集まっている金額 194,000(目標 180,000円)
107%
達成率 107
支援者数 33
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2014年11月30日、合計194,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

本離れを解消!

大人も子供も気軽に集まれる場所を作ります!

はじめまして、明石高専まちの小さな図書館プロジェクト代表の

明石工業高等専門学校 建築学科5年生の 藤原 新太です。

明石市では現在図書経費の削減が続いており、市立・県立図書館へのアクセスの悪さや駅前のジュンク堂の閉店など本離れが加速してしまう環境にあります。読書環境の減少は休憩スペース・地域コミュニティー機能の低下にもつながってしまいます。そこで、明石駅近くのフリースペース「博美園」を利用して「小さな図書館」を作り、この問題を解決したいと考えています。

今回は、その第一歩としてフリースペースの内装を改築する費用等の一部を、皆様にご支援頂きたく思います。

▲起案者のプロジェクトへの思い

目 次

現状の問題

〜本を身近に感じたい〜明石を本のまちに!

フリースペース”博美園”を小さな図書館に!

本とコミュニティーで明石をもっと明るく!

今後のスケジュール

集まった支援の用途とその内訳

リターン品のご説明

現状の問題点

明石市の本に関する問題

①市立・県立図書館へのアクセスが悪いこと。

②市内最大の明石駅前ジュンク堂の閉店。

③明石市一人あたりの蔵書数が兵庫県の市では35/37位

 本に対する興味が薄れていること。

駅前に手軽に休憩するスペースがない問題点

④明石駅周辺に不足している休憩スペース

そこで私たち明石高専の学生でこの状況を改善しようと立ち上がりました。

明石駅から2号線沿いに歩いて数分のところに博美園というフリースペースがあるのですがみなさまはご存知でしょうか?そこの道を通る方々なら必ず1度は目にしたことがあるはず。しかし現在はフリースペースとして開放していますが、その機能を果たしていないというのが現状です。

そこで博美園を改装し有効活用することで明石市の本に対する環境状況を解決していこうというプロジェクトです。

〜本を身近に感じたい〜 明石を本のまちに!

きっかけは明石市に住む私自身が本に関わりにくいと感じたから。

本と気軽に関われるスペースを提供していくことで、本の良さを市民に伝えたい。また、コミュニティーを広げていくきっかけになればと思い明石高専の仲間と共に起案しました。

今年から明石市は「本のまち・明石」というフレーズを掲げまちづくりを行っているので、それに協力できる機会ではないかと考えました。

また本というものは人々と知識や情報を共有できるものであり、地域コミュニティーを広げていくために必要な情報共有が出来る最良のアイテムだと考えました。

小さな図書館プロジェクト「博美園」が実現した後には、明石市内に2ヶ所の同じような空間の提供を行おうと計画中です。

フリースペース”博美園”を小さな図書館に!

私たちは、フリースペース”博美園”を以下のようなライブラリーにしたいと思います。そして明石高専の学生と地域の人々たちと共にマネージメントしていきます。

献本システムによる本の充実

利用する方々から献本頂き、本を充実させます。

(本棚に本を拡大させるため、積極的な献本をお願いします!)

読書会

「まちヨミin明石」

2014年9月27日 兵庫県明石氏市民ホールにて、明石のあちらこちらに、まちの小さな図書館を作りたいという思いを実現するための対話を行いました。(4分41秒)

明石高専の学生が主体となり読書会を開催します。

開催される読書会を通じて、本好きの増加、地域コミュニティーの活性化につなげていきたい。

貸しスペース機能

ちょっとした会議やワークショップに利用していただけるスペースにします。

木細工の展示と工作体験

博美園の管理人である大塚工務店の大塚さんによる木工細工のワークショップを開催します。

有機野菜販売

神戸市で採れる有機野菜を博美園内で定期的に販売します。

小さな図書館へのアクセス

大きな地図で見る

「博美園」 (明石市東仲ノ町3-16 明石駅から2国を東へ5~6分) 

11月9日 まちの小さな図書館シンポジウムプロジェクトのポスター前で、質問に答えています。

本とコミュニティーで明石をもっと明るく!

みなさんはどのようにして知識・情報を自分の中に取り入れていますか?

本を読み、知識を取り入れるというのは費用対効果が高い投資です。

地域の連携が重要と言われてる今、

地域の輪を広げていくためのスペースが必要です!

明石市を本当に「本のまち」として築き上げていくために今できることは何か?「まちなかに休憩するスペースがほしい!」「本をもっと身近に」というみなさまの声と「そのスペースを有効に使いたい!」という、私たち明石高専仲間の声を実現したいので、ご協力お願いします!

