MUKASA-HUB

MUKASA-HUB

MUKASA-HUBは、宮崎市郊外の高岡町穆佐(むかさ)地区で移転廃校となった小学校をリノベーションした新しいコンセプトの未来創造空間です。ベンチャー企業向けのオフィス、最大100名が収容可能なコワーキングラウンジ、レンタル会議室、スカイプルーム、ネットワーキングラウンジ等、スモールビジネスを支援する様々な設備を備えた宮崎県最大規模のビジネス支援施設です。 定期的に開催するセミナー・商談会・プレゼンテーション・ピッチ等のイベントを通じて、また、金融機関やベンチャーキャピタルをはじめとしたサポート企業や経験の豊富なメンター陣が地域のスタートアップやベンチャー起業家を支える仕組みを創造し、MUKASA-HUBのビジネスコミュニティー(ネットワーク)を通じて、九州(宮崎)の地域創生に貢献します。 主役はリノベーションして生まれ変わった建物ではなく、この場所に集う人々。 小学生の頃は毎日が新しい発見に溢れ、夢と希望と、そして未来へのワクワク感で満たされていました。 MUKASA-HUBでは、今は無機質な“がらんどう”である学舎に再び人が集まり、どんどん色が塗られ、情熱の溢れる、地域を想う起業家が育ち、学びの感動体験がうまれる場所を目指します。何かが生まれる瞬間の期待感を大切に、たくさんの知恵が集結することで、次世代のアイデアが生み出されていく。 MUKASA-HUBが育む人の輪、そして事業発展が、宮崎・九州の未来に新しい光をもたらして参ります