集まっている金額 916,000(目標 800,000円)
114%
達成率 114
支援者数 110
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2017年04月30日、合計916,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

使い捨てプラスティック製品の廃絶?!消費者の選択が鍵。

2017.04.06


こんにちは、森田です。 


今朝の新聞等でも報道されてましたが、国連の「海洋会議」の宣言案に「深刻化するプラスチックごみによる海洋汚染を防ぐため、レジ袋や使い捨てプラスチックの廃絶を各国に求める。」ことになりました。

使い捨てプラ製品廃絶を要求 ー 国連の「海洋会議」宣言案 


「レジ袋」などと具体的に明示していることが大きな進歩です。


これまでレポートにも書いてきましたように、海洋ごみの問題は、「拾う」「回収する」だけでは解決しません。かといって、「発生抑制」に向けた「啓発活動」で十分かと言うと、人の中には一定人数で不届き者が存在しますし、真面目な人でも知らない間にごみを発生している可能性がかなりあります。「突風でレジ袋が飛んでいった!」「持ってたはずのカップをいつの間にか落としてきた」などなど。社会の営みの中で一定量が流出ごみとして「発生」してしまうことはなかなか避けられない事実です。


 



 


ですが、仕組みを変える、ルールを変えることで発生していたごみをゼロにする手段はあります。ひとつの例は、プルタブからステイオンタブへの転換です。80年代後半から急速にステイオンタブに切り替わったことで、プルタブ型の缶飲料は今ではほぼ見かけなくなりました。同時に、路上でも浜辺でもよく落ちていたプルタブも見なくなりました。これで誤飲していた動物はかなり救われることになりましたし、浜辺で裸足になってプルタブで足の裏を切ることもなくなりました。たまーーに、昔のがどこからかやってきて落ちてたりはしますけどね。


 



 


転換することでなくなる流出ごみはまだまだたくさんあるはずです。国や自治体の力で規制を加えていくのもひとつですし、メーカーや流通業者が自発的な取り組みをすることに期待するのもひとつですが、一番大事なのは消費者の意識改革ではないでしょうか?今の海洋ごみの実態は消費者が選択して商品やサービスを受け入れてきた結果です。


 


田舎でジョグなどしてるとよく落ちているのが上の写真のお手拭。川沿い走ってるとほんとよく落ちてます。僕の田舎の民度が低いだけかもしれませんが、瀬戸内海の浜辺でもたくさん流れ着いてます。ほとんどがコンビニやスーパーで配布されたものです。コンビニでお弁当やカップ麺買うと、お箸とともに頼んでもないのにくれますよね。消費者が望んだ結果のサービスです。これを「必要ありません」とレジ袋含めて断る人が増えればだんだんコンビニ側のスタンスも変わってくるんじゃないかなと思うんです。


 



 


同じように、買い物時はレジ袋じゃなくてエコバッグを必ず持参する。ペットボトル飲料は買わずにマイボトルを持ち歩く。コンビニなどでホットコーヒーを買った時はプラスティックの蓋は使わない。とにかく使い捨てのプラスティック製品をできるだけ避ける・・・


 


こういう消費行動をする人が増えることが、メーカーや流通業者の態度を変えて、国や自治体の政策に影響を与えるんだと思います。


 


プラスティックごみは放置すると紫外線や波の影響で破片化し、回収がより難しいマイクロプラスティック化してしまいます。「拾う」では解決できない問題です。


 


と、ここまで長々書いてきましたが、そんな消費行動をする人が簡単に増えないことはよくわかっているのも事実で、なかなかつらい所です。みんな楽したいし、自分だけが率先してやることの虚しさもありますよねー。僕は会社経営をしていて、これだけ使い捨てプラスティックの利用はやめようと発言し、「自然との共生」を創業以来掲げて18年目ですが、今もオフィスのごみ置き場を見るとペットボトルがまぁまぁあります・・・。足元でこれですから、共感の輪がなかなか拡がらないのは仕方ありません。


 


けど、海に行くじゃないですか。美しい瀬戸内海の海。で、目を転じると大量の漂着したプラスティックごみがあるわけです。しかも使い捨てプラスティックごみが多数。そしてそれが太平洋などに流出してしまっている。

するとまた気持ちを新たにするんです。やっぱり声を出して、ひとりでも海に連れて行って遊んでもらって、気付いてもらわなくてはいけないなと。


 

