集まっている金額 1,354,000(目標 1,200,000円)
達成率 112
支援者数 191
残り 終了しました
終了しました

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

こんにちは、相馬田んぼアートプロジェクトです!

はじめまして。このページをご覧いただきありがとうございます!

相馬田んぼアートプロジェクトです。

わたしたちは田んぼアートで相馬をもっとたのしくしたいとおもって活動しているグループです。東京・千葉・横浜や地元相馬など、たくさんの地域からあつまっていて、農家・漁師・建築家・シェフ・俳優・舞台美術家・映像作家・デザイナー・会社員など職業もバックグラウンドもいろいろです。みんなの力をよせあってがんばってます!

 

 

遠藤友幸丸山欣也・浅沼秀治・横山真由美・袴田長武・浦島啓・樋口陽子・増田貴行・小川将克・高野ゆらこ・斎藤穂高・美濃輪朋史・美濃輪なぎさ・杉木隆幸・宮嶋望美・小林真弓・久我純・小川順子・木村覚などなど。他にもたくさんの仲間で運営しています。 

 

みなさんの協力をお願いしたいです!

相馬市岩子の田んぼも震災の津波被害をうけましたが、2014年に作付けが再開。そこでわたしたちは、たくさんの方に相馬を知ってもらうきっかけになればと活動をはじめました。それから3年間で8回のイベントを開催し、おかげさまで参加してくださった方にはご好評をいただいています

 

でも、さらにたくさんの方に来ていただくには、活動基盤に限界を感じることが増えてきました。告知ツール、送迎手段、宿泊場所の確保。どれもやる気だけでは解決できません。4年目、5年目、いずれは10年目を目指すために、ご支援をお願いすることにしました。

 

すこし長いですがぜひ、活動を紹介させてください!

 

相馬田んぼアートプロジェクトって?

震災からもう6年目をむかえようとしていますが、福島県はまだたくさんの問題をかかえています。田んぼアートが直接役にたつわけではありませんが、たくさんの方に実際に来てもらって、今を知ってもらえればとおもっています。

 

たくさんのひとに福島相馬に足をはこんでもらえるように、相馬岩子ならではの田んぼアートを目指しています。

コンセプトは「農業は総合芸術」です。クリエイターを含むメンバーの力を活かし、多面的なイベントにしています。

 

参加する田んぼアート

春には参加者に田植えを体験してもらい、それが数ヶ月後には鑑賞する作品になり、そして数ヶ月後には、お米として収穫されます。一年を通じて田んぼアートのいろんな側面を体験していただきます。

 

 

食べる田んぼアート

田んぼアートのお米(「田んぼアート彩米」と呼んでいます)はふつうのお米と食べ方がちがいます。収穫したお米は実際にみなさんに食べていただけるよう、とくべつなレシピを開発したり、お米を使ったビールをつくったりと、につなげる活動をしています。

美味しそうでしょ!? レシピはこちらです!

 

芸術の田んぼアート

芸術ってあの芸術? そちらもやります! 横浜BankARTでの「OPEN STUDIO 2015」に、いっしょに活動している「さんむ田んぼアートPROJECT」や、有形デザイン機構とともに参加しました。

 

これまでに開催したイベントの田んぼアート

2014年 田植え祭・鑑賞祭・収穫祭

2015年 田植え祭・鑑賞収穫祭(台風の影響で、夏秋同時になりました)

2016年 田植え祭・鑑賞祭・収穫祭

子どもたちにつくってもらったガーランド

 

これまでの3年間で、すでに8回のイベントを開催していて、おおよそ東京などの遠方から20〜30名弱、相馬周辺から10〜30名程度の方にご参加いただいています。遠い方では関西からも! また、大学のゼミなどグループでの参加もいらっしゃいます。福島民友、読売新聞nosai 農業共済新聞福島民報でもご紹介いただいています。すこしずつ、輪がひろがっています。

掲載レポート:福島民報福島民友全国信用組合新聞

 

遠藤さんと田んぼアート

田んぼアート用の田んぼは、地元の海苔漁師の遠藤さんにより提供されています。わたしたちの代表の一人でもある、遠藤さんに田んぼアートへの想いを聞きました。

レポート:記者会見で遠藤さんが話したこと

相馬田んぼアートの見どころ

プロジェクションマッピング!

