集まっている金額 52,000(目標 420,000円)
12%
達成率 12
支援者数 23
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2018年05月31日、合計52,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

当プロジェクトをご覧になって頂き、ありがとうございます。

 

私はフリースクールSTART代表の林 雄介と申します。

 

私は12年前に「コーチング」に出会い、関わった人たちは大きな変化を遂げていきました。

 

〜コーチングとは?〜

 

「コーチング」という言葉自体は現在では知っている人も多いのではないでしょうか?

 

私がコーチングを学び始めた12~13年前は「コーチング」という言葉も聞いたことがないという方が殆どという時期で、私自身も当時は全くの手探り状態で、色々試しながら進んできました。

 

普段活動している中で、「コーチング」を知っている人にお会いする機会が結構ありますが、「コーチング」に対しての評価は様々で、良い印象を持っている方もいれば、悪い印象を持っている方もいるのが現状です。

 

勿論私自身はコーチングでの強烈な変化を沢山見てきているので、素晴らしいものだと思っていますので、この素晴らしさを多くの人に体感してもらいたいと思い、日々セミナーや個別面談を行っています。

 

現在までの個別面談実績は1000名を超え、学力向上・不登校対応・学校部活動メンタルサポートなどで数々の成果をあげています。

 

今までの事例として代表的なものは、

・学力向上の為に月1回でメンタル指導を受けに来ていた子が、ちょうど1年後に学年トップに。(中学2年男子)

・個別面談を行った後に自身で学習方法を工夫し、学年トップになる。(高校1年男子)

・不登校で小学校3年生からほとんど学校に行っておらず、普段は家からも出なかった少年はたった1回の面談で、アルバイトを始め、現在も継続している。(19歳男性)

・学校での友達関係がいやで、不登校になってしまったが、面談を2回行い現在は普通に学校に通っている(高校2年女子)

・1学期の途中から不登校になり、夏休み中に家族全員で訪問してきたが、1回の面談で学校に通えるようになった。(中学3年男子)

 

2005年に中学校部活動のコーチを始めたことを機に、もっと子供たちの成長に関わりたいという想いが強くなり、学習塾を立ち上げました。

 

この学習塾ではただ勉強を教えるだけではなく、相手の中にある能力を引き出す『コーチング』を取り入れ、子供たちの驚くような成長を目の当たりにしてきました。

 

最近は脳と心の仕組みを「教育」に取り入れ、保護者や親子向けのセミナーも開催しています。

 

こうした子どもたちの成長を、コーチングを取り入れた学習塾でサポートさせてもらってきたことで、私が確信を持った事実があります。

 

これからの教育に必要な「メンタル」の指導

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、テーブル、室内

*親子向けセミナーの様子

今まで1000名を超える子供やその保護者と接してきた経験から、今後の教育にはメンタルの指導が重要になってくると強く感じています。

 

本来、人の能力にはさほど差がないと言われています。

 

しかし、学校や部活動で同じ時間、同じ内容の授業を受けているにも拘らず、結果には大きな違いが出ているのが現状です。

 

これを能力の差や持って生まれたものだと片付けるのは簡単ですが、何が起因してその様な結果になっているかというと、その子の今までの経験からくる「自分らしさ」というメンタルが大きく影響しています。

 

 

こちらは私のセミナー動画です。(約17分)

興味のある方はご覧ください。子供の能力とやる気について、分かりやすく説明しています。

 

 

私たちフリースクールSTARTでは全ての人が、自身の本来持つ能力を認識し、もっと素晴らしい世界を創造できるようなサポートを目指しています。

 

子供たちはもちろん、保護者や学校の先生、塾の先生までも巻き込んで今後の教育を考えていきたいと思います。

 

”民家の甲子園”とは?

