集まっている金額 270,266(目標 1,000,000円)
27%
達成率 27
支援者数 36
残り 終了しました
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px
レポート更新ご報告 (2020.04.02)

これからもずっと、愛すべき町中華の灯を残したい!

近年じわじわとその名が浸透してきた「町中華」。「安くて旨くてなんでもある」町中華は、地域に密着しながら愛され続けてきた名店です。派手さは無いものの、競争の激しい飲食業界で生き残ってきた、ある意味"勝ち組”でもあるのです。

 

しかし、存続の危機に直面しているお店もあります。町中華は、これから増えることはあり得ません。なぜなら「昭和の時代から長年愛されている」のが、町中華の町中華たる所以だからです。新しく作りようが無いため、減る一方なのです。

 

 

でも、「守る、遺す」ことはできます!

今ある町中華をもっとたくさんの人に知ってもらい、ファンを増やすことで売上アップにつながれば、店の維持・改装などの運転資金に充てることができます。繁盛して話題になれば、町中華最大の課題である「後継者不足」の解決になるかもしれません。

 

「見たことはあるけど、行ったことがない」という人を町中華に呼び込み、その味わい深い魅力に気づいてもらいたい。そんな思いから、この応援マガジンプロジェクトを立ち上げました。

 

 

プロジェクト概要と特集企画案 

 

知るほどに奥深い町中華の魅力を徹底的に掘り下げます。「そうだったのか!」と思うマル秘ネタが盛りだくさんで、読みごたえ十分です。

マガジンを作ること=店の歴史、店主の思いを聞き出し、まとめること。唯一無二のヒストリーブックとして、読者はもちろん、店主や関係者にとっても有意義な1冊となります。

 

「かなざわ町中華」定義はこちら!

 

 

独自取材・調査により、「かなざわ町中華」の定義を制定。「金沢カレー」「金沢おでん」のように、全国的なブランドに高めることで、店の存続と発展に寄与します。

 

 ロゴも作成しました

「かなざわ町中華」ロゴ。かなざわ町中華最大の特徴である赤巻きがポイントです。

 

 

誌面イメージ

 

町中華の魅力の半分は、店主の人柄。とびっきりの笑顔とイチオシメニュー(すべて実食)の写真を大きく扱い、「行ってみたくなる」誌面にします。

【仕様案】四六判・56頁・オールカラー・2,000部(予定)

※取材状況等により、変更になる場合があります。

 

 店主のみなさん(一部)

 

 

取材した町中華の店主のみなさん。優しい笑顔で出迎えてくれました。 

 

賛同もいただきました

 

今回のプロジェクトは、キッコーマン食品株式会社 中部支社金沢支店様、石川製麺株式会社様、味の素食品株式会社 北陸支店様、株式会社スギヨ様、いいじ金沢様からもご賛同いただきました。

 

支援金の使いみち

 ・取材・執筆費

 ・撮影費

 ・デザイン費

 ・印刷・製本費

 ・流通・販促費

 ・掲載店支援(クーポン、お食事券などの原資)

 

以上を合わせて製作費用は約200万円になります。

 上記製作費の一部に、みなさまのご支援を充当させていただきます。

(残りの100 万円は、広告集稿や販売収益で充当します)

 

実行スケジュール

2020年3月末   取材開始

2020年3~5月  取材・制作・校正

2020年6月       印刷・製本・発刊・配本

 

お問い合わせ先

「かなざわ町中華」を守り隊

2020年、町中華を愛してやまないメンバーで結成。「いつもの味」を求めて、日々金沢市内および近郊の町中華を食べ歩いています。

 

メール

kanazawamachichuka@gmail.com

ツイッター

https://twitter.com/kanazawamck

 

最後に

 

「かなざわ町中華」を守り隊 代表の高岸丈弥と申します。

ビールとラーメン、餃子が大好物の中年サラリーマンです。

 

若い時には気づかなかった町中華の素晴らしさが、最近ようやく分かるようになってきました。

 

しかし、時すでに遅し……。

 