プロジェクションマッピングをご存知ですか? 立体的な空間に映像を投影する手法で、とてもおもしろい映像体験がうまれます。じつは鑑賞する場所にあわせてパースペクティブを活かしてつくる田んぼアートと、プロジェクションマッピングには共通する特徴があります。

 

相馬田んぼアートでは、田んぼをつかったプロジェクションマッピングをつくっています。昼間は夏色の稲の姿で風にたなびいていた、地元相馬のシンボル「馬」が、夜には光の集合として輝き、そして動きだします。昨年の映像は地元の子どもたちの協力で制作しました。こちらの映像をぜひごらんください。

 

季節ごとのうつくしさ

田んぼアートらしい「絵柄の見頃」はもちろん夏ですが、参加して実際に体験するイベントとしては季節ごとに姿を変える田んぼのうつくしさやおもしろさも、やはり見どころだとおもっています。ぜひ実際に相馬にきて体験してもらいたいです。

Instagramで遠藤さんが撮影した季節の写真を公開しています!

 

相馬田んぼアートの一年

イベント以外にもいろんな準備があります。相馬田んぼアートの一年を、ちょっとだけご紹介します。

 

3月:稲の準備をはじめます

田んぼアートでつかう稲は6+1種類です。べにあそびあかねあそびゆきあそび黄大黒緑大黒紫大黒と、背景につかう普通の稲です。絵柄にあわせて量を調整して育てます。

 

 

5月田植え祭前夜:杭打ち

レーザーで田んぼに絵柄を投影して(独自の手法です!)、参加者のみなさんの田植えのガイドになる杭を打っていきます。

 

5月:田植え祭当日!

たのしいイベント当日。みんなで田植えしてごはんを食べて。

(取材にも来ていただきました:スーツ姿の方)

レポート:田植えのたのしさを伝えたい

7月下旬:夏の鑑賞祭!

田んぼアートが完成しました! 夜にはプロジェクションマッピングでお祝いします!

 

まもなく投影! 映像チーム準備中です!

 

10月:秋の大収穫祭

稲を刈り取りましょう。いくら作りワークショップも行います。たのしい!

 

10月下旬:脱穀

みなさんに参加いただく形ではありませんが、有志で集まって脱穀祭です。いよいよお米になります。これで一年の活動は終わり。おつかれさまでした!

 レポートではさらにくわしく紹介しています

種籾の第一段がとどきました!

種籾がさらに届きました!

田んぼの準備をご紹介:田植え祭まで

田んぼの準備をご紹介:田植え祭から鑑賞祭まで

収穫したお米でおいしいビールを作ってます!

収穫したお米を食べるところまでがわたしたちの田んぼアートです。ということで2016年から、田んぼアート彩米をつかったビール作りにも挑戦しています。「さなぶり田んぼアートビール」と名付けてみました(さなぶり:田植え後のお祝い)。

ご存知のとおり、ビールは麦芽が主原料です。このうち数割程度を田んぼアート彩米(雑穀)でつくります。彩米を粉砕(案外これがたいへん!)して、おかゆにしておいたものを、原材料に混ぜていきます。

65度くらいで温度管理をしていくと酵素(アミラーゼ)の働きででんぷんが糖になります。温度をあげて酵素の働きを止め、ろ過します。まだこの時点では滋味のあるあまくてやさしい味です。煮沸して、ホップなどを追加したら冷却して、数週間の発酵を経ていよいよビールらしくなっていきます。ああ待ちきれない!

田植えでお披露目するから飲みに来てくださいね!!

ラベルもかんがえないとね。

レポート:さなぶり田んぼアートビールの準備開始!

相馬って?

相馬と「馬」

相馬田んぼアートは、毎年「馬」の絵柄にしています。これは馬が地元相馬のシンボルだからです。毎年7月に行われる、野馬追祭はとっても勇壮でうつくしいお祭りです。もしまだごらんになったことのない方がいらっしゃったらぜひ一度いらっしゃることを強くおすすめします(ほんとですよ!)!