「民家の甲子園」と聞いても、どんな物なのかはイメージがつきにくいと思いますので、簡単に説明させて頂きます。

 

全国の高等学校(学校単位)に在籍する高校生(専門学校の生徒、職業能力開発校の訓練生も含む)を対象にして行われる、被写体を民家や町並みに限定した写真コンテストで、正式名称は「「民家の甲子園」全国高等学校対抗民家町並みフォトコンテスト」。

 

以下は石川県大会のルールです。

■参加資格

・1チーム3名以上5名まで

・1校につき2チームまでの出場が可能

・参加1チームの作品の写真は5枚組

・5点のうち1点はその年のテーマに沿った作品(今年のテーマは「巡」)

 

■コンテスト内容

審査基準は一般的な写真コンテストとは異なり、

・写真とPR文(配点50点)

・プレゼンテーション(配点50点)

の合計100点で審査されます。

 

■プレゼンルール

プレゼンの発表順は受付時に抽選で決め、発表の制限時間は4分30秒以上5分以内です。

(少なくてもオーバーしても減点対象となります)

発表は選手1人以上5人以内としていますが、発表者が1人の場合はチームワークの評価で減点対象となります。また、発表の際のスライド切り替えは参加チーム側で行います。

 

この様に、この「民家の甲子園」は単なる写真のコンテストではなく、文章構成力やプレゼン能力、表現力などが問われる、多くの教育要素を含んだ大会です。

 

ふるさと学習で高校生の成長を応援する

学校教育における部活動の中で、一般的に脚光を浴びているのは運動部や吹奏楽部など、年間を通して多くの大会が開催されているものであることは言うまでもないと思います。

 

学校には写真部や放送部、演劇部などの多くの部活動が存在しています。

 

そこには多くの学びがあるはずなのですが、在籍している生徒たちはその学びに気づいていないことが多いと感じています。

 

そして、学びに気づかない理由は、活動の目的が見えにくいという事ではないでしょうか。

 

この「民家の甲子園」では、学校のある地元の良さを写真とプレゼンテーションによって伝える大会で、写真を取る技術は勿論ですが、プレゼンテーションやスライドの作成による

・表現力

・IT技術

・コミュニケーション力

・協調性

などが問われ、様々な教育要素を含んだ内容になっています。

故郷を再確認し、自分たちの生まれ育った町に誇りを持ち、愛着を持ってもらう事を目的の一つとしている大会に多くの高校生に参加してもらい、ふるさと教育と自身の成長につなげてほしいと思っています。

 

教育の要素が多く含まれた内容に感動した

2年前に初めて「民家の甲子園」を拝見させて頂きましたが、そこには私の想像をはるかに上回る内容と感動がありました。

 

毎年のテーマに基き5枚の写真を使った学校対抗のフォトコンテストなのですが、3名から5名のチーム戦となります。

 

ただ写真の評価をするのではなく、採点は作品のプレゼンテーションも含まれ、作品構成やプレゼンテーションスライドの完成度、表現力、コミュニケーション力、協調性などが求められ、多くの教育要素が含まれた内容となっています。

これからの社会を生き抜くための要素がふんだんに含まれた内容に感動し、大会を拝見させて頂きついつい涙してしまいました。

 

今回石川県大会を8年間主催してきた方が、主催を退くという事で私が後任を任されることになりました。

 

前任者の熱意や行動力が素晴らしく、多くの自己資金も投入してきたのは誰が見ても明確ですが、同じことをやろうとしてもハードルが高すぎます。

 

しかし、この大会は高校生たちにとって必要なものであると確信していますし、前任者の想いも引き継いでいますので、出来る限りのことをしたいと思っています。

 

全国大会の予選を兼ねた県大会

今回、みなさんに支援をお願いして開催したいのは民家の甲子園の石川県大会です。

 

今年度の全国大会は香川県で8月8日開催となりますが、その予選会も兼ねた大会となります。

 

石川県大会の開催場所は昨年度は能美市、一昨年度は七尾市での開催でしたが、今年度は「かほく市」での開催を予定しています。

 

能登里山海道沿いで石川県の中心ですので、奥能登から南加賀までの多くの学校がアクセスしやすい場所だと思います。

 

昨年度より県内の高校を何校か巡り、今年度開催の案内をしてきました。

 

5月14日に行われる高等学校の校長会にて今年度の開催を案内し、再度参加を募るために各学校を訪問します。

 

