集まっている金額 1,162,000(目標 1,000,000円)
116%
達成率 116
支援者数 111
残り 終了しました
同じカテゴリーのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2018年05月31日、合計1,162,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

はじめまして、養蜂家の大東 義弘(おおひがし よしひろ)と申します。

 

兵庫県西宮市というと、街や住宅をイメージする場所ですが、

街から15分、農村や六甲山にもつながる山地の境目で、

妻の友加里と娘と一緒にみつばち達と暮らしています。

 

 

養蜂を師匠から教わって十余年、パーマカルチャー(持続可能な暮らしのデザイン手法)も同時期に学んだこともあり、薬や人工的な飼料などを使わずに、「蜂と人と、地球にやさしい養蜂」を目指して日々奮闘しています。

 

 

自然のままの活きたはちみつ 

 

私たちは、高糖度(80度以上)、非加熱(raw、生)、農薬・抗生物質・人工飼料を使わずに、出来得る限り自然のままの、活きたはちみつをお届けしています。

 

みつばちは、巣に持ち帰った花の蜜を濃縮して「はちみつ」として保存するとき、糖度が80度を超えた状態で蓄えます。

 

その完熟したはちみつをいただいて皆様にお届けするのですが、

採ったはちみつが元の巣の中で管理されるはずの温度を大きく上回らないように非加熱にこだわって管理し、

花の蜜を濃縮するときにみつばち達が加えた酵素も活きた状態を保つようにしています。

もちろん、みつばちが普通に暮らす中で使うはずもない農薬や抗生物質等の人工的なものを、

飼っている最中からはちみつを採る過程を通して持ち込むことはありません。

餌として砂糖水や栄養剤を与えることもありません。

 

巣の点検時や収穫時には、直射日光や道具の熱などで蜜の温度が上がらないように気をつけていますし、病気や害虫(蜂や巣につく小さな虫)の対策には、環境づくりや自然のものを活かして、または手作業で除きます。

 

そうしてはじめて、活きたはちみつをみつばちと同じように、

私達もいただけるようになるのです。

 

 

はちみつの収穫は、みつばちが沢山蜜を集めることが出来る5月から8月半ばまでの間に行います。それ以降の秋の蜜は、みつばちが、冬を越すためと春の成長のための栄養として残しています。

 

私たちは、みつばちにとって余りになる蜜を、分けていただいています。

そのようにして、みつばちの暮らしをそのままに、私達も寄り添って暮らしています。

このような方法は、通常の現代養蜂に比べて収穫量はもちろん減りますが、出来る限り余計な(人工的な)手を掛けず、自然のままの活きた生のはちみつを届けられるように心と手間を掛けています。

 

突然の事件発生

 

2015年も終わりに近く寒さが募る頃、事件は起きました。みつばちの活動も気温に伴い低くなって、巣の中にこもり始め、充分に残したはちみつと花粉で越冬準備も整えた矢先です。

 

 

いつもと同じように養蜂場の様子を見に行った日のこと、森の道を進み蜂場が開けて見え始めましたが、整然と並んでいたはずの巣箱が視界にありません。

更に近づいてみると、台の上に乗っていた20はあったはずの巣箱が倒れているではありませんか!

・・・大変だ!こんな夜も冷え込む中、家がなくなってはみつばちが凍えてしまう!!・・・しかしそんな心配など無用なほどの惨状・・・

しばらく放心状態の後、よく見て回ると、

箱は転がされ割られ噛じられ、中の巣は食い荒らされ踏みつけられ、

沢山で巣の真ん中に集まって「押しくらまんじゅう」のように温めあって過ごしていたはずのみつばちの姿は全く見当たりませんでした。

 

 

ハニカムの美しかった巣に残された足跡や、噛じったり舐めたりした後に付着した毛から、何者の仕業かはすぐに判りました。「イノシシ」です。

10年程養蜂に関わって初めてのこと、もっともっと長く養蜂をされている先輩方に聞いても前代未聞の、生きているみつばちの巣箱に対するイノシシの食害でした。もともとイノシシの多い地域で、他の2箇所の養蜂場も含め、普段からすぐ傍にイノシシが歩いているのが日常です。アライグマも多くいます。

 

 