 

相馬はおいしい

みなさんは相馬ってどんなイメージをお持ちですか? たくさんの魅力のある相馬ですが、わたしたちは「食」を推したいとおもっています(だから食が活動の中心にあります)。海があって山があって、魚介類もお米も(そして空気も!)おいしい、そういうところです。

  

2017年のイベント開催スケジュール

 

春の田植え祭「みんなで田植え」

開催日:5月13日(土) 雨天決行

場所:福島県相馬市岩子北稲田150

参加者みんなで田んぼに入って、手で田植えします。たのしい交流イベントもあります。

※東京からの送迎も予定しています。

 

夏の鑑賞祭「光のおまつり」

開催日:7月29日(土) 雨天決行

場所:福島県相馬市岩子北稲田150

うつくしく(?)仕上がった田んぼアートを鑑賞しましょう。夜は田んぼをつかったプロジェクションマッピングで完成を祝います。

※東京からの送迎も予定しています。

 

秋の大収穫祭「食べる田んぼアート」

開催日:10月28日(土) 雨天決行

場所:福島県相馬市岩子北稲田150

みんなで鎌を手に、収穫作業をします。

いくら作りワークショップも予定しています。

※東京からの送迎も予定しています。

 

料金や申し込み手順などの詳細は、イベント時期が近づいた頃にWebサイトやチラシなどでおしらせします。

ぜひこの機会にブックマーク・いいね!・フォローしてみてください!

Webサイト

Facebookページ

Twitter

Instagram

 

もっとたくさんの方に来てもらうために

地元からの参加者をふやすために

今年は、地元からのご参加をふやすべく、広報により力をいれたいとおもっています。チラシ配布や、ポスターの掲示などを充実させます。

 

東京方面からの参加者をふやすために

これまでの参加者からグッとふやしたいとおもっています。宿泊場所の確保、交通手段の確立について、50人を目標にしています。

 

交通手段について

2017年初頭現在、東京近郊の方にイベントにきてもらうには相馬はまだまだ遠いなあと感じています。もっと気軽にきていただけるように、2016年からバスでの送迎にも挑戦していますが、今年は定着を目指します。

 

宿泊について 

震災後民宿もすくなくなってしまいました。昨年・一昨年と地元の方々にはたくさんのご厚意をいただきましたが、数十人となると大変な部分がありました。

今年は主催者の遠藤さんの使っていない納屋を活用できるようにしたり、地元の方々のさらなる協力をいただきながら、宿泊場所を充実させたいと思います。 

 

みなさんに協力をおねがいしたい理由

イベントの参加者拡大を目指すための、基盤作りをしたいです! 参加人数が増やすためには、あるいは参加人数が増えたら、やらなくてはならないことがたくさんあるとおもっています。いただいた支援は以下のような用途にあてさせていただきます!

 

・地元でのPRのためのポスター、チラシの制作印刷費

・田んぼアート米の種籾の購入・管理費

・宿泊できる場所の整備

・東京からの送迎バスのチャーター費

・田んぼアート彩米をつかった地ビールの製造費

・イベント機材のレンタル費用(テント・トイレ・調理器具などなどたくさん必要です)

 

一緒に相馬の大地に馬を描こう!

一年をとおした農作業によって、福島県相馬を直接体験できるイベントです。見て、触って、味わう。参加後にはニュースレターやFacebookで田んぼの今をおしらせし、「田植えした田んぼがこんな風に!」と感じてもらえるようにしています。

 

他地域から参加される方には、この地域について知っていただいて、できることならファンになってもらえる機会になれればとおもいます。そして地元の方にも、楽しみと誇りを感じていただければ本当にうれしいことです。

 

ぜひ肩の力をぬいてあそびに来てください。おいしいものや美しい自然、楽しいことがいっぱいあります。 みんなで一緒に楽しんで相馬の大地に馬を描こう!

 

 

 

いまやわれらは新たに正しき道を行き

われらの美をば創らねばならぬ

芸術をもてあの灰色の労働を燃せ

ここにはわれら不断の潔く楽しい創造がある 都人よ 

来ってわれらに交れ 世界よ 他意なきわれらを容れよ~

「農民芸術概論綱要」 宮沢賢治

 

 

【追記】ご支援いただく際の手順

スマートフォンの画面を使った説明をご用意しました。

 

【追記】銀行振込をご希望の場合

銀行振込でのご支援をご希望される方は、担当者より個別にご対応させていただきますので、下記メールアドレスにご連絡ください。折り返しお手続きをご案内させていただきます。

