集まっている金額 181,500(目標 130,000円)
139%
達成率 139
支援者数 41
残り 終了しました
同じエリアのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2019年01月26日、合計181,500円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

地元の図書館で休憩所カフェを開き、

 受験勉強を頑張る中高生を応援する場所を作りたい!

 

 

 

はじめに

皆さん!こんにちは!

私達は「誰かのために何かをしたい!」という同じ想いを持つ大学1年生の5人グループです。

 

 小さくても大きくても夢を持っている学生はたくさんいると思います。

しかし、学生だから…と諦めてしまう学生。特に大学入りたての時はそう思う人が多いかもしれません。でも、自分が学生だから無力だと思いたくない。

このように思う学生と一緒にその夢を叶えるグループが欲しい!

 

と、そんな思いを持ち、集まりました。

 

 

そんな私たちは今回、メンバーの地元の図書館に休憩所を作りたいという思いから、「図書館カフェ hot 」という企画を実施することになりました。

 

 

Hot という言葉には、「好調な」「あたたかい」そして「ホッとする」という意味が込められています。

 

勉強が好調に行くようにサポートをし、あたたかいドリンクやお菓子も用意。そのような手段を使い、受験生が「ほっ」と出来る空間を作り上げる。

 

それが、休憩所カフェ「Hot」です。

 

 

私たちの想い

 

初めまして。

今回、企画の発案をさせていただいた、代表の金森早香(かなもりさやか)です。

兵庫県伊丹市在住の大学1回生です。

伊丹南中学校、伊丹北高校出身で、

現在は、関西大学 社会学部に所属しています。

 

 

 

そう、今回カフェを作らせていただく図書館「ことば蔵」の近所に住んでおり、ことば蔵が開館された6年前から今まで、とてもお世話になっています。

 

 

 

◯ことば蔵とは?

 

今回、協力していただく図書館は、「伊丹市立図書館 ことば蔵」

 

 

 

4階建てととても広く、フロアごとに色々な用途で利用でき、

たくさんの年齢層の方が図書館に見られます。

 

(ホームページは↓)

http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/index.html

 

6年前に開館されたばかりの新しい図書館ですが、本当に図書館なの?!と思わせるくらい、ユニークなイベントもたくさん行なっています。

2016年には、「ライブラリー・オブ・ザ・イヤー2016」の大賞を獲得など、

地域の方にも本当に愛されている図書館です。

 

 

 

 

写真提供:こども作戦会議実行委員

                      

 子供が主体で企画を考え実践するイベントも。これも伊丹市民のアイデアで実現しています。       

他のイベントを見たい方はこちらからご覧下さい↓

http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/event/diary/index.html?fbclid=IwAR24Q431IdpqmZqabjNfdSW5jtU0CycO3Dh94IslMUzwtQSWao6dI56nSUE

 

◯利用者であった中学生・高校生時代の経験

 

 私が中学一年生の時に開館された6年前から今まで、ずっとお世話になったこの図書館。 

テスト期間になるごとに自習室を使い、宿題に追われていた夏休みも私の勉強をサポートしてくれる環境でした。

 

 

さらに、毎日が勉強漬けであった大学受験の時もたくさん活用させていただき、今まで自分から触れることのなかった図書館の大切さを実感しました。

大げさかも知れませんが、私にとって、伊丹市の学生にとって、なくてはならない存在です。

メンバーの川﨑とも良く図書館で遭遇していました(笑)

 

 

たくさんの方が利用しているこの図書館。中でも、4Fの自習席はおよそ120席も休みやテスト期間・長期休みは勉強する人達で満席になっています。

(開館前から入り口前で待ち、開館後1時間で席が埋まることも・・・。)

 

図書館に行ったら必ず知り合いに会うくらい、友達もその場所を使用しています。

 

       

 

 

しかし閉鎖的な空間でずっと勉強しているため、息苦しさやストレスを感じることもありました。

 

