集まっている金額 849,000(目標 1,000,000円)
84%
達成率 84
支援者数 103
残り 終了しました
同じカテゴリーのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2019年01月14日、合計849,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

レポート26 集まれ! 野球女子

2018.12.17

レポーター コメント 


主要な大会は、終了しこれから来年2019.3月にある全国選手権大会に向けて、基礎体力の強化と打撃、守備の連携プレ-などの基本が主要な練習となってきます。


これからも学校、地域の方々の応援のもと選手一人々がチームとして一致団結し試合に勝てる強いチーム作りと横田監督の指導方針『野球を通じた人間性の向上』を目指し、日々の練習に取り組んでいます。


“強いチーム作りは、一朝一夕には成りません”


平成19年の甲子園センバツ大会へ、”これが最初で最後と思い”応援に行きました。 ところが! 初出場でベスト8進出の快挙! 全国に室戸旋風を巻き起こした室戸高校男子野球部。


ここをクリックすると感動の思い出が再び蘇ります!


あの時、超満員の室高応援アルプススタンドの中に室戸高校、室戸中学校の合同吹奏楽部により室戸高校校歌を短くアレンジした応援歌を毎回の攻撃時に演奏していました。


校歌は、選手を無欲にし無心でプレーに集中させ、実力以上の力を発揮させる”魔法の力”を持っています。そして吹奏楽部は、応援団最優秀賞に輝き室高のベスト8進出の大きな力となりました。


甲子園に出場するのに約10年の年月がかかりました。


簡単なことではありません。地元の方々の支援と在校生の父母並びに男子野球部育成会の協力があり学校、選手が一つ一つの努力を積み重ねた結果が現実のものとなったと思います。


強いチーム作りで、何よりも大事なことは、地域住民の支えによる選手の団結心だと思います。想いが一つになって本当の強さが発揮されると思います。一つにならなければ、ただ空回りするだけです。技術面は、打撃、守備、連係プレー、投球技術などの基本を指導できるスタッフと選手層の厚さが必要になってきます。


H30年、兵庫県丹波市で行われた夏の全国大会へ応援に行ってきました。優勝した埼玉栄高校、準優勝の履正社高校(大阪)は、スタッフとして数人のコーチが同行し指導していました。


監督一人では全てに目は届かないのです。監督のサポートが必要となります。“我よと思う方”手を上げてくれるのを期待しています。 連絡先は事務局まで!


”室戸旋風をふたたび!” 


全国優勝を目指すためには、地元の方々のご支援と強烈な応援が必要になると思います。野球の出来る環境は、全国唯一と言っても良い室戸高校”皆んなが協力し一つにまとまる事が出来れば出来ない訳が無いと思います。 


室戸市民の方々、室戸市を拠点として会社経営をされている経営者の方々、知人、友人にお声がけをして頂ければと思います。ご支援を心からお待ちしています。


学生生活、野球の練習環境について


・規則正しく安心の寮生活、学生生活3年間、父母の方々が安心してお子さんを室戸高校に預けて頂ける体制を維持しています。



「学校管轄のいさな寮」は、学校から約1km自転車で約10分ほどの距離にあります。


寮費は月に4万円(運営費 2 万円+食費2万円) ※土日は食事なしで自炊になります!夏休みの8月は、食事なしのため2万円となります。※現在、室戸市より寮生には、毎月補助金の支援をいただいています。


寮生活は、食事を作るまかないさんと管理人3名の夜勤シフトにより学校教員と密接に連携をとり生活指導がなされています。


寮規則に反する思わしくない行動又は違反などが起こりそうな場合は、事前に指導がなされるとともに父母に速やかに連絡のとれる体制が整っています。


エアコン完備1室1名又は2名:寮関係者以外の方は、寮施設内への立ち入りは原則禁止になっています。


平成31年度から寮費の減額:室戸市の補助により、寮費3万円/月になります。


 全国でも有数の恵まれた練習場


・練習場所:夜間照明のある室戸市中央公園グラウンド及び室戸高校グラウンドと室戸マリン球場、マリン球場屋内練習場、マリン球場屋内バッティング練習場があります。






・創部


平成25年同好会を結成し2年後の平成27年全国初の県立高校(公立)女子硬式野球部を創部しました。今年で創部4年目を迎え、総勢21名となり、『全国ベスト4』を目指し、室戸市をはじめ、高知県や地域の方々の応援と協力のもと日々練習に精進しています。


地域を盛り上げ、活性化させるため、ボランティア活動や地域行事にも積極的に参加し、地域に愛される女子硬式野球部として更なる発展を目指しています。


・指導者


横田 尊は、高知県立中芸高等学校から国士館大学を経て平成30年4月より監督を務めています。野球の技術や体力の向上はもちろん、『野球を通じた人間性の向上』を目指し、日々の練習で学び得た経験を今後の人生に役立て、『社会で活躍できる人材を育てる』ことを強く意識し指導に当たっています。


・部員


《3年生》10名 香川県・岡山県・広島県・兵庫県・大阪府・和歌山県


《2年生》7名 高知県・徳島県・愛媛県・香川県・大阪府


《1 年生》4名 高知県・広島県・和歌山県


・練習時間 平 日:3時間 、土日祝:6~8時間 ※練習試合は月1回程度行っています


・季候


年間を通して暖かく野球をするには最高の環境に有ります。当初、室戸マリン球場は阪神タイガーズのキャンプ地にもなっていました。


現在は、関西方面の大学チームと韓国の中学、高校野球部が冬期にキャンプに来ています。


「室戸高校女子硬式野球部強化プロジェクト」 へのご支援、宜しくお願いします。  


ご支援に対する返礼品を用意しています。


ご支援に対する問い合わせ先


室戸高校女子硬式野球部を育てる会「M’sホープ」


事務局 亀井司郎


*(有)カメイクラブ 室戸店:0887-23-1250 *携帯:090-1009-1333


 

起案者プロフィール

M’sホープ 会長 弘田 兼一


高知県立室戸高校女子硬式野球部を育てる会「M’sホープ」会長
高知県議会議員

支援コース

3,000円(税込)

  •  部員直筆お礼の手紙
お返し品説明
室戸高校女子硬式野球部の部員直筆のお礼の手紙です。
  •  14人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  部員直筆お礼の手紙
  •  室戸高校女子硬式野球部マフラータオル
お返し品説明
部員直筆のお礼の手紙に加え、室戸高校女子硬式野球部特製のマフラータオルをお送りします。
  •  25人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  部員直筆お礼の手紙
  •  室戸高校女子硬式野球部マフラータオル
  •  室戸高校女子硬式野球部Tシャツ
お返し品説明
5,000円コースの2品に加え、室戸高校女子硬式野球部の特製Tシャツをお送りします。
Tシャツサイズ:S  身長 163cm
        M  身長 170cm
        L  身長 179cm
        LL 身長 181cm

*ご支援の際、備考欄に希望されるサイズと背中のロゴA又はBをご記入下さい。
  •  64人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました