集まっている金額 700,000(目標 700,000円)
100%
達成率 100
支援者数 58
残り 計算中

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

 

● 僕たち地元が大好きなんです!!しかし2月の大雪で多くのハウスが倒壊

こんにちは。小松能美農業青年グループです。

私達は小松市・能美市・川北町の35歳以下の若手農家です。Uターン就農の会員も多く、一度は県外に出たものの、生まれ育った土地で農業がしたいと帰ってきた地元愛の強い人が集まっています。

 

その為か、教材を自分たちで制作した食育授業を地域の小学校で行ったり、サツマイモの定植や収獲体験を地元幼稚園の子ども達と行ってきました。最近では異業種の方と共に地域農業・食文化を盛り上げようと活動を始めています。

 

今回の大雪の影響で私たちの地域では700棟を超えるのハウスが被害にあいました。

▲外側の様子

 

▲内側の様子

 

その中でもトマト栽培の盛んな小松市では600棟以上のハウスが倒壊・破損と全国で最も被害を受けた市の1つです。

お世話になっている先輩のハウスも被害を受けました。

 

僕たちに地域農業を繋いでくれた方々、これから地域を背負っていく自分達や子ども達の為。そして地元の皆様がいつまでも新鮮な地元産野菜を購入できるよう、1棟でも多くのハウスの再建と、倒壊したハウスを撤去を支援することで農地を復旧させる支援を行いたいと思っています。

● 通学路に田んぼや畑がある田舎らしさを残したい

農業青年グループ会長の宮本です。

 

私は小松イ草を栽培しています。

小松市では昔からイ草の栽培が盛んでした。しかし昭和38年の大雪など自然災害による影響を受け産地が縮小しています。要因はいくつかありますが、1400軒いた農家も今では1軒のみとなっています。「同じ道を他の作物にたどって欲しくない」と気が付けば考えていました。

小さい頃は当たり前だったイ草の景色が、農家になった時には自分の畑だけになっていました。

また昔にくらべ通学路の近くに畑や田んぼが少なくなったなと感じます。

帰り道にある用水や畔・畑で子ども達が遊んだり、農家としては「それはやめて!」と思う瞬間もありますが、なくなれば物足りなさを感じます。

 

僕は小学校で田植え・稲刈りの授業を行ってるせいか、田んぼにいると「お米のおっさ~ん!」と手を振られ、「せめておっちゃんやろ!」と会話をしながらも、こんなホッコリする瞬間や環境を子どもや孫にも残したいと思っています。

▲小学生との稲刈り

 

 ▲子どもは田んぼに行くと走り出す

 

● ハウスが倒壊したまま放置されれば耕作放棄地が増えてしまう

 

昨年、私たち農業青年は地域の飲食店のシェフやオーナーにアンケートを行っています。

その中の1つに【メニューに地元産を取り入れたか】という問いを入れました。

予想はしていましたが100%「はい」という答えでした。

その理由は「鮮度」。

 

価格も大事だが栽培方法よりも鮮度が1番と言います。農家ながら驚きもありましたが、素材の味が大切したいという想いが、また1つやり甲斐になりました。

 

また農家が直接野菜を持ち込む直売所も大変人気があり、朝並べた野菜は夕方になるとほとんどが売切れます。これを読まれている方の中にも、直売所を利用したことのある人が多いのではないでしょうか。

 

倒壊したハウスの撤去に手が回らず放置されれば耕作放棄地になってしまいます。

ハウスを再建できなくても、倒壊したハウスの撤去が出来れば、畑となり野菜を作れます。

 

地元産を求める皆様の為にも、耕作放棄地を増やさず、農地を農地として将来に繋いでいくことが大切なのではないかと感じています。

▲ハウス倒壊で多くの野菜苗が破棄されました

 

▲小松市は北陸一のトマト産地

 

▲お米の苗の多くはハウスで育てられます

 

▲自然×農業 この風景を残したい!!