ただ、家だとだらけてしまうから帰りたくはない…。一日中図書館にこもっている人は、そんな自分のために頑張っているのだと思います。

 

 

 

 

 

私もそんなことを思いながら閉館時間まで勉強していた一人の利用者。

少しの達成感と疲労感と共に自習室を出てエレベーターで降り、入り口までの開放的な空間を見ていました。

 

 

そこは「交流フロア」というよくイベントが行われている場所。

 

この休憩スペースを活用すれば、利用者はもっと喜ぶのではないか・・・。

 

 

そんな風に思いながら、友達ともそんな話をしながら、毎日帰っていました。

 

◯自分が実現する側に。

 

その思いは、大学生になっても消えませんでした。

私をずっと支えてくれた場所。そして今もいろんな学生を支えている場所。

誰かがやるのではなく、私も、ここに勉強しにくる人を支えたい。

 

そして、たくさんのイベントを行なっている、活動的なこの図書館ならば、一人の利用者としての私の気持ちを分かってくれるのではないか。

 

 

そんな希望を胸にホームページを見ると、毎月1回行われる「交流フロア会議」というものがありました。

そこには、「アイデアや企画はこの運営会議を経て実現が可能」という一文が。それがちょうど明日あるんだ!行動が先だ!行こう!!

 

 

急いで作った企画書と案と思いを持って飛び入り参加させてもらいました。

 

 

大人の中にいきなり来る学生は今までいなかったらしく(笑)少し戸惑った顔をされたり。趣旨には賛同してもらえましたが、私が思い描いていた、「有料での飲食物の提供」は出来ないことを告げられたり。

早くも壁にぶつかりました。

 

 

しかし、運よくその中に地域の事業者を支援するプログラムを企画していた中小企業診断士の方がいらっしゃり、声をかけてもらいました。

 

少しでも実現できる可能性があがるなら、と思い切って参加することに。

地域で活躍している事業者の方に混ざりながら講座を受け、支援してもらいながら、企画をつくりあげて行くことに決めました。

 

 

 

 

 

やはり予想以上に制約要件は多く実現は困難で、

 

最初は「50円〜100円」など破格の値段で提供しようとしていたドリンクは、「利用者からお金取らない」という図書館の規則上NGに。

そのため、売り上げや材料費で必要な費用をまかなうことが不可能になりました。

 

先例がなかったからこそ、学生である私たちの思いが、規則やルールに負けてしまう事もたくさんありました。

 

が、

 

それから半年。

 

 

 

 

 

色々な問題を何度も考え、一緒にここまで計画して診断士の方、友達、そして何よりも図書館に協力していただき、

 

 

大学生が創る休憩所カフェ」を実現出来る事になりました。

そして様々な条件の中で、少しでも充実した空間に近づけられるよう、 

クラウドファンディングを使用して資金集めをする決断をしました。

 

 

 

 

 

 

◆どんな休憩所カフェを作るの?

勉強する学生の「リアル」により近づいた場所

 

カフェを作りたいと相談し、運営から一緒に進めてくれた4人友人と、当日ボランティアとして来てくれる友達は全員、大学1回生

            

 

 

まだ高校を卒業して、受験を終えて、一年足らず。

一番勉強時間の長く、本番までの日数に対する焦りや不安など、気持ち的にも一番しんどい時期の受験生の気持ちも、十分に分かってあげられる立場です。

 

 

 

 

まだ鮮明なその時の気持ちを思い出し、

受験生が「もう一度勉強を頑張ろう」と思える場を作るにはどうしたらいいか。何かがきっかけで図書館を出たものの、勉強に集中できなかったという経験をしている私たちができることは何だろうか。

そのためにはどんなものや企画があればいいのだろうか。

 

私達だからこそ出来ることを、たくさん話し合い、決めました。

 

 

まずは、

休憩できる空間を提供すること。

 

 疲れたら、一階の交流フロアにきて、休憩。他の図書館にはない少しおしゃれに飾られた場所があるだけで、気分転換に。

 また、日頃の頑張り、弱音、焦り、、、どんな相談でも「受験の先輩」達が相談にのります♪

 

 

 

さらに、

 

 大学生による受験生応援イベント

 

1日20分程度の、大学生ならではの、受験生応援プチ企画を計画中。

自分の勉強法や、大学生の実生活、試験期間の過ごし方を教えたり、簡単に出来るツボ押し講座も用意!

