集まっている金額 453,000(目標 1,000,000円)
45%
達成率 45
支援者数 68
残り 終了しました
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

このプロジェクトについて

 はじめまして。マスノマサヒロと申します。「ふくしま・かなざわキッズ交流実行委員会」の代表を努めています。この会は、いしかわ自然学校のインストラクター有志が集まり2012年4月に発足しました。自然体験活動の開催や指導を得意とする仲間たちを中心に、今では学生や主婦、会社員など50人を越える市民スタッフが集う創造的な場へと成長しています。

 ご支援を公募するプロジェクトは、放射能問題に悩まされる福島の子どもたちを招いての保養キャンプです。屋外での活動が制限されている窮屈な生活を離れ、海あり山ありの石川県内で思いっきり飛び回ってもらおうというわけです。キャンプには地元石川県在住の子どもたちも参加、2週間にわたる屋外での共同生活を通して交流を深めます。原発事故が起こってしまったがために出会うことになった友だちとして、共に支え合い未来を切り開く力に成長してもらおうとの願いを込めています。

これは初めて開いた2012年夏の交流キャンプです。

 何もかもが初体験だった1回目のキャンプは、参加者を募集したものの思うように集まらず、数人の応募者からキャンセルが相次ぎ一時はゼロに逆戻り。開催が危ぶまれる窮地に追い込まれました。原因はいろいろあったと思います。計画した日程が17日間の長期だったこと、対象を小学校高学年に限定したことなどです。開催をあきらめかけたところへ、郡山の少年から申し込みがありました。よし、このたったひとりの子のためにキャンプをしよう、となったわけです。集まったスタッフはすでに20人ほどにもなっていました。なんと贅沢なキャンプでしょうか。以来このキャンプは、おのずと規模より中身や雰囲気を大事にするものとなりました。開いてみれば、いわきから仲よし4人組の女の子が参加し福島からは合計6人、石川は7人が集まり、まさに描いた通りの少人数ならではの深い交流が実現しました。

とびだせ、海、山。遠くのきみと今日からともだち。

 福島の子どもたちにとって今もっとも必要なものはなんでしょうか。一概に決めつけることはできませんが、少なくとも海や山の大自然の中で放射能を気にせず思う存分飛び回ることがまずひとつ上げられると思います。それで決めたキャンプのキャッチフレーズは、「とびだせ、海、山。遠くのきみと今日からともだち」でした。心身の元気を取り戻すための保養と、未来へとつながる交流のふたつの大きなテーマを掲げ、子どもばかりかおとなまで、なんの遠慮もなく今の自分のまんまを発揮するキャンプを繰り広げました。実はそのせいか、毎日のようにけんかが絶えませんでしたが。

 会場は、金沢の医王の里オートキャンプ場と能登島にある勝尾崎キャンプ場を利用しました。スタッフのほか婦人会の方々や能登島では民宿や青年団のみなさんにも大いにお世話になりました。深夜に焼いたばかりのパンを届けてくれた方、熱い料理を出すのだと何度も調理を繰り返した女性、あまりにあったかい雰囲気を感じて帰り道に泣き通したという一日だけ参加のスタッフもいました。大勢の応援があってはじめて実現したことを、今でも忘れたことがありません。福島の子どもたちを思い、何か力になれないかというそれぞれの思いが重なって創り上げたキャンプでした。

けんかという名の交流

 最後の夜のひとときに、横になって寝込んでしまった子も輪に入ったまま、みんなのひと言ずつでキャンプを振り返りました。彼が名乗りあげてくれたおかげでキャンプが実現したその少年が、ぽつりと静かに言いました。「ぼくは一人っ子なので、みんなと毎日けんかできて、とってもうれしかった。明日からまた寂しいです」。あまりに自分勝手な態度に思わず怒鳴りつけたこともありましたが、そのひと言を聞いて、キャンプをやってよかったとしみじみ感じました。福島の状況は2年あまりが過ぎた今もいっこうに先が見えません。わずかばかりの子どもたちを短期間に招く保養プログラムにどれほどの効果があるものか、かかわる当のぼくたちにもわかりませんが、継続した分だけ新しい展開が生まれるでしょうし、それがやがて成長しこの国を背負って行く子どもたちの生きる支えにもなることを願っています。日本のおとなとして、もうどうにも後には引けないのだと覚悟を決めています。

2012年冬のぬくもりキャンプ

 「石川は夏もいいけど、冬も真っ白な雪が積もって素敵なんだぞ」と、いわきの女の子たちに話しかけたことから冬の開催が決まりました。夏の反省を踏まえて期間は4泊5日に短縮、対象も大幅に広げて「ご家族みなさんでどうぞ」と呼びかけました。告知後あっと言う間に定員を越え、「この際だ、大型バスに乗れる人数だけ受け入れよう」と宣言してしまいました。経験豊かなスタッフには開催前から無謀な計画だとすぐにわかったようですが、力を合わせれば案外何でもできるもんですね。スタッフを含めて毎日70人ほどがてんやわんやの共同生活を繰り広げる、題して「ぬくもり村の大家族」キャンプとなりました。スタッフひとりひとりが、どうすることがぬくもりなんだろうと常に考えながら工夫を凝らす毎日でした。

