集まっている金額 286,400(目標 500,000円)
57%
達成率 57
支援者数 53
残り 終了しました
このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、プロジェクトの終了時点で集まった金額が起案者に支払われます。

下記のHTMLコードを貼り付けると、Webサイトやブログにプロジェクト概要を表示することができます。

  • 310×320 px
  • 160×320 px
  • 965×335 px

飛騨市に飲食店を開業します。

はじめまして、『飛騨居酒屋 蔵助』の仲谷と申します。東京の御茶ノ水で飛騨を中心に、岐阜の食材や岐阜の地酒(25蔵程)を扱う居酒屋を経営しております。改装、移転を経て、来年4月に10周年を迎えます。たくさんの方々への感謝の気持ちを忘れずに、今後も東京で飛騨、美濃を発信していきたいと思っております。

▲東京御茶ノ水にある『飛騨居酒屋蔵助』店内 さらに飛騨との結びつきを強くする為に、今年の11月25日(予定)に、私の出身地である飛騨市にて飛騨牛の朴葉味噌焼き定食をメインとした、飲食店オープンをいたします。

▲飛騨名物「飛騨牛カルビの朴葉味噌焼き」 飛騨の食材や情報を東京で発信していく基地としての役割と、飛騨に住んでいる皆さんに地元飛騨の食材をより知っていただく事(地産池消)や、観光客の方々へ飛騨の魅力を少しでも伝えられる場となればと思っております。また、新店舗では様々なイベントを企画し、飛騨の方々との交流の場にもしていきたいです。

場所は明治3年築の古民家『吉城の郷』の母屋の一角です。

『吉城の郷』とは敷地面積800坪の広大な敷地内に母屋、離れ、茶室や縁側、日本庭園で構成されている伝統ある日本家屋です。現在その『吉城の郷』内にはイタリアン・ゲストハウス・アートギャラリー・資料館等が集った複合施設になっています。新店舗はそのメインとなっている母屋の一角に出店いたします。

▲飛騨市古川町『吉城の郷』

▲手入れされた日本庭園『吉城の郷』 日本家屋ということで、現代の建築ではあまり使用されていない太い梁や柱の構造に、独特な色合い、風情ある庭園は必見です。どこを見ても昔ながらの落ち着きと味わい深さが感じられます。

▲『吉城の郷』母屋見取図

▲『吉城の郷』母屋内 さらに、かまどや囲炉裏も当時のままに保存されていているので、年配の方にはどこか懐かしく、若い世代の方には新鮮に映る空間が広がっていると思います。

▲『吉城の郷』母屋にあるかまど ※吉城の郷 (http://yoshikinosato.com/)

飛騨にお住いの主婦の方のお力を貸してください!

東京の都心ではなかなか飛騨のおふくろの味にはたどり着けません。新店舗では、スタッフは飛騨にお住いの主婦の方を採用し、女性中心で運営したいと思っております。飛騨には、ころいもの煮っころがしや、エゴマ和えのほうれん草などお酒のおつまみにぴったりの郷土料理が数多く存在します。

▲飛騨の郷土料理『ころいもの煮っころがし』

▲飛騨で獲れる稚鮎のぼっか煮 新店舗では、この飛騨のおふくろの味と共に、飛騨牛の朴葉味噌焼き、飛騨産こしひかり、お味噌汁を定食にしたメニューをメインに展開していきます。主婦の方のエネルギー、アイデアで、今までにない飛騨の食材を使った新メニューを作り出す事にも期待しております。同時にその新メニューも東京の『蔵助』でも共有しおつまみメニューとして飛騨のおふくろの味を提供したいと思っており、東京のお客様にも喜ばれると確信しております。

飛騨のいいものをもっともっと見つけたい

飛騨にはたくさんの魅力的な物(食材、製品全て)、場所、文化があります。東京で過ごしていると飛騨のいいところに気づかされます。

▲飛騨の地酒 12蔵 ただ、まだまだ外への発信力は不十分だとも感じています。成果の上がる取り組みが必要だと思いました。そこで、新店舗と東京『蔵助』と連動したメニューやイベントなどで、飛騨の魅力をまずは知っていただく。そして観光の際は、それらの情報で充実した飛騨観光を楽しんでもらう。お店を通して飛騨と東京とを繋ぐパイプ役となり、微力ではありますが、食や観光で貢献できたらと考えております。 今回の新店舗出店は取り組みの第一歩となると信じておりますし、このクラウドファンディングを通じてたくさんの方に関わっていただきたいという思いも込めております。どうかお力添えの程よろしくお願いいたします。

