集まっている金額 867,000(目標 800,000円)
達成率 108
支援者数 87
残り 終了しました
終了しました

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

みんなの大切な人を守りたい!

FAAVOをご覧いただいているみなさん、初めまして!三重県の紀北町で、近所の仲間と一緒に「手づくり工房・ワーイワイ」をやっている井谷三枝子です。

私は、16年間ヘルパーとして高齢者介護の仕事をしていました。その時に気づいたのが、お年寄りの方々に趣味や手仕事などの生き甲斐があるといいのにな、ということでした。文化講座や町の生涯学習事業などもありますが、自分の行きたい時に気軽に立ち寄れる、気軽に手仕事を教えてもらえる、そんな場を作りたいと思い、「手づくり工房・ワーイワイ」を立ち上げました。

新しい搬送器具誕生!〜「かけモック」誕生の経緯〜

以前勤めていた病院でボヤ騒ぎがあり,患者さんを運び出すのに大変な思いをしたことがあり、患者さんにとっても安心で、女性でも簡単に扱える搬送用具は無いものかと考えていました。その後、東日本大震災があり、お亡くなりになられた大多数が津波の被害だと知りました。いつ来るかわからない南海トラフ地震などに備えなくてはとの思いで、「かけモック」を考案しました。

多くの方々に知ってもらいたい、備えてもらいたい、そんな思いで、今回三重県内の福祉施設に「かけモック」を寄付したいと思い、FAAVOでみなさんに呼びかけることにしました。

女性でも二人で素早く避難できる!特許も取得した「かけモック」の実力!

東日本大震災で亡くなられた大多数が津波の被害だと知り、一人で逃げられない方々や一緒に逃げられなかった家族の方々が、どれほどつらい思いをしたか身につまされました。

「かけモック」の制作にあたっては、女性二人でも大人の男性を運べることを考えました。三重県の方のアドバイスもあり、「穴に足を入れるのでずり落ちない」「狭い通路では一列縦隊で搬送できる」などがユニークだと認められ、特許も取得しました。今年からは、本格的な普及のため、プロの方に製造・販売を委託して普及していくことになりました。 

現場のアイデアを取り込んで制作しました!

「かけモック」は、とにかく「簡単に使える」「楽に使える」「運ばれる人が安心できる」ことにこだわりました。ドラマなどで病院からの避難シーンでストレッチャーなどが良く登場しますが、地震でモノが散乱するような場所では、車いすも含め動きがとれません。

また、津波などからの避難では、高いところへ向かうため、急な坂道や階段が多く、車輪のついた搬送機器では限界があります。

*「かけモック」は、ジャリ道でもぬかるんだ道でも搬送が可能です。

*運ばれる人にとっては、担架と違い、進行方向を自分で見ることによって安心できます。

*運ぶ人にとっては、車いすと違い、運ばれる人の顔の表情などを確認でき安心できます。

介護施設、病院、旅館でも活躍しています!

津波や火災からの避難など非常時だけでなく、日常の介護、福祉タクシーや病院施設でも使えるとのことで、現在までに紀北町や介護施設、病院、旅館などで使っていただいています。この度三重県内の障がい者・高齢者の福祉施設にまとまった数を寄付させていただこうと思い、現在手持ちで寄付できるものと、委託業者さんから購入するものを合わせて20個の「かけモック」を用意したいと考えています。みなさまの御厚意で、一人でも多くの方々に届けられればと思います。

災害に強いまちづくり、意識づくりを!

これまで仲間で手づくりして作っていた「かけモック」を全国的に広めるために、今年から製造・販売をプロの企業にお願いすることにしました。

でも、将来的には地元で、地元の女性たちが製造し、全国に、世界に「かけモック」を広めることが出来ればと思っています。手仕事をしながら収入になることで、地域を元気にして行ければと思っています。また、津波の怖さを忘れないように地元で「かけモック」を使った訓練を運動会などで広めて行きたいと思っています。

スケジュール

2014/08 初旬 三重県社会福祉協議会をつうじて、県内の寄付先の施設を決定。

2014/11〜12 施設への「かけモック」贈呈式。

支援金の用途とその内訳

「かけモック」購入費 60万円、リターン品(東手づくり工房・ワーイワイのオリジナル商品など)購入費、発送費20万円

天災は忘れた頃にやってくる

日本は大地震を避けて通れません。先の東日本大震災では、津波の恐れがある時は、「津波てんでんこ」という合い言葉があるようにとにかく一人で逃げることが大切とされています。でも、寝たきりの家族や患者さん、入居者さんをおいたまま逃げられるでしょうか。「かけモック」はそんな気持ちから生まれました。大切な人を守って欲しい、そんな気持ちをみなさんとカタチにして一人でも多くの方に届けられればと思います。

起案者情報

【団体名】一般社団法人 ココロヲ

【代表者】井谷 三枝子

【HP】http://www.kokorowo.org

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

kokorowo

支援コース

1,000円(税込)

お返し品説明
贈呈先に渡す目録にお名前を記載します。
  •  27人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
ワーイワイメンバー手づくり「“ひじき”詰め合わせ」(1セット)
贈呈先に渡す目録にお名前を記載します。
  •  34人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
「ワーイワイ手づくり・タオル帽子」(1個)
シェフタオル(2個)
贈呈先に渡す目録にお名前を記載します。
  •  19人が支援しているコースです
終了しました

30,000円(税込)

お返し品説明
いろいろな工夫がいっぱい「ワーイワイオリジナル・防災ずきん」(1個)
と「ワーイワイ特製・シェフタオル」(2個)
贈呈先に渡す目録にお名前を記載します。
  •  1人が支援しているコースです
終了しました

50,000円(税込)

お返し品説明
紀北町名物マンボウで町を元気に!「マンボウクッション」(1個)
古着などのリサイクル布ぞうり(2セット)
贈呈先に渡す目録にお名前を記載します。
  •  5人が支援しているコースです
終了しました

100,000円(税込)

お返し品説明
FAAVO向け「防災オリジナルセット」(一式)
・防災ずきん
・タオル帽子
・シェフタオル各1個
・布ぞうり2セット
・今回寄付を予定する「かけモック(2013年バージョン・紺色)」1個!!
  •  2人が支援しているコースです
終了しました