未来に向けて

 この春休みにも「ぬくもりキャンプ」と銘打ったプログラムを開催、五月の連休には知的障がいと共にある子どもたちとそのご家族を招いてのキャンプも計画しています(適宜ホームページやブログなどでレポートしています)。始めた一年前の頃とくらべて実行委員の気持ちにひとつの変化が現れてきたように思います。福島の子どもたちの笑顔と元気を応援しようというだけでなく、子どもたちの交流で終わるだけでもなく、障がい者や健常者の区別を取り払い、おとなも子どもも老いも若きも、どんな壁をも越えた本当の「大家族」キャンプを開く気持ちになっています。3.11を境に日本は当然変わるだろうと大勢の人が感じたでしょうに、はたして何がどう変わったと言えるでしょうか。いまぼくたちは、“大家族社会”のモデルになるようなキャンプを探りはじめています。

2013年夏の交流キャンプに向けて、みなさんのご支援をお願いします

 もちろん規模によりますが、一度のキャンプでおよそ60万円〜100万円ほどの予算を必要としています。石川と福島を2往復する大型バスのチャーター料金だけで70万円あまりもかかります。夏はもっとも規模の大きなキャンプとなります。どうぞみなさんのご支援をよろしくお願いします。3ヶ月で100万円の目標を設定しました。開催費用の主要な一部として役立たせていただきます。この夏、福島の子どもたちといっしょに、日本の未来への扉をひとつ開けませんか。

 2013年夏 ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ開催費用 150万円

  ・参加予定人数 50人(福島県から30人、石川県から20人)

  ・予定期間   2013年7月27日〜8月10日

  ・宿泊食費代  80万円

  ・バス代    70万円

 

ご支援いただいたみなさまへのお礼です

1,000円

ご支援ありがとうございます。

①キャンプ中の子どもたちの姿をとらえたポストカード3枚

5,000円

ご支援ありがとうございます。

②上記のポストカード 10枚

10,000円

ご支援ありがとうございます。

②に加え

③キャンプレポート集

15,000円

ご支援ありがとうございます。

②・③に加え

④当会代表の写真家マスノマサヒロのポストカードセット(10枚組)

20,000円

ご支援ありがとうございます。

②・③に加え

⑤マスノマサヒロのポストカードセット(10枚組)2種類

30,000円

ご支援ありがとうございます。

②・③に加え

⑥桝野正博写真集『あめつちのしづかなる日』

桝野正博写真集「あめつちのしづかなる日」http://plaza.rakuten.co.jp/kazesans/5000/

50,000円

ご支援ありがとうございます。

②・③・⑤・⑥

100,000円

ご支援ありがとうございます。

②・③・⑤・⑥に加え

⑦キャンプへのご招待(交通費は自己負担)

⑧スタッフの手作り味噌

⑨もうひとつ、スタッフ全員で真心を込めた記念品を検討します

起案者情報

マスノマサヒロ

写真家。ふくしま・かなざわキッズ交流実行委員会代表。福島の子どもたちを応援し、その姿を記録中です。

ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ公式サイト

http://www.kazesan.net/

ブログ

http://fk-kids.blogspot.jp/

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

kazesan
本名 マスノマサヒロ
ふくしま・かなざわキッズ交流実行委員会代表
写真家

支援コース

1,000円(税込)

お返し品説明
ご支援ありがとうございます。
①キャンプ中の子どもたちの姿をとらえたポストカード3枚
※ 画像はイメージです
  •  18人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
ご支援ありがとうございます。
②上記のポストカード 10枚
  •  26人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

お返し品説明
ご支援ありがとうございます。
②に加え
③キャンプレポート集
  •  20人が支援しているコースです
終了しました

15,000円(税込)

お返し品説明
ご支援ありがとうございます。
②・③に加え
④当会代表の写真家マスノマサヒロのポストカードセット(10枚組)
  •  1人が支援しているコースです
終了しました

20,000円(税込)

お返し品説明
ご支援ありがとうございます。
②・③に加え
⑤マスノマサヒロのポストカードセット(10枚組)2種類
  •  3人が支援しているコースです
終了しました

30,000円(税込)

お返し品説明
ご支援ありがとうございます。
②・③に加え
⑥桝野正博写真集『あめつちのしづかなる日』
  •  1人が支援しているコースです
終了しました

50,000円(税込)

お返し品説明
ご支援ありがとうございます。
②・③・⑤・⑥
  •  0人が支援しているコースです
終了しました

100,000円(税込)

お返し品説明
ご支援ありがとうございます。
②・③・⑤・⑥に加え
⑦キャンプへのご招待(交通費は自己負担)
⑧スタッフの手作り味噌
⑨もうひとつ、スタッフ全員で真心を込めた記念品を検討します
  •  0人が支援しているコースです
終了しました