今後のスケジュール

2014年10月中旬 工事着工 2014年11月25日 新店舗オープン

集まった支援の用途とその内訳

新店舗開業資金の一部 厨房機器 2,000,000円 内装工事 3,000,000円 その他(食器・備品)1,000,000円

飛騨市を拠点に頑張ります!

私は新店舗開業に伴い、東京から飛騨市へ移住して活動します。東京の『飛騨居酒屋 蔵助』には飛騨市出身の新スタッフが加わります!蔵助にはホスピタリティの高い素晴らしいスタッフが揃っており、私も安心して飛騨へ移住する事ができます。蔵助がお客様へさらに良い空間を提供できるよう、飛騨からバックアップしていきたいと思います。飛騨にお住いの皆様、関東にお住いの飛騨、美濃出身の皆様、今後も頑張ってまいりますので何卒よろしくお願いいたします。

起案者情報

【団体名】飛騨居酒屋 蔵助 【代表者】仲谷 丈吾 【HP】http://www.kurasuke.jp/ 【facebook】https://www.facebook.com/izakayakurasuke 【Twitter】https://twitter.com/izakayakurasuke 【Blog】http://kurasuke.blog.ocn.ne.jp/blog/

このプロジェクトをシェアして応援しよう!

起案者プロフィール

nakatani

支援コース

1,600円(税込)

お返し品説明
飛騨牛カルビの朴葉味噌焼き定食(1食分)
※飛騨店にお越しのお客様向け
  •  7人が支援しているコースです
終了しました

3,000円(税込)

お返し品説明
東京御茶ノ水にある「飛騨居酒屋 蔵助」 お食事券(3,000円分)
  •  16人が支援しているコースです
終了しました

3,000円(税込)

お返し品説明
飛騨牛カルビの朴葉味噌焼き定食(2食分)
※飛騨店にお越しのお客様向け

飛騨にお住まいのご家族、ご友人などにギフトとしてお届けする事も可能です。
ご要望があればギフト包装いたします。
  •  11人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
【蔵元と地酒を楽しむ「蔵の会」】
渡辺酒造店(飛騨市古川町)より蔵元の渡辺様にお越しいただきます。お酒のお話を聞きながら、渡辺酒造店のお酒を飲み放題で楽しむ交流会です。

開催日時:11月29日(土) 
17時半受付 18時スタート
場所:飛騨市古川町大野町145 吉城の郷内 お食事処 蔵助
  •  2人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
【浮世絵師「歌川広重」を楽しむ会】
吉城の郷オーナーの石原氏所蔵の広重を見ながら飛騨の地酒を飲む交流会です。

開催日時:11月30日(日)17時半受付 18時スタート
場所:飛騨市古川町大野町145 吉城の郷内 お食事処 蔵助
  •  0人が支援しているコースです
終了しました

5,000円(税込)

お返し品説明
【蔵元と地酒を楽しむ「蔵の会」】
蒲酒造場(飛騨市古川町)より蔵元の蒲様にお越しいただきます。お酒のお話を聞きながら、蒲酒造場のお酒を飲み放題で楽しむ交流会です。
              
開催日時:12月6日(土)17時半受付 18時スタート
場所:飛騨市古川町大野町145 吉城の郷内 お食事処 蔵助
  •  1人が支援しているコースです
終了しました

6,400円(税込)

お返し品説明
飛騨牛カルビの朴葉味噌焼き定食4食分
(牧成舎モナカアイスor黒内果樹園りんごジュース1杯サービス券付き)
※飛騨店にお越しのお客様向け
  •  10人が支援しているコースです
終了しました

12,800円(税込)

お返し品説明
飛騨牛カルビの朴葉味噌焼き定食8食分
(1食分サービス券+牧成舎モナカアイスor黒内果樹園りんごジュース1杯サービス券付き)
※飛騨店にお越しのお客様向け
  •  9人が支援しているコースです
終了しました