 その他、勉強ノートを展示したりなど、

 来てくれた子が「ためになる」と思える時間を作ります。

 

 

 

そして

 

ドリンクやお菓子も用意。    

 

 今はもう、高校生の時から流行っている「カフェ巡り」。しかしそんなお金はない受験生ために、休憩の一環として飲食物も少しカフェ風にご用意します。

 

 「カフェ」「映え」が得意分野なメンバーがフォトジュニックなものを考案中。

 もちろん無料で♪

 

 

 

 

 

さらに、

「ルーズリーフを忘れた!」「暗記用の赤シートを忘れた!」

「付箋を忘れた!」  このような、勉強を中断してしまう原因となる小さな忘れ物のために、勉強用具も用意しておきます!

(この3つは特に、忘れるといつも通り勉強出来なくなり、かなり困ります。忘れ物が多い私の実体験談。)

 

 

 

私たちを含めたたくさんの学生の「あったらいいなあ」という想いを100%詰め込んだ、

 

そんな休憩所を、作ります。

 

 

◆支援金額・リターン品について

 

今回は、学生の方でも応援してもらえやすいように、

 

低い金額から設定をさせていただいております。

 

そのお返しの品も、私たちの”想い”をメインとしたリターン品とさせていただいております。

 

今回は中高生以外のカフェの利用は控えさせていただく予定です。が、

3000円以上支援してくださった方には、「協力者」という形で特別に来場できる体制を取らせていただきます。

さらに5000円、10000円も、私たちの力で出来るお返しを全力でさせていただいた内容となっております。

 

応援していただける方はぜひ、お願い致します。

 

支援金の使いみち

 

ドリンク代 

お菓子代  

備品(容器・包装)等

装飾品代 

貸出用勉強道具代 

講座・展示品制作費

リターン品代

リターン品製作費・送料

学生スタッフ交通費

遠方ボランティア交通費

クラウドファンディング手数料(20%)

実行スケジュールと場所

【日程】

2018年 12月26日(水) ~12月28日(金)

2019年 1月4日(金)~1月6日(日)

     2月 2日(土)、 9日(土)、10日(日) 、16日(土)

【時間】

14時~17時

【場所】

伊丹市立図書館ことば蔵1階 交流フロア

 

◆最後に

 

先ほどにも述べたように、実現するまでに様々な条件があり、

無料で利用できる図書館だからこそ、

自分の将来のために勉強する学生を応援できる場であるからこそ、

この休憩所カフェも、無料で提供させていただくことになりました。

 

 

そのため、より良いカフェを作りたいと思う私たちの気持ちとは逆に、

まだ学生の私たちの力だけでは実現できない部分もあります。

 

 

 

私たちの思いに共感してくださった方、

今月のお小遣い代を節約し、

頑張る学生のドリンク代にしてやろう!という方、

 

どうか、お力を貸していただけると嬉しいです。

 

そして今回、私に協力していただいた図書館、地域の方々、友達、支援してくださった方皆さんに恩返しができるように、

そして図書館に来る受験生を中心とした学生がより快適な環境で勉強できるように、

メンバー全員で、全力で準備を頑張ります。

 

 

ご支援、よろしくお願い致します!!