 

相馬田んぼアート info@somatamboart.org

 

※1 メールのフォーマットは以下でお願い致します。

件名

“【FAAVO相馬田んぼアート】銀行振込について”

と入れて下さい。

 

本文

本文には必ず下記のすべての情報を明記下さい。

【必須記載事項】

・お名前:

・ご住所(リターン品送り先):

・お電話番号:

・メールアドレス:

・ご支援金額:

・ご希望支援プラン(例:【ビールもごはんも欲しい派セット】)

 

※2 振込み手数料は支援者さまのご負担になります。ご了承ください。

※3 期間内に目標金額に達しなかった場合、いただいた支援金は責任を持ってお返しいたします。

※4 お振込が確認出来ましたら「代理決済」という形で、お振込金額分のリターン品を起案者本人のクレジットカードにてFAAVOサイト上で決済させていただきます。

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

相馬田んぼアートプロジェクト
 
東日本大震災で津波被害をうけた福島県相馬市岩子で、
2014年から田んぼアートをつくってます。
農業×食×芸術
みんなで田植えをして、
プロジェクションマッピングを体験して、
そして収穫して食べるイベント。
福島県相馬でやってます!

たくさんのひとが福島相馬に足をはこんでくれるように!

支援コース

1,000円(税込)

残り5 個(限定50個)

  •  【プロジェクションマッピング参加コース】
  •  ⓪ 鑑賞祭のプロジェクションマッピングに絵で参加
お返し品説明
夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」のプロジェクションマッピングに、絵でご参加いただきます! 馬の絵のテンプレートをお送りしますので、プリントしておもいおもいの絵柄を描き込み、わたしたちに返送していただくと、プロジェクションマッピングの一部として投影いたします。

※投影時間は数秒程度です。
※公序良俗に反する内容、政治的モチーフについて、不採用とすることがあります。
※著作権は作者に帰属します。
※こちらにお申込みの時点で以下の2項に同意いただいたものとします。 ① 相馬田んぼアートプロジェクトが、作品または作品使用時の映像・写真などをプロジェクト広報(Web・SNS・ポスター・印刷物など)等で使用することを許可する。②作品に関する著作者人格権を相馬田んぼアートプロジェクトに対して行使しない。
  •  45人が支援しているコースです
  •  2017年7月中配送予定
終了しました

3,000円(税込)

残り37 個(限定60個)

  •  【田んぼアートありがとうセット!】
  •  ① 田んぼアート彩米(雑穀100g)
  •  ② 田んぼアートありがとう絵ハガキ
  •  ③ 田んぼアートステッカー
お返し品説明
① 2016年の田んぼアートで実際に収穫した「田んぼアート彩米」のうち、絵柄部分の雑穀米を100g、食べ方説明を添えておとどけします。
また、田んぼアートの ②ありがとう絵ハガキと③ステッカーもおとどけします。
※ハガキ・ステッカーの絵柄は現在制作中で、変更になります。
  •  23人が支援しているコースです
  •  2017年6月中配送予定
終了しました

5,000円(税込)

残り24 個(限定55個)

  •  【田んぼアートでごはんセット!】
  •  ① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット
  •  ④ 田んぼアート彩米(白米 2kg)
お返し品説明
① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット(雑穀米100g・絵ハガキ・ステッカー)※絵柄は変更になります。

④ 2016年の田んぼアートで実際に収穫された、田んぼアート彩米のうち、白米(背景部分)をお届けします。
  •  31人が支援しているコースです
  •  2017年6月中配送予定
終了しました

5,000円(税込)

残り0 個(限定30個)

  •  【田んぼアートでビールセット!】
  •  ① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット
  •  ⑤ さなぶり田んぼアートビール2本
お返し品説明
① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット(雑穀米100g・絵ハガキ・ステッカー)※絵柄は変更になります。

⑤ 2016年の田んぼアートで実際に収穫した、田んぼアート彩米を使ってつくった「さなぶり田んぼアートビール(小瓶)」を2本お届けします。※瓶・ラベルは変更になります。
※20歳未満の方はご遠慮ください。
  •  30人が支援しているコースです
  •  2017年6月中配送予定
終了しました
おすすめのコース!!

