集まっている金額 97,000(目標 750,000円)
12%
達成率 12
支援者数 11
残り 終了しました
同じカテゴリーのプロジェクトを見る
このプロジェクトは成立しました!
本プロジェクトは2019年08月31日、合計97,000円の支援を集め成立しました。
このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額の達成有無にかかわらず、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

◆1970ー1980年代に一世を風靡したミュージシャンは今何をしている?

北海道のミュージシャンが集まって、1回目の「北海道音楽年鑑コンサート」を開催したのが1994年10月。北海道の音楽シーンを盛り上げたい。これからも北海道発の音楽を大切にしたい。そんな想いからスタートしたコンサートです。

1995年には阪神大震災で被災した皆さんへの支援コンサートも開催し、北海道ミュージシャンのPOWERを示しました。

しかし、2001年を最後に「北海道音楽年鑑」は途絶えてしまったのです。それでも当時のコンサートに出演した多くのミュージシャンが今も一線で活動しています。

そんな時に、50代、60代になった彼らが現役のうちに「北海道音楽年鑑」を復活させたい!と熱い想いを抱いて準備に奮闘する人物がいました。地域FM局・三角山放送局の創業者である木原くみこです。

 

▲ 「北海道音楽年鑑97」1997.10.04

 

◆北海道のいい音楽を一人でも多くの人に聴いてもらうために

実行委員会で中心的な役割を果たしてきた木原くみこでしたが、今年の1月に突然亡くなってしまいました。志半ばで亡くなった木原に代わり、残されたスタッフが一丸となってその意志を引き継ぎ「北海道音楽年鑑」の復活を誓いました。復活の会場となるのは、なるべく大きなハコ(会場)でたくさんのお客さまを迎えたいと、700人収容のホールを押えました。

しかし、誓ったのはコンサートの復活だけではありません。

時代の淘汰を乗り越えた芯のあるミュージシャンたちは現在も“いい歌”を歌い続けています。その“いい歌”をたくさんのお客さまに届けていくことと同時に次世代、現代の北海道のミュージシャンがどんどん活躍し続ける環境をつくりたいと思っています。

そのためにコンサート開催そのものだけではなく、広く広報活動も行っていきます。

 

◆北海道発の音楽シーンを応援する「北海道音楽年鑑」

 1994年から25年目にあたる今年、「北海道音楽年鑑」を復活させようと私たちは立ち上がりました。同時に、北海道のアーティストたちも紆余曲折のキャリアを経て、まだ歌い続けていることの喜びや感謝を伝えたい、北海道の音楽シーンのために何かできないだろうか、と思い始めていたのです。あの頃は尖っていたミュージシャンも年月を経てすっかり丸くなり、仲間が7組も揃いました。かつての同志が一同に会するコンサートは、決して懐古的なものだけではありません。新時代になっても聴き継がれるべき北海道生まれの音楽を広く伝えていきたいと思います。

 

 

◆支援金の使い道について

チケット販売収入だけでは各種経費が不足になるため不足分を補います。パンフレット類の印刷費や会場設営費などに使わせていただきます。

 

・パンフレット類の印刷費

・会場設営費

・リターン品の準備・発送費

・FAAVO手数料

【目標総額】750,000円

 

◆最後に

今回クラウドファンディングに挑戦することによって、この「北海道音楽年鑑」を継続的に開催し、北海道の音楽文化を広げ、若い世代につないで発展させていきたいと思っています。そのためにも18年ぶりの復活を、成功に導けるようスタッフは日々邁進しています。このプロジェクトにご賛同いただける方!ぜひご支援を宜しくお願いいたします。

 

◆出演アーティストについて

【出演者】※五十音順

■五十嵐 浩晃

美唄市出身。1979年第1回CBSソニーのSDオーディションに合格し、80年「愛は風まかせ」でデビュー。同年3枚目のシングル「ペガサスの朝」が売上50万枚以上の大ヒットを記録。翌1981年(昭和56年)にTBSテレビの「ザ・ベストテン」で全国ネット番組初登場。さわやかな歌声と洗練されたメロディー、AOR的なシティポップで人気を博す。代表曲に「ディープ・パープル」「Because」「サマートワイライト」「街は恋人」など、2012年には20年ぶりとなるアルバム「ミカン星2」リリース。ラジオのパーソナリティとしても各局で活躍してきた。

 

◆ペガサスの朝 

 

