集まっている金額 301,000(目標 200,000円)
150%
達成率 150
支援者数 29
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2016年06月12日、合計301,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

こんにちは!

こんにちは。石川県のNPOバンク「ピースバンクいしかわ」代表理事、小浦です。

 

 

ピースバンクでは、地元の市民の方からお金をお預かりして、地域を元気にする地元の事業に貸し出す、ということを5年間続けています。さらにこの3年間は、お金をお貸しする「融資」とは別に、「寄付集めのお手伝い」として、この「FAAVOいしかわ」ページに案件を出す方達のお世話を、仲間たちと続けてきました。

 

たとえば、「安全なエサだけを与えてのびのび育てた鶏の卵を販売したい」という夢をもつご夫婦の「山ん中たまご園」さんには、まず運転資金をご融資して、さらに、鶏のための井戸を掘るという希望を叶えるため、FAAVOでの資金集めをお勧めしました。

 

▲山ん中たまご園の堂下夫妻

 

無事に50万円の資金集めを達成され、井戸も掘ることが出来、卵の販売も好調です。融資分はすでにご返済いただきました。

 

融資先は、「女性の学びのためのスペース」ガールズスクエアさん、「精神障害のある人の働く場をつくりたい」餃子のちゃおずさんなど、5年間で29件。総額2930万円のご融資をしてきました。

 

▲ちゃおずさんのチラシの製作もお手伝いしました

 

ご支援集めのお手伝いでは、「日本一小さい農家が無肥料栽培に挑戦」風来の西田さん

 

 

「ひきこもりの青年のためのシェアハウスをつくりたい」百笑の郷さん

 

 

など、いろんな事業者さんの夢の後押しを、このFAAVOでやり、3年間で総額642万円の資金集めに成功しています。

今回は、ピースバンク自身が、資金集めチャレンジをします!

内容は、「‘みんなで力をあわせて社会をよくする方法’を学ぶ研修会の資金を、集めたい」。

 

身近にある困りごとを解決したいと思った時に、誰かひとりがすごく頑張るのでなく、たくさんの人が次々とリーダーになり、関わっていくことで、暮らしやすい地域になっていく。その方法を学ぶ会をやりたいです。

 

私(小浦)は、奥能登の港町で、父は高校教師、母は専業主婦の家庭で、毎日海を見ながら育ちました。

前途はこの広い海のように開けていると思っていましたが、父には「女はどうせ嫁に行くから」と言われ、進路を自由に選ばせてはもらえず、しかしあきらめきれずに、

少し働いたあとで2年間の世界放浪

フェアトレードの市民グループ設立

フェアトレードショップ起業

石川県でのNPOバンクの立ち上げ、という道をたどりました。

 

旅行先の路上で、何日も食べてない子どもたちと出会い、一緒に遊んで過ごしました。手をつなげば温かくて、折り紙やあやとりを教えれば上手にやって見せてくれました。もっといろんなことを一緒にやって笑いあいたいと思いました。親しく話した女の子は、来月には売春の仕事をさせられると言っていました。きれいな目をのぞき込んでいたら、そんなことはありえない、としか思えませんでした。

 

▲コルカタの路上で暮らす子どもたちと。寄付の服に着替えて動物園に出かけました。

 

そんな絶望的な貧しさを見て、それを少しでも減らすことを自分の仕事にしたいと願いました。帰国して19年間、経済的に弱い立場にある人たちが作ったものを販売して仕事場を作り出す「フェアトレード」に取り組んできました。知らない方にも呼びかけて、多くのご協力をいただく幸運に恵まれました。

 

▲多くの市民のご協力をいただいた講演会。インドのストリートチルドレンのためのNPOから講師を招聘

 

当初、お金がなく車が持てませんでしたが、常に誰かが車を出してくれ、イベントに出店できたり、そこで出会った方が空き店舗を紹介してくれたり、ということが積み重なり、今ではスタッフ8人のフェアトレードショップです。東京のNPOバンクから資金を貸してもらえて店を大きくすることが出来たおかげで、いまの生活があります。

 

 

自分が受けたのと同じ手助けを、これからの方たちにも受けてほしい。そんな思いで、市民から出資を募り、今、NPOバンクの主宰者として、起業家にお金をお貸しすることをしています。

 

ピースバンク報告書

 

仕事としてフェアトレードに取り組む一方で、「もっとフェアな世の中に」と、非営利の取り組みもいろいろやってきました。ボランティアのメンバーが集まる場では、協力者とどんなふうに責任を分け合えばいいのかわからず、肝心のところは自分でやってしまい、結果、自分が抱えきれず苦しくなって止めてしまったことが、たくさんあります。