 

●農地を農地として将来に繋いでいくために

支援頂いたお金を使用し、充電式の電動ノコギリなどハウス撤去に使用する資材を購入し、JA小松市・JA能美・JA根上へ寄付します。

撤去に踏み切れなかった農家が自ら撤去を行うきっかけになるよう、各JAが窓口となり、資材のレンタルを行う仕組みを作ります。

※撤去を業者に依頼すると1棟10万~15万円の費用が掛かります。

 

支援金を資材に変えて寄付することで、今回だけでなくハウス建て替え時にも使用でき、今後の規模拡大を考える農家の役に立てると考えました。

 

農業青年でもハウスの撤去作業を実体験し、倒壊時の注意事項などをまとめることで、倒壊ハウスの撤去を促します。その他、JAの広報誌を利用し、インターネットやSNSで情報を得ていない方にも、資材のレンタルが行えることを発信していきます。

 

● 実行スケジュール

4月~5月

クラウドファンディング開始

 

6月~7月

撤去資材を購入し各農協への寄付

 

農業青年で小松市で倒壊したハウスの撤去体験(参加権はお返しの品に設定しています)

これからの近況を報告をします。

レンタル資材を使用し、ハウスを撤去した畑で作られる作物の情報を発信していきます。

皆様の支援が第一歩となり収穫できた野菜などの情報を今後の農業青年の活動の1つとしてお伝えできればと考えています。  

       

● 支援金の使いみち

・ハウスの撤去資材を購入しJAへ寄付(51万円) 85000円相当を6セット     

・返礼品(5万円)・手数料(14万円)

・残金が出た場合は農業青年のハウス撤去などの活動費に使用させていただきます

 

 

● あなたの行動が将来へと農地を繋ぎ、あなたの想いが農家の支えになります

農業は自然との勝負。

この1年は日照不足・台風・低温、そして豪雪と改めて自然の驚異と隣り合わせで仕事をしているのだと実感しました。

 

今回の大雪は2月初旬、これから栽培する野菜の苗、野菜の赤ちゃんを大切に育てている中での事でした。中にはハウスが何棟も倒壊し、作付けの目途が立たず、苗を破棄せざる負えない農家もいます。

 

厳しい環境下から元の形に戻そうと頑張っている農家にとって、あなたの温かい言葉はの心の励みとなり支えになります。また、このプロジェクトでの支援者数や寄せられコメントが小松能美地区の農家だけでなく、全ての農家を勇気づけるものになります。異常気象に負けない!今まで通り石川県産の野菜を多くの方にお届けするための支援をしたい!

私たち若手農家にに力を貸してください。

 ▲農業青年と園児のサツマイモと収穫

 

▲小学校での食育授業の練習風景

 

● 起案者情報

【団体名】小松能美農業青年グループ

【代表者】宮本健一

【HP】https://komatsunomi4h.localinfo.jp/

【メール】komatsunomi4h@gmail.com

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

小松能美農業青年グループ
小松能美農業青年グループです。私たちは小松市・能美市・川北町の35歳以下の若手農家の集まりです。2018年で創業25年、現在は会員11名で活動しています。会員は米・トマト・丸いも・イグサなどを栽培しています。地域での食育活動や、近年は異業種の方と共に、地域農業・食文化を盛り上げる活動を始めています。2017年には全国の若手農家の集まる大会に出場しました。

支援コース

3,000円(税込)

  •  お礼・状況報告メール
お返し品説明
小松能美農業青年よりお礼のメールをお届けいたします。頂いた支援金が撤去資材と変わり、資材を使用されている様子や、撤去後の土地で栽培された農作物の状況、地元野菜を使ったレシピ、資材をレンタルした方からの感謝の言葉などを情報をメールにてお伝えします。
  •  15人が支援しているコースです
  •  2018年6月中配送予定

5,000円(税込)

  •  お礼・状況報告メール
  •  特典付きお礼の手紙
お返し品説明
お礼・状況報告メールに加え手紙(ハガキ)をお届けいたします。ハガキは地元野菜を使用する小松・能美地区の飲食店やカフェで使用できるドリンクチケット等になります。 □使用可能店舗:【小松市】〇ARU(夜のみ)〇こまつ町家文庫(カフェメニュー注文時に文庫珈琲・加賀棒茶・本日のミニケーキのいずれか)【能美市】〇Lanit cafe Joki(ソフトドリンクのみ)〇Bistro A table(夜のみ、コース料理の予約に限り乾杯ドリンク4名までプレゼント)
配送について
小松能美農業青年より発送
  •  7人が支援しているコースです
  •  2018年6月中配送予定