10,000円(税込)

残り0 個(限定25個)

  •  【ビールもごはんも欲しい派セット】
  •  ① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット
  •  ④ 田んぼアート彩米(白米 2kg)
  •  ⑤ さなぶり田んぼアートビール 2本
お返し品説明
① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット(雑穀米100g・絵ハガキ・ステッカー)※絵柄は変更になります。

④ 2016年の田んぼアートで実際に収穫された、田んぼアート彩米のうち、白米(背景部分)をお届けします。

⑤ 2016年の田んぼアートで実際に収穫した、田んぼアート彩米を使ってつくった「さなぶり田んぼアートビール(小瓶)」を2本お届けします。※瓶・ラベルは変更になります。※20歳未満の方はご遠慮ください。
  •  25人が支援しているコースです
  •  2017年6月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

残り0 個(限定15個)

  •  【参加したくなった!ご招待券】
  •  ⑥ 田んぼアートイベントご招待券(2017年のいずれか一回分)
お返し品説明
2017年に開催予定の田んぼアートイベント、田植え祭、鑑賞祭、収穫祭のいずれか一回に東京発送迎バスにてご招待いたします。

※ 送迎での参加は18歳以上の方のみになります。
※ イベント当日の朝に渋谷の指定場所にて集合、翌日の日曜日の夕方に渋谷で解散予定です。(交通状況により時間は前後します)
※ イベント翌日の日曜日は「福島の現状をたずねるツアー」にご参加いただきます。
  •  15人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定
終了しました
おすすめのコース!!

15,000円(税込)

残り3 個(限定20個)

  •  【地元の新鮮野菜うれしいセット】
  •  ① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット
  •  ④ 田んぼアート彩米(白米 2kg)
  •  ⑤ さなぶり田んぼアートビール 2本
  •  ⑦ 地元からの季節の新鮮お野菜つめあわせ
お返し品説明
① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット(雑穀米100g・絵ハガキ・ステッカー)※絵柄は変更になります。

④ 2016年の田んぼアートで実際に収穫された、田んぼアート彩米のうち、白米(背景部分)をお届けします。

⑤ 2016年の田んぼアートで実際に収穫した、田んぼアート彩米を使ってつくった「さなぶり田んぼアートビール(小瓶)」を2本お届けします。※瓶・ラベルは変更になります。※20歳未満の方はご遠慮ください。

⑦ 地元産の季節の新鮮お野菜つめあわせを直接おとどけします!(※野菜の組合せはおまかせいただきます。※写真はイメージです)
配送について
配送日のご指定は承ることができません。ですが、新鮮野菜ですので、なるべく早いお受け取りをおねがいします。
  •  17人が支援しているコースです
  •  2017年6月中配送予定
終了しました

30,000円(税込)

残り5 個(限定6個)

  •  【お名前表示します!コース】
  •  ① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット
  •  ⑧ Webサイトにお名前を掲載
  •  ⑨ ニュースレター(不定期発行のメール形式です)にお名前を掲載
  •  ⑩ ポスターにお名前を掲載
お返し品説明
① + ② + ③ 田んぼアートありがとうセット(雑穀米100g・絵ハガキ・ステッカー)※絵柄は変更になります。

⑧ 相馬田んぼアート公式サイト( http://somatamboart.org )とにお名前を掲載いたします。表示はテキスト・ロゴのいずれも可能です。
⑨ ニュースレターにお名前を掲載いたします。メールですのでテキスト形式のみになります。
⑩ 田んぼアートの2017年度ポスター(A2サイズ)にお名前を掲載いたし、ポスターをお届けします(ぜひ貼ってください)。サイズはおおよそ縦20mm 横42mmで,隣のお名前との間にはスペースを用意します(図参照)。表示はテキスト・ロゴのいずれも可能です。

※ ロゴでの掲出をご希望の際は、データにて提出いただきます。ベクター形式または十分な解像度のものをご用意ください。
※ ニュースレターの発行回数・ポスターの掲出箇所数はおまかせいただきます。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年4月中配送予定
終了しました

50,000円(税込)

残り5 個(限定8個)