 

どうすれば途中で投げ出さない、長く続く取り組みになるのかと、20年近く悩み続け、自分がリーダーシップをうまくとれないからだと思っていましたが、まわりを見渡してみると、同じ悩みを抱えている人がたくさんいました。

 

「リーダーの自分だけが忙しくなってしまい、仲間と仕事を分け合えない」

「協力するよと言ってくれる人は現れるけど、うまくグループをまとめられない」

 

私だけの問題ではなかったんだ。みんな、人を巻き込んでもっと活動を広げたいのに、やり方がわからず、困っている。

そんなとき知ったのが「コミュニティオーガナイジング」という手法。このやり方を学ぶと、グループに関わる一人一人が、自主的にリーダーとして活躍できるようになるそうです。オバマ大統領が初当選したときには、この手法が使われ、当選の原動力になったことで、有名になりました。

コミュニティオーガナイジングとは?

コミュニティオーガナイジングとは、・普通の市民が、持っている力を結集して、コミュニティの力で社会の仕組みを変えていくこと。「人は誰でもリーダーである」という考え方で、さまざまな関係者を巻き込みながら、コミュニティを根本からよくすることを目指します

 

「一人一人誰もがリーダーになれる」

「リーダーが孤立しないムーヴメント作り」

「社会を変えることは、身近なことからやっていけばいい」

「身近なことでも、しっかりと戦略を練って動かなければいけない」

 

この考え方を日本に紹介する「コミュニティオーガナイジングジャパン」は、代表の鎌田華乃子さんが数年前から日本で活動を始め、全国でワークショップを行い、とても好評とのことです。http://communityorganizing.jp/co/info/

 

 

体験者の声(同ウェブサイトより)

「今まで参加したどのワークショップや研修よりも、自分への自信と信頼を深めることができました。」

「終わってみれば不思議と「私にはできる」という自信が深まっています。」

「どんな活動にも共通する土台で気を付けるポイントを論理的に順番に学ぶことができたので、すぐに役に立つのではないか、と感じました。」

「自転車に乗るように、実践を通して少しづつやれば必ず身につきます、という言葉に励まされました。」

この手法を、石川県でも、学ぶ機会がほしい!

石川県は、他の県に比べて、NPOの団体がとても少ないそうです。(認証NPO数:47都道府県中41位)そして、自分で起業する人も少ないと聞きます。

暮らしやすい地域と言われてはいますが、他の地域と同様の社会の困りごとはあります。

 

「地元に帰りたいけれど仕事がない。仕事さえあれば」という若い人の声。

 

「ひきこもる子どもを抱えて、もう死ぬしかない」と追い詰められた親御さんの声、「食べることが苦しみでしかない」と悩む摂食障害の方の声、誤解が多いせいで差別される不安を抱えたイスラム教徒の方の声。

 

ピースバンクの活動を通して、たくさんの「困りごと」に出会いました。その困りごとに何年も向き合い明るく活動してきた方たちとも、出会うことが出来ました。

 

せっかく課題解決のために立ち上がった人が、やはりそれぞれに活動の悩みを抱えています。このリーダーたちがつぶれてしまわないために、COの手法をいっしょに学びたい。

資金の使用用途について

ワークショップ開催に当たり、ハードルになるのが、費用です。定員18人でワークを受けるためには、ボランティアスタッフさんの手を借りても約40万かかります。

 

もちろん参加費で賄うのが普通ですが、北陸の地でどれほどのニーズがあるのかわからず、赤字になる心配があって、2年間ほど、開催に踏み出せませんでした。もし赤字になれば、大切なピースバンクの資産(過去6年間の自主事業や皆さんからの寄付をコツコツためてきたもの)が減ってしまい、活動が厳しくなります。

 

そこで、

・先に、費用の一部、20万円をFAAVOで集めます。

・参加する人には、普通に参加費を負担していただきます。(FAAVOでの寄付者様にはその分の割引あり)

・赤字が出た場合のみ、FAAVOで集まった寄付を補てんに充てさせていただきます。

・もし、参加者が十分に集まり、黒字が出た場合は

1)経済的な理由がある方への参加費補助に回します。(社会的弱者の当事者団体や支援団体の方など)

2)ピースバンクの運営資金として使わせて頂きます。(貸金業登録などの年間費用10万円、融資先の審査や困りごと相談にかかる交通費などの費用、融資の原資となる出資金を集めるための印刷代などの費用、)

 

・ワーク実施の際の参加費は、7月2日、3日の2日間で、お一人3万6千円です。場所は金沢近郊。

20万集まれば、安心してセミナーを開くことができます。みんなで社会の困りごとを解決していくネットワークを石川で深めていきたい!

