集まっている金額 202,000(目標 300,000円)
達成率 67
支援者数 35
残り 計算中

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

「こよみのよぶね」ってご存知ですか?

 

 

一年でいちばん夜が長い、冬至の日。

鵜飼で有名な岐阜・長良川に、1から12の数字とその年の干支をかたどった巨大な行灯が浮かびます。

 

「清流の国」とも呼ばれる岐阜では、古くから川文化に育まれた工芸・産業が栄えてきました。千年以上の歴史を誇る美濃和紙や、提灯、和傘づくりなどがそうです。

長良川鵜飼も、8世紀はじめの文献に記述が残されているそうですから、もう1300年以上も続いているんですよね。

 

そんな岐阜の伝統文化を背景に、和紙と竹でつくった巨大なあかりを鵜飼船に載せて、冬至の夜の長良川に流し、過ぎゆく1年に思いをはせる――それが「こよみのよぶね」です。

 

 

そんな「こよみのよぶね」は、2006年、岐阜市出身のアーティスト日比野克彦さんの発案・呼びかけではじまりました。

 

 

「長良川って、僕ら岐阜で育った人間にとってはアイデンティティの一部というか、心の拠りどころになってる気がする。夏の長良川には全国的にも有名な鵜飼がある。でも冬って何もなかったんだよね。だったら冬の長良川にみんなが集まる何かをみんなでつくろうと」(日比野さん)

 

80年代、ダンボールを使ったアート作品でデビューし一躍時代の顔となった日比野さん。80年代後半からは、国際的な舞台で活躍するかたわら、いろんな地域で地元の人たちとワークショップを展開するように。

 

そうして2006年、日比野さんの“ふるさと”岐阜でスタートしたのが「こよみのよぶね」。

 

時をあらわす1~12の数字と干支の行灯は、毎年、さまざまな地域から名乗りを上げた市民グループがそれぞれ担当、思い思いのデザインを描くところからはじまり、数か月をかけて制作しています。

 

 

来場者もいっしょにつくる、12年目の特別な風景

 

そして今年も、来たる12月22日(金)冬至の夜に、「こよみのよぶね」を開催します!

 

【点灯時間】16時から20時頃

【会場】岐阜県岐阜市 長良橋を中心とした一帯(鵜飼観覧船のりば付近~長良川右岸プロムナード、長良川うかいミュージアム)

【詳細はこちら】公式ホームページFacebookページ

 

さらに今年2017年は、「こよみのよぶね」がスタートして12周年! そうです、はじめて干支がぐるっとひと巡りする記念の年なのです!

 

そもそも「長良川鵜飼のように、地元にも全国にも世界にも愛され、千年後も受け継がれているような行事にしたい!」という思いから始めた「こよみのよぶね」。その最初の12年を、メモリアルな企画で飾りたい!

 

「冬至の夜の長良川」、その日その場所にしかないあの風景を、行灯の制作にたずさわったチームの人たちだけでなく、当日来場してくれた人もいっしょになってつくりあげたい。

 

ひとりひとりが灯りになる。みんなで風景をつくる。風景になる。

 

「誰もが身に付けられる『ミニあかり』をつくって、こよみのよぶねの夜に長良川河畔を歩いてもらおう!」

それが今回支援をお願いするプロジェクト「こよみのえぼし」です。

 

 

……さて、申し遅れました。

わたくし、今回のプロジェクトの起案者、吉川章と申します。

 

「こよみのよぶね」には2006年の立ち上げ時より関わり、とりわけ昨年と今年は「こよみのよぶね」制作の総合リーダーを、住公輔くんとふたりでつとめております。

 

実は「こよみのよぶね」より先んじて2002年より、和紙提灯を手にして長良川河畔をそぞろ歩く「あかり灯(び)ウォーク」というイベントが開催されていました。

ぎふ・あかり灯ウォーク

「こよみのよぶね」スタート当初は、「あかり灯ウォーク」とのコラボレーションで同時開催していたことも。

 

「ひとりひとりが灯りになる」というコンセプト、そしてこの「あかり灯ウォーク」の生みの親は古田菜穂子さん。

古田さんは、今のように「地方創生」が声高に言われるずっとずっと前から、地元・岐阜の魅力に光を当て直し、発信し続けてきた人。実は「こよみのよぶね」を軌道にのせるため、人知れずものすごい尽力をしてこられた方でもあるのです。 

そんなわけで今回の企画には、12周年を迎えるにあたって初心にかえる…みたいな、古田さんの「あかり灯ウォーク」に敬意を表する意味あいも込めているのです。

 

ひとりひとりが灯りになる「こよみのえぼし」にご支援を!