起案者プロフィール

NPO法人アーキペラゴ
 
NPO法人アーキペラゴ=島から学び未来へのヒントを作るNPO

NPO法人アーキペラゴは、瀬戸内海に面した香川県高松市に本拠を置く非営利活動法人です。アーキペラゴとは、多島海・群島を意味します。この海で、未来の豊かさへと続く希望が見つけ出せたなら、きっとそれは世界が抱える様々な課題にも応用出来るに違いない。そんな確信を抱きながら、私たちは島へ渡ります。

2009年3月 設立(前身の「NPO法人INSかがわ」は2002年5月設立)
2017年2月 第7回地域再生大賞 選考委員長賞&中国・四国ブロック賞

支援コース

3,000円(税込)

  •  個人会員(一年間)
  •  メンバーシップステッカー
お返し品説明
・個人会員の方には定期的な会報メール、会員限定のイベントへのご案内

・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のメンバーシップステッカー×1枚(サイズ60mm×90mm)
  •  32人が支援しているコースです
  •  2017年5月中お届け予定
終了しました

6,000円(税込)

  •  個人会員(一年間)
  •  メンバーシップステッカー
  •  メンバーだけのマイボトル
お返し品説明
・個人会員の方には定期的な会報メール、会員限定のイベントへのご案内
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のメンバーシップステッカー×1枚(サイズ60mm×90mm)
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のロゴ入りボトル(500ml)×1本
  •  25人が支援しているコースです
  •  2017年5月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  個人会員(一年間)
  •  メンバーシップステッカー
  •  メンバーだけのマイボトル
  •  メンバーだけのTシャツ
お返し品説明
・個人会員の方には定期的な会報メール、会員限定のイベントへのご案内
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のメンバーシップステッカー×1枚(サイズ60mm×90mm)
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のロゴ入りボトル(500ml)×1本
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のロゴ入りTシャツ×1枚(サイズS、M、Lをお選びください)
配送について
TシャツのサイズはS、M、Lあります。ご希望のサイズをお知らせください。
  •  46人が支援しているコースです
  •  2017年5月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

残り13 個(限定20個)

  •  個人会員(一年間)
  •  カタマランヨットによる瀬戸内海の海ごみ調査&クルージング体験
  •  メンバーシップステッカー
  •  メンバーだけのマイボトル
  •  メンバーだけのTシャツ
お返し品説明
安定的な双胴船、カタマランヨットによる海ごみ調査へ、せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のスタッフと共に参加できます。陸域からアクセスが困難な場所をヨットを使って海ごみの目視調査を行います。また、移動中は瀬戸内の海、風を感じるクルージング体験をお楽しみください。
・個人会員の方には定期的な会報メール、会員限定のイベントへのご案内
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のメンバーシップステッカー×1枚(サイズ60mm×90mm)
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のロゴ入りボトル(500ml)×1本
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のロゴ入りTシャツ×1枚(サイズS、M、Lをお選びください)
配送について
①TシャツのサイズはS、M、Lあります。ご希望のサイズをお知らせください。
②ヨットによる瀬戸内海の海ごみ調査&クルージングは2017年6月18日、6月25日の2日間のどちらかを選択をいただくことになります。
  •  7人が支援しているコースです
  •  2017年5月中お届け予定
終了しました

100,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  個人会員(一年間)
  •  【あなたの仲間と貸切】カタマランヨットによる瀬戸内海の海ごみ調査&クルージング体験
  •  メンバーシップステッカー
  •  メンバーだけのマイボトル
  •  メンバーだけのTシャツ
お返し品説明
安定的な双胴船、カタマランヨットによる海ごみ調査へ、せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のスタッフと共に参加できます。陸域からアクセスが困難な場所をヨットを使って海ごみの目視調査を行います。また、移動中は瀬戸内の海、風を感じるクルージング体験をお楽しみください。
・個人会員の方には定期的な会報メール、会員限定のイベントへのご案内
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のメンバーシップステッカー×1枚(サイズ60mm×90mm)
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のロゴ入りボトル(500ml)×1本
・せとうちクリーンアップフォーラム(SCF)のロゴ入りTシャツ×1枚(サイズS、M、Lをお選びください)
配送について
①TシャツのサイズはS、M、Lあります。ご希望のサイズをお知らせください。
②ヨットによる瀬戸内海の海ごみ調査&クルージングは希望日をご一緒に調整させてください。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年5月中お届け予定
終了しました