この大会は文科省と全国高等学校文化連盟、かほく市、かほく市教育委員会の後援は頂いていますが、石川県教育委員会、石川県高等学校文化連盟などにも出向き、応援してもらえるように進めていきます。

 

石川県大会は7月8日(日)を予定しています。

 

また、この大会を地域の方々にもご覧いただきたいので、大会の広報にも力を入れていきたいと思っています。

支援金の使い道

・ パンフレット作製費(制作~印刷・製本)約500部 25万円程度

・作品ポスター制作費 A1ポスター約20部 2万円程度

・会場設営費 5万円程度

・表彰関係備品 5万円程度

・民家の甲子園登録費 5万円

 

今後の実行スケジュール

・大会日程調整、会場確保(5月)

・石川県高等学校長会にてご案内(5月14日)

・参加校の募集(訪問等)(5月中旬~6月中旬)

・パンフレット作成(6月中旬~6月下旬)

・来賓、審査員の選定、確保(6月中)

・参加校決定→作品ポスター作成(6月中旬)

・会場準備→開催(7月初旬)

 

民家の甲子園を通して子どもたちに手に入れてほしいのは「未来を創造する力」

 

私が普段学校や塾などで子供たちと関わっている中で感じるのは、全ての行動が指示待ちで、どこに向かっているのかを認識していないという点です。

本来、自分の進む未来は自分でイメージし、そこに到達するための行動をそれぞれが取っていくですが、多くの場合他人に用意された、イメージしにくい未来に向かってやらされている様な感じを受けています。

 

時間の流れでいうと、

過去→→現在→→未来

という風に流れている感じです。しかし、本来時間の流れは、

未来→→現在→→過去

という順で流れているはずなのです。

 

実はこの「民家の甲子園」は、時間の流れを学べる大会となっているのです。

 

毎年のテーマ(今年は「巡」)に沿った写真を撮影するのですが、最終プレゼンのイメージを持って、撮影から制作を行う事で、どのような構成にすればよいか、どんな写真が必要なのかが自ずと見えるようになってきます。

まず未来を決めて、現在の行動をすすめる。そしてそれらが過去に流れていくという感じでしょうか。

 

これが過去から未来への時間の流れだと、

とりあえず写真撮影をする→テーマに合った写真を選定する→写真に合ったコメントを考える

という感じで進んでいく事になり、写真単体では良い作品があるかもしれませんが、全体構成のバランスがとりにくく、総合的に完成度が低くなってしまいます。

 

この様な「未来を自身で創造する」という教育は、学校の授業では中々身につかないと感じています。他人に決められた年間の学習範囲を、決められた期間で進めていく事が必要ですし、学習進度も自分で調整することが難しいからです。

 

これは、学校の授業が駄目だと言っているのではなく、現在の学校教育の中でも、「未来を創造する力」を養う場を提供できるという事を皆さんにも知っていただきたいのです。

 

どの世界でも一緒なのですが、今ある環境を否定して、「だから出来ない」と言う所に行き着くのではなく、「こうすれば出来る」という思考で物事を進めていきたいと考えています。

 

「民家の甲子園」では、未来を創造する力を養う事を目的の一つに掲げ、高等学校教育の文化となるような大会を目指しています。

 

しかし、この大会はまだまだ成長途上の、歴史の浅い大会ですし、この大会の事を知っている人は殆どいないと認識しています。

私はこの大会を通して、高等学校と地域の繋がり、そして自身の未来と地域の未来をみんなが一緒に考えるキッカケを与えたいと思っています。

 

その為にも、この大会の存在や価値を少しでも多くの人と共有し、ほんの少しでも良いので、高校生たちの成長に関わったという意識を感じて頂く事を願っています。

 

皆様のほんの少しの気持ちが、未来を創る高校生たちの成長に与える影響は絶大です。ぜひ応援を宜しくお願いします!