10,000円(税込)

残り12 個(限定24個)

  •  お礼・状況報告メール
  •  特典付きお礼の手紙
  •  ひゃくまん穀ごはんば~が3個セット
お返し品説明
お礼・状況報告メールと手紙                   
いしかわの新しいお米「ひゃくまん穀」を使用した三種のプレミアムな「ごはんば~が」です。
・ハントン風:金沢のグルメであるハントンライスをイメ-ジし、ケチャップ風味に味付けしたもの)
・蓮根ハンバ-グ:加賀レンコンを使ったふんわりハンバ-グをサンドしたもの
・金沢カレ-:金沢カレ-と能登豚のミルフィ-ユ風とんかつを具材にしたもの  http://www.is-ja.jp/neagari/product/berger.html
配送について
JA根上より発送させていただきます
  •  12人が支援しているコースです
  •  2018年6月中配送予定

10,000円(税込)

残り21 個(限定24個)

  •  お礼・状況報告メール
  •  特典付きお礼の手紙
  •  能美市産はとむぎ茶セット1箱
お返し品説明
・ブレンドはとむぎ茶ペットボトル(500ml)×1本
・ブレンドはとむぎ茶ティーハ゜ック(ひも付きタイプ3g×5P入り)×1袋
・はとむぎ茶ティーパック(12g×20P入り)×1袋 
能美市産のはとむぎを使用しています。商品はすべてノンカフェインです。はとむぎは穀物の中でも栄養価が高く、タンパク質・脂肪・カルシウム・鉄・ビタミンB1,B2・アミノ酸組成が豊富です。ブレンドはとむぎ茶は能美市産の玄米・大麦をしようした香ばしく、すっきりとしたお茶です。                       
配送について
JA能美より発送させていただきます
  •  3人が支援しているコースです
  •  2018年6月中配送予定

10,000円(税込)

残り15 個(限定24個)

  •  お礼・状況報告メール
  •  特典付きお礼の手紙
  •  小松とまとづくし
お返し品説明
・とまとケチャップ:トマトの旨味と甘味が凝縮した、トマトの味が濃いケチャップ(着色料・保存料未使用)
・ミディトマトドレッシング:実はもちろん皮も種も丸ごと使い、マイルドなのに爽やかなドレッシングに仕上げています。サラダや温野菜・冷製パスタにたっぷりかけてお召し上がりください。
・カレールウ:小松市産のトマトと小麦を使って家族で食べられるカレールウ http://www.ja-komatsushi.or.jp/
配送について
JA小松市より発送させていただきます
  •  9人が支援しているコースです
  •  2018年6月中配送予定

10,000円(税込)

残り2 個(限定3個)

  •  お礼・状況報告メール
  •  特典付きお礼の手紙
  •  農業青年とのハウス撤去体験 参加券
お返し品説明
6月中に開催予定の、小松能美農業青年のハウス撤去体験で一緒に倒壊したハウスの撤去を行います。
配送について
日程に関してはプロジェクト達成後にお伝えいたします。
  •  1人が支援しているコースです
  •  2018年6月中配送予定

30,000円(税込)

  •  お礼・近況報告メール
  •  特典付きお礼の手紙
  •  農業青年HPに掲載
お返し品説明
小松能美農業青年のHPに今回のプロジェクトの支援者・支援店として名前・HPリンクを掲載させていただきます。
サイドバーに掲載するので、ページを移動してもリンクボタンが表示されます。
  •  9人が支援しているコースです
  •  2018年6月中配送予定

50,000円(税込)

残り0 個(限定2個)

  •  お礼・近況報告メール
  •  特典付きお礼の手紙
  •  ひゃくまん穀ごはんば~が3個セット
  •  能美市産はとむぎ茶セット1箱   
  •  小松とまとづくし 
  •  小松能美農業青年と交流
お返し品説明
お礼・状況報告メールと手紙・JA小松市・能美・根上の加工品に加え、小松能美農業青年との交流の場を設けます。(地域:小松市 交通費・飲食代が発生する場合は個人負担でお願い致します)
配送について
メンバー各々の繁忙期あるため、開催時期は要相談(秋になる場合もございます)
各加工品は各JAから発送予定です。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2018年6月中配送予定
終了しました