集まっている金額 222,000(目標 200,000円)
111%
達成率 111
支援者数 23
残り 終了しました
注目のプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2016年01月31日、合計222,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

50%達成の報告と実行委員長からのご挨拶

2016.01.20

皆さまこんにちは!


みよし△プロジェクト実行委員会の上田耕太郎です。


皆さまからの熱いご支援で、期間の半分を待たずに、50%超えを達成することができました!現時点で61%となっております!


早々にご支援を表明いただきました方々に心から感謝致します。また、これからご支援を検討している皆さま、ぜひとも第1回目のヤミ市を一緒に作り上げて頂ければ幸いです。


 


さて、このレポート1回目はどうしても実行委員長からのご挨拶としたかったので、少し準備に時間がかかってしまいました。。。


このみよし△プロジェクト実行委員会の実行委員長で、「炭焼屋 阿呆鳥」のオーナーである福田和憲さんからメッセージをお預かりしておりますので、これを1回目のレポートとしたいと思います。


※下の写真が「ヤミ市」のロゴを持った福田実行委員長です。


※わざと悪そう顔をしていますが、意外と心優しいシャイな方です。



【ご挨拶】


はじめまして!


みよし△プロジェクト実行委員長の福田和憲です。


このヤミ市は、何もない草むらから自分たちの手で新しいマーケットを創り上げるプロジェクトです。


一人で出来ることは限られますが、同じ志を持った人が力を合わせて楽しいイベント作れば、自然と人は集まってきます。


地元で生まれ育った人だけでなく、この地域に移り住んできた人、この地域で新しくビジネスを始めたい人など、多種多様な人が自然発生的にこの場所へ集い、マーケットが誕生していく雰囲気を「ヤミ市」というイベント名で表現してみました。


このヤミ市を通じて、この「みよし△」が「楽しいことの始まる場所」となっていくことを願っています!


 


以上、実行委員長からのご挨拶でした!


今後のレポート発信は出店者の皆様のご紹介を中心に実施していきます。


よろしくお願い致します。

起案者プロフィール

上田耕太郎
 
合志市のまちづくり会社である株式会社こうし未来研究所のタウンマネージャーであり、みよし△プロジェクトの実行委員会メンバー。まちづくりおよび地域活性化の推進役として、行政と共に公共遊休地の有効活用事業である「みよし△プロジェクト」を計画中。本業は地域密着型の不動産会社の二代目。

支援コース

3,000円(税込)

  •  実行委員会からのサンクスレター
お返し品説明
実行委員会からのサンクスレターをお送りします。
  •  4人が支援しているコースです
  •  2015年2月中お届け予定
終了しました
おすすめのコース!!

5,000円(税込)

残り46 個(限定50個)

  •  実行委員会からのサンクスレター
  •  クラウドファンディング限定のヤミ市ステッカー
  •  4人が支援しているコースです
  •  2016年2月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

残り7 個(限定20個)

  •  実行委員会からのサンクスレター
  •  クラウドファンディング限定のヤミ市ステッカー
  •  ヤミ市ロゴ入りオリジナルTシャツ(メンズLサイズ)
  •  13人が支援しているコースです
  •  2016年2月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

残り1 個(限定3個)

  •  実行委員会からのサンクスレター
  •  クラウドファンディング限定のヤミ市ステッカー
  •  ヤミ市ロゴ入りオリジナルTシャツ(メンズLサイズ)
  •  みよし△を1日貸切できる権利 ※
お返し品説明
※日程は決定後に相談の上で決定したいと思います。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2016年2月中お届け予定
終了しました