 

● お問い合わせ先

フリースクールSTART 林 雄介

携帯:090‐6811‐6510

メール:touya-coach@i.softbank.jp

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

林 雄介
 
2005年に中学校部活動のコーチを始めたことを機に、もっと子供たちの成長に関わりたいという想いが強くなり、8年間務めてきた会社を退職し、学習塾を立ち上げる。相手の中にある能力を引き出す『コーチング』を取り入れ、子供たちの驚くような成長を目の当たりにしてきた。現在までに1,000名を超える個別面談実績を持ち、様々な結果を残している。また、先生や保護者向けに学校や各種団体向けにセミナーも行っている。
フリースクールSTART代表・学習塾講師

支援コース

500円(税込)

  •  高校生たちの活動を応援できる
お返し品説明
今回の大会は多くの人たちに観に来てほしいと思っており、入場も無料にする予定です。(例年通り)
しかし、大会の運営上かなりの支出が見込まれ、少しでも多くの方からお気持ちだけでも頂きたいと考えています。可能であれば会場まで足を運んでいただき、生徒たちの姿を応援して頂きたいのですが、当日来れない方でも、何かしらの関わりを持っていただくために、このお返しを設定させて頂きました。
高校生たちの成長に皆さんのほんの少しのお気持ちをお願い致します。
  •  12人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

残り18 個(限定20個)

  •  大会パンフレットにお名前を掲載&パンフレットプレゼント
お返し品説明
大会パンフレットに応援団としてお名前を掲載させて頂き、パンフレットを一部進呈いたします。
※添付画像は昨年の全国大会時のものです。パンフレット内にお名前を記載させて頂きます。
配送について
直接お渡しするか、指定住所へのポスト投函での郵送となります。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

  •  学力向上・メンタル強化虎の巻(PDFファイル)
お返し品説明
普段私が行っている「脳」と「心」の仕組みを使ったトレーニングや特徴等の重要なポイントをまとめた虎の巻をご提供させて頂きます。
人はいつからでも変わることが出来るし、生まれ持った能力の差がないという事がご理解いただけると思います。
ご自身、お子様、部活動などあらゆる場面で有効なメソッドがふんだんに詰まった内容となっています。
配送について
基本的にはPDFでのデータ受け渡しとさせていただきます。
冊子での提供をご希望の方は、別途印刷費・郵送費等をご案内させて頂きます。
  •  5人が支援しているコースです
  •  2018年6月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

残り17 個(限定20個)

  •  「民家の甲子園」大会DVD&パンフレット
お返し品説明
平成30年度石川県「民家の甲子園」大会DVDを提供いたします。
また、大会パンフレットに応援団としてお名前を掲載させて頂き、パンフレットを一部進呈いたします。
※添付画像は昨年の全国大会時のものです。
配送について
指定住所への郵送となります。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2018年8月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

残り9 個(限定10個)

  •  大会パンフレットに企業名を掲載&パンフレットプレゼント(企業向け)
お返し品説明
大会パンフレットに協賛企業として企業名を掲載させて頂き、パンフレットを一部進呈いたします。
※添付画像は昨年の全国大会時のものです。
配送について
直接お渡しするか、指定住所へのポスト投函での郵送となります。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

15,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  大会表彰式でのプレゼンター権
お返し品説明
石川県大会当日、表彰式のプレゼンターとして登壇して頂けます。
高校生たちの熱い戦いを肌で感じ、感動を共有することが出来ます。
配送について
石川県大会当日に会場まで来ることが可能な方でお願い致します。
大会日程や当日の流れ等の詳細は個別にお知らせいたします。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

残り3 個(限定3個)

  •  「脳」と「心」の教育メソッドセミナー開催権
お返し品説明
毎月定期開催しているセミナーを提供させていただきます。
通常はお一人4320円を頂いていますが、開催権を購入された方は、料金設定を自由に設定して頂き開催してください。(参加費は全額購入者様分とさせていただきます)
講演料は頂きません。(遠方の場合は交通費についてご相談させて頂きます)

以下は通常開催の告知文です。学校の先生向けにも開催しています。

【「脳」と「心」の教育で次代を創造する】

子供がなかなかやる気にならないと悩んでいませんか?

子供のやる気はどうやったら起こるのでしょうか?

小学校の教員向けの講座も開催しました!