■倉橋 ルイ子

三笠市出身。1981年「ガラスのYESTERDAY」でポリドールよりデビュー。1982年、83年と東京音楽祭に出場。82年は国内大会審査員特別賞受賞、83年には世界大会に出場し外国審査員団賞を受賞。84年からバス・ツアー≪小都市コンサート『バラードを鞄につめて~』≫を本格活動。日本全国をバックメンバーと共にバスで巡り、約8年間で1000本を超えるライブを行った。この間シングル15枚、アルバム12枚、ベストアルバム5枚、自主制作アルバム2枚をリリース。1992年、結婚を機に一旦アーティスト活動を休止したが、1999年アルバム「My name is Ballad」(テイチク)で復活。

2005年マキシシングルCD「悲恋歌」(韓国ドラマ「チェオクの剣」挿入歌の日本語カバー曲)をリリース。現在も年3回の定期的なライブを中心に活動を続けている。

 

◆ガラスのYesterday

 

■佐々木 幸男

宮城県生まれ。小学校1年の時に札幌に移住。第7回世界歌謡祭に「君は風」で出場。ハスキーボイスとお洒落なサウンドで注目を集め、昭和51年「君は風」でデビュー。以後、「セプテンバーバレンタイン」「りふれいん」などのヒット曲を放ち、作家としても高田みずえ、倉橋ルイ子などに曲を提供。

現在までにシングル11枚、アルバム12枚、ベストアルバム4枚をリリース。北海道を拠点に全国でライブ活動を行い、特に札幌では3月14日と9月14日(セプテンバーバレンタインコンサート)定例コンサートを行っている。ラジオパーソナリティとしては過去にHBCラジオ、STVラジオ、Air―GFM北海道で番組を担当。現在はAir-GFM北海道、毎週日曜5:00~オンエア「FM FOLK KIDS」第1日曜日のレギュラーパーソナリティ出演中。

 

◆君は風

 

■澤内 明

1967年頃The Davy’sのドラマーとして活躍。1968年ミノルフォン・レコードよりメジャーデビューを果たすが’70年の解散後、全く新しいメンバーと札幌でThe Davy’sを再結成。この頃からドラム&ヴォーカルを担当。72年BAKER SHOP BOOGIE 結成、74年からヴォーカルに専念。

82、83年と続けてビクターよりBAKER SHOP BOOGIEとしてシングル、アルバムをリリース。以後、数々の伝説的なイベントを繰り広げてきた。独特な歌声は日本人離れしていて、ソウルファンをして日本のオーティスレディングと言わしめる。 評判はたちまち全国のミュージシャン達に広まり、北海道に来た際には「明詣で」が恒例となり、数多くのアーチストの信望を得る。 又、本場のアーチストからも絶賛を浴び、あのオーティス・クレイからも「BROTHER」と称される。

 

◆籠の鳥

 

 

■すずき 一平

札幌市出身。1974年フォークデュオ“ラビ”でデビューデビュー曲「青春碑」は北海道、名古屋などでスマッシュヒットとなるもセカンドシングルリリース後解散。その後ソロで音楽活動を始める。

1979年 第17回ポプコン嬬恋本選大会で『時流』が優秀曲受賞。同年、第10回世界歌謡祭(日本武道館)に日本代表として出場。1980年4月 RCAレコードより『時流』でソロデビュー。

セカンドシングル『水鏡』が北海道全ての部門で第1位となり日本レコード大賞の最終曲候補に残り全国ヒット。多数のアーティストにカバーされるほどの名曲として知られる。現在、北海道はじめ全国各地でコンサートを行い活動している。ラジオパーソナリティとしても過去にはHBCラジオ、STVラジオ、NHKFMなどにレギュラー出演していた。

 

◆水鏡

 

■みのや雅彦

留萌管内羽幌町出身。1981年CBSソニーより「白い嵐」でデビュー。ライブ活動は全国で広くファンを獲得している。自身最高のヒット曲は、ドラマ主題歌になった「笑えないピエロ」がヒットとなる。その他プロレスラー大仁田厚に提供しセルフカバーした「夢しかなかった」や「空」「雪の花」が代表曲。ライブ活動は全国に及び多くのファンを獲得している。

また、ラジオパーソナリティとしても活躍、STVラジオ「アタックヤング」「みのや雅彦のときめきワイド」KBS京都「ハイヤング京都」は大勢のファンを獲得した。

最近もほぼ毎年CD,DVDをリリースし、最新は2018年にCDアルバム「あなたが幸せになれないはずはない」をリリース。

 

◆夢しかなかった

 