  •  【プロジェクションマッピングAコース】
  •  ⑧ Webサイトにお名前を掲載
  •  ⑨ ニュースレター(不定期発行のメール形式です)にお名前を掲載
  •  ⑩ ポスターにお名前を掲載
  •  ⑪ プロジェクションマッピングでお名前を表示(1/2サイズ)
お返し品説明
⑧ 相馬田んぼアート公式サイト( http://somatamboart.org )とにお名前を掲載いたします。表示はテキスト・ロゴのいずれも可能です。
⑨ ニュースレターにお名前を掲載いたします。メールですのでテキスト形式のみになります。
⑩ 田んぼアートの2017年度ポスター(A2サイズ)にお名前を掲載いたします。サイズはおおよそ縦20mm 横42mmで,隣のお名前との間にはスペースを用意します(図参照)。表示はテキスト・ロゴのいずれも可能です。

⑪ 夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」(2017年7月29日開催予定)での、プロジェクションマッピングに、1名(社)あたり投影範囲の半分のサイズで、2名(社)分ならべて10秒間表示します。表示の状況は動画または写真にて、後日ご報告いたします。
※ ロゴでの掲出をご希望の際は、データにて提出いただきます。ベクター形式または十分な解像度のものをご用意ください。
※プロジェクションマッピングは田んぼをキャンバスとして行います。細部まで鮮明に表示することはできません。
※プロジェクションマッピングは野外で行います。天候などによって、見辛い可能性や、または開催できない可能性があります。
※ ニュースレターの発行回数・ポスターの掲出箇所数はおまかせいただきます。
配送について
プロジェクションマッピング以外のお届け時期は別になります。
⑧ + ⑨ は4月に掲載開始いたします。
⑩ ポスターは4月に掲出開始し、支援者さまにもお届けします。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2017年7月中配送予定
終了しました

100,000円(税込)

残り1 個(限定2個)

  •  【プロジェクションマッピングSコース】
  •  ⑧ Webサイトにお名前を掲載
  •  ⑨ ニュースレター(不定期発行のメール形式です)にお名前を掲載
  •  ⑩ ポスターにお名前を掲載
  •  ⑪ プロジェクションマッピングでお名前を表示(全体サイズ)
お返し品説明
⑧ 相馬田んぼアート公式サイト( http://somatamboart.org )とにお名前を掲載いたします。表示はテキスト・ロゴのいずれも可能です。
⑨ ニュースレターにお名前を掲載いたします。メールですのでテキスト形式のみになります。
⑩ 田んぼアートの2017年度ポスター(A2サイズ)にお名前を掲載いたします。サイズはおおよそ縦20mm 横42mmで,隣のお名前との間にはスペースを用意します(図参照)。表示はテキスト・ロゴのいずれも可能です。

⑪ 夏の鑑賞祭2017「光のおまつり」(2017年7月29日開催予定)での、プロジェクションマッピングに、投影範囲のほぼ全体サイズで、1名(社)あたり10秒間表示します。表示の状況は動画または写真にて、後日ご報告いたします。
※ ロゴでの掲出をご希望の際は、データにて提出いただきます。ベクター形式または十分な解像度のものをご用意ください。
※プロジェクションマッピングは田んぼをキャンバスとして行います。細部まで鮮明に表示することはできません。
※プロジェクションマッピングは野外で行います。天候などによって、見辛い可能性や、または開催できない可能性があります。
※ ニュースレターの発行回数・ポスターの掲出箇所数はおまかせいただきます。
配送について
プロジェクションマッピング以外のお届け時期は別になります。
⑧ + ⑨ は4月に掲載開始いたします。
⑩ ポスターは4月に掲出開始し、支援者さまにもお届けします。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2017年7月中配送予定
終了しました

500,000円(税込)

残り1 個(限定1個)

  •  【田んぼアート伝授コース】
  •  わたしたちのノウハウを現地で学んでいただきます
お返し品説明
年3回のイベントで、イベント前夜から最大4名様に滞在いただき、準備を含めた過程をご覧いただきます。ご質問ももちろん可能です。

また、レーザー杭打ち、プロジェクションマッピングの田んぼアートへの応用ノウハウをご覧いただきます。実際にイベントで実施される際の運用やサポート、機材についてはプロジェクトに協賛いただいている株式会社コローレに別途ご相談いただけます。

イベント以外のノウハウは通年の作業レポートとしてお届けします。

※交通・送迎を含みません。現地への交通費はご負担ください。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2017年5月中配送予定
終了しました