 

 

 

 

 

 協力:     伊丹市立図書館 ことば蔵

    ING推進会議 

    伊丹市民 ほんだ様 藤崎様

    カメラマン 松田章吾様

 

※本文中の写真は全て許可を得ています。

 

◆お問い合わせ 

 itami.cafe.hot@gmail.com

 

◆伊丹市立図書館 ことば蔵について

 所在地 :伊丹市宮ノ前3-7-4

 連絡先 :072-783-2775(代表)

 開館日時:月/休館 火~金/9:30~20:00 土日祝/9:30~18:00

      (図書フロアのみ第1木曜(祝・休日を除く)、特別整理期間は利用不可)

 アクセス:JR伊丹駅前の市バス5番のりば、阪急伊丹駅前市バス6番のりばから

      「大阪国際空港(伊丹空港)」行きで、「宮ノ前」下車、徒歩約2分。

      JR伊丹駅下車、北西へ徒歩約12分。

      阪急伊丹駅下車、北東へ徒歩約12分。

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

金森早香
 
兵庫県伊丹市在住 関西大学社会学部 1回生 
休憩所カフェ『Hot』代表

「サンタさん」という一種のサプライズの存在を早く知ってしまったこと。
それがきっかけで、小さいころから、そして今も、人を巻き込んだサプライズや企画・イベントを作ることが大好きな人になりました。笑 

高校の時は地域のイベントで高校生ブースを作成、大学では学祭委員として活動。
そして今回は、高校生からの1つの夢だった、大好きな伊丹市の図書館で休憩所カフェを作ることに挑戦しています。
より良い企画にするためにも、皆様からのお力が必要です。
ご支援何卒よろしくお願い申し上げます。

支援コース

500円(税込)

残り23 個(限定30個)

  •  【学生向け】お礼のメール
お返し品説明
今回、学生向けの支援金額として、限定30個用意させていただきました。

支援してくださった方には、お礼のメールを送らせていただきます!!

  •  7人が支援しているコースです
  •  2019年2月中お届け予定
終了しました
おすすめのコース!!

1,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  心がこもった直筆のお手紙♪
お返し品説明
支援してくださった方には、お礼のメール、

さらにメンバー直筆の、心がこもったお手紙を送らせていただきます♪

  •  7人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました

3,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  心がこもった直筆のお手紙♪
  •  「協力者」として中高生以上でも特別に来店・利用できる券
お返し品説明
支援してくださった方には、お礼のメール
メンバー直筆の心のこもったお手紙を送らせていただきます!

さらに、
休憩所カフェは中高生限定のカフェとさせてもらっていますが、特別に「協力者」という枠でカフェをご利用いただけます!!
  •  6人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  心がこもった直筆のお手紙♪
  •  「協力者」として中高生以上でも特別に来店・利用できる券
  •  報告書スクラップブック
お返し品説明
支援くださった方には、
お礼のメール、
メンバー直筆のお手紙を送らせていただきます!!
さらに 休憩所カフェは中高生限定のカフェとさせてもらっていますが、
特別に「協力者」という枠でカフェをご利用いただけます。

また、報告書スクラップブックを提供させていただきます!
休憩所カフェHot公式インスタグラムアカウントで使った写真をスクラップブックに!!
  •  13人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  お礼のメール
  •  心がこもった直筆のお手紙♪
  •  「協力者」として中高生以上でも特別に来店・利用できる券
  •  報告書スクラップブック 
  •  「協力者」としてお名前をスクラップブックに載せさせて頂きます!(店内に提示・スクラップブックに記載)
  •  勉強法BOOK・ウェルカムカード
お返し品説明
支援くださった方には、 お礼のメール、 メンバー直筆のお手紙を送らせていただきます!! さらに 休憩所カフェは中高生限定のカフェとさせてもらっていますが、 特別に「協力者」という枠でカフェをご利用いただけます。 また、報告書スクラップブックを提供させていただきます! 休憩所カフェHot公式インスタグラムアカウントで使った写真をスクラップブックに!!

さらに、大学生が教える「リアル」な勉強法を集めた本をカラーコピーで提供させていただきます!!
さらに受付の時にお渡しするウェルカムカードを、お名前入り(直筆)で提供させていただきます!
  •  8人が支援しているコースです
  •  2019年3月中お届け予定
終了しました