集まっている金額 151,000(目標 300,000円)
達成率 50
支援者数 20
残り 計算中
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

 

参加定員500名 入場無料

10月15日(日)

広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーinかごしま

を開催します!

 

 子どもが1人でも安心して来られる低額または無料の食堂を広く指すものです。場所、資金、食材、ボランティアの確保は、それぞれのこども食堂でまかなっており、様々な形態があります。

 

 

【こども食堂の様子】

 

 お年寄りや地域の住民と子どもの交流を図るところ、支援が必要な子どもをケアするために対象を限定しているところなど目的も様々です。

 

 

 こども食堂の運営には、ボランティア初経験の地域住民や学生が多く携わっています。子どもの貧困問題が注目されるようになり、自分の地域の現状を知りたい、必要ならばできることをしたいと考える方が多いと感じています。

  【ボランティアのみなさん】

 

 こども食堂は、そんな普通の地域住民が、地域の子どもに関心を向け、地域社会のために活動を始めるきっかけになっています。また、こども食堂を利用する子どもにとって、こども食堂は学校や家庭、既存の友達関係とは別の新しい地域の居場所となっています。「自分を応援している地域の大人がたくさんいるんだな」と食事を通して感じてほしい。多様な人間関係を築き、お腹だけでなく、心も元気になってほしい。家族に限らずたくさんの人と食卓を囲み、経験を豊かにしてほしい。そんな子どもたちへの願いをカタチにできる場所だと考えています。

 

 こども食堂の情報を必要な子どもに伝え、利用につなげることが、一番必要で難しい課題です。現状は個々のこども食堂がそれぞれに学校や地域を回り情報を子どもに届ける工夫をしています。しかし、ボランティアなのでかけられる労力やもてる情報に限りがあります。子どものためにという思いはあるが、子どもに届けることができないジレンマを抱えているこども食堂は多いです。

 

【スタッフ・ボランティアが手作りしたPOP】

 また、子どものための活動を続けたいが、資金やボランティアを確保するのが難しく、負担が大きくなってきている子ども食堂もあります。「必要な子どもに届く、地域の居場所」というこども食堂の目的を達成するには、どの地域にもこども食堂ができ、社会の認知度を上げ、子どもたちが利用しやすい環境にしていく必要があります。

 

 

  「 広がれ、子ども食堂の輪!全国ツアーinかごしま」は、子ども食堂の活動を「一部の人たちの取り組み」から「地域住民の誰もが理解し関わっていける取り組み」へと裾野を広げるための「広がれ、子ども食堂の輪!全国ツアー」の趣旨に賛同し、鹿児島県の子ども食堂に携わるボランティア団体が主体となって啓発の場を開催することを目的としています。

 

【コミュニティ作りを目的とした食堂もある】

 

県内の子ども食堂運営ボランティア・団体による実行委員会を組織して準備を進めています。

 

【実行委員会の様子】

鹿児島県こども食堂運営者による初めての実践報告・学習の場となります。

 

 

<参照URL>

〇広がれ、こども食堂の輪!全国ツアー

http://kodomoshokudo-tour.jp/

〇「子ども食堂全国ネットワーク」公式パンフレット

http://kodomoshokudo-tour.jp/pamphlet/kodomoshokudo_tour_pamphlet.pdf

  子どもの貧困問題がクローズアップされている中、1つの立場だけでは解決は難しいと感じます。様々な立場で鹿児島の子どもを見つめる皆で集まり、現状を学び語り合う場が必要だと考え、今回の催しを開催させねばと考えています。

【プレオープンで地域の方向け説明会】 

 

 また、子ども食堂の情報を必要な子どもに届けるために、個々のこども食堂の努力だけでは限界があると感じています。日頃子どもに接する立場の先生方、行政、地域活動の中心となっている町内会役員、民生委員・児童委員などの方々に子ども食堂について知っていただき、必要な子どもたちが子ども食堂を利用できるようサポートしてほしいと思い、今回の催しを開催することにしました。

 

 