しかし野生動物も賢く、普通ならば中に蜂が生きている箱は判るようで、本能的に近づくことはありません。どうも事故的にか学習の上でか、寒い中で巣箱を倒して、刺されないように蜂が凍えて動けなくなっている隙に食べたのではないか・・・もしくは多少刺されることも厭わず食べるに至ったのか・・・

あくまで推測ですが、ずっと2年間ほど遠巻きに私の養蜂の様子を眺めていた1頭のイノシシがおり、何かのきっかけで賢く学んだ結果、そうした行動を取ったのではないかと思います。その後、1年の間、蜂場を放置して蜂場まわりも含め荒れてしまいました。が、昨春から少しの箱数ですが、簡単な防獣対策をして再開してみたところ、なんとかワンシーズン無事に過ごせました。

 

協力してくれる人員も増えてきたこともあって、物理的な柵も含めて対策は可能になり、巣箱に関しては、ありがたいことに師匠から頂くことも出来ました。

 

 

ただ、まだまだ元のみつばちの数には及びません。

今のままでは、私たちのはちみつを必要としていただいている方に、十分な量をお届けすることができない状態です。

 

やはり、皆さんに蜂蜜を少しでも多く収穫してお届けしたい。

はちみつ本来の美味しさを少しでも多くの方に知っていただきたい。

しかし当時の実害は資材・みつばちだけでも数百万円分。

そのうえ、昨年の収穫減も重なって、ある程度までは戻すことができましたが、獣害前の規模に戻すのは困難な状況です。

そこで皆様からの支援をお願い申し上げます。

集まったご支援から、今年も採蜜期が迫っている中ですので、まずはみつばちを増やすところから始め、規模の回復と蜂場整備と再び害獣に襲われないための対策を行います。

 

豊かに暮らせる森を創る

 

今後、みつばちの蜜の源となる樹々を増やしていきたいと思っています。

 

その樹々の蜜により、みつばちが豊かに元気になります。そのみつばちが森の中の花や樹々の受粉をおこない、さらに森が豊かになっていきます。

 

そんな豊かな森が増えていけば、みつばち以外の昆虫も増え、それを食べる動物たちも豊かになり、乱れてしまっている生態系が元に戻っていきます。

 

そうなれば、イノシシが餌がないために街に降りてきて、人を襲ったり、食べ物を食い荒らしたりすることも少なくなります。

 

さらに、その生態系のほんの一部である、小さなみつばちの大きな家族がおりなすストーリーを、子供たちをはじめ、多くの人に実際に見て・触れることによって、五感すべてから色んなものを感じてほしいと思っています。

 

インターネットから簡単に色んな情報が手に入る今だからこそ、実際の場に足を運び、そのものにふれることが大切だと感じています。

 

そのための見学用の服や蜂箱に近づく為の仕掛けを造ったり、学習用の資料を取り揃えたいと思います。

 

もし、さらなるご支援を頂けましたら、

蜂場を手が回り品質を維持できる範囲でさらに増やす費用や、

ボランティアや研修の受け入れの体制の充実、

同じ様な思いのもと養蜂に取り組んでいる養蜂家(国内・海外)につながり学ぶための費用、

オリジナルの商品開発等に使わせていただきたいと思います。

 

この壮大な夢を実現する第一歩のため、皆様のお力をお貸しください。

よろしくお願いいたします!!

 

 

 

資金の使い道

 

みつばちの購入費  50万円~

資材購入費     10万円~

蜂場整備費     20万円~

電柵等獣害対策費  10万円~

その他経費     10万円~   計100万円

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

Ohigashi  Yoshihiro
みつばちと暮らしはじめて10余年、「蜂と人と、地球に優しい養蜂を・・・」目指し続けています。

支援コース

おすすめのコース!!

2,000円(税込)

  •  サンクスカード券
お返し品説明
みつばちの写真やイラストなどの絵葉書に、お礼の一文を添えて御礼申し上げます。
写真はイメージのため、実際の物とは異なる場合があります。
配送について
サンクスカードは、2018年9月~12月末の期間中にはちみつ収穫等が落ち着き、ご報告が出来る時期を迎えての発送となります。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2017年9月中配送予定
終了しました
おすすめのコース!!

