♩

▲取れ立てのイチゴを美味しそうに食べている子どもたち♩

 また、チェルノブイリでは、原発事故から四半世紀経った今でも、ドイツやイタリアなどで保養キャンプが開催されています。参加した子どもたちは、ストレスが軽減されたり、 放射能の影響のない地域に行くことによって、病気になるリスクが下がっている例もある そうです。そんな保養キャンプが、日本でも継続されていくことの意義は大きいと考えています。

 キャンプでは同時に、参加者の中の希望者には、内部被ばくの状況を調べる尿検査も、研究機関の協力を得て行っています。前年度の参加者の状況などを、翌年度に報告してもらい、放射能の与える健康への影響など科学的な話も企画されています。そのようなことを学ぶことによって、福島で子どもたちをどうやって放射能から守るのか、避難や移住などの選択肢も与えながら、参加者の要望に応えることも目的の一つとしています。

宮崎を第二のふるさとに!宮崎の魅力をたくさん伝えたい!

宮崎の各地を訪れることにより、県外の人に宮崎の魅力を感じてもらいます。

 昨年実施したキャンプでは、豊かな自然、人のあたたかさ、食べ物のおいしさ等へのたくさんの感動の声をいただきました。

たとえば、宮崎のあたたかい人たちと触れ合い、「宮崎に親戚ができたようです。また、 里帰りしに帰って来ます。」というような声や、フェニックスが立ち並ぶ宮崎ならではの道並みに、「いろんなことを忘れられて、癒されます。」という声もありました。

このキャンプを通じて、短期のキャンプだけでなく、再び宮崎に旅行に訪れたり、進学先や就職先として宮崎を選択したり、南国宮崎への移住のステップに繋がれば、将来宮崎 の経済にも寄与すると考えています

より充実したキャンプを作り上げたい!第3回目の試み

「福島の子どもたち宮崎に来んねキャンプ!」は今回で、第3回目の開催となります。第2回にあたる前回の開催もFAAVO宮崎での皆様からのご支援により、第1回では実現できなかった多くのことが実現されました。

◆前回のFAAVO宮崎でのプロジェクトは以下を御覧ください。

https://faavo.jp/miyazaki/project/26

◆第2回実施時の動画はコチラ。子ども達がイキイキと楽しんでいます♩(約11分)

◆「第3回 福島の子どもたち宮崎に来んねキャンプ!」概要

期日:2014年2月16日~23日 7泊8日

参加者:10組20名(大人1名、子ども1名)+福島大生2名(引率ボランティア)を想定

参加費:大人:20,000円 子ども:5,000円(※今回のファンディングが目標以上に集まった場合は、より多くの参加者様を招待する予定です! )

【日程(見込み含む)】

1日目:福島⇒成田⇒鹿児島⇒小林 小林泊

2日目:小林 (自然遊び等)小林泊

3日目~4日目:宮崎市近郊 (自然遊び等)宮崎泊

5日目:宮崎⇒日南 (自然遊び、プロスポーツ選手との交流等) 日南泊

6日目~7日目:日南、串間 (自然遊び、農業体験等)日南泊

8日目:日南⇒宮崎⇒羽田⇒福島

支援金用途

◆福島⇔宮崎間の交通費

◆現地宿泊費

◆事務経費

◆飲食代

最後に

本プロジェクトは今回で3回目の開催になります。

震災から3年が経とうとしていますが、福島の環境は決して子どもたちを安心して遊ばせることができる状況にはなっていません。そして、今後もそうした状況はなかなか変えることは難しいでしょう。

そこで、今後もこのプロジェクトを継続していくためにも、今回のプロジェクトは絶対に成功させたいと考えています。

みなさまのご支援よろしくお願いします。

起案者情報

【団体名】NPO法人 アースウォーカーズ

【担当名】時枝 明日香

【Facebook】https://www.facebook.com/EarthWalkers.jp?fref=ts

【HP】http://earthwalkers.jp/index.html

【Mail】info@earthwalkers.jp

【住所】〒889-1602 宮崎市清武町今泉丙2178

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

asuka999
こんにちは♪
NPO法人アースウォーカーズです。

アースウォーカーズは、世界中を見て周り旅しながら、環境問題や戦争と平和について、また文化やスポーツにも触れながら、多くの先進的なところを学び広げて行こうという仲間が集う団体で、2008年から活動してきました。

2011年の東日本大震災の、被災地支援をして行きたいという学生や市民のエネルギーを、現地へ結びつけて行きたいと思い、2012年4月に特定非営利活動法人になりました。

現在は、特に福島の支援を行っています。
被災地の中でも放射能の影響で復興が遅れているという現状もありますが、特に子どもや女性への影響は深刻です。

宮崎からできる支援を末永く続けて行く為にも、多くの仲間や支援が必要です。
よろしくお願いしますm(_ _)m

宮崎事務所
〒889-1602 宮崎市清武町今泉丙2178

e-Mail : info@earthwalkers.jp
Tel : 090-8301-1123(小玉) 070-5812-4297(小林)

支援コース

3,000円(税込)

お返し品説明
・お礼のメール
・報告集
・報告集にお名前掲載
  •  56人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
・お礼のメール
・報告集
・キャンプダイジェストDVD
・報告集にお名前掲載
  •  42人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
・お礼のメール
・報告集
・キャンプダイジェストDVD
・報告集にお名前掲載
・ポストカード
  •  36人が支援しているコースです
終了しました

30,000円(税込)

お返し品説明
・お礼のメール
・報告集
・キャンプダイジェスト DVD
・報告書にお名前掲載
・キャンプ参加者からの寄せ書き色紙
  •  2人が支援しているコースです
終了しました

50,000円(税込)

お返し品説明
・お礼のメール
・報告集
・キャンプダイジェスト DVD
・報告書にお名前掲載
・キャンプ参加者からの寄せ書き色紙
・宮崎銘菓 チーズ饅頭
  •  1人が支援しているコースです
終了しました

100,000円(税込)

お返し品説明
・お礼のメール
・報告集
・キャンプダイジェスト DVD
・報告書にお名前掲載
・キャンプ参加者からの寄せ書き色紙
・宮崎銘菓 チーズ饅頭 ・ソフトバンクホークスグッズ
・日向夏みかん詰め合わせ
  •  3人が支援しているコースです
終了しました