■山木 康世

フォークグループ・ふきのとう時代に『白い冬』『風来坊』『春雷』などのヒット曲をリリース。

ギター演奏にも定評があり、独創的なオープンチューニングによる楽曲も多数ある。

1995年 阪神大震災の救援コンサートや2011年東日本大震災復興円コンサート開催、2017年には熊本地震の応援ソング『有明の海より』を発表するなど被災地を常に応援してきた。

また、上田前札幌市長の作詞、山木康世の作曲による『ブラボー札幌』が”ビールの町札幌”のイメージソングとして札幌市内に流れたり、2018年7月 『山のロープウェイ』が札幌もいわ山ロープウェイの公式テーマソングに認定。山麓駅で記念セレモニー開催し山木康世メモリアルプレートが設置されるなど、地域にも自作の楽曲で貢献してきた。

2018年12月ソニーミュージックダイレクトからCDアルバム「黄昏のビール」をリリース。

 

◆黄昏のビール

 

● 実行スケジュール

・ラジオ番組開始(4月)

・道新ぶんぶんクラブとタイアップでチケット先行予約開始(6月)

・FAAVO開始・各種広報活動開始(6月)

・チケット一般発売開始(7月)

・コンサート開催(10月25日)

 

北海道音楽年鑑1994-2019

日 時: 2019年10月25日(金)OPEN 18:00 

会 場: 道新ホール(札幌市中央区大通西3丁目 道新ビル大通館8階)

入場料: 前売¥5,000(当日¥5,500)

主 催: 北海道音楽年鑑実行委員会

● お問い合わせ先

株式会社らむれす(三角山放送局)

TEL.011-640-3330

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

杉澤洋輝
 
㈱らむれす-三角山放送局・代表取締役社長
1970年和寒町生まれ。94年らむれす入社。2008年より現職。
月1回火曜18時「北海道音楽年鑑@ラジオ」や毎週月曜7時~8時「レコードアワー」等を担当。
フリーペーパー「マガジン762」、
地域発ネットショップ「三角山市場ドットコム」など、多角的に取り組んでいる。

支援コース

3,000円(税込)

  •  サンクスメールをお送りします
お返し品説明
メールで支援のお礼をお届けします。
配送について
メール送付
  •  4人が支援しているコースです
  •  2019年9月中お届け予定
終了しました

5,000円(税込)

  •  オリジナルピック
  •  コンサート開催日に撮影するミュージシャンとの集合写真
お返し品説明
「北海道音楽年鑑」のロゴが入ったギターのピックとコンサート当日、ミュージシャンと観客全員で撮影した記念の集合写真をお送りします。
※ピックは1枚となり、色は選べません。
配送について
コンサート終了後に1ヶ月後くらいに発送します。
  •  3人が支援しているコースです
  •  2019年11月中お届け予定
終了しました

10,000円(税込)

  •  オリジナルタンブラー
  •  コンサート開催日に撮影するミュージシャンとの集合写真
お返し品説明
「北海道音楽年鑑」のロゴやイラストが入ったタンブラーとコンサート当日、ミュージシャンと観客全員で撮影した記念の集合写真をお送りします。
※写真はイメージです。
配送について
コンサート終了後に1ヶ月~2ヶ月後くらいに発送します。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2019年12月中お届け予定
終了しました

15,000円(税込)

  •  オリジナルTシャツ(フリーサイズ)
  •  コンサート開催日に撮影するミュージシャンとの集合写真
お返し品説明
「北海道音楽年鑑」のロゴやイラストが入ったTシャツとコンサート当日、ミュージシャンと観客全員で撮影した記念の集合写真をお送りします。
※Tシャツは1枚となり、色は選べません。
配送について
コンサート終了後に1ヶ月~2ヶ月後くらいに発送します。
  •  0人が支援しているコースです
  •  2019年12月中お届け予定
終了しました

20,000円(税込)

  •  オリジナルピック
  •  オリジナルタンブラー
  •  オリジナルTシャツ(フリーサイズ)
  •  コンサート開催日に撮影するミュージシャンとの集合写真
お返し品説明
「北海道音楽年鑑」のロゴやイラストが入ったオリジナルのピック、タンブラー、Tシャツとコンサート当日、ミュージシャンと観客全員で撮影した記念の集合写真をお送りします。
※写真はイメージです。
配送について
コンサート終了後に1ヶ月~2ヶ月後くらいに発送します。
  •  2人が支援しているコースです
  •  2019年12月中お届け予定
終了しました