 こども食堂、子育てを応援する企業、子どもと関わる教育関係者、地域住民が、より密接に連携するきっかけとなる催しとしたいと考えます。具体的には、子どもを支えるための情報交換の場や個々の活動での協力関係を持てるよう目指します。そして、それぞれの立場で「できる人が」「できることを」より積極的に行っていくことで、鹿児島県全体が「子どもは未来を創る社会の希望そのもの」であるという認識を高め、子どもの育ちを支えることから鹿児島の発展につなげようという機運が高まることを望みます。

【たくさんの方の支えで運営されています】 

 

 子ども食堂も、この催しを通して、財政面・人材面・情報面で今よりもっと参加しやすく持続可能な活動になることを期待します。

 

 

「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーinかごしま」開催費用、91万円のうち30万円をクラウドファンディングで募集します!!

 

現在、各こども食堂を通じて協賛のお願いをしていますが、まだまだ目標に届く金額ではありません。そこで今回、開催費用の一部をクラウドファンディングでチャレンジすることにしました!!

どうか、御支援をお願い致します!!

 

<開催に必要な費用内訳>

 会場使用料及び賃借料、消耗品費、印刷製本費、通信費、運搬費、クラウドファンディング手数料など

 

広がれ、こども食堂の輪!全国ツアーinかごしま実行委員会

(facebook:https://www.facebook.com/kodomosyokudoukagoshima/

【お問い合わせ】

電話 099-285-7911(担当:齋藤)FAX 099-257-3105

Email kagoshimaks1015@gmail.com

 

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

広がれ、こども食堂の輪!inかごしま実行委員会
 
広がれ、こども食堂の輪!inかごしま実行委員会は、鹿児島県内でこども食堂を運営するボランティア団体が集まり組織されています。

支援コース

3,000円(税込)

  •  実行委員会から心を込めてサンクスメッセージ
  •  当日資料でスペシャルサポーターとしてご紹介
お返し品説明

実行委員会よりお礼のメールを送らせていただきます。
当日配布する資料に、感謝の思いを込めて、お名前を掲載させていただきます。もし、お名前の公開を望まない場合は、備考へその旨を記載ください。会社、団体名を希望の際も同様にお願いします。
  •  7人が支援しているコースです
  •  2017年10月中配送予定

5,000円(税込)

  •  実行委員会から心を込めてサンクスメッセージ
  •  当日資料でスペシャルサポーターとしてご紹介
  •  シンポジウム報告レポートを配信
お返し品説明

・実行委員会よりお礼のメールを送らせていただきます。
・当日配布する資料に、感謝の思いを込めて、お名前を掲載させていただきます。もし、お名前の公開を望まない場合は、備考へその旨を記載ください。会社、団体名を希望の際も同様にお願いします。
・後日、シンポジウムの報告をメールで配信致します。
  •  6人が支援しているコースです
  •  2017年10月中配送予定
おすすめのコース!!

10,000円(税込)

残り19 個(限定20個)

  •  実行委員会から心を込めてサンクスメッセージ
  •  当日資料でスペシャルサポーターとしてご紹介
  •  シンポジウム報告レポートを配信
  •  天文館和牛門 和牛門ランチ1回分食事券
お返し品説明

焼肉の名店「和牛門」の人気メニュー、和牛門ランチが食べられる権利をリターンします。絶品の和牛をご賞味ください。
※ランチタイムは、午前11時30分~15時まで
配送について
ご来店時に、当支援の決済画面をスタッフへご提示ください。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年10月中配送予定
おすすめのコース!!

15,000円(税込)

  •  実行委員会から心を込めてサンクスメッセージ
  •  当日資料でスペシャルサポーターとしてご紹介
  •  シンポジウム報告レポートを配信
  •  こども食堂 特別体験パス
お返し品説明

このコースをご支援いただく方には、複数のこども食堂で利用できる体験パスをお送りします。10回分の食事をベースに、このパスを提示いただくと、各こども食堂が全力でスペシャルな歓迎を準備しています!

※利用できるこども食堂は送付されるパスに掲載しています
配送について

パスは郵送で送付させていただきます。
送付先のご住所はわかるようにご登録お願いします。
  •  6人が支援しているコースです
  •  2017年11月中配送予定