どんどん石川県をおもしろく暮らしやすくしていきたい!

 

なにとぞご協力お願いいたします。

 

リターン品のご紹介(地域の問題を解決する品々です)

・フィリピンの無農薬コーヒードリップパックルソン島北部の地域で、村人が現金収入を得るために山の木を切って畑を作っていますが、伐採しすぎたために干ばつが起きています。

 

その地域に、反町真理子さんという日本人女性が、「コーヒーを植えて現金収入を得よう」と呼びかけて、これまでに10万本の植樹を行いました。そこから採れたコーヒー豆を、京都のフェアトレード会社「シサム工房」さんが、美味しいドリップコーヒーにしました。

 

 

・フィリピンのドライマンゴマニラから車で2時間ほどの海辺の街に、買春の被害にあった少年少女をリハビリするための施設があります。このマンゴは、その運営資金のために加工・販売されています。マンゴーの生産者も、正当な金額で買い取られるフェアトレードの取引に納得して協力しています。

 

起案者情報

【団体名】ピースバンクいしかわ

【代表者】小浦むつみ

【HP】 http://piecebank.net/

【facebook】https://www.facebook.com/piecebank/

【参考リンク】http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/11/community-organizing-kanoko-kamata_n_4580830.html

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

ピースバンクいしかわ
 
2011年に発足。非営利団体。
市民からの出資を原資に、現在までに35件の融資を実行。累計融資総額39,507,365円。クラウドファンディングなどでの資金集めのお手伝いも過去に18件、総額9,890,100円を達成。

支援コース

1,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  ワーク開催のご案内
  •  ご参加の場合は1000円引き
  •  事後のご報告
  •  7人が支援しているコースです
  •  2016年7月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  ワーク開催のご案内
  •  ご参加の場合は3000円引き
  •  事後のご報告
  •  <参加不可の場合>オリジナルブレンドのフェアトレード・ドリップコーヒー10パック※
お返し品説明
※干ばつに苦しむフィリピンの村で、保水のための植林に役立っています(1600円相当)
  •  2人が支援しているコースです
  •  2016年7月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  ワーク開催のご案内
  •  ご参加の場合は3000円引き
  •  <参加不可の場合>フェアトレードのドライマンゴ※
  •  事後のご報告
お返し品説明
※フィリピンで人身売買被害にあった少年少女のリハビリの財源となっています(1424円相当)
  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年7月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  ワーク開催のご案内
  •  ご参加の場合は5000円引き
  •  <参加不可の場合>振り返りワークショップにご招待(1名様)
  •  事後のご報告
  •  4人が支援しているコースです
  •  2016年7月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  ワーク開催のご案内
  •  ご参加の場合は5000円引き
  •  <参加不可の場合>フィリピンのフェアトレードコーヒー・ドリップパック
  •  <参加不可の場合>フィリピンのフェアトレードドライマンゴ
  •  <参加不可の場合>石川産無農薬小麦の焼き菓子
  •  事後のご報告
  •  5人が支援しているコースです
  •  2016年7月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  ワーク開催のご案内
  •  ご参加の場合は1万円引き
  •  <参加不可の場合>フィリピンのフェアトレードコーヒー・ドリップパック
  •  <参加不可の場合>フィリピンのフェアトレードドライマンゴ
  •  <参加不可の場合>石川産無農薬小麦の焼き菓子
  •  事後のご報告
  •  1人が支援しているコースです
  •  2016年7月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  ワーク開催のご案内
  •  ご参加の場合は1万円引
  •  <参加不可の場合>事後の振り返りワークショップまたはピースバンクが今後主催する有料の企画にお二人ご招待
  •  2人が支援しているコースです
  •  2016年7月中お届け予定
終了しました

30,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  ワーク開催のご案内
  •  ご参加の場合は参加費無料
  •  <参加不可の場合>ご希望の場所・人数で、振り返りワークの開催
  •  <参加不可の場合>ご希望の場所・人数で、ピースバンクの寄付集めノウハウをお伝えするワークショップを開催(交通費別)
  •  <参加不可の場合>お礼のメールと事後報告、フェアトレード食品と金沢の無農薬小麦焼き菓子詰め合わせ(15000円相当・内容はご相談に応じます)
  •  事後のご報告
  •  7人が支援しているコースです
  •  2016年7月中お届け予定
終了しました