▶ 起案者情報

【在籍校】国立明石工業高等専門学校 建築学科 5年

【代表者】藤原新太(ふじわら あらた)

【HP】http://www.akashi.ac.jp/

今後のスケジュール

・ 9月下旬 : 献本受付開始(常時受付)

・10月初旬: 本棚制作開始(製図も含む)

・10月中旬: 広報活動開始、博美園の清掃

・10月下旬: 本棚設置

・11月  : グランドオープン

・11月  : リターン品の制作・発送

10月28日収録

人とまちをつなぐ『まちの小さな図書館』を考えるシンポジウム

詳しくはコチラ(PDF)

11月16日(日)10時〜15時イベント開催のお知らせ

集まった支援の用途とその内訳

・内装費用   100,000円

・本棚設置費用  50,000円

・FAAVO手数料 30,000円

※ご支援が100%を超えた場合は、今後予定している小さな図書館

 (2ヶ所)の費用の一部とさせて頂きます。

リターン品のご説明

▶ 施設利用無料券

 フリースペース「博美園」を、貸切で利用できる無料券

 ちょっとしたセミナー、会合、お茶会会場などにご利用ください!

▶地域野菜購入権

 毎月1回、フリースペース「博美園」に開催される「野菜マルシェ」で

 利用できる購入券です。地元農家さんの、美味しい野菜を是非あじわっ

 てください!

▶建築学科生デザインピクトグラム

 明石高専の建築学科生がデザインしたピクトグラムです。

 裏面はシールになっており床面にも貼れる丈夫な耐久性があります。

 お家、学校、職場等にいかがですか?

 大きさ:縦30cm × 横30cm

 ※種類は選べません。届いてからのお楽しみ♪

▶ 明石高専建築学科生がつくるブックスタンド

 明石高専の建築学科生が作成する木製ブックスタンド

 大きさ:高さ175×横200×奥行160mm

   ※サイズは多少誤差が生じる場合があります。

▶ 明石高専建築学科生が授業で作った軸組模型

 明石高専の建築学科生が授業で作成した軸組モデル

 精巧に作られた学生による”ものづくり”をご覧下さい!

 大きさ(予定):横42cm × 縦24cm × 奥34cm

        ※サイズは若干前後します。デザインは一戸建て

         家屋がベースですが、写真と異なる場合があります。

▶プライベート学校説明会

 明石高専の生徒が、学校をご案内します。これから高専入学を

 検討されている親御さん、一度高専を見てみたい社会人の方々は

 是非応援よろしくおねがいします!

 (交通費は支援者様のご負担となります。)

▶建築学科生による出張日曜大工のお手伝い

 ものづくり技術を学ぶ明石高専の建築学科生が、あなたの家での

 日曜大工をお手伝いいたします!

 (兵庫県内に限ります。交通費は支援者様のご負担となります。)

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

alata

支援コース

1,000円(税込)

お返し品説明
▶ 明石高専学生による御礼のお手紙
  •  3人が支援しているコースです
終了しました

3,000円(税込)

お返し品説明
▶ 明石高専学生による御礼のお手紙
▶ 博美園の入口にお名前掲載
▶ 5,000円分の施設利用無料権(※1)

※1:遠方の方は代りに以下を贈呈。
▶ 高専生徒と教授が選ぶ学校にある”本”1冊
  •  12人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

残り4 個(限定15個)

お返し品説明
▶ 明石高専学生による御礼のお手紙
▶ 博美園の入口にお名前掲載
▶ 8,000円分の施設利用無料権(※1)
▶ 3,000円分の地域野菜購入権(※2)
▶ 建築学科生デザイン面白ピクトグラム

※1&2:遠方の方は代りに以下を贈呈。
▶ 高専生徒と教授が選ぶ学校にある”本”2冊
  •  11人が支援しているコースです
終了しました

10,000円(税込)

残り5 個(限定12個)

お返し品説明
▶ 明石高専学生による御礼のお手紙
▶ 博美園の入口にお名前掲載
▶ 15,000円分の施設利用無料権(※1)
▶ 5,000円分地域野菜購入権(※2)
▶ 建築学科生デザイン面白ピクトグラム
▶ 建築学科生によるブックスタンド

※1&2:遠方の方は代りに以下を贈呈。
▶ 高専生徒と教授が選ぶ学校にある”本”3冊
  •  7人が支援しているコースです
終了しました

30,000円(税込)

残り2 個(限定3個)

お返し品説明
▶ 明石高専学生による御礼のお手紙
▶ 博美園の入口にお名前掲載
▶ 40,000円分の施設利用無料権(※1)
▶ 8,000円分地域野菜購入権(※2)
▶ 建築学科生デザイン面白ピクトグラム
▶ 建築学科生によるブックスタンド
▶ 建築学科生による軸組模型
▶ (希望者のみ)プライベート学校説明会または、建築学科生による出張日曜大工のお手伝い(※3)

※1&2:遠方の方は代りに以下を贈呈。
▶ 高専生徒と教授が選ぶ学校にある”本”4冊

※3:出張日曜大工のお手伝いは兵庫県内に限ります。学校説明会と出張日曜大工の交通費は、支援者様のご負担頂きます。
  •  1人が支援しているコースです
終了しました