4,000円(税込)

残り30 個(限定50個)

  •  はちみつ焼き菓子ミニアソートセット
お返し品説明
はちみつ焼き菓子セットは、養蜂家のこだわり素材の手作りスイーツ(フィナンシェ他)をセレクトしたミニアソートセットに、
サンクスカードを添えてお送りします。
写真はイメージのため、実際の物とは異なる場合があります。
配送について
はちみつ焼菓子セットは、2018年9月~12月末の期間中に原材料の収穫と加工が出来次第の発送となります。
お越しになり直接お引き取りの場合、はちみつSSサイズ相当分サービス致します。
ご希望配送日時のご指定や、ギフト包装等オプションご希望の方は、別途ご相談となります。
  •  20人が支援しているコースです
  •  2018年9月中配送予定
終了しました
おすすめのコース!!

6,000円(税込)

残り2 個(限定50個)

  •  はちみつ食べ比べセット
  •  はちみつジャムアソートセット
お返し品説明
はちみつ食べ比べセットは、こちらでセレクトした採れた季節の異なるはちみつ4種(SSサイズ)セット、
または・・・
はちみつジャムセットは、はちみつジャム3種(Sサイズ)のセット、
をサンクスカードを添えてお送りします。
写真はイメージのため、実際の物とは異なる場合があります。
配送について
はちみつ・ジャムは、2018年9月~12月末の期間中に原材料の収穫と加工が出来次第の発送となります。
お越しになり直接お引き取りの場合、はちみつSSサイズ相当分サービス致します。
ご希望配送日時のご指定や、ギフト包装等オプションご希望の方は、別途ご相談となります。
  •  48人が支援しているコースです
  •  2017年9月中配送予定
終了しました

10,000円(税込)

残り1 個(限定30個)

  •  はちみつギフトセット
  •  はちみつ・ジャムギフトセット
お返し品説明
はちみつセットは、こちらでセレクトしたはちみつ(Lサイズ×1、SSサイズ×4)セット。
はちみつ・ジャムセットは、はちみつMサイズとジャムLサイズ×2の3本セット。
それぞれをギフトボックスにお入れして、サンクスカードを添えてお届けします。

写真はイメージのため、実際の物とは異なる場合があります。
配送について
はちみつ・ジャムは、2018年9月~12月末の期間中に原材料の収穫と加工が出来次第の発送となります。
ご希望配送日時のご指定や、内容ご指定ご希望の方は、別途ご相談となります。
  •  29人が支援しているコースです
  •  2019年9月中配送予定
終了しました
おすすめのコース!!

30,000円(税込)

残り7 個(限定10個)

  •  見学・体験・学習会(お土産付き)
  •  出張おはなし会
お返し品説明
見学・体験・学習会は、養蜂の現場でみつばちと直に触れ合ったり、蜜を搾ってみたり(期間限定)、みつろうなどを使ったワークショップをしたり、養蜂家とのお話など、およそ2時間程度の企画が楽しめます(内容により、6~10名分相当)。
人数や内容が多ければ費用の一部に、少人数やミニ企画でしたら余り分相当のお土産付きで企画致します。
出張おはなし会は、基本講座費用としてご利用いただけます。
配送について
見学・体験・学習会は当方で設定のイベント日、もしくは日時別途打ち合わせ。お土産品は時期により準備できるものが変わりますのでご了承下さい。
出張おはなし会は、内容・日時・出張費用別途打ち合わせ。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2018年6月中配送予定
終了しました
おすすめのコース!!

30,000円(税込)

残り13 個(限定20個)

  •  はちみつ1年間で2kgお届けオーナー権
お返し品説明
ご支援からみつばちの巣箱の家族を増やして、そこから採れたはちみつを年間2kg分お届けします。
配送について
※基本500g瓶×4種(採蜜日別)をまとめて秋以降にお届け。小分け瓶又は分割配送希望の方は別途差額分を頂きます。
  •  7人が支援しているコースです
  •  2018年9月中配送予定
終了しました
おすすめのコース!!

100,000円(税込)

残り8 個(限定10個)

  •  はちみつ2年間で10kgお届けオーナー権
お返し品説明
ご支援からミツバチの巣箱を1箱増やして、そこから採れたはちみつを年間5kg分×2年にわたってお届けします。
配送について
※基本1kg瓶×5種(採蜜日別)をまとめて秋以降にお届け。小分け瓶又は分割配送希望の方は別途差額分を頂きます。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2018年9月中配送予定
終了しました