 

ひとりひとりが灯りになる。そのために、ひとりひとりが「身に付けて歩ける灯り」をつくろう。

 

最初は「行灯制作であまった和紙の端切れを有効活用したい」という思いもあり、

 

コレを試作したのですが、

 

 

……周囲からは苦笑まじりの視線が……

 

それでもしつこくかぶり続けるうちに、崩壊を始める灯りの帽子。

 

それを見かねたプロジェクトチームは 

 

ついに!

 

 

 

 

どうですか! 鵜匠さんが頭にかぶる風折烏帽子(かざおれえぼし)のようであり、または舟のようでもあり!

 

 

手持ちもどこかしらオシャレに見えます。

 

これを「12ヶ月×12年」分にあたる144個つくります!

それで冬至の夜、会場に来られた人に身につけて歩いてもらう!

 

名付けて

 

「こよみのえぼし」!

 

そしてさらに、この12周年を機に「こよみのよぶね」をもっと身近なものに思っていただけるよう、グッズ類を制作・販売したいと思います。

 

そこで今回、みなさまに「こよみのえぼし」実施のための資金、ならびに「缶バッジ、ポストカード、フォトブック、カレンダー、手ぬぐい」など、12周年を記念したグッズを制作するための資金をご支援をいただきたく、クラウドファンディングにチャレンジすることといたしました!

 

ご支援いただいた資金の使いみち

 

「こよみのえぼし」

 材料費 56,000

 備品費 70,000

 当日運営費 48,000

「12周年グッズ」

 制作費(缶バッジ) 40,000

 同(ポストカード) 15,000 

 同(フォトブック) 50,000

 同(カレンダー) 50,000

 同(手ぬぐい) 50,000

諸経費(配送料、手数料等) 90,000

----------------------------------------------

計)469,000

 

この費用の一部、30万円のご支援をクラウドファンディングにて募りたいと思います。

 

クレジットカード決済以外でのご支援をご希望の方

 

指定の銀行口座にお振込みいただき、その確認ができましたら、当方のクレジットカードにて代理で決済をさせていただきます。

まずはメールにて、下記メールアドレスに、①支援金額 ②お返し品の送付先(住所、氏名、電話番号)をお知らせください。

返信にて、お振込み先の銀行口座をお伝えいたします。

【お問い合わせメールアドレス】 mail@akira-yoshikawa.com

 

※万がいち、目標金額を達成できず不成立となった場合には、お振込みいただいだ支援金は、責任をもってお返しいたします。

 

 

さいごに

 

いまの世の中、特にビジネス社会では「勝ち組・負け組」だとか「ムダをなくして効率化」とか「時間短縮」とか、そんなことばかりが声高に言われています。

もちろん、それらを否定するつもりはありません。ただ、それだけでは量れないこころの置きどころ、時間のあり方を必要としてる人だっているんじゃないかなぁと。

どっちが良くてどっちが良くないとか、そんな話でもないんです。ただ、そんないろんな価値観、それぞれの人がそれぞれに大切に思うことに対して、それぞれがもっと寛容になれればいいなと。

人と人が「つながる」ってのは、本当はそういうことのような気がして。べつに仲よしこよしすることじゃなくてね。

で、もしかしたら「アート」ってのは、何かそんなところにはたらく力を持っているのかもなぁと。うまく言えないけど。

「こよみのよぶね」も、そういう意味で人がつながる装置であればいいなと、こののち千年つづく行事のさいしょの12年に関わることのできた者として、あらためて思うのでした。

そんな思いへのご支援、みなさまどうぞよろしくお願いします。

 

(吉川 章)

 

【こよみのえぼし 制作実行委員会】

高木真紀子/日比野光希子

所純子/中野弘子/森伸子/蒲由佳/丸山亮

門脇和正/古川乾提

 

Special Thanks:

日比野克彦

掛山佳子/佐部利典彦/奥村晃史/横堀寛人/上田哲司/山本慎一郎

加納一郎/山岡利安/小島紀夫/豊田純/わたなべゆか

住公輔

古田菜穂子

(敬称略)

 

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

吉川章
 
岐阜市長良在住。「こよみのよぶね」2016-17総合リーダー。

地域が本来持ってる機能が失われないために、地域の暮らしが持続していく仕組みを、地元の人たちが主体となってつくる、自分の仕事がそんなことの役に立てたらいいと思っています。

支援コース

1,000円(税込)