参加した先生たちの声
・短い時間で残念でした。「褒める罠」について考えさせられました

・自分の評価のみで人を価値づけないことなど、教師として必要な視点をたくさん与えていただけました

・与える前にその子の許容範囲を広げてあげることの大切さが印象に残りました

・自分の悩みに沿ったお話が多く、とても有意義な時間でした

・悪いことを言うと自分を悪くする話が印象に残った

など

世の中には「効果的な教え方」「マル秘テクニック」が散在し、みんなそれに飛びついてしまいます。確かに効果的な方法は存在しますが、その効果は「脳」と「心」の状態によって、0にも100にもなります。そのことを体感してもらうため、今回の講座を初回のステップとしていただきたいです。

○12月開催の参加者の声
・声かけの大切さを痛感しました

・自分の発言が相手にどのような影響を与えているかを意識してみます

・子供への対応が変わるような気がします

・今後の声かけの方法を学べてよかった

○1月開催の参加者の声
・とても実践的で分かりやすかったです

・今までの自分の言動や思い込みがダメだと思った

・周りの方に是非教えてあげたい

・また受講したい

○2月開催の参加者の声
・脳の仕組みが分かりやすく整理して理解できました

・自分の言動が子供に及ぼす影響を意識したい(再参加)

・同じ内容を聴いているはずなのに、新たな気づきがあった(再参加)

・子供に対する自分の言動を振り返ることが出来た

・子供より自分自身が変わりたいと思いなおしました

・何回も望ましいインプットをしたい

など

仕事もあるし家事もある。子供の事も心配だけど、時間に追われついついうるさく言ってしまう・・

子供の成績が思うように伸びず、漠然とした不安が募り自分を責めてしまう・・

そんな頑張るママに、家庭で出来る子育てメソッドを公開します!


塾にも通わず、家庭教師も付けず、自宅学習だけで学年トップになった子を3人輩出!

不登校だった子がたった一度の面談で、学校に行くようになった(複数名)

数学の過去最高得点が28点の中2男子はたった16時間の指導で、夏休み明けの実力テストで74点獲得

前回の定期試験での理科の得点が7点だった中2女子は1カ月後の定期試験で70点獲得

私のところに来た時は5教科の総得点が200点程だった中学1年の女の子は中学3年時には常に400点以上を獲得出来るようになった。

など、セミナーでお伝えする重要なポイントは、

 ○子供たちが伸び悩む本当の原因とは
 ○周りの人の無意識の行動が子供の成長の妨げに!?
 ○能力低下を促す無意識の行動とは
 ○「褒める」裏には危険なワナがある

等となります。

毎月多くの方が参加され、毎回再受講される方もいる人気の講座です。
ママ友、サークル、部活動、学習塾など、あなたのコミュニティーでセミナーを開催してみませんか?
配送について
購入者様と打ち合わせの上、日程、会場等の調整をさせていただきます。
県外など遠方での開催の場合は交通費や宿泊費(必要な場合)などは別途実費請求させて頂く場合もございます。(要事前相談)
  •  0人が支援しているコースです
  •  2018年6月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  賞の冠名を付けれる権(個人向け)
お返し品説明
大会での表彰は5~6つの賞を作り表彰する予定ですが、その賞の名前を付けることが出来ます。個人名を冠名としても良いです。
例)林雄介賞、○○サークル賞など
ご希望の方は表彰式の際にご自身の賞の授与もしていただけます。
今のところの予定している賞は
・石川県高等学校文化連盟賞
・かほく市長賞
・かほく市教育委員会賞
・フリースクールSTART賞
  •  0人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました

50,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  賞の冠名を付けれる権(法人・団体向け)
お返し品説明
大会での表彰は5~6つの賞を作り表彰する予定ですが、その賞の名前を付けることが出来ます。会社や団体名を冠名としても良いです。
例)株式会社○○賞、○○協会賞など
ご希望の方は表彰式の際にご自身の賞の授与もしていただけます。
今のところの予定している賞は
・石川県高等学校文化連盟賞
・かほく市長賞
・かほく市教育委員会賞
・フリースクールSTART賞
配送について
副賞を付けていただく事は歓迎します。(宣伝等を兼ねて)
  •  0人が支援しているコースです
  •  2018年7月中お届け予定
終了しました