かつて街中にあった町中華ですが、店主の高齢化と後継者不足により、どんどん姿を消しています。このプロジェクトの立ち上げから既に2軒、馴染みのお店が暖簾を下ろしました。

 

「安い、旨い、気取らない」町中華は、無くなると本当に困ってしまいます。この年で、オシャレな店に一人で入るのは気がひけますし、お店としても”招かれざる客”の可能性があります(実際、視線が痛いです…)。

そんな我々中年にとって、町中華はかけがえのないオアシスなんです。

 

「跡継ぎはいるんですか?」と高齢のマスター夫婦に聞いても、「息子はいるけど勤め人や。とても継がせられんし、わしの代で終わりやね」という答えがほぼ9割です。「なんとか残せないものか…」と頭をひねっても、しがないサラリーマンの私には、起死回生の一手は思いつきません。おカネもコネもありません。

 

できるのは「町中華の魅力をもっとたくさんの人に知ってもらい、ファンを増やす」ことのお手伝いだけです。

 

「かなざわ町中華」が、「金沢カレー」「金沢おでん」に続くご当地ブランドとして認知されるよう、コツコツと活動を続けて参りますので、ご賛同いただければ幸いです。

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

金沢の町中華を守り隊
2020年、町中華を愛してやまないメンバーで結成。「いつもの味」を求めて、日々金沢市内および近郊の町中華を食べ歩いています。

支援コース

3,000円(税込)

  •  お礼状
  •  冊子へのお名前掲載
  •  本誌(完成品)1冊
お返し品説明

【冊子へのお名前掲載】
冊子の巻末に、支援者様のお名前またはニックネームを掲載させていただきます(支援額に応じて、文字の大きさは異なります)。支援時に備考欄へご希望のお名前をご記入ください。
  •  9人が支援しているコースです
  •  2020年7月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

残り38 個(限定50個)

  •  お礼状
  •  冊子へのお名前掲載
  •  本誌(完成品)1冊
  •  ラーメン丼
お返し品説明

【冊子へのお名前掲載】
冊子の巻末に、支援者様のお名前またはニックネームを掲載させていただきます(支援額に応じて、文字の大きさは異なります)。支援時に備考欄へご希望のお名前をご記入ください。

【ラーメン丼】
ご自宅で町中華気分が味わえる中華丼です。
  •  12人が支援しているコースです
  •  2020年8月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

残り16 個(限定30個)

  •  お礼状
  •  冊子へのお名前掲載
  •  本誌(完成品)1冊
  •  「かなざわ町中華」オリジナルラーメン丼(非売品)
お返し品説明

【冊子へのお名前掲載】
冊子の巻末に、支援者様のお名前またはニックネームを掲載させていただきます(支援額に応じて、文字の大きさは異なります)。支援時に備考欄へご希望のお名前をご記入ください。

【「かなざわ町中華」オリジナルラーメン丼(非売品)】
「かなざわ町中華」ロゴ入りのラーメン丼です(非売品、数量限定)。
  •  14人が支援しているコースです
  •  2020年8月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

残り4 個(限定5個)

  •  お礼状
  •  冊子へのお名前掲載
  •  本誌(完成品)1冊
  •  「かなざわ町中華」オリジナルラーメン丼(非売品)
  •  守り隊と行く「かなざわ町中華」探訪
お返し品説明

【冊子へのお名前掲載】
冊子の巻末に、支援者様のお名前またはニックネームを掲載させていただきます(支援額に応じて、文字の大きさは異なります)。支援時に備考欄へご希望のお名前をご記入ください。

【「かなざわ町中華」オリジナルラーメン丼(非売品)】
「かなざわ町中華」ロゴ入りのラーメン丼です(非売品、数量限定)。

【守り隊と行く「かなざわ町中華」探訪】
守り隊メンバーのアテンドにより、お好きな「かなざわ町中華」を訪問、実食します(交通費・飲食費は実費負担になります)。開催日時については、別途メールでご案内いたします。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2020年9月中お届け予定
終了しました