  •  「こよみのよぶね」ホームページにお名前を掲載
  •  お礼のお手紙
お返し品説明

ホームページに掲載するお名前は、ご希望によってはイニシャル、ニックネームでもうけたまわります。

  •  2人が支援しているコースです
  •  2018年1月中配送予定

2,000円(税込)

  •  オリジナルポストカードセット(5枚組)
  •  「こよみのよぶね」ホームページにお名前を掲載
  •  お礼のお手紙
お返し品説明

オリジナルポストカードは、2017年12月22日「こよみのよぶね」開催時に撮影した写真を使用する予定です。
※掲載した写真はサンプルです。お送りする現物とは異なります。

ホームページに掲載するお名前は、ご希望によってはイニシャル、ニックネームでもうけたまわります。

  •  4人が支援しているコースです
  •  2018年2月中配送予定

3,000円(税込)

  •  オリジナル缶バッジセット
  •  「こよみのよぶね」ホームページにお名前を掲載
  •  お礼のお手紙
お返し品説明

オリジナル缶バッジは、1から12と0(ゼロ)の13個のミニバッジのセットです。
※写真はサンプルです。お送りする現物とはデザイン・仕様が異なる場合があります。

ホームページに掲載するお名前は、ご希望によってはイニシャル、ニックネームでもうけたまわります。

  •  8人が支援しているコースです
  •  2018年2月中配送予定

5,000円(税込)

  •  オリジナルフォトブック(ミニ写真集)
  •  「こよみのよぶね」ホームページにお名前を掲載
  •  お礼のお手紙
お返し品説明

フォトブックはA6(文庫本)サイズ、64ページの予定です。
※写真はサンプルです。お送りする現物とはデザイン・仕様が異なる場合があります。

ホームページに掲載するお名前は、ご希望によってはイニシャル、ニックネームでもうけたまわります。

  •  2人が支援しているコースです
  •  2018年2月中配送予定

5,000円(税込)

  •  オリジナル卓上カレンダー
  •  「こよみのよぶね」ホームページにお名前を掲載
  •  お礼のお手紙
お返し品説明

2018年4月からのカレンダーです。
ハガキサイズ、15枚組(各月1枚+年間カレンダー1枚+表紙・裏表紙各1枚)、木製スタンド付きの予定です。
※写真はサンプルです。お送りする現物とはデザイン・仕様が異なる場合があります。

ホームページに掲載するお名前は、ご希望によってはイニシャル、ニックネームでもうけたまわります。

  •  2人が支援しているコースです
  •  2018年2月中配送予定

5,000円(税込)

  •  オリジナル手ぬぐい
  •  「こよみのよぶね」ホームページにお名前を掲載
  •  お礼のお手紙
お返し品説明

※写真はサンプルです。お送りする現物とはデザインが異なる場合があります。

ホームページに掲載するお名前は、ご希望によってはイニシャル、ニックネームでもうけたまわります。

  •  4人が支援しているコースです
  •  2018年2月中配送予定

8,000円(税込)

  •  「フォトブック」「卓上カレンダー」「オリジナル手ぬぐい 」から2つ選択
  •  「こよみのよぶね」ホームページにお名前を掲載
  •  お礼のお手紙
お返し品説明

「フォトブック」「卓上カレンダー」「オリジナル手ぬぐい 」の中から2つ、お好きなものをお選びください。
※写真はいずれもサンプルです。お送りする現物とはデザインが異なる場合があります。

ホームページに掲載するお名前は、ご希望によってはイニシャル、ニックネームでもうけたまわります。

  •  1人が支援しているコースです
  •  2018年2月中配送予定

10,000円(税込)

  •  「フォトブック」「卓上カレンダー」「オリジナル手ぬぐい 」3種のセット
  •  「こよみのよぶね」ホームページにお名前を掲載
  •  お礼のお手紙
お返し品説明

「フォトブック」「卓上カレンダー」「オリジナル手ぬぐい 」の3種すべてのセットです。
※写真はいずれもサンプルです。お送りする現物とはデザインが異なる場合があります。

ホームページに掲載するお名前は、ご希望によってはイニシャル、ニックネームでもうけたまわります。

  •  12人が支援しているコースです
  •  2018年2月中配送予定

50,000円(税込)

残り5 個(限定5個)

  •  こよみ舟の行灯にお名前を入れます
  •  「こよみのよぶね」ホームページにお名前を掲載
  •  お礼のお手紙
お返し品説明

今年(2017年)12月22日に出船する「こよみ舟」の船首に取り付ける丸提灯にお名前を入れさせていただきます。

ホームページに掲載するお名前は、ご希望によってはイニシャル、ニックネームでもうけたまわります。

  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年12月中配送予定